FC2ブログ
2013/01/14
2013/01/12
2013/01/09

2013年01月

        

急きょ決まったシュウトメちゃんの1ヶ月入所

category - 日記
2013/ 01/ 16
                 
先日、デイサービスのある日の朝、シュウトメちゃんが転倒し、
夜勤のオットを起こして、シュウトメちゃんの介護を頼みました。
部屋の中の転倒で、打撲などはなかったのは幸いですが、
今の私では、転倒したシュウトメちゃんを、引っ張って
起こすことは出来ないのを思い知りました。

夏に、エアコンのない所で転倒したら、本当に困ります。
まだ冬の方が、毛布をかけるなり、ホッカイロを貼るなり、
私が移動させられなくても対策が取れるけど、夏は・・・。

それで、お迎えに来ていただいたデイのスタッフさんに、
今日転倒したこと、私が腰椎椎間板ヘルニアになったこと、
まだ早いけれど、夏がとても心配になったので、
夏の施設入所の手配を頼みたいことを告げました。
本当はケアマネさんに相談することですが、
シュウトメちゃんのケアマネさんは、その日行くデイサービスに
いらっしゃる方だったので、伝言をお願いしたのです。

元々「夏はデイサービスがない日は、ずっと部屋にいて、
ほとんど歩かないから、筋肉が弱っちゃうね。
一番暑い期間だけでも、リハビリのある施設に入ろうか」と
シュウトメちゃんと話していましたが、まだ夏のことを頼むのは
時期尚早かと思っていたところでした。

--------------------------------


その後ケアマネさんから電話があり、話はとんとん拍子に進み、
夏は入れるようにしますと確約いただきました。そして、
「今現在も困っていらっしゃるんじゃないですか?
頼むかどうかは別にして、リハビリのあるHという施設に
今の時期の空きがあるか、確認しましょう」ということになり、
シュウトメちゃんの同意もあり、今度の日曜日から1ヶ月間、
入所ということに決まりました。
 
冬に空きが長期間出ることは珍しいんです。
真冬と真夏は、決まって入所する人もいるので。
今回は、急なキャンセルがあったので、ぽっかり空いたのだとか。

昨年「koalaさんが叔母さんのことで忙しく大変だから
入所してあげよう」との申し出があった時には、
シュウトメちゃんは絶対に、嫁と嫁の叔母さんのために、
自分がこんな目に・・と愚痴を言い出すからと思い断りました。

今回は、ヘルニアを責められることもなさそうな状況で、
転倒したら・・・という不安からも1ヶ月解放されます。
夏や冬は部屋から動かなくなるので、筋肉が衰え、
体がこわばるみたいで、転倒が多いんです。

ポータブルトイレの洗浄、着替えの手伝いなども、
腰にかなり響いて辛かったこの頃でしたが、
とてもありがたいです。


--------------------------------


日にちがあまりないので、準備で忙しくなりますが、
腰が痛むときに介護から解放されるというのは、
こんなにも開放感を感じるものか、と驚くほどありがたくて、
ちょっとシュウトメちゃんに申し訳ないくらいです。
                         
                                  
        

大福は、もう朝のお出かけに

category - 日記
2013/ 01/ 16
                 
猫の大福は、平気な顔で、普通に戻ってきました。
まるで「ちょっと2時間散歩してきたわ」みたいな感じで。

いつ帰って来てもいいように、ドライフードをたっぷり盛ったお皿を
ちらっと見て、食べもせずに「にゃ~」と一声。
そしてじっと私を見つめます。
「もっと美味しいの、ちょうだい」というサイン。

レトルトのフードの方が好きなんです。
でも、小袋1包分でも残したりするので、臭うし、高いし、
朝・晩で半分ずつ、合計1日1包しかあげてないの。

今日は1袋分与えても残さないかも?とやってみたら完食。
でも、もしもおなかぺこぺこだったら、ドライも食べるよね?
ドライはこの時、見向きもしなかったです。

--------------------------


腰痛があるので、ホントはオットに頼みたい所だけれど、
朝の会議の後、関連の仕事をして、その後1時間だけ帰宅、
休憩少々、食事少々の後、夜勤に出勤というシフトで・・・。

