FC2ブログ
2013/03/16
2013/03/16
2013/03/16
2013/03/14
2013/03/13

2013年03月

        

グルコサミン&コンドロイチンをポチしてみました

category - 日記
2013/ 03/ 20
                 
本当に、毎週それぞれ一回ずつ、接骨院とオイルマッサージで、
ほぐしていただいているのに、すぐ硬くなってくる私の体。

昨日は接骨院で、いっぱいほぐしていただきました。
専門家のストレッチというのは、自分でやるのより格段にほぐれます。
土曜日にはオイルマッサージが予約してあります。
毎日、腰痛体操やストレッチを自宅でしています。
それなりにほぐれます。
でも、また固くなってくるってどういうこと~?(←トシだよ)

マッサージの先生は、これがkoalaさんの更年期、とおっしゃるし、
接骨院の先生は、運動して、その後しっかりストレッチ、
これを根気よく、とおっしゃいます。

ふと思い出したのが、膝や腰が痛いと言っていた実家の母の顔。
私がグルコサミン&コンドロイチンをプレゼントしたら、
ああ、こういうのを飲めばよかったんだ、お金使わせてごめんねと、
私に言った母の笑顔が懐かしく思い出されました。
あの時はまだ、母が癌になって死んじゃうなんて知らなかった・・・。

グルコサミン&コンドロイチンで検索したら、いっぱい出てきましたが、
私が母に買ってあげたのは、確か、サントリーでした。
懐かしいし、大手の方が安心な気がするので、私もサントリーにしようかと
サントリーのをポチしました。
森永のドリンクタイプにも心が動いたんですけどね。

http://hbb.afl.rakuten.co.jp/hgb/?pc=http%3A%2F%2Fthumbnail.image.rakuten.co.jp%2F%400_mall%2Fribbon-tuuhan%2Fcabinet%2Fkensyoku%2Fgurukon.jpg%3F_ex%3D128x128&m=http%3A%2F%2Fthumbnail.image.rakuten.co.jp%2F%400_mall%2Fribbon-tuuhan%2Fcabinet%2Fkensyoku%2Fgurukon.jpg%3F_ex%3D64x64


http://hbb.afl.rakuten.co.jp/hgb/?pc=http%3A%2F%2Fthumbnail.image.rakuten.co.jp%2F%400_mall%2Fkennkoubi%2Fcabinet%2F02408337%2Fimg58239373.jpg%3F_ex%3D128x128&m=http%3A%2F%2Fthumbnail.image.rakuten.co.jp%2F%400_mall%2Fkennkoubi%2Fcabinet%2F02408337%2Fimg58239373.jpg%3F_ex%3D64x64

私がグルコサミン&コンドロイチンを買ってあげた時の母は、
何歳ぐらいだったんだろう?思い出せません。

半世紀使わせていただいた私の身体は、いろいろ古くなりまして、
メンテが必要なんですね。
まだしばらく使わせていただきますと、感謝を込めてお手入れしましょうか
                         
                                  
        

足の痛いシュウトメちゃん

category - 日記
2013/ 03/ 19
                 
シュウトメちゃんは、脳出血の後遺症で左半身不随になり、
その後約30年、ゆがんだ姿勢で歩いてきました。

どうしても体に負担がかかる部分が出来てしまい、
あちこちの痛みが出てくるのを避けられません。

82歳になるので、麻痺のない部分の筋肉も落ちていきます。
歩くと痛いならまだしも、歩かなくても痛い時は痛いです。
痛いからと歩かないと、筋肉が減る速度が速くなります。
車椅子の身になるのをどれだけ引き伸ばせるかという感じです。

病院に行っても、痛み止めと湿布と注射で終わるんですが、
検査して異常が出るといけないので、受診も大事ですね。


-------------------------------


そのシュウトメちゃんが、足が痛いので受診したい、
木曜日が主治医のいる日なので、今度の木曜に、と言います。
行きはいいんだけれど、帰りが送って来られません。
痛いのに悪いけど、帰りはタクシーでお願い、と答えました。

その日は職場のレジの研修日。
レジが新しいものに代わるので、研修は必須です。

家を10時に出れば間に合います。
私が事前に診察券を出しに行き、シュウトメちゃんが早起きして、
開院前に病院に着ける時間に家を出られるのなら、
間に合うかもしれませんので、一応その事実を説明しました。

予想はしていたけど、わしは早く仕度できないんだという
嘆きの長い長い答え?が返って来ました。
早起きすれば帰りもお迎えできるという事実を、
伝えただけなのですが、やっぱり無理みたい。

介護タクシーを頼めば、家の玄関まで車椅子で送ってくれますが、
普通のタクシーよりも高いので、そんなのは頼まないと
シュウトメちゃんは言います。
その元気があるうちは、足が痛いなりに安心と言っては、
シュウトメちゃんに申し訳ないけれど、そんな感じ。


