FC2ブログ

2013年08月11日

        

目からウロコが落ちた話

category - 日記
2013/ 08/ 11
                 
シュウトメちゃんのことではとりあえず悩んでいません。

義姉2人は話し合って、実家に寄る日を決めたら電話してくれます。
その日の外出届を出して、シュウトメちゃんは日帰りで帰宅します。
シュウトメちゃんにどうしたいのか聞いて、
出来る範囲でそうしてあげる、それで充分かと思います。

どうしたいのか自分で決められると信じるのが大事なことで、
私がでしゃばるのは間違い。
私が何とかしてあげなくてはと思うのも間違い。

役に立たないといけない病は卒業したいと思います。

-----------------------------

今朝は日記を書いてすぐ出勤しました。
愛知県はトヨタ自動車関連の職場が多く、
トヨタ系と呼ばれていますが、トヨタ系は今日から夏期休暇。
だから職場も忙しいんです。

15分の休憩があります。
その時読んだブログ↓が、その時の私にドンピシャでした。
平穏無事なんて、本当は面白くない(笑)

遠くから帰宅途中、ナビにお寺があったそうなんです。
ちょっと回り道を、と思ったら、不安になることがいくつも起き、
ギリギリの道を通ったりしてさんざん。

でも、管理人さんはとてもスピリチュアルな方なので、
そうか!と気がついたそうなんですね。
自分は本心では、何の危険もないような安全な道を進んでも
面白くない、変わった体験がしたいのだと思ったのでした。

そしてそれは自分だけではなく、みんな文句を言っているようで、
平穏無事なだけの人生なんて面白くないと深いところで思っているので、
実は、山も谷も楽しんでいるに違いないと言うのです。

人間は実はかなりキッツイことでも、それを体験して、
乗り越えられる強靭さを持っているから、
自分の好みの人生を歩んでいるはず!っていうブログでした。


-----------------------------

目からウロコ。
とてもタイムリーで、すとんと腑に落ちるお話でした。

この話は、現在苦しみの中にいる人には、
何を言っているのだ!と怒りをかき立てる話かもしれません。
私が一番苦しかった時、このブログを読んでも、
きっと腑に落ちなかったと思います。
苦しむ自分を少し離れた所から見ることが出来てから、
そういうことだったのか、と腑に落ちる人には
腑に落ちる、そういう話だと思います。
人生にはたくさんの登山道があるので、
この道理の道から登山する人限定でピンと来る話かもしれません。

ある方の迷惑になるので、ここに書けない内容で、
私は1ヶ月ほど少し苦しかったです。

でも、この話を読んで、私はこの苦しみを通過したかったのだ、
きちんと苦しんでからこの地点を通過しようと願った
タフな魂だったから、ああいうことに巻き込まれたのだと
突然気がついて、腑に落ちて、多分あの苦しみを克服しました。
苦しみの内容は、外からくるように見えますが、
同じことが起こっても苦しみの度合いが違うのは、
その人の中に、その苦しみに呼応するものがどれだけあるかで
とても違ってくると思います。
私を苦しめたのは、○○さんの悪意だと思っていたのですが、
その悪意に呼応する私自身だったと気がつきました。
わけがわからない文章ですみません。
半分以上、自分の覚え書きで書いています。

-----------------------------

話を戻しますが、シュウトメちゃんの好み、すごいわ。
地獄にいる可哀想な老女役を選ぶとは。
もちろん本人には言えないですね、こんな話は。
ピンと来そうなら言えますけど・・・。

シュウトメちゃんが、地獄にいる役を止めたいと望めば、
心の深い所でそれを望みさえすれば、きっと、
自分のいるのは地獄なんかじゃなかったって、
気がついて、違う目で世の中が見られるんじゃないかな?
でも、それを選択する自由はシュウトメちゃんにあります。

今の自分の環境には、愛や思いやりがあまりにも足りないと、
多分、そう感じているシュウトメちゃん。
あまりにも足りないのは、きっと自分に対する愛と思いやり。

実は心の奥底には充分あるのだけれど、
邪魔しているものがいっぱいあって、それが苦しみのもと。
その邪魔しているものを取っ払えばいいのにと、
お節介嫁が気をもんで、上から目線で、いろいろ言ってきました。

でも、苦しみを味わおうと魂が望んでいる面もあったとは!
何も困難がないと面白くないのだというチャレンジャー魂が
シュウトメちゃんの中にいるのだと思うと、
見る目が全然違ってきてしまいます。

-----------------------------

そういうシュウトメちゃんに若い頃いびられ続けた、
私の好みもかなりエグイ気がします。(苦笑)
でも、その役はもう飽きたので降ります。

せっかくいろんな経験がしたくて生まれてきたので、
虐められる嫁の役ばかりやってるのはもったいない。

自分を信じて、自分の生きたいように生きるって、
そういう意味だったのね。

いろんな経験をしたくて生まれてきたのだから、
こういう経験がしたい!って面白い道を選ばないとね。


何だかすっきりしました。
心が軽くなった気がします。
            
スポンサーサイト