FC2ブログ

2013年08月17日

        

買ったほうも「ありがとう」という文化は素敵ですよね

category - 日記
2013/ 08/ 17
                 
名古屋に赴任したことのある方のコメントをいただいたことがあります。
お客さんの「ありがとう~」に感動しました、とおっしゃるのです。
関東の方なのですが、そちらでは「すいません」とか「どうも」と言い、
買う側の「ありがとう」はあまり聞かれないのだとか。

この方のお店は服を売っていて、私の勤務先は産直なので、
大急ぎのお客様もけっこういて、空気が違うような気もしますが、
全部ではないですが、ほとんどのお客さまは「ありがとう」と、
言ってくださいますし、気持ちいい笑顔を添えてくださる方も多いです。

もちろん、苦虫を噛み潰した顔のお客様もいらっしゃれば、
時間を気にして、イライラしていらっしゃるお客様も。

苦虫を噛み潰していらっしゃる場合はどうしようもないので、
お幸せに~♪の念を静かに送るだけですが、
時間を気にしていらっしゃる方には、大至急レジを済ませてあげたいです。

ハイウエイオアシスなので、バス休憩のお客様が、トイレの後で、
どっと流れていらっしゃると、レジが混んで時間がかかるんです。

バスだってお客様を残して出発なんかしないですけど、
集合時間に遅れてバスに入るの、かっこ悪いですもんね。
たまに、なかなかバスに帰っていらっしゃらないお客様がいらして、
アナウンスが入ることもあるのですが、とてもまれなことです。

脱線しました。話を元に戻します。

改めて考えてみると、買ったほうも「ありがとう」と、
笑顔と共に言うことが定着しているというのは、
とてもいい文化だなと嬉しくなりました。

「お互い気持ちよく、幸せに過ごしましょうね」というような
気持ちの反映ではないかと思いました。

さて、今日も仕事です~。
お客様に気持ちよくお買物していただくのが私の仕事です。
            
スポンサーサイト