FC2ブログ

2013年02月27日

        

シュウトメちゃん、今朝は病院へ

category - 日記
2013/ 02/ 27
                 
昨夜遅く、シュウトメちゃんが言いました。
「明日は病院に連れて行ってくれ」
ああ、こういう日常に戻ってきたんだな、と感じました。
具合が悪いってことなんだろうか?大丈夫か?

「体調が悪いですか?」と聞くと、
「薬がもうないから。」とのお答えで、まずひと安心。
「明日は雨みたいですよ。別の日の方がいいんじゃない?」
「間に合わん。雨か。嫌だなぁ。」

私も嫌ですが、こればっかりはねぇ。
自分の薬の残りが少なくなってきたことは、
わかっているのだから、少し早めに言えばいいのに。
予約とは別に、いきなり前日の夜遅く言ったりするのがシュウトメちゃん流。

以前は「もし私の都合が悪かったらどうするつもりですか?
早めに言わないと、自分が困っちゃいますよ」と
一応言っておくと、脳みそに刻まれるかもしれないという
淡い期待を捨てきれずに、言ったものでした。

そう、これはもう過去形。
シュウトメちゃんの脳みそには、嫁koalaの言葉を、
水のようには沁み込ませない、秘伝の油が塗ってあるらしい。(苦笑)
だから無駄な言葉かけはしないで、はい、と答えました。

実際には、そんなこと、ここ10年くらいを振り返っても、
2回くらいしか起こりませんでした。
そういう時は、信じられない、って顔するんですよね。
でも、どうしても無理な状況で断るわけなのです。
1度は子供を送ってから仕事に行く日だったので無理でしたし、
もう1度は、友人と京都に行くのに、新幹線の時間が決まっていたから。
 
逆に言えば、何とかできる用事だったら、そちらを中止するわけで、
少し迷惑なんですが、そのことを指摘しても、無駄なんです。
3倍くらい言い返してくるので、言うのやめました。(苦笑)

皆無ではないけれど、ほとんど起こらないことなので、
薬の量が少なくなってきた時点で、どのくらいあるか数えて、
いつまでには病院に連れて行って欲しいと嫁に言うなどという、
面倒な心遣いはパス、と決めているらしいです。

でも、実は今回はもし私に用事があったら大変でした。
水曜日しかいらっしゃらない先生の診察・投薬希望だったので、
今朝、もし私の都合が悪かったら、1週間後の受診になり、
お薬が途中でなくなってしまうことになります。
シュウトメちゃんにそういう危機感がないのは、
昔からなので、脳の老化のせいじゃないんですけど、
私としてはシュウトメちゃんの謎のひとつです。

週に1度の診察日なので、いつも予約患者がいっぱいで、
今回のシュウトメちゃんのように、飛び込みの患者は、
予約優先になるため、診察終了は遅くなるのですが、
今日は奇跡的に予約患者さんが少なくて、
先ほど、お迎えコールがあり、連れて帰宅したところです。

私の出勤時間が迫り、お迎えに行けない時は、
タクシーで帰ってくるのですが、我が家は玄関前の道が細く、
タクシーは、家の裏の車庫の前に止まることになります。
その場合、シュウトメちゃんはシルバーカーを押して、
玄関まで歩かなければいけなくて、これは大変なんです。
ゆっくりしか歩けないので、冬は寒く、夏は暑く、
雨の日は、車庫でレインコートを着なくてはいけません。
左半身が不自由なので、傘を差したらシルバーカーが押せません。

出かけに降っていた雨は、帰宅までに止んでいて、
寒い風も吹いていなくて、お天気はシュウトメちゃんの味方。
おまけに診察も投薬も早く終わって、私のお迎えが間に合い、
今日の大仕事は終了、という感じです。
シュウトメちゃんにとって、とてもラッキーでした。

さて、私もシュウトメちゃんと自分のランチを作るところですが、
実は長女のお弁当を作る時、一緒に作っておいたので、
もう、温めて盛り付けるだけなんですよね。
今日のランチのメインは、さわらの醤油麹焼き。
副菜はじゃがいもとはんぺんの煮物。他にサラダ。
立派な老人食みたいでしょう?
長女のお弁当には、これに揚げ物を1品足りました。

醤油麹は、ハイウエイオアシスで買ったものなんですが、
これがかなり美味しいです。
肉を漬け込んで焼いても、魚の天ぷらに載せても、
豆腐に載せても、かなり好みの味。

では今日も頑張って仕事に行ってきます♪
            
スポンサーサイト