FC2ブログ

2013年03月02日

        

私の心も少し清浄になりますように

category - 日記
2013/ 03/ 02
                 
さて、今週の土日はお仕事です。
その代わり、木・金と連休で、昨日は友人と温泉へ。

この友人も含む、同年の子供がいるかつてのママ友5人で、
15日に伊勢神宮に出かけるので、その打ち合わせもしました。

伊勢神宮は今年20年に1度の式年遷宮の年に当たります。

全てのお建物を建て替えし、殿内の御装束(おんしょうぞく)や神宝も
全て新調するのですが、これは神様がお住まいになられるに相応しい
清浄さを保つのは20年が限度という意味合いがあるのです。
全てを新しくして、御神体を新宮へ遷(うつ)します。

これがあるから、伊勢神宮は常に新しく清浄であり、
古い建物ではないので、世界遺産には永遠に認定されないでしょう。
清浄さを大事にする日本人の魂が受け継がれていることは、
世界遺産に認定されることよりも大事なことだと感じます。
戦国時代と第2次世界大戦の時代に、20年に1度という
決まりが守れなかったこと以外は、綿々と続けられてきました。

全てのお建物を作りなおす前には、数々の儀式があり、
敬虔な祈りが捧げられます。
今年は平成25年。その年に神様にお引越ししていただくためには、
平成17年に、御造営用材を伐採する山の神様にお祈りするのをはじめ、
大事な部分の木材を伐採させていただく儀式、
その木材を運ぶ儀式、作業の安全を祈る儀式、
新宮 ( にいみや ) を建てる処にいらっしゃる神様に祈る儀式、
架け替えを先立って行った橋の渡り始めの儀式などなど、
たくさんの祈りの儀式が捧げられて、作業が進行します。

式年遷宮の年は、とんでもなく混むのですが、混むのは内宮で、
外宮は、それほどではないだろうと、私たちは今回外宮へ。

内宮と外宮では、神様も違うのですよ。
内宮が天照大神(あまてらすおおみかみ)、
外宮が豊受大御神(とようけのおおみかみ)です。

本来は、外宮をお参りした後、内宮をお参りするのが正式ですが、
外宮と内宮は離れているんですよ。
なので、内宮だけの参拝客が圧倒的です。

お伊勢さん観光案内人というグループがありまして、
予約制で、お願いした場所の案内をしてくださいます。
10時半から外宮とせんぐう館の案内100分の予約をしました。

外宮でランチをいただいたあと、帰りに結城神社という
梅で有名な神社に寄っていく予定です。
ちょうど見頃になっているといいなぁ・・・。

-----------------------------------------

そういう楽しい計画があるのですが、
職場の人間関係のゴタゴタが少々ありまして、心に少し雲が。
私は私、と思いつつも、関わらないわけにもいかず、
職場で波風を立てるような言動は慎む方針でいるのは、
ある面、八方美人になることでもあるので、ストレスです。

あなたのこういうところがあの人を怒らせるんでしょ、
お互い様なんだから、自分だけいい子に思うのやめたら?と
はっきり言えたら、その場は気持ちいいかもしれないけど、
後で尾を引くのは確実で、余計ややこしくなること間違いなし。

相手の中の嫌な面を見るにつけ、これが気になるのは、
私の中にも同じ部分があるからだろうな~と思います。
八方美人で、自分が悪く言われないためなら、
その場の雰囲気で誰の悪口でも言っちゃう人、ホントは嫌い。
でも私のやってることだって、波を立てないためだとしても、
結局八方美人じゃないの?って自分に突っ込む自分がいます。

怒って悪口を言う人って、(自分は絶対に正しくて、
相手が間違ってる)と、どうして思えるんでしょうね。
人それぞれ、多少の感性の違いはあるんだから、
意見があるなら感情的にならないで意見だけ言えばいいのに。

職場なんて誰とも本音で付き合いましょう、という場ではないと、
割り切って波風を立てない選択をしている自分が、
八方美人の薄汚い人間に思えてきます。相手のことも同様です。

しかし、この発想は幸せにならない発想ですよね。
自分を責めることはないし、相手も責めなくていいんです。
表面はとりあえず仲良く働いているので、
それで上等、という思いと、うんざり~という思いが半々。

しかし、怪しい死後の話やら魂の話を信じている私には、
こういう、自分は正しい派とか、八方美人派というごちゃごちゃも
私がかつて出したエネルギーが返ってきたんだという思いがあります。
だったら責めたり否定したりするよりも、
お帰りなさい、と言うべきでありましょう。

こんなエネルギー出しちゃってたのね~。
まだこのエネルギー、残ってるのね~。

自分は正しい派のエネルギーを私が出した?うん、そうよね。
何が正しいかを常に考えるべきと思ってたよね。
正しくない選択をしているように見える人にムッとしてたよね。
一生懸命、何が正しいか考えて、それはそれでけなげじゃないの。
本当は、いろんな価値観があることを受け入れた方が、
うんと楽に生きられるのに、それを拒否してるのが自分は正しい派かも。
お疲れ様です、と心の中で手をあわせたっていいくらい大変そう。

八方美人派のエネルギーを私が出した?うん、そうよね。
人に悪く言われるのって不快だし怖いよね。
どうして怖いのかっていうと、やっぱり自信がないのよね。
自己否定する気持ちがあるから、否定されるのが怖い。
八方美人の人は、怖がりなんじゃないの?
自分の中にもその怖がりを見てしまうのが不快だから、
八方美人になってる人を見て、不快感が強くなるのかも。
自己否定しなくていいよ、その方が楽だよと、
その人にも自分にも心の中で言ってみるのはどうかな。

過ちも醜さも経験しないとわからないのだから、
そういうものが自分から出てきたって、相手から出てきたって、
ゴキブリが出た!みたいに騒がなくていいのよね。

-----------------------------------------

清浄になった伊勢神宮で、私の心も少し清浄になるかしら。
伊勢神宮は、20年に1度、全てを新しいものに作りなおし、
清浄さを保つという選択をしました。

全て選択なのかもしれませんね。
さて、私は20年ごとに新居を作るなんて無理なので、
お掃除してせめてもの清浄さを手に入れましょうか。(笑)
私の心も少し清浄になりますように、とお祈りしながら
お掃除すると、効果があるような気がします。(やはり怪しい?)
            
スポンサーサイト