FC2ブログ
2013/04/18
2013/04/18

2013年04月18日

        

平安神宮紅しだれコンサート・はしたてで夕食

category - 日記
2013/ 04/ 18
                 

 
京都の日帰り旅行のメインは紅しだれコンサートでした。
平安神宮のしだれ桜は、とても美しくて大好きですが、
紅しだれコンサートは初めてです。
とても素晴らしかったです。

夕食は新幹線の時間の関係で1時間ほどしかとれなかったので、
それなりに京都らしく、でも時間の心配が無いようにと、
スバコの3階にあるはしたてさんで食べました。
 

 
平安神宮の建物と桜が組み合わさると、雅と言う言葉がぴったりします。

 

 
桜は散りはじめとのことですが、夜桜だとあらが見えません。(笑)
きれいだと思いました。
よく見ると、葉桜なんですけどね。
 

 
ちなみに今年のコンサートは以下のとおりでした。

▽10日(水)東儀秀樹(雅楽師)
▽11日(木)真辺雄一郎(ギター)
▽12日(金)角家道子(フルート)
▽13日(土)紅しだれカルテット(弦楽)
 

 
下を見ると、桜のじゅうたんになっています。
 

 
でも、この幽玄な美しい景色の中で、フルートの演奏が聞けて幸せでした。

1回目・午後6時40分~7時20分
2回目・午後7時50分~8時30分

私たちは6時40分からのコンサートを楽しみました。
 

 
池に映った夜桜も、本当にきれいです。
 

 
まだ真っ暗ではない時間なので、見上げるとこんな感じ。
 

 
こちらは八重桜。
 

 
中央でフルート演奏が。
奥でピアノも弾いているのですが、マイクが悪いのか、
演奏用の場所でないからか、ピアノはあまり音がよくなくて残念。
フルートはとてもきれいでした。
 

 
上着を着ていても肌寒かったこの日、
赤いドレスで演奏して、さぞ寒かったのでは・・・。

 
立ち止まって聞いている人、歩きながら聞いている人、様々です。
 

 
京都駅に向いました。
スバコの3階のはしたてさんは、高級料亭が経営しているのですが、
お店自体はとてもカジュアルで、お値段も高くありません。
そして短い時間でも美味しい物をというニーズに合っています。
一応電話で席を予約しておきました。
 

 
1時間しかありません、と事前に断ってから簡単なコース料理を。
と言ってもメニューを見たら、コース料理は1つだけで、
お鍋と仕上げのご飯か麺を選ぶということになっていました。
 

 
オットは牛肉、私は鯛のお鍋をオーダー。
素材で違っただし汁のお鍋が来ました。
 

 
デザートのレンコンもち。
とても柔らかく、不思議な食感。
 

 
私が仕上げに頼んだのは湯葉にゅうめん。
オットは山椒のご飯とお味噌汁でした。

にゅうめんもお汁も湯葉ももちろん美味しかったのですが、
私が驚嘆したのは、ここには写っていない唐辛子の美味しさ!
今まで味わったことのない、爽やかな辛さ。
帰りにお店の方に伺うと、唐辛子の老舗のお店を教えてくださいました。
限られた量を拘りで作っていらっしゃるようで、
そこに買いに行くしかないみたい。
この日はもう無理・・新幹線が出ちゃう。
いつかきっとここに唐辛子を買いに行こうと思っています。
 
日帰りの旅行記なのに、長々と引っ張ってしまいました。
腰を痛めたので、以前ほどフットワークが軽くなくて残念と思っていましたが、
こうして振り返ると、けっこう盛りだくさんだったなぁと思いました。
効率よくたくさん回るだけが楽しみではないですものね。
 
これで日帰り旅行記は終わります~。
            
スポンサーサイト



            
                                  
        

京都南座 春の特別舞台体験

category - 日記
2013/ 04/ 18
                 
京都の旅行記の途中でしたので、気を取り直して、続きを書きます。
 
12日に京都へ行ったのは、平安神宮の紅しだれコンサートに行くのがメインの目的でした。
他に何か面白そうなイベントはないかと探した所、南座の「春の特別舞台体験」というイベントを発見。
歌舞伎は全然知らないのですが、花道を歩けたり、舞台に上がったり出来るそうなので、
ちょっと面白いかも・・・と思ってチケットを購入してありました。

 
舞台から上を見上げると、いろんな仕掛けが。
花びらの飾りだったり、「吉田屋」ののれんだったり。
 

 
回り舞台の体験。
一周くるっと回りました。
 

 
 
床の線が見えますか?
この線の部分が動きます。
 

 
今度は上下に上がったり下がったりする仕掛けの体験。
半数に分かれて、交代で体験します。
私は最初、上がる方のグループで、後列でした。

前列の方たちがまず下がっていきます。
 

 
今度は私たちのいる後列が上がっていきます。
 

 
前列・後列を交代して、今度は私は下がる番。
 

 
緞帳の上げ下ろしも体験できました。
舞台に立って、緞帳が下りたところです。
緞帳の裏には「火の用心」の文字が。

この後、明かりを落として真っ暗になり、
緞帳が上がって、ぱっと明かりがつくという体験。
なかなかの体験です。面白かったです。
 

 
花道を歩いて、次のグループと交代です。
 

 
2階席から次の方たちが花道を歩くのを見ました。
 

 
舞台が回っているのも見ました。
さっき自分が体験していたことを見るのも面白いです。
 

 
3階席に移動しました。
舞台が上がったり、下がったり。
けっこうな高低差だったのね。
 

 
「火の用心」が裏に書いてあった緞帳。
 

 
南座の天井も美しかったです。
 

 
赤いライトは全部提灯。
 
南座を後にして、平安神宮に向いました。
続きはまた明日。