-------------------------------



そのうちまたシュウトメちゃん仕様にリフォームするとなると、
大金がかかるのは目に見えています。
シュウトメちゃんにも少しは払って欲しいですが、
あまり期待できない性格をしていますからねぇ。
今までもいろんなリフォームしてきましたが、
わしはお金ないからと澄ましてるんですよ。

小さいリフォームだと50万以下でできますが、
大掛かりのリフォームでは単位が違ってくるし、
それを全部払ってきた上に、これからもまだ
いくらかかることかと思うと、ため息が出ます。

以前に病院でシュウトメちゃんの老人ホームのお友達に会い、
弾んだ会話というのを聞いたことがあります。
○○さんの息子は、家をこんな風にしてくれた、
出来た息子だねぇ、うちはしてくれない、
嫁の尻に敷かれてダメだ、あ、それはうちの息子もダメだ、
そんな風な会話でしたよ。

自分のためのリフォーム代を自分で払うとさえ言えば、
どの息子も注文どおりやってくれると思いますよ~。
仲良しさんというのは発想が似てるのね。

シュウトメちゃんはその場に私がいたので、
具体的には会話に加わらず、ほお~いいなぁとか、
そうそう、とかいう受け答えをしていました。(笑)

その感覚は私の好みには合いませんが、
とりあえず、会話が合う人と笑い合えるのも大事かな。
                         
                                  
        

復興予算を、被災者の方たちのために使う国になってほしい

category - 日記
2013/ 03/ 17
                 
まったりした友人たちとのプチ旅行を楽しみながら、
先日ブログに書いた、福島でのDVや児童虐待が急増のことを
思わずにはいられませんでした。

普通の主婦5人組の私たちでさえ、毎日の生活の中では疲れがあり、
たまにこうやって羽根を伸ばさないとね、と言っているんです。
尋常でない環境になってしまった人たちには、
そういう休養がもっと必要なのに、政治はそれを用意できないか?!と思います。

ボランティアの皆さんが励んでいらっしゃって、
本当にありがたく頭が下がります。
福島の子供たちを、学校の長期の休みに、線量の少ない場所で
思い切り過ごさせてあげるというプロジェクトがあり、
雀の涙の募金をさせていただいていますが、これだってボランティアです。
国が動いたっていいじゃないかと思いますが。

じゃぶじゃぶと復興予算を被災者でない人たちにまわす国に、
NO!と言いたいのですが、ブログで書くことしか出来ません。
でも、私は怪しい国の住人(別に宗教ではないです、念のため)なので、
国民の意識の力を信じています。
多くの人が「復興予算は何よりも被災者のために使われるべきだ」と確信し、
被災者の人たちが平和に暮らせますようにと祈る時、
もちろん具体的に動いた方がパワフルだとは思いますが、
思いの力、祈りの力というものが存在して、少しずつ変化が来るはずと思います。

こんなこと書くと、ますます読んでいただける人が減るかしら・・・。
とりあえず、引用記事だけでも読んでいただけると嬉しいです。

---------------------------------------

日々雑感を読んで、元記事を掲載させていただきました。

http://sankei.jp.msn.com/west/west_affairs/news/130309/waf13030921310029-n1.htm 


東日本大震災で発生したがれきを受け入れない堺市が、
復興予算約86億円をごみ処理施設の新設費などとして
受け取ることが9日、分かった。


がれきの処理に困った環境省が、受け入れを検討しただけの自治体にも
復興予算の交付を決めたためだ。

小さな自治体の年間予算にも匹敵する巨額の資金だけに、
「本当にもらっていいのか」と疑問の声も上がっている。

---------------------------------------


堺市はがれき受け入れを決定していなかったのです。
国が「検討レベルでも交付でき、返還を求めない」としたため、交付を申請。
同6月にがれきの全体量が判明し、市が受け入れなくても
対応できることになったが、手続きは進行。10月に交付が決定とのこと。


この復興予算のばら撒き方、あまりにおかしいでしょう?!

がれきの全体量が判明する前に、がれきの処理に困った環境省が、
受け入れを検討しただけの自治体にも復興予算の交付を決定し、
その後、全体量が判明して、もういいです、でもお金はあげますって。

がれきが地元で処理できない量が水増しされているというニュースは
ありましたが、めちゃくちゃすぎます。
復興予算を少しでも復興に生かせるように使いたいという気持ちが
全くないのがよく伝わってきます。

元々、この広域処理には反対でしたが、ブログにそんなことを書くと、
被災地のがれきの山の画像を見て何も感じない冷血漢とか、
放射能アレルギーのヘンな人という反応が正直、ありました。
でも、実態はこうなんですよ。

