FC2ブログ

2013年12月29日

        

金子みすゞさんの詩

category - 日記
2013/ 12/ 29
                 
皆様、大掃除などのお疲れが出ていませんか?
私は今日は出勤です。
さぞ忙しいことでしょうが、年末に暇だったらお店がつぶれてしまいます。
お店に活気があってありがたいなぁと思うことにしましょう。(笑)

ホ・オポノポノ手帳が届きました。
思ったより大きく分厚い!

http://hbb.afl.rakuten.co.jp/hgb/?pc=http%3A%2F%2Fthumbnail.image.rakuten.co.jp%2F%400_mall%2Fbook%2Fcabinet%2F8463%2F9784806148463.jpg%3F_ex%3D128x128&m=http%3A%2F%2Fthumbnail.image.rakuten.co.jp%2F%400_mall%2Fbook%2Fcabinet%2F8463%2F9784806148463.jpg%3F_ex%3D64x64

バッグに入れて持ち歩くのは別の小さな手帳を買いに行かなくちゃ。

でも、この手帳、なかなかいいですよ。
手帳の下の部分に、切り取りできるメモ?があります。

一日の締めくくりに,もやもやしていること、
気になることを書いて、ピリピリとちぎり、
それをクリーニングして、ぽいっと捨てるそうです。

ちょっと面白そう。

心のクリーニングにぴったりの金子みすゞさんの詩をどうぞ。

------------------------------


私と小鳥と鈴と

私が両手をひろげても、
お空はちっとも飛べないが、
飛べる小鳥は私のやうに、
地面(じべた)を速くは走れない。

私がからだをゆすっても、
きれいな音は出ないけど、
あの鳴る鈴は私のやうに、
たくさんな唄は知らないよ。

鈴と、小鳥と、それから私、
みんなちがって、みんないい。

------------------------------



こッつん こッつん
ぶたれる土は
よいはたけになって
よい麦生むよ。

朝からばんまで
ふまれる土は
よいみちになって
車を通すよ。

ぶたれぬ土は
ふまれぬ土は
いらない土か。

いえいえそれは
名のない草の
おやどをするよ。

------------------------------



お花が散って 実が熟れて、
その実が落ちて 葉が落ちて、

それから芽が出て 花が咲く。

そうして何べん まわったら、
この木は御用がすむかしら。

------------------------------

金子みすゞさんは、26歳の若さで服毒自殺をして世を去りました。
妻の心などなんとも思わない夫に虐げられ、
詩を書くことも,詩作仲間に手紙を書くことすら禁じ、
遊郭通いの末に妻に性病をうつして苦しめても恥じず、
離婚ということになりましたが、最後に彼女から、
最愛の3歳の娘、ふさえちゃんを取り上げようとしました。

金子みすゞさんは、絶望して死んだのではなく、
娘を心のすさんだ夫に育てられることを避けるために、
当時の女性としてできることをした、それが自殺だったと思います。

最後の夜、娘をお風呂に入れ、いっぱい童謡を歌い、
実の両親と娘と4人で桜餅を食べたそうです。
ふさえちゃんの寝顔を見て、「可愛い顔をして寝とるね」と言ったのが
ご両親が聞いた、娘みすゞの最後の言葉でした。
翌日、夫が来て、娘を連れて行ってしまうという夜に、
金子みすゞさんは、静かに服毒自殺しました。

遺書がいくつかあり、夫宛ての遺書にはこうあったそうです。

「あなたがふうちゃんを連れていきたければ、
連れていってもいいでしょう
ただ私は、ふうちゃんを、心の豊かな子に育てたいのです。
だから、母が私を育ててくれたように、
ふうちゃんを母に育ててほしいのです。
どうしてもというのなら、それはしかたないけれど、
あなたがふうちゃんに与えられるのは、
お金であって、心の糧ではありません」


命を懸けないと、自分の願いは叶わないだろうと理解して、
最愛の娘をこの手で育てたかったでしょうに、命を断った・・・。
性病も悪化して、自分の限界を思い、娘のためにできることが
それしかないと感じたのかもしれません。
娘を守ろうと、毅然とした気持ちで亡くなったことと思います。

彼女の詩の世界観はなんて素晴らしいのだろうと胸を打たれます。
            
スポンサーサイト