FC2ブログ

2013年01月29日

        

ヘルニアになって感じたこと

category - 日記
2013/ 01/ 29
                 
仕事復帰後は、無理のないシフトで働かせていただいています。
日・月・火と3日間働いたので、明日は休みで接骨院に行きます。

そこそこ人手があるお店の、優しい上司に恵まれた環境で、
家族の生活を支えているわけでも、
自分の生活がかかっているわけでもないので、
甘えさせていただいています。

こんな風になるかもしれないという覚悟を持って、
腰を酷使してきたわけではありません。
皆さん、気をつけてくださいね~。
私も、椎間板ヘルニアなんて、他人事だと思っていました。

腰が辛いことは、結婚以来、繰り返し起こっていました。
それはシュウトメちゃんに無理強いされた、
畑の草取りから来ていたので、何度も抵抗し、
ヒステリーのシュウトメちゃんの前に折れてきた、
私の生き方が招いた結果なのかもしれないと感じています。

あの頃に感じた悲しみとか辛さとか怒り、恨み、
そういう感情を消化してから、病気がわかったのは幸いでした。
シュウトメちゃんを通じて「被害者意識に固まること」の愚かさを
思い知ってきたことも、幸いしていると思います。

このまま畑の草取りを続けると、私の体はとても持たない、
辛すぎるので、この部分をせめて埋め立てて・・・
そう主張して、ヒステリーを起こして大反対された日々には、
ぎっくり腰を繰り返したものの、ヘルニアではなかったです。
あの時期にヘルニアになっていたら、シュウトメちゃんのせいで!と
悲劇の主人公になっていたような気がします。

いくつもの椎間板が変形してしまうような生活は
もう変えて行かなくちゃいけないことが、
はっきりとわかって、良かったと思います。

私のヘルニアは、最近なったものではないと言われました。
椎間板が変形しただけでは、自覚症状は出ないのです。
背中側に飛び出して、神経を刺激して初めて、
激しい痛みという自覚症状が出るんです。

ヘルニアなんて他人事だと思ってこれを読んでいる皆さん、
自覚症状がないだけかもしれませんから、
ちょっと腰に負担がかかることが多いなと感じたら、
簡単な腰痛体操などなさるのもいいと思いますよ。
弊害はなく、お金もかからず、簡単な運動は5分くらいで出来ます。

私も、立ちっぱなしの弊害は、はっきり感じていて、
キッチンに椅子を買って、少しでも座るようにしていました。
どうも疲れやすいので、1月は休みが多めのシフトを申請しました。

でも、それ以上に、叔母の庭の片付けなどで、
頑張りすぎてしまったのです、きっと。

「ファイト~!一発~!」という感じの、
昔のアリナミンDのコマーシャルのような頑張りは、
もう合わないなぁと感じていたのに、その感覚に従わなかった私。
自分の感覚や違和感に注意を払うって、大事ですね。

腰がこんな風になる前に、腰が痛くなくてありがたい!と
感じていたわけではありません。
今だって、胃が痛くなくて感謝!おなかが痛くなくて感謝!
頭痛がなくて感謝!目が痛くなくて感謝!などなど、
感謝の言葉を捜し始めたら、終わらないくらいたくさんあるのに、
いちいち感謝などしないですよね。
当たり前だと思ってる。当たり前のことなど何もないのに。

シュウトメちゃんや叔母に、必要以上の責任を感じるのも
もうやめていいと自分に許しました。

役に立つ人でいるため、効率よく働く時代は終ったのね。
体の声を聴き、心の声を聴いて、生活を選んでいきたいです。
            
スポンサーサイト