FC2ブログ

2013年09月08日

        

思考の書き換えについて考えた

category - 日記
2013/ 09/ 08
                 
友人と一緒に、伊勢神宮の正式参拝のツアーに参加します。
今度の土曜日なのですが、現地集合で朝が早いので、
私も友人も前泊します。

10月5日の退所まで、羽を伸ばしっぱなしにしたら、
伸ばし癖がつきそうですね。(笑)

実は伸ばし癖がつくことが、とてもいいことだと
自分では受け止めています。


「自分が我慢すれば家がうまく回っていく」
そういう時代は確かにあったし、それはそれで意味がありました。

私は嫁いできたとき、世間知らずの23歳だったので、
嫁と姑の、テレビドラマも顔負けの、ディープな世界に暮らして、
人生経験の幅が広がりましたし、忍耐力もつきました。
小さなことでいちいち怒る人が不思議に思えるほど、
自分の思いのままに行かない人生というのを満喫?しました。

もうそれは卒業する時だと感じています。

人は生きているだけですごいんです。
役に立たないと駄目とか、評価されないと駄目とか、
そんなことじゃないっていうのが、わかってきました。

自分が今、人間の身体を持って、死ぬまではこの世で生きていること。
この世での体験が出来るということ。
それ自体がすごいことだし、私の細胞は喜んで存在してると思います。
(いつもながらの怪しい世界にようこそ・・・笑)


「自分が我慢すれば家がうまく回っていく」
そんな言葉は死語にしなくちゃ。
自分のしたいことをしなくちゃ。

人は24時間で6万件もの考え事をしているそうです。
以前、何かの本で読んでびっくりしました。
しかも、その6万件のほとんどは、前の日と同じ内容で、
次の日もほぼ同じなのだそうです。


私にとって、この6万件の考え事の一つが、
「自分が我慢すれば家がうまく回っていく」だったかも。
それは書き換えないと!


昨日も今日も明日も、延々と「自分が我慢すれば家がうまく回っていく」
そんな考えが繰り返される人生にさよならしたいです。

書き換えるのに必要なのは、とりあえずは決断だと思います。
「私は我慢しないで、生きたいように生きていい」
「自分にそれだけの値打ちがあると信じます」
「私は誰も支配しないし、支配されません」
思いつくままに書きましたが、こういう思考に書き換えればいいですよね。


謙虚な日本人には言いにくいセリフですが・・・。(笑)
でも「私なんか」が謙虚の美徳だという思考も変えましょうか。
「私はえばりませんが、卑屈にもなりません」なんてどう?


24時間の間に私たちの脳みそを駆け巡るらしい6万件の思考。

皆さんはどんな思考が自分の脳みそで日々繰り返されていると思いますか?
それを書き換えるとしたら、どんな言葉がしっくりきますか?
            
スポンサーサイト