夜中に猫が帰宅しても、戸が閉まっていると、
また出かけてしまうこともあると聞き、
夜中の2時まで少し戸を開けておいたのだけど、
私とオットは離れに住んでいて、他の家族は母屋という別棟。
オットが夜勤だと、私は夜1人になるの。
さすがに開けっ放しでは無用心で怖いので、2時に閉めました。
結局その夜は帰らず、朝にも帰らず・・・。

ステップマザーさん情報で、猫の移動エリアは、
半径500メートルほどだと知りました。
他の猫に追いかけられた可能性もあるけれど、
とりあえず半径500メートルの範囲で、
閉じ込められてしまったり、怪我して動けなかったり、
そういう状況になければ安心かと探しに出ました。
どこにもいなかったけど。

このあたりはノラ猫飼い猫含めて猫が多くて、
知らない猫がいるくらいで通報する人はいないと思います。
首輪の有無を問わず、知らない猫でもエサをあげる人もいて、
それで猫が増えちゃうのもありそうですが、
とりあえず、それも安心事項ではあります。


--------------------------


猫は恋人が出来ると、しばらくその猫と過ごして帰宅しないとか。
大福ちゃん、彼氏が出来たのかな~?(謎)
ワタシ、今夜は帰りたくないわ♪なんていうノリでプチ家出?
ママとパパはどんなに心配したことか。

腰が痛いのを我慢して、お前の名前を呼びながら、
動けなくなっていたら、声だけでも出してと祈って歩いたのに。
お前は私の声が聞こえたのに、彼氏といたくてシカトしたの?(苦笑)


--------------------------


楽しい時間を過ごさせてあげたいけど、
もしもそうでなくて、助けを求めているのなら助けに行きたいし、
でも、その区別はわかりませんし・・・。
外に出す以上、リスク覚悟でしか出せないことを再認識。
そんな覚悟は出来ないという人は、徹底した室内飼いをしています。
大通りに面した家では、それが一番だとも思います。

大福はヘビをくわえて振り回すような野生のノラ猫育ちなので、
ヘビとか、雀とかバッタとか・・・獲物にしている姿は
実はとても見ていられないんですが、彼女はそういう猫なので、
リスク覚悟で、これからも出すしかないと思っています。



--------------------------


夕べはしおらしく、私の腕枕で一晩寝てました。
夜勤から帰ったオットは、嬉しそうに抱っこしてました。
しかし、もう既に、大福は外にお出かけです。
彼氏のところか?(大謎)

腰をかばって歩きつつ、大福を探したためか、
本を見ながらの腰痛体操のためか、
お尻周りと太ももの外側が筋肉痛。
いつものアロママッサージの先生に予約が入れてあり、
今日の午後は、全身をマッサージでほぐしてもらいます。
先生には椎間板ヘルニアだったのでよろしくとメールしてあり、
まかせてください!との頼もしいお返事をいただいています。

いい方向に行くような予感がします。
単に大福が帰ってきただけなのにね。

でも、今夜も帰ってこなかったりして??

・・・ドラ娘の大福め。
                         
                                  
        

大福の帰還

category - 日記
2013/ 01/ 15
                 
たった今、帰ってきました~!
当たり前みたいな感じで、別に弱ってもいません。
よかった~。(涙)
今、ご飯食べてます。
とりあえず、ご報告まで♪
                         
                                  
        

猫の大福が帰って来ない

category - 日記
2013/ 01/ 15
                 
昨日の午後4時少し過ぎに、外に遊びに出かけた大福。
寒い日にはすぐに帰ってくるのに、
夕べは待っても待っても帰って来ませんでした。
 
寒がりなので、普段は早ければ夕方、
遅くても9時くらいには帰ってくるのに。
 
外に出すということは、何かあるかもしれないという
覚悟をするということなのですが、
実際にこんなことが起こってしまうと、
心配でたまらないですね。
 
車にひかれてしまうのが、一番怖いです。
家の近くの道には、そういう気配はなかったです。
そんなに遠くに遊びに出かけているとは、
思っていなかったのだけれど…。
 
-----------------------------
 
治療院の予約は土曜日に取れました。
バスタオル持参で、運動のできる服装で来るようにとのこと。

服装はわかるけど、バスタオル!?
診察前に、サウナに入るのだそうです。
良くなるためなら、サウナでも運動でも。
幸い、サウナは好きだし。
 
腰を治して、大福を抱っこしたいです。
大福ちゃん、元気で帰って来て欲しいです。
 
愛犬メリーの散歩は、長男に頼んでいます。
メリーも昨年行方不明になって・・・でも無事でした。
大福も無事でありますように。
                         
                                  
        

