FC2ブログ

2014年01月07日

        

職場のことでセルフカウンセリングしてみました

category - 日記
2014/ 01/ 07
                 
昨日の職場でのこと。
後片付けまでの勤務時間のバイト人員が少ない日なのに、
急に1人お休みという連絡が入りました。

私たち午後パートは6時までの勤務。
先輩2人は後片付け作業はせず。後輩2人はやります。(私は後輩)
私の職場はレジシフト以外はほぼ仕事内容の指示はありません。

他にも、商品の補充作業を先輩はしないのですが、
私はやるようにしているんです。

それを先輩(ジャイアン)に「なんでそんな仕事するの?
私は絶対にやらないけどね!」とすごまれたことがあり、
店長に指示出してよ~なんて言ったことがあったっけ。
ジャイアンが熱心なのはビニール袋を丸める作業。
今はもうすごまれないし、もしすごまれても私は平気なので言いません。
商品がバックヤードにあるのに店頭の商品が不足してるのを
平気で見ているって、お客様に失礼ですもん。
私はやりたくてやってます!って胸を張ればいいんだと思ってます。


目上の立場の人に、理不尽なことを押し通されて、ムッとした・・・。
シュウトメちゃんとのやり取りと、同じパターンじゃない?!


ジャイアンは、お孫ちゃんや知り合いがお店に来ると、
自分がレジの時間でも後輩を呼びつけてレジを交代させ、
めったに会えない人ではなくて、御近所の方でもずっとしゃべってます。
これを放置するのはヘンだと思いますが、よくある光景です。
別のことで「おかしいです」と言ったことはありますし、
他の人も、言った人はいるのですが、本人は変わらないのを見ています。


「おかしいです」と思うことを、「おかしいです」と言って、
逆切れされて、ヒステリーを起こされたシュウトメちゃんとの日々とリンク?

そのシュウトメちゃんとの経験は、過去の別の経験にリンクしているかも。
例えば子供時代、親に「おかしい」と言っても通じなかったとか?

繰り返し、似たようなストレスを受けていたことに気づいたら、
それは記憶の再生なのかもしれないと思いました。
ジャイアンって本当にもう!と片づけるのではなくて、
そう感じた時にもやもやと上がってくる感情に意識を向けてみようか。



-----------------------------------


今日の勤務の午後パートは4人でした。
後片付けに協力する2人が午後5時から6時のレジになっていて、
やらない2人が自由な仕事時間に。
午後パートはジャイアンが年功序列をゴリ押ししているので、
私ともう一人の古株でないパートさんは、
始終、理不尽な扱いを受けるのを、苦笑いでこなしてます。

一番の先輩パートは、職場の中をうろうろ歩いた後で、
花売り場に行って、30分以上おしゃべりしてました。
バイトが不足して、6時以降、人手不足で困ってるんだから、
この態度はないだろうと、レジをしながらも2人で呆れていました。
「今日はバイトが足りないから、〇〇してあげてくれる?」と
先輩に言ってやろうかと迷いましたが、結局言わずじまい。

このとき、結構、感情がもやもやしました!
ちょっと意識を向けてみます。言葉にしたらどんな感じ?

「午後パートが6時に帰ってから、人員不足になるのが
わかっているなら、少しは仕事しなさいよ」

「特に仕事はないからと思って遊んでいるけど、
そもそも自分で自分の仕事を狭く規定しすぎ!」

「ジャイアンは年功序列を大事にするとか言って、
自分より先輩が何しても一切何も言わないけど、それってヘン。
私たち後輩は理不尽な注意を始終受けているのに。
正社員はこの時間、事務所で仕事してて見てないし。」

そうそう。私は確かにこう感じてもやっとしてます。
これを実際に口にしたら揉めるのは必至ですが、
自分の中に湧いてきた感情を抑え込むのはやめましょうか。
そういう気持ちが湧いているなと感じつつ、
呼吸の吐く息で、吐き出すイメージを持つのがいいかも。
心の中で4つの言葉を唱えながら、この状況のもとになる経験を
浄化するのもいいかも。もちろん心の中で。



-----------------------------------


バイトのリーダーの子は賢くて、ジャイアンには小さなお願いをしました。
15分くらい、仕事を肩代わりしてもらえるお願いでした。
花屋で30分遊んでいた人にはお願いすらしませんでした。

30分、遊んでいた先輩も別に悪い人じゃありません。
でも彼女の後にレジに入るのは好きじゃないです。
釣り銭の在庫を気にしてくれないので、
レジを交代してすぐに釣り銭不足のエラー表示が出たこともあります。
お客様にお出しするレジ袋がとても少なくなっていても、
補充してくれないのも、実はちょっと嫌なポイントです。

釣り銭不足のエラー表示が出るのは、精神的に嫌なんですが、
それでレジが止まってしまうわけではなく、
すぐに両替をお願いして補充すればいいだけですし、
たいていは、交代してすぐチェックすれば、
エラー表示が出る前に、釣り銭補充は間に合います。

レジ袋も、どのくらいになったら補充しましょうという
規定があるわけではないので、補充が面倒な人はやらなくていいんです。
最初は、こんなに減っていたら、釣り銭も、レジ袋も、
補充してくれても・・・と思いましたが、
それを求めるより、私がこだわりを捨てた方が早いと思ってきました。

レジ袋の補充の仕方も、少なくなったものの上に
新しいものを重ねて補充する補充の仕方が嫌いです。
面倒でも、一旦、使いかけのを外して、新しいのを下に、
少なくなった使いかけを上にするのが当然と思います。
でも、そうしろというマニュアルがないので、
好きな方法で補充するのが私の職場の流儀なんです。