がれきの広域処理が必須だと宣伝して、実は大丈夫だったけど、
お金は渡しますね~と大金がばら撒かれて。
実際に焼却した場合も、とんでもない大金が動きました。
北九州市のがれき試験焼却は80トンで輸送費だけで1400万円でしたね。
輸送会社もさぞ儲かったことでしょう。

東京都と東電子会社が被災地がれきビジネスで焼け太り 税金から都1億円、東電140億円

東電が95.5%出資する子会社「東京臨海リサイクルパワー」が処理、
社長も東電出身の尾中郁夫氏。
応募条件を満たす会社は、最初からその一社しかない“ヤラセ受注”で
事業規模は2013年度までに計140億円ほどの見通しだそうです。


------------------------------------

http://biz-journal.jp/2013/02/post_1487_2.html

復興予算無駄遣いの実態…テキトーながれき処理対策でゼネコンや自治体が濡れ手に粟!?


「環境省の推計値なんて、もうアテにならないと証明されたようなもんですよ。
もともと、宮城県ひとつだけで1800万トンものがれき処理量があると推定し、
こりゃ大変だというので千億円単位の復興予算という名の税金を投入して、
ゼネコン各社が甘い汁を吸えるだけ吸ったんです。


それなのに、昨年5月の処理量の見直し作業で、
400万トンも水増ししていたことが発覚。
これを受け、昨年11月になって、被災地内では処理できず
外部に持ち出す広域処理量を136万トンと少なめにはじき直した。
ところが、あれからまだ2カ月しかたっていないのに、
もう半分に減っちゃったんですよ。

それだったら、『いったい広域処理のためにつぎ込んだ
あの巨額の広域処理事業費はいったいなんだったんだ』という話になりませんか」

■がれきの受け入れ先から除外された14団体

【団体名と交付見込み額】

中・北空知廃棄物処理広域連合(北海道) 28.3億円
秋田県鹿角広域行政組合 2億円
秋田県潟上市 4億円
群馬県伊勢崎市 2.7億円
群馬県玉村町 11.3億円
群馬県高崎市 0.6億円
甘楽西部環境衛生施設組合(群馬県) 3.8億円
埼玉県川口市 36.3億円
秦野市伊勢原市環境衛生組合(神奈川県) 44.3億円
神奈川県平塚市 95.5億円
神奈川県逗子市 10.7億円
神奈川県厚木市 9.6億円

京都府綾部市 5.7億円
大阪府堺市 81.2億円

神奈川県が特にすごいので、Koalaの偏見で赤字にしました。



------------------------------------

TEAM二本松さんのご紹介
↑をクリックいただくと、HPにとびます。
明治の粉ミルクからセシウムを検出した測定室さんです。
http://www.asyura2.com/11/genpatu19/msg/201.html

飲食物の放射能測定室を設けて、市民の内部被ばくを防ぐ活動をしていらっしゃいます。
他にも、除染活動(子どもが長時間滞在する場所「学校(幼稚園・保育園)」と「自宅」を0.1μsv/h以下にする)、幼児の定期的一時疎開の促進をする活動をなさっています。

幼児の定期的一時疎開については、TEAM二本松さんのブログから
その意義を説明した文を転載させていただきます。

細胞分裂の活発な幼児たちは、放射線に細胞が傷つけられても、
一定期間(一週間程度)の、放射線量の低い地域(0.1μsv/h以下)
への一時疎開で、その修復が追いつくと言われています。
この定期的な一時疎開の有効性は、チェルノブイリ原発事故後の
子どもたちの健康調査で裏付けされています。


幼児に限定せず、子供たちの一時疎開という形で、
お寺へ宿泊をお願いして費用を抑えるなどして、
たくさんの子供たちを、春・夏・冬の学校のお休みの期間に、
北海道などの外の活動が自由に出来る地区に連れて行ってくれています。
よろしければご支援お願いします。HPから転載します。

支援金 振込み口座の御案内
ゆうちょ銀行からは、
【記号18260番号14696471名義チームニホンマツ】
他銀行からの場合は、
【ゆうちょ銀行 店番828普通1469647名義チームニホンマツ】

最近、理事長さんのブログの更新がないので、昨年のブログをご紹介。
福島のこどもたち保養のご報告

理事長さんの職業は、お坊様です。
仏青会という青年の僧侶の会の会長さんもしてらっしゃるので、
とんでもなくご多忙なのだと思います。
仏青会の活動記録のブログは見つかりましたので、ご覧ください。
「キッズ福島in三条」
 
2012年3月25日~27日 キッズ福島in三条 

ジュニア福島in仙台・山形、最終会議
2012年3月22日 ジュニア福島in仙台・山形、最終会議


子供対象だけでなく、仮設住宅の支援なども。
http://namaste.digick.jp/tatiagare/12.1.html
2012年1月18日 石巻市追波川多目的団地仮設で活動する
2012年1月29日

