FC2ブログ

2013年04月21日

        

シュウトメちゃんのチェスト

category - 日記
2013/ 04/ 21
                 
今朝、ハイチェスト2つが届きました。
 
シュウトメちゃんの部屋で私が、チェストにしまう服を、
半袖と長袖とに仕分けしていたら、部屋に来ていろいろ嘆き始めました。
 
義姉に助けを求めて、いろいろ捨てたシュウトメちゃんですが、
無理して捨てたみたいで、本人にはかなりストレスが溜まってます。
 
着ない服が山ほどで、ダンボール箱やプラスチックケースが雑然と置かれ、
私から見たら、不自由極まりないあのゴミ山のような部屋が、
シュウトメちゃんには落ち着く部屋だったのかもしれません。
私は、その憩いの部屋(?)を破壊しようとする鬼嫁?
 
「わしが死んだらきれいになるわ!」とわめきだしたので驚き、
何度も繰り返したセリフをまた言いました。
「おばあちゃんが着る服を取り出しやすいようにしているだけなんだよ。
おばあちゃんが捨てるって決めてゴミ袋に入れたものしか捨ててないよ。」
でも、怒って泣き出したので・・・退散してきました。
 
私のしていることは、シュウトメちゃんにとっては余計なお世話なんでしょう。
私には、シュウトメちゃんを傷つける気はなかったです。
 
シュウトメちゃんが捨てるタンスに選んだタンスを捨て、
中身をチェックしてもらって、残すものはチェストにしまうだけ。
ダンボール箱が積んである中身を出して、チェストにしまうだけ。
今まで、あの服が無い!と何度もダンボールをいくつも開けて、
大騒ぎしたのがなくなるし、楽になると思ったんですけどね。
 
シュウトメちゃんが死ねばきれいになるとか、
ここに写真があるから、遺影に使えばいいとか、
死んだらこの着物をお棺に入れろとか、
生きてるのにこんな目にとか、そんな事ばかり暗い顔で言い、
怒ったり泣いたりしているシュウトメちゃん。

そんな風に受取られるなんて、
全く、夢にも思いませんでした。
ましてや今日のように怒って叫んで泣き出すなんて。
そんな風には全然思ってないよと言っても通じません。
 
シュウトメちゃんにとって、片付け=死、なんでしょうか。

あの雑然とした部屋は、シュウトメちゃんの心象風景なのかもしれません。
自分が着たい服をさっと取り出せて、部屋がきれいなことよりも、
山ほどの服の入った箱たちに囲まれていたいシュウトメちゃん。
 
でも、とりあえず、悪いけど、チェストに入る分は入れちゃいます。
通路にポータブルトイレを置いたため、通路が通れなくなった現在、
あの衣装部屋を通らないと、トイレに行けないのです。
シュウトメちゃんのためと言って始まったことではありますが、
お客様がトイレに行きたくなった時のことを考えると怖かったです。
シュウトメちゃんの衣装部屋が、あのままでは困るというのも本音。
 
一気に片付けると、余計に神経を逆なでするかもと思い、
今日は半分ほど片付けました。
着なくなった洋服になぜ執着するのか。
何かの象徴なのでしょう。
その気持ちが理解できないので、
どう対処していいのかわかりません。
 
ゆっくり片付けた方がいいのか、手早くしても一緒なのか、
頭の中でぐるぐる考えてもわからないので、安全パイをとって
とりあえず、ゆっくり片付けることにするつもりです。
時間が解決してくれるのでしょうか?
            
スポンサーサイト