FC2ブログ

2013年01月02日

        

ネガティブなシュウトメちゃんは永遠・・・?

category - 日記
2013/ 01/ 02
                 
年末に、下の義姉が姪・甥と一緒に来てくれたので、
やれやれ、ネガティブなシュウトメちゃんだけど、
いいことがあったから、お正月くらいはご機嫌かなと思っていました。

しか~し、私は甘かった!
お正月くらい、家族揃って食卓を囲もうと、
みんな、和気あいあいでお正月を♪という気分になっているんですけど、
シュウトメちゃんはネガティブ発言しかしません・・・。

喉が痛いから風邪気味だとか、昼間はほとんど横になってたとか、
挙句の果てに、民生委員さんの電話番号を調べろと言い出す始末。

「民生委員?どうしたの?」と聞くと、困ったことがあったら、
相談していいと言われたことがあるとのこと。
何を困ってるの?と聞くと、タクシーの運転手に馬鹿にされて困るそう。
これは前に長い愚痴を聞いた件ですが、まだ言ってるんだ~。

病院の送迎ですが、行きは私が送り、帰りはタクシーが多いんです。
家を早く出てくれれば、帰りも私がお迎えに行けますが、
早くしたくするのが不可能だと言うので、
では私は仕事に遅刻しちゃうのでタクシーで、という事になってます。
その帰りのタクシーの運転手が、わざと遠回りすると言うのです。

300円くらいの差なんですが、お金じゃなくて、
馬鹿にされるのが我慢ならないというので、
正月の食卓で長々と愚痴を聞かされる私と家族。

「どこにでも人を馬鹿にする人はいるし、ずるをする人もいるよ。
民生委員さんを煩わせるのは止めようね。
おばあちゃんが、民生委員さんによく思われないからね。
今度、そのタクシーに乗ったら、名前を見てきて。
私がタクシー会社に電話してあげるから。
それから、嫌な思い出を何回も思い出さないほうがいいよ。
思い出すたびに、馬鹿にして!と思うんでしょ?
そういう人は他の人にも同じことしてるんだからね。」

言っても無駄なんだけど、一応言っときました。
馬鹿にされているという被害感情が根底にあるので、
その地雷を踏むような出来事は、とことん反すうしちゃうのよね。
被害者としての人生を歩きたければ、誰にも止められないですね。

上の義姉が年末に、話もしないで、お歳暮を渡して帰ったことを、
年末くらい、シュウトメちゃんの被害感情を煽るようなこと、
しないで欲しいなぁと、かなり迷惑に思ったんですが、
こうなると、上の義姉のしたことは正しかったかもと思えます。

上の義姉は1人暮らしなのです。
年末に、実の母親のネガティブエネルギーをがつんと食らいたくないよね。

明日から長男、明後日からは長女も仕事なので、
家族で食卓を囲むのもあと数回。
シュウトメちゃんにとっても、せっかくのチャンスなのに、
ネガティブな人って、同情されることしか眼中にないのかしらね。

上の義姉さん、ちょっと不満に思ってごめんなさい。
あなたのお母様はタダモノじゃないから、
今後も逃げて大丈夫です。できればご協力します・・・。

叔母の所に行きましたが、叔母は明るく笑顔でいて、
私が来たことを素直に喜んでて可愛かったです。
シュウトメちゃんが可愛くなる日は来るのかな~?
まあ、民生委員さん云々で騒がれて、呆れたので、
どっちでもいいという気になりましたが。
            
スポンサーサイト