この仏青会では、お念珠作り活動もしていらっしゃいます。
http://namaste.digick.jp/tatiagare/index.html

こんな風↓に、仮設住宅などの皆さんと作っています。
http://namaste.digick.jp/tatiagare/pg265.html
2012年2月18日 新地の仮設住宅にて


------------------------------------

読むのに時間がかかり、かつとりとめのないブログになりましたが、
復興予算を、被災者の方たちのために使う国になって欲しいことを祈り、
そして何より、被災者の皆さんの心の平和を祈って、
今日のブログの締めくくりにしたいと思います。
何も出来ず、家事をして出勤しますが、祈らせていただきます。
                         
                                  
        

友人たちと三重へ その3 なばなの里編

category - 日記
2013/ 03/ 16
                 
帰宅途中に「ナガシマスパーランド」が見えてきました。
遊園地と温泉といくつものホテルがあるテーマパークです。
そのナガシマの経営で、遊園地のすぐ近くに、
お花のテーマパーク「なばなの里」があるのですが、
そこでは今月いっぱいライトアップがやっているはず!と思い、
急きょ、なばなの里に寄る事になりました。

電飾を楽しみに出かけたのですが、梅と河津桜のライトアップもしていて、
それが幽玄で素晴らしく美しかったです。



ライトアップされた満開の桜や梅が並び、池に映っています。
 


光のトンネルをくぐって、ライトアップのメイン会場へ。









離れて見るとこんな感じです。
本当はこれを見るために、高い場所が用意されていますが、
いい場所は満席でしたので、前に進みました。











この席でも充分きれいでした。
ライトアップのショー(音楽にあわせて変化していく)を見たら、
帰り道には、行きと別の光のトンネルがあるんですよ。
今年のテーマは桜とか。




とても優しい桜の色で、ほんわかした気分で歩きました。
イルミネーションっていうのは、けっこう目が疲れるのですが、
この桜の優しい色の光は、目にも優しいのでした。

さて、夕食は中華にしました。
なばなの里は、和食屋さん、お蕎麦屋さん、洋食店、イタリアン、
中華、カツ屋さん、ビール園などたくさん食事どころがありまして、
他にもテイクアウトのお店がたくさんあるのですよ。




朝も赤福、ランチもたっぷり、夕食もこれだけ食べるのか?
そう思われるのもごもっともですが、それは言わないお約束で・・・(笑)
                         
                                  
        

友人たちと三重へ その2 結城神社編

category - 日記
2013/ 03/ 16
                 
伊勢から津に向かい、結城神社に行きました。




梅の花はちょうど見頃。
いい香りが園内に漂っていました。
















ご覧のとおり、空いていました。
一時的に混むことはありましたが、ゆったりできました。
ここの狛犬は鋳物で出来ていて、表情も一風変わっていました。








この後、お茶をして帰路についたのですが、
途中でなばなの里に寄ろうかという話になり、行ってきました。
そちらの画像はその3で
                         
                                  
        

友人たちと三重へ その1  伊勢神宮外宮編

category - 日記
2013/ 03/ 16
                 
ご近所の元ママ友5人で、伊勢神宮の外宮に行きました。
内宮は天照大神、外宮は豊受大神をおまつりしています。

伊勢の観光案内人さんに、10時半からの案内をお願いしてありました。
外宮には10時に到着したので、赤福さんに寄っていきました。




お土産用の赤福も美味しいですけど、出来立ての赤福はまた格別です。





2本の木の向こう、中央に見えるのが外宮の入り口、火除橋です。

2000年前、天照大神がこの地にいらっしゃったのですが、
それから500年後、天照大神がお望みになって、
この地にいらっしゃったのが、豊受大神とのこと。
天照大神は、天皇の夢枕に立って、その望みを伝えられたとか。

最初は「せんぐう館」に行きました。




せんぐう館の前にあるまがたま池とせんぐう館の一部が写っています。

ここは、式年遷宮について、詳しくわかる展示物がたくさんあり、
実物大の外宮正殿の一部の模型があり、お勧めの場所です。
写真撮影不可のようでしたので、画像がなくてごめんなさい。

正殿というのは、外宮にしろ内宮にしろ、
普通の人では見ることも出来ない清浄な建物です。
お参りできるのは天皇だけと聞いています。
模型にしろ、実物大のものが見られるのは画期的。

式年遷宮では、建物はもちろん、宝物も新たに作られますが、
その作る過程の展示もありました。
昔からの伝統工芸の継承という意味でも素晴らしい事です。

せんぐう館を出まして、中に入っていきます。
この建物の上に見える松、何だか形がいびつでしょう?
伊勢湾台風のときに、被害を受けたが生き残った松は、
今は大木になって、こんな感じになっているそうです。