伊藤若冲を知っていますか?

category - 日記
2013/ 01/ 14
                 
伊藤若冲は江戸時代の画家です。

絵葉書を買って来たので、撮影してみました。
私の好きな「生き生きした凛々しい鶏ちゃん」です。(笑)




彼の作品で有名なのは、彩色された、もっと緻密な絵が多いです。
伊藤若冲なんて知らない~という方でも、
郡鶏図、群魚図、百犬図など、絵を見てみれば、
あ、これ知ってる!という人も多いんじゃないかと思います。

群魚図などは、緻密な写生で描かれたのでしょうが、
全体としてみると、ものすごくシュールなデザインで、私は大好き。(笑)
彼の描く白い象はもう最高にシュール。

シュールを連発すると、なるほど、シュールな絵を描く人なのねと
誤解されてしまいそうなので、正統派の絵葉書の画像も1枚。
これは昨年ボストン美術館で買った絵葉書です。





興味のある方はぜひここをクリックしてください。

私が買った絵葉書の鶏の表情、野性的で生意気です。
伊藤若冲は、水墨画も素晴らしいですよね。

きりっとした生意気な顔で斜め上を見ている顔が可愛い。
見ている側が可愛いと感じるのは、きっと、
それを描く伊藤若冲の愛情を、強く感じるためじゃないかなと思います。

若冲は、何十羽という数の鶏を自宅で飼っていて、
最初から写生するのではなく、じっと眺めていたそうです。
鶏というものがどんな生き物なのか、
毎日眺めて飽きなかったんじゃないかと勝手に推測しています。

もともと、彼は、京都の錦小路で成功した問屋さんの息子でした。
お坊ちゃまだったのです。
23歳で父親を亡くし、商売を継いだそうです。

もともと商売には興味はなく、30歳くらいから絵に興味を持ち、
お酒も飲まず、芸事も、女性にも興味はなく、
ただ、絵が好きだったらしいです。
商売に嫌気が差したのか、2年間山に籠もって行方不明だったとか。

40歳の時、家業を弟に譲り、自らは隠居して、
画家として生きたようなのですが、
2年間、主が行方不明でも店がつぶれなかったのもすごい。
てんやわんやだったんじゃないかな??

京都の相国寺は伊藤若冲ゆかりのお寺。
今度京都に行ったら、訪ねたいお寺です。

http://hbb.afl.rakuten.co.jp/hgb/?pc=http%3A%2F%2Fthumbnail.image.rakuten.co.jp%2F%400_mall%2Fbook%2Fcabinet%2F5372%2F53720063.jpg%3F_ex%3D128x128&m=http%3A%2F%2Fthumbnail.image.rakuten.co.jp%2F%400_mall%2Fbook%2Fcabinet%2F5372%2F53720063.jpg%3F_ex%3D64x64

この本が届いたので、無理のないようにトレーニングしています。
著者の方の治療院は我が家から1時間弱で行けるので、
連休明けに電話して、予約をとりたいと思っています。
                         
                                  
        

京都は素敵でした

category - 日記
2013/ 01/ 12
                 
椎間板ヘルニアだと言われて3日目の京都行き。
新幹線とタクシーがあるので、さほど不安はなかったです。

まずはネット友の個展会場へ直行。




哲学の道沿いにあるんですよ。




彼女の個展には以前も行ったことがあるので、
場所はよくわかっています。


  •  


  •  
    久しぶりの彼女は、ますますスマートになって、
    聞いたところ、40キロを切ることもあるそうです。
    脂肪を分けてあげたいわ。(いらないよね)







