FC2ブログ

2013年09月05日

        

シュウトメちゃんの施設退所を1ヶ月早める予定です

category - 日記
2013/ 09/ 05
                 
漠然と決めてはいたのですが、旅行中に決心しました。

10月末の退所を、9月末に変更していただきます。
ただ、今年から真夏と真冬は入所してもらうことにして、
この冬も、入所してもらうことにします。


帰宅後、ケアマネさんに連絡を取って、話し合いました。
私から施設の方へも申し出て、お話した後にケアマネさんに連絡し、
正式に調整に入る事が決まりました。

朝晩は涼しくなっているし、9月末で水虫の傷から黴菌が入る心配も
あまりなくなるでしょう。

施設の相談員さんは、1度シュウトメちゃんとお話してみますと
おっしゃるので、私は連絡待ちになってます。

---------------------------------

そこそこ元気で、シュウトメちゃん休暇が取れたからこそ
2泊3日の旅行が出来たのだと思います。
ありがたいと思います。

逆に言えば、シュウトメちゃんを介護している間は、
2泊3日の旅行の自由もないということです。

食事作り、湿布交換、サポーター装着、ポータブルトイレの片付けなど、
一つ一つは簡単ですが、洗濯のようにまとめてやれる仕事ではありません。
加えて、転んだら決して自力で部屋に戻れません。
食事内容に細かい指示を出しますが、生活費は1円もくれません。
もう1ヵ月半ほど離れて暮らしているので、
肉体的にも精神的にもとても楽です。


シュウトメちゃんは我儘で、どんなに抵抗しても、反発するだけ。
嫁の私は我慢するしかないと思っていました。
でも今は、そう思いません。
毎年、真夏と真冬は施設に入ってもらおう・・・と決めました。
本人はイヤだって言うかもしれませんが、そうしていただこうと。
 

シュウトメちゃんは施設でもちゃんとやっていけるのですが、
自宅で私の世話になっているほうが都合がいいのです。

「施設は地獄だ」の騒ぎも、義姉に怒鳴られたことでなくなりました。
お盆に義姉たちに「koalaさんがわしの面倒を見たくないものだから
地獄のような施設で我慢している。koalaさんにために、
わしはまだまだ我慢しなくてはいけない、辛い」とこぼしたんです。
義姉たちから優しくされたくて言ったと思いますが、逆効果。

「あんな立派な施設で楽な生活をしていて何が地獄なのか、
ああいうところに入りたくても入れない人だってたくさんいる」
「考え方を切り替えなさい。充分恵まれているでしょう?!」
「私たちは自分の生活があるからそんなに顔を出せません」

私が言っても反感を呼ぶだけですが、可愛い娘の言葉にしょんぼり。
本当は、心の底ではわかってるんですよね。
幸せは心の中にあるよ、シュウトメちゃん。


シュウトメちゃんの状況は、家で仕事を持つ主婦が介護する限界点で、
自分でもそれはわかっているはずとケアマネさんにも言われています。

一人の時に部屋の外で転んだら命に関わる時期は施設で、
そうでない時期は、注意しつつ家でという時期に入りました。

秋や春だって、命に関わる可能性は低いというだけで、
誰もいない家の中で、脳梗塞や脳出血、心筋梗塞などの発作が起きたら、
発見が遅れるとやはり命に関わります。
転んだら、骨が折れて痛くても、トイレに行きたくても、
おなかが空いても、喉が乾いても、
その場からほとんど動けないのですが、自宅がいいそうです。
気持ちはわからないでもないんですけどね・・・・。


---------------------------------

シュウトメちゃんとたくさんたくさん衝突して、
人を変えることなんて出来ないのだと学びました。
みんな自分のペースで自分の人生を歩いているので。

80才を越えてから、シュウトメちゃんも少しずつ変わってきました。
しかし、まだまだ嫁はシュウトメの世話をするもの、と思っているので、
無理強いはしなくなったものの、強い不満感があるのですね。

自分はあまりにも自分のことが出来なくなったので、
施設のお世話になるのは仕方ない、とまでは思えないのです。
ただ、いずれはそうなるしかないのが現実なので、
これからは真夏と真冬に施設に入って、その環境に慣れてもらいたいです。
そして「嫁に世話になって、わしの家で暮らすんだ」という執着を減らしていって欲しい・・・


---------------------------------


叔母の場合は、骨折して車椅子になることで、
いきなり自宅生活が無理ということになりましたが、
シュウトメちゃんには心の準備が必要でこうなったのだなと
今はそんな風に感じています。


家で暮らしたいという気持ちは、執着ではあるのですが、
シュウトメちゃんのリハビリに励む原動力になっているので、
家とリハビリ指導のある施設との行き来は、
案外いいのかもしれないと思うようになりました。

年を取って、あちこちからだの具合が悪くなるのは、
肉体や命への執着を減らすという仏のはからいがあるのかも。
            
スポンサーサイト