伊勢神宮には、江戸時代には、全国に檀家を持ち、
地方の人に伊勢神宮を宣伝して周り、お祓いしたり、
お札を売ったりもしていた「御師」と呼ばれる神官がいました。
明治に御師が廃止されてから、お祓いやお札を売るのが、
神社の施設で行われるようになったとのことです。

外宮でお参り。




  • ここでは個人的なお願いなどはしてはいけないそうで、
    koalaは世界平和を祈ってきました。
  • 個人的なことでは、感謝の念を捧げる場所だとのこと。
    個人的なお願いをするのは、また別の場所だそうです。




この右奥に見えるのは「みけでん」という建物です。
「け」の字が変換できなかったので、ひらがなにしておきます。
ここに外宮の豊受大神がいらっしゃるのはもちろんですが、
内宮からも、天照大神が飛んでいらっしゃるそうです。
もともと、お1人でのお食事が淋しいので、
天照大神が豊受大神をお呼びになったのでしたね。
他にも4人の神様がお集まりになるので、6セットの食事が用意されます。

神様は1日2食だそうで、毎日2回のお食事が外宮で作られます。
火をおこすのは、チャッカマンなんかじゃないんですよ。
古来のやり方で、木の道具で火種を作ることから始めるそうです。
お米も、野菜も、基本的に全て自給自足です。
お水も、決められた井戸から汲んでくるお水です。




こちらは多賀宮に向う階段。
腰が心配でしたけど、少し違和感があっただけでした。
何ともなかったです。
個人的なお願いはこの多賀宮で、とガイドさんに言われたので、
5人とも、ここでたっぷりお祈りしてきました。(笑)




神宮の緑はすがすがしく、気持ちのいい空間で癒されます。




外宮のすぐ前に参道がありまして、そこの「せきや」さんの2階で
予約してあった「あわびの釜飯」をいただきました。
1杯目は、肝ソースをかけ、2杯目は、乾燥した海藻をふりかけ、
3杯目はお出汁をかけてお茶漬けにしていただきましたが、
とても美味しかったです。
予約していないと、炊き上がるのに30分かかるメニューなので、
あわびの釜飯が食べたい方は予約をお勧めします。

さて、次は梅の名所、結城神社に行きました。
                         
                                  
        

4月に滋賀に泊まる予定

category - 日記
2013/ 03/ 14
                 
ホワイトデーですね。
koala家のバレンタイン&ホワイトデーは、ここ数年、
バレンタインのチョコは一緒に食べて、
ホワイトデーのプレゼントの代わりに1泊旅行というパターン。
オットのお小遣いから費用を捻出させてもらえるわけじゃなく(笑)、
家計から捻出します。

4月の京都のお花見に!と思ったのですが、
オットは金・土と泊まるにしても、桜の時期の土曜の京都は
すごく混むからイヤだと言います。
まあ、間違いなく混むので、ひらめきました。
滋賀に泊まればいいじゃないの~♪

前に近江八幡に行った時、ウォーリーズ氏についてのお話を聞き、
面白かったので、今回はウォーリーズ氏中心のお話を
ガイドさんにお願いして観光してみたいなぁ。

近江八幡まで車で行って、泊まるホテルに駐車をお願いしましょう。
京都までJRで30分ほど。金曜日は京都でお花見、夕食。
平安神宮で「紅しだれコンサート」がある!
金曜日のチケットを押さえよう!

翌日は、近江八幡で、ガイドさんを予約して観光しようかな。
半日でいいかも。ランチの後は、どこに行こう?
彦根城にでも寄って帰ろうか。

さて、お宿は近江八幡のすぐ近くのホテルニューオウミを予約し、
紅しだれコンサートにチケットも買うことが出来ました。
ガイドさんの予約はまだしてありません。
時間と行き先の計画をもう少し練ってから。

平安神宮のしだれ桜は、それは見事なのですよ。







2010年に行った時の画像です。
ちょっと画像が荒くてごめんなさい。
コンサートは、ここが暗くなってから行われます。
席は特にないのですが、ここで夜桜を見ながら演奏を楽しめるのです。

紅しだれコンサートについて、詳しくはこちら⇒

平安神宮の周囲には、いくつも他の桜の名所がありますが、
今回は、行ったことのない場所を選んでいます。

明日は伊勢神宮に友人5人で行く日です。
楽しいことがいっぱいでありがたいです。
↑自分でそうしてるんですが。

微妙なのが腰の具合なんですが、疲れるとやはり来ます。
今までが、どんなに歩いてもへっちゃら♪だったので、
その記憶を体も心も覚えているのを、意識して無理しないように、
コントロールするのが今の私の課題です。
でも、大事にしすぎていると、椎間板の代わりに
自分の体を守ってくれる筋肉がつかないので・・・。
その辺は試行錯誤ということで。

