FC2ブログ
2013/02/10

2013年02月10日

        

楽しい時間を過ごしました

category - 日記
2013/ 02/ 10
                 
昨日は友人達と思い切りおしゃべりをして楽しかったです。
カメラのことなど忘れていまして、3品目に思い出しました。(笑)

出かけたのは、安城駅前のベジトルノ。
お店の駐車場がないので、市営駐車場に行ったのですが、
なんと工事中で契約車両のみ・一般車両の駐車不可と書いてある!
駐車場を求めてさまよい、駅裏に見つけてほっとしました。

最初はサラダ、次は海老の揚げ物が出まして、画像が3品目です。
サラダは乳酸菌のお味のするドレッシングで不思議な爽やかさ。
海老は衣がカリカリで、付け合せの野菜はじゃがいもと玉ねぎでした。




ニョッキと野菜のガーニャパウダー。
ガーニャパウダー、好きだけど作らないので嬉しいと、
みんなで言いつつ食べました。
私はニョッキも作らないわ~と言ったら、みんなも同様でした。
茹でるだけのを売ってますよね。







ペンネのグラタンとフランスパン。
フランスパンにつけるチーズディップ?がとても美味しかったです。




これがメインのお料理です。美味しかったです。
牛肉がとろとろに煮込んであるのを
表面をソテーしてある感じ?
料理の説明をしてくれるんですが、
おしゃべりに夢中で記憶がおぼろ。(笑)







ドライフルーツの盛り合わせとデザート。
デザートは濃厚なチョコのケーキと、爽やかなチーズのケーキ。
画像に写っていませんが、コーヒーでいただきました。

初めてのお店で、小さなお洒落なお店でした。
コースを予約してあったのでよかったです。
私たちが食事中、後から来たお客様が、満員で帰っていきました。
土曜の夜だし、コースの客は長居のつもりで来ているので、
なかなかお席は空かないですよね。

3000円のコースでこれだけ出てきて、美味しくて、
別料金のドリンクが、笑っちゃうくらいお安いんです。
私はウーロン茶を頼んだのですが、ホットアイスとも、1杯90円!
私が送迎した友人はグラスワインを飲んでいましたが、
値段は忘れたけど、すごくお安かったですよ。

-------------------------------------


長野県に住む友人は、1人暮らしで糖尿病のお父様のために、
月2回、高速バスで愛知まで通っているそうです。
お父様は体が不自由になられたのですが、畑仕事が大好きで、
月2回通う友人に、必ず畑仕事が用意されているとか。
お父様は監督役なんですよね。
シュウトメちゃんも、こんな風になりたかったのかも。
嫁じゃ無理です。そんなに舅を愛せないですから。
ここのお嫁さんは一切来ないそうです。
友人とお姉さんが父親の元気のためと奮闘しています。

普段は友人のお姉様が、お父様の所に通っています。
別に週2回、デイサービスに行っているそうです。
友人は末っ子なんですが、長女であるお姉様は、
昔から、本当に面倒見のいい、パワフルなあねご肌の女性で、
話を聞けば聞くほど、ちゃんと休憩もしてますか?という感じですが、
こういう方は、ちゃんと上手に、自分の趣味の時間も確保し、
それなりに休憩もしているんですよね。


-------------------------------------


別の友人は、現在1人暮らしです。
若い頃から、渋い趣味の持ち主で、
彼女とは何回か奈良に行ったな~と若い頃を思い出しました。
趣味の渋さには磨きがかかっていて、歌舞伎に落語に文楽。
毎年何回も、そういう舞台を楽しみに出かけるそうです。
お姉様も好きなので一緒に行くこともあるけれど、
1人でもよく出かけるそう。

私、若い頃、1度文楽は見ましたが、眠くなった無粋ぶりです。
落語と歌舞伎はちょっと興味があるなぁ。
腰がもう少しよくなったら、お願いして案内してもらおうかしら。
(↑この時点で、既に依頼心炸裂してますね)


-------------------------------------


別の友人は、10代の頃からお母様の介護をしてきたのですが、
危険だからしちゃいけないよと口を酸っぱくして
言ってきたことを、お母様がやはり繰り返して、
結果、転倒、骨折して車椅子の身になってしまったので、
病院から施設へ入所して、帰宅の予定はありません。

彼女はペーパードライバーで、入所した施設は遠く、
公共交通機関は極めて不便な所だったので、
2ヶ月に1度くらいしか行っていないそうです。
近くのマックでバイトを始めたと明るい顔で言っていました。
肩の荷が降りて、とても楽になったと言います。

私たちは彼女が冷たいなんて、全然思いませんでした。
長い間、本当に大変だったね、と心から思いました。
肉親でも、相手の人生を背負うのは大きなストレスに決まってます。

高校時代、帰りにスーパーに寄って夕食の買物をするのに、
付き合ったことのある仲間ばかりです。
高校時代、自分達は、スーパーで夕食の食材を買うことはなく、
お弁当を作る材料を買うくらいでした。
食事は母親の作った料理が並んでいるのが当たり前でした。
彼女は高校生で既に肝っ玉母さんみたいな人でした。


-------------------------------------


私たちはなんとそのお店で4時間くらいしゃべっていました。
時々腰が痛くなるので、トイレに行って軽い運動。(笑)
車で友人をお迎えに行き、集合場所に行き、
駐車場を求めてさまよったので、長い時間座る姿勢だったのです。

お隣の席の方が帰るのを見て、時計を見てびっくりよ。
まあ、お隣の方たちのほうが先に来ていらしたので、
彼女たちは4時間以上のご滞在だったわけですね。
とても居心地がよく、うるさくもなく、お料理も美味しく、
いいお店だったので、お店にも、アレンジしてくれた友人にも感謝です。

さて、今日は出勤。
久し振りに腰痛の鎮痛剤を飲んで、湿布を貼って出かけます。
            
スポンサーサイト