FC2ブログ
2013/09/16
2013/09/16

2013年09月16日

        

旅行2日目 その2 おかげ横丁・伊雑宮・二見興玉神社

category - 日記
2013/ 09/ 16
                 
内宮を出たすぐ横には、おかげ横丁があります。
ここで各自ランチ&散策ということになっていて、
混む前にランチをとる事にしました。




うにご飯と焼き貝のセット。
他のお店は11時開店でまだ閉まっていたので、
11時少し前に入店しました。
食べ終わって出る頃には待つ人の列が。




銀行もこんな感じ





土曜日の昼間ですから大混雑。
これから観光バスのお客さんたちが、伊勢神宮の参拝後に来て、
更に混むのでありました。

しかしここは招き猫の大好きな人にはすごく楽しい場所。
混雑にめげず歩き回り、わるねこというシリーズを見つけて
気に入ったものの、お値段が高いので買わないというような散策を続け・・・




歩き回るのに慣れていない友人がお茶したい~というので
川の見える五十鈴川カフェにきました。




水出しコーヒーを飲みながらこんな景色を見てほっこり。




しかし、このあたりを私たちは、正式参拝のための礼服で
歩き回ったのでありました。
この後、バスに集合して、男女交代でバスの中で着替えます。




次に行ったのは、知る人ぞ知る伊雑宮(いざわのみや)。
別宮とありますが、これはかなり位の高い神社です。
外宮・内宮内に別宮があるのはご存知でしょうが、
伊勢神宮の外にもあります。

元伊勢のひとつですが、元伊勢って、いっぱいあるんですよ。
内宮・外宮の神様が、伊勢神宮にまつられる前に、一時的にせよ
そこにまつられたといわれている神社を元伊勢と呼ぶと
私は理解しているのですが、いったいどれくらいあるのかな・・・。

この伊雑宮(いざわのみや)はひっそりとした森のイメージの神社で、
小さなものなのですが、不思議な木があるのでした。





最後は二見興玉神社。
アカンベーをするアザラシで有名な二見シーパラダイスの近くです。




神社の森の空気を吸い込んだ後は、海を見て波音を楽しむ。
最高ですね。




ここから日の出が見てみたいです。




この二見浦という場所は、伊勢湾台風のときに
たくさんの遺体が打ち上げられた場所でもあるそうです。
写真は撮ってきませんでしたが、カエルの置物が、
これでもか、というほど置いてあります。
無事帰るという祈りがこもっているのでしょうか。
本来の自分に帰る、というのも心に刻んでおこうと思います。





夫婦岩の間から、昔は富士山が小さく見えたそうで、
今でも、よほど運のいい人は見られるのではとのこと。
この日は全然無理でしたが、いい景色でした。

旅行記はここまでです。
今回はとにかく神楽殿での神楽に感動しました。
友人と久し振りに会い、話す中で発見できたことも多く、
この間ブログに書いた夢の話も、私の中で納得が出来てきました。
ベタですが、あれは「死と再生」の意味があったと思います。

夢といえば、台風の雨音の中で寝ていたためか、
今朝も夢を見ていました。

とても広い、古代から残されている土地があり、
その所有者の名前を知ったので、ネットで検索していました。
なぜかその広大な土地に行く機会が訪れ、みどりがいっぱいでありながら、
うっそうとはしていない場所を何人かで、案内つきで歩きました。
さくらんぼほどの大きさの木の実があり、トマトだと言われ、
美味しいからもいで食べたらと勧められて食べました。
洗いたかったのですが、水道はないと言われて、
まあいいやと思いながら食べたらとても美味しかったです。

その後、今から大雨が降るので、竜が通るよと言われました。
竜は高い場所を飛んでいくものだという常識があったのに、
私のすぐ横にある竜のための道を、とても大きな竜が通りました。
金色のそれはきれいな竜が、ゆっくりと横を通っていきました。
怖くはなくて、あまりに美しいので見とれていました。
他の人も竜を見ているのですが、誰も驚かず、
大雨が降るから竜が通ったとしか反応していませんでした。

旅行記がこんな夢の話で終わってヘンですね。
見てくださった方、ありがとうございました。

台風の被害が少ないことを祈っています。
            
スポンサーサイト



            
                                  
        

旅行2日目 その1 伊勢神宮

category - 日記
2013/ 09/ 16
                 






伊勢神宮には外宮と内宮があります。神様も違うんですよ。
先に外宮に参拝するのが昔からのしきたり。
外宮の本宮で正式参拝しました。
外宮も内宮も、本宮の中は撮影不可です。

バスで内宮に移動。
手水舎で清めた後、五十鈴川の水でも手だけ清めさせていただきました。
ホテルを7時出発でしたので、このくらいで空いていました。
今年は大混雑しますので、朝早くがお勧めです。




五十鈴川はこんなにきれい




外宮もそうですが、内宮も森の香りのする清らかな空間です。




新しい木の香りがします。




神楽殿(下の画像)では、神楽を受けましたが素晴らしかったです。
雅楽の演奏が行われ、祝詞が読まれ、巫女さんたちの舞いが始まり・・・
素晴らしい時間でした。


友人と「来年も受けたい」と感動して話しました。




木に触れる人たちもよく見かけました。
気持ちがわかります~。




その2に続きます。