ホントはまだまだ年を取ってもダイビングを楽しめる予定だったし、
バリ島で、ジャングルをゾウに乗って歩くのもしたかったし、
初心者向けの登山にも興味しんしんだったし、
舞台を見るのに、腰痛がネックになっちゃったし、
いろいろ遊びの面で制限ができちゃって悔しいんですが、
頭に浮かぶ、悔しいことというのが全部遊びってどうよ?と
自分で自分に突っ込みを入れております。(笑)

まあ、明日の伊勢神宮は仲のいいお友達と一緒だし、
来月の京都・滋賀は、オットと一緒なので、
もしも痛くなったら、無理しないで「ごめん、腰が痛い」
と言える相手であることがとてもありがたいですね。
逆に言うと、そういう相手としかもうお出かけできないですね。

まだまだ楽しむつもりでおります。(笑)
                         
                                  
        

中国のニュース画像

category - 日記
2013/ 03/ 13
                 
びっくりするニュースを見ました。

中国の芝生緑化方法があまりに斬新過ぎると話題に

枯れた芝生に対して、スプレーのようなもので緑の液体を吹き付け、
一見、緑の芝生に蘇ったように見えるというのです。




政府のやることを国民は受け入れるしかない国です。
付近の住民はもちろん健康被害を心配していますが、
施行する方はもちろん「大丈夫だ」と言います。

これを批判するのはたやすい・・・・というか、批判しか出ませんが、
この画像には、別の意味でドキッとしました。
私自身も、表面だけ整えばいいという、似たような発想で、
何かごまかしているかな?と連想が飛びました。

たまたまこのニュースを見たのは、本質を大事にしなさいという
メッセージなのかもしれません。

------------------------------

話を中国に戻すと、こんなニュースもありました。




これ、どういうことだと思いますか?
ニュースはこちら↓です。

まるで「ルノワール」の絵画のようになってしまった中国の湖が話題に


手ですくうとこんな感じだそうですが・・・素手で大丈夫?




合成化学肥料の影響で藻が大量に繁殖してしまった結果だそうですが、
ここまでの状況になるまで、手を打たなかったのか?と思いますね。

日本も高度成長期に、どんどん公害を垂れ流した過去があります。
どこの国でも多分あった過去なんですが、
他の国の過去に学ぶことは難しいのでしょうか。

この画像も、中国のあり方に思いを馳せると同時に、
私の心の中にもこんなヘドロがあるなら、
汚くしてごめんねと謝りながら、
きちんと浄化していこうという思いが湧きました。

別に何か起きたわけでもないのに、中国の公害の画像で、
自分の魂に関して思いを馳せるなんて、どうしてでしょうね。
表面には何もおきていなくても、魂レベルで何か起きたのかな?

------------------------------

しかし、中国の大気汚染、水質汚染のひどさは尋常ではありませんね。
農薬も各種の薬品も半端なく撒いてしまうようなので、
土壌の汚染もひどいと思います。

がん患者が多発する、がん村が200ヶ所を越えたというニュースもありました。

「がん村」200カ所超=地下水汚染、政府機関も異例の警告-中国

何でも隠す政府機関が、これを公表したのは、
隠し切れなくなったからなのでしょうか。

人間は、地球に感謝する心を失って、
お金儲けのために、地球を汚しまくっていますね。

ワンダースリーという漫画を思い出しました。

http://hbb.afl.rakuten.co.jp/hgb/?pc=http%3A%2F%2Fthumbnail.image.rakuten.co.jp%2F%400_mall%2Fsurugaya-a-too%2Fcabinet%2F0397%2Fwb26139m.jpg%3F_ex%3D128x128&m=http%3A%2F%2Fthumbnail.image.rakuten.co.jp%2F%400_mall%2Fsurugaya-a-too%2Fcabinet%2F0397%2Fwb26139m.jpg%3F_ex%3D64x64

地球は戦争が耐えない、野蛮な星だったので、
宇宙銀河連盟は、野蛮な地球を救うか、反陽子爆弾で消してしまうか、
どちらの道を選ぶのかを決めるため、地球に3人の調査員を派遣しました。
地球の動物の姿に変身した、ボッコ、プッコ、ノッコは銀河パトロールの調査員。
星真一という少年が主人公でした。


反陽子爆弾で消してしまいたくなる星にしてはいけないですね。

ワンダースリー・・・・懐かしいなぁ。
                         
                                  
        