一つ一つは大したことではありません。

前の職場は13年務めた古株パートだったのもあったにせよ、
「こういうやり方にしましょうか?」と先輩後輩は関係なく、
意見を言える職場だったので、比べてしまうのでしょう。

でも、ストレスが湧いてきたなら、自分の感情を言葉にして、
きちんと意識化してから、吐き出す方がいい感じですね。

「私の中では、レジの仕事は、釣り銭やレジ袋の補充、
それも自分が困らないようにではなくて、次の人が
困らないだろうという程度にやっておくという認識があります。
でも、それは私が勝手に作った認識であって、
実際には何の規定もないので、責める気持ちは筋違いです。
自分はやっているというなら、それは勝手にやっていることで、
嫌ならそうしなければいいのです。
私は単にやりたいからやっています。
なのに私の方が正しいと訴える自分が私の中にいます。
そのもやもやを吐き出していきたいと思います。」


レジをしながらこんなことをやってられませんので、
今、その時の気持ちに返って、息とともに吐き出すイメージを
自分でやってみました。
気のせいか、もやもやが収まってきました。

そしてこんな思いが湧き上がってきました。

これは、先輩より後輩の方がたくさん仕事してるぞという不満?
先輩は偉そうに注意ばかりしてて、見当違いの注意も多くて、
でも実は私たちの方が上よ、って言いたいのかな?
だったら、上とか下とか、私にはそういう判断は必要ないです。

ジャイアンが後輩にうるさいのは、自分の方が上だと認識したいからで、
本当は仕事内容が下かもしれないという不安があるから。
少し前から、そんな気がしていたんです。
その不安の同じ土俵に立って、私の方が上なのにと思いたい?
私が職場求めるのは、自分が上に思えることではなくて、
お客様に気持ちよくお買い物していただく空間を作ることだったのに。

上でも下でも、そんなことはどちらでもよかった。



-----------------------------------
\

この先輩たち、包装はすごく上手なんですよ。
多分、きちんと指示があれば、もっと戦力になるんですよ。
私にも、もっと指示してくれれば、おっちょこちょいな私でも、
もっと使えるようになるとは思うんですよ。

使いこなしてよ~と思うこともあるんですが、
使いこなせないからダメだとか嫌だとか、そうは思えないです。
店長さん、すごくいい人です。
わからないことを聞けば、詳しく教えてくれます。

どんな思いが湧き上がってくるか、意識して言葉にしてみました。

上司というのは、私たちパートをきちんと管理・指示して、
もっと使いこなすべきだと責める感情がある気がします。

ミスをとことん突き詰めないでくれる店側の姿勢のおかげで、
販売業界にありがちと聞く、し烈な人間関係にはならず、
今のほんわかした職場があるとも思い感謝の気持ちもあります。

そう考えると、何事もプラス面とマイナス面があるという
気持ちが湧き上がってきました。

これは親との関係を持ち越して生まれてきた感情だったのかもと
ふいに思いつきました。今までそう感じたことはありませんでした。

私の親は私が期待するほど、立派な理想的な親でいてくれませんでした。
大人になってよくわかったのですが、親は未熟な人間でしかありません。
プラスの面もマイナスの面も持っている普通に善良な人で、
時に親として「ダメじゃん」という部分を露呈していました。
自分が親になって、その時は一生懸命でしたが、
振り返ると、同じような「ダメじゃん」をたくさん露呈していたのと同じです。


---------------------------------


たいていの人は、普通に善良な人でした。
なのに、私の考えが正しい!自分は間違っていない!と
心の中で言い張るのは、不安からだったみたいです。
自分はダメだという思いがあると、それを否定したくなるでしょう?


私って、おっちょこちょいだと以前から日記に書いていますが、
その点を、例えばジャイアンは意地悪く、店長は善意でからかいます。
店長が善意なのは私にはわかるのですが、先輩はそれを見ると後で
「店長は迷惑してるんだからね」なんて言ってきます。
実はめげるんですね。

例えば、あるだしパックの補充をしようと思ったら、
私の記憶にある保管場所に在庫がなかったんです。
店内には主に4か所、在庫が置いてある場所があり、
品物によって場所が違うんです。
午後パートの人は、補充作業をほとんどしません。
場所を覚えるの面倒で嫌だとジャイアンは言ってました。

その日は、その商品の届く日で、たくさん届いたのを見てるんですよ。
その商品は1つも店頭に出ていなくて品切れだったので、
早く出してあげないと、せっかく買おうと思ったのに在庫切れと思い、
買うことのできないお客様があるかもしれません。

4か所のどこにもなく「〇〇の在庫はどこ?」と聞きました。
在庫は4か所の保管場所にないはずでした。
一緒に探してくれた人が「koalaさん、ここにある~!」
業者さんが持ってきた通路にでん!と置いてありました。
真っ先に気がついてもよさそうな量です。
「ごめん~!こんなに目立つのが目に入らないなんて~!」
その人は30代の気のいい女性なので、
「いや~、koalaさんのそういうとこ、可愛いよね」と
フォローしてくれましたが、ジャイアンが意地悪を言いました。

自我というのは、やられたらやり返したがります。
ジャイアンなんて、こんなこともあんなことも・・・と
心の中でやり返していたのかも?
私の職場のストレスの根っこは「私はダメだ」という思いの反撃?
そして「親は理想の親であってほしい」という
子供時代に持った、無茶な要求の残滓?

自分の生きたいように生きればいい。
私もダメじゃないし、他の人もダメじゃない。
そうか、みんな繋がっていたんだ・・・・。

自分の感情に冷静にスポットを当ててみると、
いろんなことが見えてきて、腑に落ちました。
            
スポンサーサイト