FC2ブログ

2013年08月19日

        

「優雅に働くご婦人」へと、イメージアップできるかな?(笑)

category - 日記
2013/ 08/ 19
                 
職場のレジで、よくわからないことが起きました。
お金のやり取りとしては問題なかったのですが、
同じことがまた起こると困るかなと思い、店長に報告。
私を含む、午後6時終業のパート仲間も集まって話しました。

とりあえず、お金のやり取りで問題はなかったため、
何か誤って普段使ってないキーを触ってしまったのではないか、
(ではどのキーを押すとそうなるか?というのは不明)
また起こったらその時考えましょうということになりました。

そのレジは他の人も別の問題が起きたばかりだし、
機械内部の掃除が足りないのでは?と私は思いました。
機械に弱い私が言うと、全く説得力がないのですが、
ある先輩が「koalaさんがせっかちすぎるからだよ」と発言。
そしてこの言葉が10回近く繰り返されて、みんなびっくり。
この先輩にここまで非難されたくはないわ~。

後で同僚がその先輩を悪く言うことで励ましてくれましたが、
実は私の頭の中には、この先輩の仕事の悪い点がいくつも浮かんできて、
それが他の人たちの言う悪口と結構重なっていたので、
心の中で苦笑いしたのでありました。
あら~、私ってやっぱりけっこう性格が悪いわ~、
でも、このくらいの性格の悪さって人間的。
チャーミングだわと開き直りましょうか。

でもね、この先輩の発言は間違ってはいません。
私は、事実、せっかちなんです。
せっかちでない人にとっては、せっかちな人間が
ものすごく不快なのかもしれないのです。
もしかしたら、少し落ち着けよ!と
怒鳴りたいくらいなのかもしれません。 
みんな自分が基準なので、せっかちかどうかだけでなく、
自分の基準に合わない相手を責めたくなるのでしょうね。

-------------------------

おかげで一瞬湧いた、しつこい非難に対する怒りは、
あまり尾を引かなかったです。
全然尾を引かないわけじゃないのよ。
そんなに優しくないのですよ。誤解があるみたいですが。(笑)

ただ、最近は、非難で傷つく時は、その非難の言葉の影響で、
自分自身が自分を非難しているからだと気がついたので、
「私の人生に非難は必要ない」と自分に宣言してしまうことで、
無用のエネルギーの浪費が防げるようになりました。

自分の心ををグサグサとナイフで刺す必要はないし、
自分で刺したのに、非難した人に刺されたと解釈して、
私も刺してやる!なんて逆攻撃したりというのは、
ホント、無用のエネルギーの浪費だと思います。

私はせっかち。
それは仕事上、直していった方がいい。
ただその事実があるだけです。

私の職場は、とてもいいと思うんですよ。
ちょっとしたこんなことはたくさんあるのですが、
あっても、こじれません。
派閥が、とか、お局様が、といういざこざがほとんどないです。
販売系のお仕事って、すごい所も多いみたいですから。

-------------------------


非難されたと感じた時、感情的にならずに済ませるには、
もうひとつ、別のテクニックがあります。(笑)

「貴重なご意見、ありがとうございます」と心の中で言うことです。
「私の人生に非難は必要ない」とダブルで使うとすごく効果的。

どんな意見でも、その人にとっては真実です。
そして、今回の意見は一理ある!と思ったので、
素直に「気をつけます」と言えましたよ。
おべんちゃらと思った同僚が多いでしょうが。(爆)
この先輩、よく担当のレジを抜け出しちゃうんですよ。

-------------------------

春からレジが新しくなったのですが、機械が認識することが多いので、
当然、認識時間がかかり、前のレジより反応が遅いです。

指摘されたとおり、私はせっかちなところがあるので、
遅すぎる~!と感じることが多いです。随分慣れましたが。
機械なので、キーを押すのに適切なタイミングというのがあり、
私を含めたせっかち仲間は「つい先走ってキーを押してしまう」と
話題になったのでありました。

こういうのは慣れですので、少しずつ改善しましたが、
早押し組は、癖が抜けきれず、未だに時々早押ししちゃうのです。
余計なキー操作というのは、機械にいいことではないです。

先輩のように、もともとゆっくり操作していた人には
全く問題ないので、早押ししてしまう意味がわからないのです。
なんでそんなにせっかちなの?!と不審に思うでしょうし、
もっと丁寧にゆっくりやる方がいいのにと思うでしょう。

-------------------------


丁寧にきれいにレジをした方がいいに決まっているので、
「せっかちの戒め」は大事だなと思いました。

「せっかち」って美的でもないですからね。

皆様、不肖koalaが、「チビのおばちゃんがせっかちで、
ばたばたと気ぜわしく働いている」というイメージ?を脱却し、
チビのおばちゃんは変われないけど「優雅に働くご婦人」へと、
イメージアップできるように祈ってくださいませ。
            
スポンサーサイト