FC2ブログ

2013年12月11日

        

斎藤ひとりさん 一生に一回聞けるか聞けないかの話

category - 日記
2013/ 12/ 11
                 
昨日は、出勤する途中の車の中で、You tubeを聞いていきました。
斎藤ひとりさんの講演会でした。
タイトルは「一生に一回聞けるか聞けないかの話」です。
よかったらパソコンで聞いてください。
http://www.youtube.com/watch?v=imbLD2WC-Rw

職場に意地悪する人がいると相談を受けたそうなんです。
職場には何人いますか?と聞いたら10人とのこと。

分かりました、そのうちの1人があなたに意地悪するんですね。
では、残りの意地悪しない9人に、感謝しましたか?


感謝の気持ちにならないのは、意識が意地悪する人だけに向いて、
意地悪されたという被害者意識にフォーカスしたためでしょう?
その意地悪な人は、意地悪しない人たちへの感謝の思いが
あなたの中に湧くように、現れた人なんですよ。

私の職場は近いので、そのあたりで到着してしまいました。
仕事が終わってから、後で続きを聞きました。

意地悪されると、あの人は嫌だな、変えたいな、と思い、
嫌がらせをした人に文句が出ます。

〇〇さんは意地悪しない、〇〇さん、ありがとう。
△△さんも意地悪しない、△△さん、ありがとう・・


このように、意地悪しない他の9人に感謝の心になってくると、
心が落ち着き、平和になってきます。
実はその平和は、意地悪した人との比較から出てきたわけです。

そうか、私は意地悪してきたあの人に気付きをもらったのだと
その意地悪した人に「感謝します」と言えた時、
意地悪した人の脳がぱっと変わる、というのでした。



--------------------------------------


この話で連想したのは、私の場合、もちろんシュウトメちゃん。(苦笑)
実は前に、シュウトメちゃんが施設で意地悪する人がいるというので、
「あらまあ。その意地悪な人こそ可哀想」を連発して、
シュウトメちゃんを笑わせたことを日記に書いたことがありました。

それを読んだねえねさんが、「そんな人が自分の姑じゃなくて良かったわ~、
姑ちゃんが自分の義母で良かった~」と言ったら喜ぶかも?
そんなコメントをくださったのを思い出しました。

それを読んで「姑ちゃんが自分の義母で良かった?
それはハードルが高いわ。あまりに高い・・・」
と感じました。

なぜそう言ってあげられないかを考えたところ・・・。
私の中に、まだ恨みつらみが残ってるんですよね!

恨みつらみかぁ。もう卒業したつもりだったけど、
卒業していたらきっと、シュウトメちゃんにそう言ってあげられるかも。
無理もないと思うけど、できたら卒業したいなぁ。

ここから先、ちょっと怪しいですが、私にとっては普通。(笑)

シュウトメちゃんに意地悪されて悔しくて辛かった!
シュウトメちゃんのバカ野郎!と一人の部屋で言ってみて、
ふぅ~~っと息を吐き出して、息と一緒にその思いが、
自分から出て行くのをイメージしてやってみたら、
息だけじゃ足りない気がしてきたので(笑)
両手でその思いをひもを引っ張るみたいに胸から引き出す仕草をして、
「もうこんな気持ちは卒業したい!手伝ってください!」と
神様、仏様、天使様(見境ないですねぇ)にお願いしてみました。

まあ、一回そんなことをしてどうなるものでもなさそうですが、
私の卒業したい念を落ち着かせる効果くらいはあったかも。

そのあと、声に出して、こんな風に言ってみました。
「私はシュウトメちゃんのおかげで、被害者意識にはまる怖さを知り、
愚痴ばかり言い続けるとどうなるかを知りました。
シュウトメちゃんに感謝します。ありがとうございます。」


あのね、実はとても落ち着いた平和な気持ちになりましたよ。
そうか、この言葉を自分に言う分には全く抵抗がないわ~。
シュウトメちゃんにありがとうと言おうと思うと、抵抗があるけど。
この言葉を自分で声に出して言う習慣は、私に平和をくれる気がする・・・。

半信半疑どころか9割が疑いでもいいので、お試しくださいね。


--------------------------------------


You tubeの斎藤ひとりさんの話の続きに戻ります。

何か一つ問題が起こったという時、人の意識は問題にフォーカスしますが、
実は一番大事なのは、問題を起こしていない部分を
当たり前だと思わずにきちんと感謝することだと言うのです。

いいことには当たり前だとしか感じないで、
問題が起こると、不平不満が湧いてくることが実は問題。
感謝の反対は当たり前。


子供ができないんです。
息子に嫁が来ないんです。
よく聞く相談だそうです。

これが大問題と感じるけれど、結婚して10年たっても
その人の子供がほしい、というのは、相手はいい伴侶なんです。
息子はいい子なのに、嫁が来ないと思っているのなら、
いい息子を持ったことは、感謝すべきことなんです。
「問題でないこと=当たり前と思っていること」に感謝していますか?
感謝できた時点で、それは大問題にはならないはず。

子供を産むかどうか、結婚するかどうかは、
魂がそれは今回はしないと決めている場合もあると言います。

この世は感謝を知らないとひどい目にあうようにできているんだそうです。
当たり前と思ったところから不幸が始まると。


これ、面白くていい考えだと思いませんか?

ご主人が働いてお給料をもらってくる。当り前じゃないの。
奥さんがお料理を作って出してくれる。当り前じゃないか。
これ、わかりやすい例ですよね。(笑)

ここから先も、とてもひとりさんらしいお話でした。

人間は魂を成長させようと生まれてくる。
因果が返ってくるというが、すぐには返ってこない。

例えば戦時中の前世で、捕虜の目をつぶした人の因果は、
次に生まれ変わる時には出ない、とひとりさんは言います。
捕虜の目をつぶすような未熟な魂に、いきなり因果を背負っても、
それに耐えられないので、魂のレベルがその因果に耐えられるだけの
成長を果たしてから・・・3代も4代も経ってから因果が現れてくる。

ただ、因果を受けないで済む方法がある。
今生で起きてくることに感謝する。
不平不満でもなく、当たり前でもなく、感謝の思いを持つ。
それによって魂のレベルが上がると、その因果とは違う次元の
ステージに上がっているので、その因果は返ってこない。
ただ、魂は成長を求めるものなので、ステージが上がったら、
神様からの次の出題が起きてくる。
この世は自分の魂のステージを上げるところで魂はそれを求めている。
そして魂は、人の魂のステージが上がることを無上の喜びとする。



--------------------------------------


みんなで仲良くステージを上げていけたら一番ですね。
私もこの言葉を繰り返して頑張ろうかな。

「私はシュウトメちゃんのおかげで、被害者意識にはまる怖さを知り、
愚痴ばかり言い続けるとどうなるかを知りました。
シュウトメちゃんに感謝します。ありがとうございます。」

ここで終わると美談みたいですけどね、おまけ。
「もう充分、いろいろご指導いただきましたので、
これからの人生では接点少な目でお願いします。」
あ、これ、神様仏様天使様へのお願いです。(笑)
感謝と解放。ダブルがいいなぁ~。
            
スポンサーサイト