書も素敵だけど、装丁も素晴らしいですよね。

のんびり鑑賞していたら、ちょうどお昼時で、
客足が途絶えたので、彼女とたくさんおしゃべり。
おしゃれさんなので、それは可愛い、凝ったセーターとコートを着ていて、
ガールズトーク(ババァトークじゃないのよ)も盛り上がりました。

彼女においとまを告げて向かったのは、金戒光明寺。




本当は、知恩院三門の特別公開を楽しみにしていたのです。
知恩院の三門は、それはそれは見事な、立派な三門で、
内部にはたくさんの像、天井画があって、現在、冬の特別公開中です。
しかし、三門の階段は、間違いなく急で、私の腰に響くでしょう。
今回は諦めなくては。

金戒光明寺も諦めるつもりでしたが、腰は痛くなかったので、
タクシーならと思って行っちゃいました。




今話題のハンサムウーマン、新島八重直筆の書と写真が見たかったの~。(笑)
(歴史に詳しい訳ではなく、単にミーハー )
新島八重さんは、穏やかなおばあちゃまに見えました。

ここで見た、虎の襖画が、遊び心があって良かったです。
法要の前に通されるお部屋だそうですが、
虎が3匹のような4匹のような5匹のような襖画。
その襖を開けると、虎は2匹に見えるのでした。

内部は撮影不可なので、お庭を写しました。

  •  

 



庭園から眺める金戒光明寺は美しかったです。




これ↓新しいものですけど、歩道の中に亀のモチーフがあって可愛い!





徒歩圏内でも、今日はタクシーで。
次は細見美術館に向かいました。
平安神宮の近くにある美術館です。
お昼を食べ損なって、この時午後2時過ぎ。
美術館の横にこんなお店がありました。




ここでランチにしました。
おばんさいバイキングのミニにしんそばセット。

  •  

 



美術館には椅子があるから腰痛持ち向きかなと。
伊藤若冲の展示があるので楽しみにしていました。
独特の味わいのある天才画家だと思います。




彼の鶏の画がたくさんあったので至福でした。
生き生きとした、凛々しい鶏たち。
凛々しいって、鶏の形容にはちょっと変ですが、
私のイメージです。(笑)
そんな鶏を表現する筆使いに、鶏への愛情を感じます。
変わり者だったに違いないですね~。

いつも、京都に来ると、これでもか!というくらいに、
あちこちを歩き回ってきました。

今まであんなにも歩き回れたことに感謝です。
そして、出来たら腰痛を克服したいです♪

さて、京都から自宅に帰り、普通にご飯を作りました。
シュウトメちゃんに京都に行くって言わなかったので、
子供たちにも言わなかったんですよ~。
腰に激痛が走ってヘルニアだと診断されて3日目に
京都に行くって、シュウトメちゃんに言いにくいじゃない?
なので今回はお土産も買わなかったのでありました。
                         
                                  
        

自分が撒いた種が育っちゃった

category - 日記
2013/ 01/ 11
                 
椎間板ヘルニア緩和ストレッチ

今は便利な時代で、こんな動画を見つけました。
やってみると、いい感じ。

こんな本も見つけてポチしました。

http://hbb.afl.rakuten.co.jp/hgb/?pc=http%3A%2F%2Fthumbnail.image.rakuten.co.jp%2F%400_mall%2Fbook%2Fcabinet%2F5372%2F53720063.jpg%3F_ex%3D128x128&m=http%3A%2F%2Fthumbnail.image.rakuten.co.jp%2F%400_mall%2Fbook%2Fcabinet%2F5372%2F53720063.jpg%3F_ex%3D64x64

著者の先生の治療院は、自宅から1時間弱の場所なので、
本がよかったら、予約を入れてみようかな。

病気というのは、それまでの人生の中で育ててしまった癖が
結果として出るものだと思っています。

まあ、先天的な素因は別かもしれませんが、
私の場合は、結婚後、シュウトメちゃんの畑の草取りで、
腕と肩を何度も痛めてきました。
逆らって、逆切れされて、苦しくうごめいていた私の心身は、
椎間板ヘルニアの下地になったことでしょう。

