FC2ブログ

2013年12月10日

        

「そんな。いいですよ~。私が置いてきます。」とおっしゃったお客様

category - 日記
2013/ 12/ 10
                 
夕方のレジに入っていた時、ある若いご夫婦の会計をしました。

ご主人は、お買い上げのレジかごを、袋に入れるために運んでいかれ、
奥様はお会計でお金を払うというファインプレイ。

目の前には、その直前に会計されたお客様が、
戻すのが面倒で放置してあったカートがありました。
次のお客様の邪魔なので、本来は、レジ担当でないスタッフが見つけて
既定の場所に運ぶものなのですが、放置カートの有無を
いつも見張っているわけにもいかないので、
しばし放置のままということもあります。

その日はスタッフの数が少なかったので、暗くなってレジも空いてきたし、
目の前のお客様の会計が済んだら、私が置いて来ようと思っていました。

会計途中の奥様は、目の前のカートを見てあれっという顔をして、
ご主人のほうを見て、ご主人の前に自分たちのカートがあるのを確認されました。
お釣りをお渡しする直前のことでした。
レシートとお釣りをお渡ししてから、こう申し上げました。
「そちらは前のお客様のカートでした。私が片付けますのでどうぞそのままで。」

そしたらそのお客様、こうおっしゃったのです。
「そんな。いいですよ~。私が置いてきます。」

-------------------------------------

私は長いことレジをやっていますけど、初めてそんな言葉を聞きました。
なんて優しくて感じのいい人なんだろうと思いました。
しかし、そんなことをお客様にさせるわけにはいきません。

「いえ。今は空いておりますから、私が片付けます。ありがとうございます。」
そう言って、レジを抜けようとすると、そのお客様、
「大丈夫ですよ~」とカートを運んで行かれるじゃないですか!
それ以上辞退するのもかえって失礼なので、お辞儀して見送りました。

こういう性格のいい、気持ちいい人ばかりだったら、
日本はどんなに素敵な国になるんだろうなと思いました。

-------------------------------------

ここに勤めるようになって驚いたことの一つが、
たくさんの人が平気でカートを置きっぱなしにしていくこと。
「ここにカートを置かないでください」と張り紙してある前でも、
どんどんそこに置いてしまう人たちがいること。
張り紙も読んでないからでしょうけど、読んでも置いていくかも。

うちのお店は、高速バスの団体客の皆様によくご利用いただくので、
混雑時に邪魔になるということで、店内にカート置き場はなく、
ドアの外にあるので、特別多いのかもしれません。
店から高速道路の駐車場に直接行くには、ドアの外に出なくていいのです。
カートを返すためにあと3メートル歩くのは面倒なのでしょう。

でも見ていると、そのまま外に出るお客様も、
カートを店内放置していかれますね。

毎日のことですし、カート片付けも仕事のうちなので、
「ありがとうございます」と言いながら、放置カートを片付けますし、
いちいち頭にくるということもないのですが、残念だなぁとは感じます。
たかがカートですけど、こういう公衆マナーで民度がわかりますよね。
カートを使ったら、カート置き場に戻す人の方が好きです。
スタッフの仕事が増えるとか、そんな理由でなくて。

-------------------------------------

そういう意味で、自分の放置したものではないのがわかっていて、
レジの人が片付けるのは大変だし、ついでに片付けますと
さらっと申し出てくださったお客様は素敵でしたよ。
「ここに置いておけばいいじゃん!」と大声で、
お友達にも放置を勧める方もよく見るだけに、その差がまぶしいわ。(笑)

気持ちのいいエネルギーを受け取らせていただきました。
私も気持ちのいいエネルギーを出して生きて行きたいなと思いました。
ありがとうございました。
            
スポンサーサイト