FC2ブログ
2013/01/12

2013年01月12日

        

京都は素敵でした

category - 日記
2013/ 01/ 12
                 
椎間板ヘルニアだと言われて3日目の京都行き。
新幹線とタクシーがあるので、さほど不安はなかったです。

まずはネット友の個展会場へ直行。




哲学の道沿いにあるんですよ。




彼女の個展には以前も行ったことがあるので、
場所はよくわかっています。


  •  


  •  
    久しぶりの彼女は、ますますスマートになって、
    聞いたところ、40キロを切ることもあるそうです。
    脂肪を分けてあげたいわ。(いらないよね)







書も素敵だけど、装丁も素晴らしいですよね。

のんびり鑑賞していたら、ちょうどお昼時で、
客足が途絶えたので、彼女とたくさんおしゃべり。
おしゃれさんなので、それは可愛い、凝ったセーターとコートを着ていて、
ガールズトーク(ババァトークじゃないのよ)も盛り上がりました。

彼女においとまを告げて向かったのは、金戒光明寺。




本当は、知恩院三門の特別公開を楽しみにしていたのです。
知恩院の三門は、それはそれは見事な、立派な三門で、
内部にはたくさんの像、天井画があって、現在、冬の特別公開中です。
しかし、三門の階段は、間違いなく急で、私の腰に響くでしょう。
今回は諦めなくては。

金戒光明寺も諦めるつもりでしたが、腰は痛くなかったので、
タクシーならと思って行っちゃいました。




今話題のハンサムウーマン、新島八重直筆の書と写真が見たかったの~。(笑)
(歴史に詳しい訳ではなく、単にミーハー )
新島八重さんは、穏やかなおばあちゃまに見えました。

ここで見た、虎の襖画が、遊び心があって良かったです。
法要の前に通されるお部屋だそうですが、
虎が3匹のような4匹のような5匹のような襖画。
その襖を開けると、虎は2匹に見えるのでした。

内部は撮影不可なので、お庭を写しました。

  •  

 



庭園から眺める金戒光明寺は美しかったです。




これ↓新しいものですけど、歩道の中に亀のモチーフがあって可愛い!





徒歩圏内でも、今日はタクシーで。
次は細見美術館に向かいました。
平安神宮の近くにある美術館です。
お昼を食べ損なって、この時午後2時過ぎ。
美術館の横にこんなお店がありました。




ここでランチにしました。
おばんさいバイキングのミニにしんそばセット。

  •  

 



美術館には椅子があるから腰痛持ち向きかなと。
伊藤若冲の展示があるので楽しみにしていました。
独特の味わいのある天才画家だと思います。




彼の鶏の画がたくさんあったので至福でした。
生き生きとした、凛々しい鶏たち。
凛々しいって、鶏の形容にはちょっと変ですが、
私のイメージです。(笑)
そんな鶏を表現する筆使いに、鶏への愛情を感じます。
変わり者だったに違いないですね~。

いつも、京都に来ると、これでもか!というくらいに、
あちこちを歩き回ってきました。

今まであんなにも歩き回れたことに感謝です。
そして、出来たら腰痛を克服したいです♪

さて、京都から自宅に帰り、普通にご飯を作りました。
シュウトメちゃんに京都に行くって言わなかったので、
子供たちにも言わなかったんですよ~。
腰に激痛が走ってヘルニアだと診断されて3日目に
京都に行くって、シュウトメちゃんに言いにくいじゃない?
なので今回はお土産も買わなかったのでありました。
            
スポンサーサイト