私は、実は、背筋と腹筋を、もっとバランスよくつけないと、
体を壊すことになるというのは頭ではわかっていました。
何度もいろんな人からの注意が入ったんです。

10年位前に、とても優秀なトレーナーさんが愛知にいて、
私の知人が月に1度、トレーニングをみてもらっていました。
以前の勤務先の同僚で、交通事故の後遺症があり、
トレーニングして筋肉を鍛えないと、体が動かなくなってくるので、
毎週ジムに通いつつ、月に1度、そのトレーナーさんのチェックを受けて、
トレーニングのメニューを作っていただいていたんです。

そのトレーナーさんが乞われて東京に行ってしまうというので、
「koalaさん、よかったら1度見てもらう?」と聞かれ、
興味半分で、筋力チェックをしていただいたのでした。
1回チェックしてもらって確か5000円でした。

その人のすごいのは、何も言わないのに、私の筋肉の状態で、
私がものすごいストレスにさらされてきたこと、
それを我慢してきたことがわかってしまうことでした。

私にはさほどそんなことは言わず、バランスが悪いので鍛えた方がいい筋肉、
した方がいいトレーニングを細かく教えていただいたのですが、
一緒についてきてもらった知人に後で聞きました。
「どれほど辛いことを胸に収めてきたかわからない人だ、
いい筋肉を育てられる人なのに、あんなに固まってしまって」と
koalaさんのことを言ってたよ、とおっしゃったそうです。

今までの我慢が体に出てる?それで体が固まってる??
そんな話、一言もしていないのに、筋肉を触るとそんなことわかるの?
驚いたのですが、私って危機感が足りないから、
その時教わったトレーニングメニューなど、
最初のうちは意識していたけれど、どんどん忘れていきました。
この時続けていたら、今の事態にはなっていないと思います。

運動しないと、という気持ちはあったので、
その知人と一緒にジム通いをしていました。
でも、そのジムはバブルの時代のジムで、ある日つぶれちゃったんです。
その後、知人も、続いて私も、仕事を変わって、
疎遠になっていってしまいました。

ジムの前はエアロビ&ダンベル教室に通っていたし、
その前はスイミングに通っていたのですが、
ジムがつぶれ、私も仕事を変わり、勤務時間が増えたので、
運動どころではなくなっていた頃に、実母が癌に。

私は母の介護のために仕事を辞めましたし、
当然、運動どころではなくなりましたが、
歩かせた方がいいとのことで母と出かけて歩き回りました。
びわの葉温灸がいいと聞いて、母を連れて温灸に通った先の、
先生が、真向法という運動の講師をやっていて、
ある教室の生徒さんが少なかったので、半強制的に、
その教室で、真向法を習うことになったのでした。

今、椎間板ヘルニアになったと言われて調べたのですが、
最初に載せたYou Tubeの最後の運動は、
真向法にもそっくりなのがありました。
この真向法を続けていれば、ならなかったかもと思います。

そして50歳になったとき、何か記念に始めたい!と思った時、
頭に浮かんだのがヨガでした。
そして始めたのはいいのですが、ヨガが好きで通いたいのに、
なかなか時間が取れなくて、疎遠になりがちな日々でした。
ヨガをきちんとそれなりに続けていれば、
やはり、この事態は防げたかなと思います。

このように、振り返ると、何度も、こうならないために
運動して体をしなやかにし、筋肉をつけるチャンスがあったのです。
私はそれを気にしつつも、選択してこなかった。
選択しないということは、優先順位を下にした、ということです。
自分がしなくちゃと感じ、したいと感じたことなのに、
他に義務と感じたことを優先してきました。
結婚してから20年以上は、シュウトメちゃんの件で、苦しみにまみれてきました。
最近、その世界から脱却できていたのですが、それ以前の生き方は・・・

それですよね、私を椎間板ヘルニアにしたのは。
種を撒くと、その種に合った芽が出て、育って、花が咲くのでした。
さて、今回は椎間板ヘルニアという花が咲いちゃった。

自分がしたいことを優先しないで、
ストレスを溜め込み、筋肉を鍛えない道を走ってきちゃった。
自分が撒いた種が育っちゃったのですから、文句はないですよ。
軌道修正すればいいだけ。

