FC2ブログ

2013年02月24日

        

シュウトメちゃんのいる日常に戻りました

category - 日記
2013/ 02/ 24
                 
シュウトメちゃんは、昨日かえって来ました。
夕食は和風に、お刺身とお鍋と焼き魚とお漬物。
普段はシュウトメちゃんは自分の部屋で食べています。
オットと私は離れの居間で、長男と長女は母屋の居間で食べます。
帰宅時間もまちまちなので、個食ということになりますね。
昨日は帰ってきたお祝いということで、一緒に食べました。

集団生活は我慢の連続だそうで、辛いことなのだそうです。
でも、励ましあう友達が出来たのでよかったと繰り返しました。
シュウトメちゃんは我儘なので、我が家でもどちみち
「我慢の連続」だと思ってるはずなんですが、
外に出ると、家がいいように感じるんでしょうか。(苦笑)

足りないといけないので、たくさんの服と下着を持って行きました。
それをタンスにしまわないといけませんが、
シュウトメちゃんがそれをするのを待っていたら、
永遠に片付く日はこないと理解しています。(爆)

勝手にタンスに入れると、後で必ず苦情が出るので、
シュウトメちゃんの目の前で、これはここでいいの?と
目で確認してもらいつつ、収納しました。
シュウトメちゃんの部屋は和室2部屋ですが、
ベッドのある部屋にタンスが2つ。
この中に、今の時期に着るものを収納しています。
もう一つの部屋は、衣類で溢れてる物置部屋になってきました。
以前はその1部屋だったのですが、エアコンがないので、
エアコンのある居間をシュウトメちゃんに明け渡したのですが、
あっという間にゴミ部屋に。

ベッドのある部屋のタンス、あけて見ると、夏服もたっぷり。
「これは当分着ないから、隣の部屋に持って行きますね~」と
見せてから、タンスから取り出して、代わりに冬服を収納。
古い木のタンスは、開け閉めがしにくいので、
片手しか使えないシュウトメちゃんには不便なはず。

「新しいタンスに替えないですか?すっと開いて使いいいよ。」
「今は安いのもありますよ。プラスチックでよければかなり安いよ。」
ダメ元で言ってみたけど、やはりお金が勿体ないとの返事。
「仕方ない、私が買ってあげるわ」とは言いません~。
ヘルニアのため、仕事を減らしたし、治療にお金はかかるし、
生活費を1円もくれないシュウトメちゃんに、
あまりお金を払うのは、心を鬼にして止めないと。

「もうこれ、捨てていい?」と着ない服を持って聞いても、
「寝たきりになったら寝巻きにする」とかわけわかんない返事。
・・・寝たきりになったら、もっと着やすいのしか着られないけどね。

今日からシュウトメちゃんのランチも必要なので、
出勤前、すご~く忙しかったです。
さて、気を取り直して、頑張れ私~。

今まで施設にお世話になっていた間、楽をさせてもらったので、
体が楽を覚えてるのだけど、私の体はその前の苦労だって覚えてるから、
きっとその感覚を取り戻してくれるでしょう。

シュウトメちゃんは、今朝は電話をかけまくって、
集団生活は我慢の連続だった、辛かった、
家に帰ってほっとした、という同じ内容の電話を
あちこちにかけて、同じ会話を繰り返しておりました。
いい気なもんだなぁ。(苦笑)
            
スポンサーサイト