配偶者間暴力、児童虐待が被災地で深刻というニュース

category - 日記
2013/ 03/ 12
                 
配偶者間暴力、被災地で深刻=福島で6割超―児童虐待も過去最高を記録【震災2年】

時事通信 3月10日(日)11時30分配信

東日本大震災の被災地で、配偶者間暴力(DV)が深刻化している。
狭い仮設住宅に妻たちの逃げ場はなく暴力は激化。

先が見えない避難生活が続く中、夫婦関係が悪化するなどし、
福島県では2012年、警察へのDV相談件数が過去最多になった。

DVは子どもの成育にも悪影響を及ぼし、児童虐待を誘発する懸念もある。
国は震災後、相談窓口を設置したが、支援者は「DV被害はこれから
さらに増える」と警戒する。

福島県警には12年、前年比64%増の840件、宮城県警にも同33%増の
1856件のDV相談があり、いずれも過去最高を更新した。

一方で、岩手県警への相談は同2%減の298件。
全国の警察が把握した件数(12年1~8月)の伸び率は25%だった。

支援団体「ハーティ仙台」(仙台市)は「震災による失業などで
加害男性が自宅にいる時間が長くなり、DVの機会が増えた」とみる。
これまでの広い家から狭い仮設住宅に移ったことで、
被害女性らが隠れにくくなり、より粗暴な事例が増えているという。

福島県では東京電力福島第1原発事故の影響で、
夫と妻子が離れて住むケースが増え、すれ違いから夫が暴力に訴えることも。
「ウィメンズスペースふくしま」(同県郡山市)によると、
失業した夫が東電の賠償金を浪費してしまう経済的な暴力も目立つ。

岩手県では相談件数は減ったが、支援者は「被害者が孤立しているだけ」と分析。
震災後、相談の半数以上は内陸の盛岡市内の窓口に寄せられており、
「参画プランニング・いわて」(同市)は「被災した沿岸部は
支援体制が不十分」と指摘する。

一方、12年の児童虐待取扱数は、福島県警で前年比76%増の109件、
宮城県警も同34%増の254件と過去最高を記録。

岩手県警は同11%増の144件となった。
親のDVなどを見て心が傷つく心理的な虐待は、
宮城県警で同42%増の155件に上った。

1995年1月に起きた阪神大震災の後もDVの相談件数は急増。
兵庫県では、94年度の39件から95年度は74件、
97年度には138件と3年で3.5倍になった。

当時、支援に当たった「ウィメンズネット・こうべ」(神戸市)は
「災害後の大変な時期は、家庭の問題だからと遠慮する人もいるが、
我慢せずに相談して」と呼び掛ける。

内閣府は11年5月以降、岩手、宮城、福島3県で、
女性の悩みに答える専門相談を開始。現在も月400件以上の相談があり、
うち約4割がDV関係という。
ハーティ仙台の八幡悦子代表は「被災3県でも支援員を養成し、
相談体制の底上げを図りたい」と話している。 


------------------------------------------


子供の被ばくの心配に加え、仮設住宅での大変な生活、
夫の失業、夫婦喧嘩、DVや児童虐待、という図式を想像すると、
痛ましいという言葉しか出てきません。

お金は、きっと、被災者にはあまりまわらないのでしょう。

復興予算が、東電関連の産廃業者などに食い物にされただけでなく、
核融合エネルギーの研究費に約四十二億円、調査捕鯨事業に二十三億円、
東京の国立競技場の補修に三億三千万円使われたとか、
被災地以外の官庁の庁舎改修にも、巨額の費用が投じられたとか、
逆に、被災した中小企業を支援する補助金の交付を求めたグループの
約63%が「国の予算が足りない」などの理由で申請を却下されたとか、
いろんなニュースがあったのを思い出します。

切ないけど、日本の現状は、そんなものなんでしょう。

復興予算を、被災者にもっと使うことで、
少しは防げるのではと思いました。
核融合エネルギーの研究費に使った約四十二億円、
調査捕鯨事業に使った二十三億円、合計六十三億円・・・。

食い物のされてしまったお金は戻ってきませんから、
これからの復興予算費の使い道を、国民で見張る気持ちが必要ですね。
もう少し手厚い補助があれば、少しは違ったのかもしれません。

DVに走りやすい傾向のある人は、一定数は存在していて、
ストレスが強まれば、過激な方向に走ってしまうのでしょう。
DVに走ってしまう人を防ぐ道はないのでしょうか。

強いストレスが長期間続いており、先も見えない状況で、
ただでさえ弱い立場の子供が、親から虐待を受け続けるなど、
どうあっても防ぎたいと思うのですが、
児童虐待の12年の取扱数は、福島県警で前年比76%増の109件!

