fc2ブログ

子宮頸がんワクチンの後遺症に苦しむ女の子のお母様のブログ ワクチンの話その2

子宮頸ガンは早期発見が第一。だから、検診が大切。ワクチンを接種していても子宮頸がんにかかる可能性はゼロではありません。結局定期的に子宮頸がん検診を受けることが必要です。 ワクチンの効果は10年もつかどうか。そして子宮頸がんは、50歳代が最も多く、40~60歳代で全体の75パーセントを占めます。 受ける必要性が高いと思われますか?  薬の認可が遅いことで定評のある日本が、申請の段階では国内試...

子宮頸がんワクチン接種で1926件の副反応 ワクチンの話その1

厚生労働省の矢島担当局長が、現在認可接種されているワクチンである「サーバリックス 」と「ガーダシル」の2種類のワクチンについて、その副作用が インフルエンザワクチンに比べて、サーバリックスは38倍 そのうち重篤な副反応は52倍、ガーダシルは26倍 そのうち重篤な副反応は24倍と大変 に大きいものである事を認めているそうです。 子宮頸がんを引き起こす可能性を持ったウイルスには16型と18型があり、...

nanakoala
Page top