FC2ブログ

2013年01月16日

        

急きょ決まったシュウトメちゃんの1ヶ月入所

category - 日記
2013/ 01/ 16
                 
先日、デイサービスのある日の朝、シュウトメちゃんが転倒し、
夜勤のオットを起こして、シュウトメちゃんの介護を頼みました。
部屋の中の転倒で、打撲などはなかったのは幸いですが、
今の私では、転倒したシュウトメちゃんを、引っ張って
起こすことは出来ないのを思い知りました。

夏に、エアコンのない所で転倒したら、本当に困ります。
まだ冬の方が、毛布をかけるなり、ホッカイロを貼るなり、
私が移動させられなくても対策が取れるけど、夏は・・・。

それで、お迎えに来ていただいたデイのスタッフさんに、
今日転倒したこと、私が腰椎椎間板ヘルニアになったこと、
まだ早いけれど、夏がとても心配になったので、
夏の施設入所の手配を頼みたいことを告げました。
本当はケアマネさんに相談することですが、
シュウトメちゃんのケアマネさんは、その日行くデイサービスに
いらっしゃる方だったので、伝言をお願いしたのです。

元々「夏はデイサービスがない日は、ずっと部屋にいて、
ほとんど歩かないから、筋肉が弱っちゃうね。
一番暑い期間だけでも、リハビリのある施設に入ろうか」と
シュウトメちゃんと話していましたが、まだ夏のことを頼むのは
時期尚早かと思っていたところでした。

--------------------------------


その後ケアマネさんから電話があり、話はとんとん拍子に進み、
夏は入れるようにしますと確約いただきました。そして、
「今現在も困っていらっしゃるんじゃないですか?
頼むかどうかは別にして、リハビリのあるHという施設に
今の時期の空きがあるか、確認しましょう」ということになり、
シュウトメちゃんの同意もあり、今度の日曜日から1ヶ月間、
入所ということに決まりました。
 
冬に空きが長期間出ることは珍しいんです。
真冬と真夏は、決まって入所する人もいるので。
今回は、急なキャンセルがあったので、ぽっかり空いたのだとか。

昨年「koalaさんが叔母さんのことで忙しく大変だから
入所してあげよう」との申し出があった時には、
シュウトメちゃんは絶対に、嫁と嫁の叔母さんのために、
自分がこんな目に・・と愚痴を言い出すからと思い断りました。

今回は、ヘルニアを責められることもなさそうな状況で、
転倒したら・・・という不安からも1ヶ月解放されます。
夏や冬は部屋から動かなくなるので、筋肉が衰え、
体がこわばるみたいで、転倒が多いんです。

ポータブルトイレの洗浄、着替えの手伝いなども、
腰にかなり響いて辛かったこの頃でしたが、
とてもありがたいです。


--------------------------------


日にちがあまりないので、準備で忙しくなりますが、
腰が痛むときに介護から解放されるというのは、
こんなにも開放感を感じるものか、と驚くほどありがたくて、
ちょっとシュウトメちゃんに申し訳ないくらいです。
            
スポンサーサイト



            
                                  
        

大福は、もう朝のお出かけに

category - 日記
2013/ 01/ 16
                 
猫の大福は、平気な顔で、普通に戻ってきました。
まるで「ちょっと2時間散歩してきたわ」みたいな感じで。

いつ帰って来てもいいように、ドライフードをたっぷり盛ったお皿を
ちらっと見て、食べもせずに「にゃ~」と一声。
そしてじっと私を見つめます。
「もっと美味しいの、ちょうだい」というサイン。

レトルトのフードの方が好きなんです。
でも、小袋1包分でも残したりするので、臭うし、高いし、
朝・晩で半分ずつ、合計1日1包しかあげてないの。

今日は1袋分与えても残さないかも?とやってみたら完食。
でも、もしもおなかぺこぺこだったら、ドライも食べるよね?
ドライはこの時、見向きもしなかったです。

--------------------------


腰痛があるので、ホントはオットに頼みたい所だけれど、
朝の会議の後、関連の仕事をして、その後1時間だけ帰宅、
休憩少々、食事少々の後、夜勤に出勤というシフトで・・・。

夜中に猫が帰宅しても、戸が閉まっていると、
また出かけてしまうこともあると聞き、
夜中の2時まで少し戸を開けておいたのだけど、
私とオットは離れに住んでいて、他の家族は母屋という別棟。
オットが夜勤だと、私は夜1人になるの。
さすがに開けっ放しでは無用心で怖いので、2時に閉めました。
結局その夜は帰らず、朝にも帰らず・・・。

ステップマザーさん情報で、猫の移動エリアは、
半径500メートルほどだと知りました。
他の猫に追いかけられた可能性もあるけれど、
とりあえず半径500メートルの範囲で、
閉じ込められてしまったり、怪我して動けなかったり、
そういう状況になければ安心かと探しに出ました。
どこにもいなかったけど。

このあたりはノラ猫飼い猫含めて猫が多くて、
知らない猫がいるくらいで通報する人はいないと思います。
首輪の有無を問わず、知らない猫でもエサをあげる人もいて、
それで猫が増えちゃうのもありそうですが、
とりあえず、それも安心事項ではあります。


--------------------------


猫は恋人が出来ると、しばらくその猫と過ごして帰宅しないとか。
大福ちゃん、彼氏が出来たのかな~?(謎)
ワタシ、今夜は帰りたくないわ♪なんていうノリでプチ家出?
ママとパパはどんなに心配したことか。

腰が痛いのを我慢して、お前の名前を呼びながら、
動けなくなっていたら、声だけでも出してと祈って歩いたのに。
お前は私の声が聞こえたのに、彼氏といたくてシカトしたの?(苦笑)


--------------------------


楽しい時間を過ごさせてあげたいけど、
もしもそうでなくて、助けを求めているのなら助けに行きたいし、
でも、その区別はわかりませんし・・・。
外に出す以上、リスク覚悟でしか出せないことを再認識。
そんな覚悟は出来ないという人は、徹底した室内飼いをしています。
大通りに面した家では、それが一番だとも思います。

大福はヘビをくわえて振り回すような野生のノラ猫育ちなので、
ヘビとか、雀とかバッタとか・・・獲物にしている姿は
実はとても見ていられないんですが、彼女はそういう猫なので、
リスク覚悟で、これからも出すしかないと思っています。



--------------------------


夕べはしおらしく、私の腕枕で一晩寝てました。
夜勤から帰ったオットは、嬉しそうに抱っこしてました。
しかし、もう既に、大福は外にお出かけです。
彼氏のところか?(大謎)

腰をかばって歩きつつ、大福を探したためか、
本を見ながらの腰痛体操のためか、
お尻周りと太ももの外側が筋肉痛。
いつものアロママッサージの先生に予約が入れてあり、
今日の午後は、全身をマッサージでほぐしてもらいます。
先生には椎間板ヘルニアだったのでよろしくとメールしてあり、
まかせてください!との頼もしいお返事をいただいています。

いい方向に行くような予感がします。
単に大福が帰ってきただけなのにね。

でも、今夜も帰ってこなかったりして??

・・・ドラ娘の大福め。