阪神大震災の後もDVの相談件数は急増したということなので、
支援団体も、それを予測して、DVや児童虐待が起きたら防ごうと、
相談窓口を開いてきちんと動いたと思います。
まだ相談できずにいる人たちが、DVや虐待から避難できますように・・・。




------------------------------------------


記事に出てきた「ハーティ仙台」では、寄付金を募集しています。
詳しくは右の☆印をクリック⇒ 
                         
                                  
        

シュウトメちゃんの施設代

category - 日記
2013/ 03/ 10
                 
エンジェルポールは昨日のうちに届きました。
肩凝りに効くか?!
頑張ります~。

さっそく運動しようと思っていたら、
シュウトメちゃんからのお呼び出しコール。
1ヵ月と数日、施設に入所していた際の費用は、
1月分と2月分に分かれて請求が来るのですが、
1月分は2月26日に引き落とし済みになっており、
2月分は今月の26日に引き落とし予定です。

入所の理由は、私が椎間板ヘルニアになり、
介護が難しかったからなので、私が払うべきなのかもしれませんが、
最初に、お金については、自分で払って欲しいと言ってあります。
私は仕事を休まなくてはいけなかったし、よくならなければ、
そのまま辞めるかもしれず、治療費も必要だからと、
シュウトメちゃんにも説明して、了解済みでした。

シュウトメちゃんは、請求書を私に見せて、
「みんながいくらかかったのか聞くから教えてくれ」と言います。
「みんな」というのは、多分、デイサービスのお仲間でしょう。

教えてくれって言っても、1月分の約10日間の請求書は約5万、
2月分の約20日間の請求書は約9万です。
一目瞭然、そう書いてあります。合計約14万円。

呆けていないシュウトメちゃんは、別に私に教わらないでも、
5+9=14、という計算くらいは、見るだけでわかるはず。
これが出来なくて呼んだなら、かなりまずい状況ですが、
その場の雰囲気から、それはないな~とわかりました。

家にいれば1円もかからないのに、1ヶ月で14万の出費!
そう思うんだろうな、でも言わないだけ偉いのかな・・・。
とりあえず、私は14万も払うんだよと伝えたい思いは、
きちんと自分で遂げましたね~。

いい嫁ではないので「まあ、おばあちゃん、こんなに!
申し訳ないので、全部私が払います」なんて言わないです。

以前、骨折入院後に足が弱り、自宅生活が危ぶまれたので、
何ヶ月か入所したことがあったんです。
入院した病院から自宅に戻る、入所しないと大騒ぎし、
大学病院は早く退院してくれと言い、困り果てました。

つきっきりでなくては、いつ転ぶかわからず、
そうなると仕事を辞めてシュウトメちゃんにつきっきりになる私は、
そんな生活には耐えられそうもなかったので、
全額払うから入所して欲しいとお願いした過去があります。
かなりの出費でしたが、仕方ないと思いました。
大学病院のベッドは空けないといけないし、
家に帰れば、つきっきりでないと無理でしたから。
でも、もうこれからは、自分の分は自分で払って欲しいです。
払えるんですから。

真意はわかるけど、気がつかないふりをして、
請求書の数字をそのまま読んで、14万くらいですね、と言いました。
シュウトメちゃんも、私の気がつかないふりを容認して、
そうか、14万か、と答えておしまい。
おお、シュウトメちゃん、確実に進化してる~。

お世話になると月に14万。家にいれば1円もかからない。
でもそれは、食費も電気代も電話代も全て、
koala夫婦が払っているからですよ。
お世話もkoalaが無料でやってるからですよ。
手すりをつけたり、段差をなくしたり、
何度も工事したお金も、私たちが負担したんですよ。

それをシュウトメちゃんが、多少なりとも理解したので、
少しは負担してくれとも言わずにいたのかなって、
自分に都合のいい想像をしております。
違うかもしれないけど。

昔は何かにつけ「家賃がタダなんだから」とえばってたので、
「家賃を浮かせたいから同居したいなんて、
1度も思ったことないよ!」と心の中で反発してました。
同居しているのは、体の不自由な我儘なお年寄りを、
1人で放り出すわけにいかないからじゃないですか。
頭にきて、もうこんな家を出たい!と思う気持ちは伝わるみたいで、
見捨てたら自殺してやると何度も脅してきたシュウトメちゃん。
同居は地獄だと思ってたあの日々。

その頃を思うと、心の奥もお互いに平和になりました。
長い道のりだったけど、まだこの道は続いてるんですよね。

前世の私は、よほどお世話になったのでしょうか。(笑)

さ、気を取り直して、肩甲骨周りの運動をしましたよ。
エンジェルポールは、固めのビート版みたいな素材で、
場所も取らず、小さいくせになかなか肩甲骨周辺に効きます。

http://hbb.afl.rakuten.co.jp/hgb/?pc=http%3A%2F%2Fthumbnail.image.rakuten.co.jp%2F%400_mall%2Fbook%2Fcabinet%2F7313%2F9784334977313.jpg%3F_ex%3D128x128&m=http%3A%2F%2Fthumbnail.image.rakuten.co.jp%2F%400_mall%2Fbook%2Fcabinet%2F7313%2F9784334977313.jpg%3F_ex%3D64x64


肩凝りの運動だけでなく、お尻やせとか姿勢矯正とか、
いろんな目的別のエクササイズが書いてあります。
とりあえず、私は肩凝りエクササイズを続けます~。