ここ数年は、それ以前の生きかたを脱却しているので、
また違った花が咲くだろうと楽しみにしていますが、
今は、ムカシの生き方の結果の花が咲いちゃってるので(苦笑)、
こまめに花がらを摘みましょうか。


明日の京都は、新幹線のチケットも、お祝いのアレンジフラワーも
購入済みなので、行って来ようと思います。
まあ、普通の生活は送れている状態ですし、
深く腰をかけると、椅子に座った状態での痛みは皆無です。
同じ姿勢を長時間は避けた方がいいですが、京都はそんなに遠くないし。

京都を歩き回るのは無理そうなので諦めます。
今回は、目的がネット友の個展なので、目的に徹しようと思います。
                         
                                  
        

ヘルニアでした

category - 日記
2013/ 01/ 10
                 
今日は、シュウトメちゃんを病院に連れていく日。
連れていくだけのはずが、自分も激しい痛みを腰に感じて、
ぎっくり腰!?と思い、シュウトメちゃんと仲良く?受診。

10年以上前に、ぎっくり腰を2回やっています。
その時よりはずっと症状が軽くて、治りがけくらいの体感。
不幸中の幸いだわと思ったのに、レントゲンでヘルニア発覚。
MRIも受けました。予約いっぱいなんだけど、
1人分だけ空いていて、診察後1時間待ちで検査できました。
しっかり変形してるわ~。

しかし、痛みはさほどではない・・・。
ヘルニアなんて、痛くてたまらないと思ってましたが誤解だったのね。

MRIで、腹筋が脂肪よりう~~んと少ないのをこの目で確認。
痛みが引いたら、少しずつ運動を始めるといいらしいです。
色々聞いたら、軽い腹筋を使う運動のほか、
ウォーキングもいいらしい。
「昔、背泳がいいと聞いたことがあるんですが」と聞くと、
背泳やクロールは効果的だそうで、平泳ぎとバタフライはNGとか。
そりゃそうだろう・・・バタフライなんて致命的に思えますよ。(笑)

2週間分の痛み止めと胃薬、湿布薬をもらって返りました。
普通の生活をしていいし、痛くなくなったら運動していいし、
通院する必要もないそうです。

とりあえず、今日は職場に電話して休み、
今から横になろうと思います。

椎間板ヘルニアだって。
名前は知っていたけれど、自分がなるとは思わなかった!
ドクターにそう言ったら、「み~んなそうです」だって。
そうなんだよね、きっと。

最近シュウトメちゃんがよく転ぶので、
起こす時、激痛が走っていたけど、ヘルニアがあったせいだったのね。

皆さんも、姿勢や行動で腰に負担をかけていないですか?
ある意味、ヘルニアも生活習慣病かも?と感じた今日でした。
生活の中で、腰の負担を減らす姿勢を心がけ、
適度の運動もして筋肉をつけておくことが大事です。
                         
                                  
        

叔母の庭を片付け始めました

category - 日記
2013/ 01/ 09
                 



この荒れた庭は、実はもっと荒れていました。
叔母はお取り寄せが好きで、食べたホタテやさざえの貝殻を、
庭にがさっと捨てていたんです。

実家の横にあった、母が家庭菜園を楽しんでいた場所を、
叔母の家を建てるのに無料で貸したのです。
画像もひどい状態ですけど、ここに大量の貝殻が
撒き散らしてあって・・・これよりひどかったの。
庭がこんなにめちゃくちゃで、両親はよく怒っていました。
これは怒るの当たり前でしょう?

でも、叔母は知らん顔だったのでした。
両親は自営業で忙しくて、怒ってはいても、家にいないので、
叔母は余計に好き放題だったんです。
そして結局、私が片付けるはめに。




昨年、貝殻を不要になった大きな植木鉢とダンボールに
移す作業は済ませてありました。
昨日はこれを埋め立てごみの処理場に運びました。




レンガなどを車に積めるだけ撤去。
私の車は軽なので、全部は載りませんでした。




車のトランクはこんな状態。
しかし、貝殻もレンガも土がついてるし、
トランクはひどいことになったのでありました。(涙)

まだ叔母の庭の片付けは始まったばかり。
無理しないでこつこつやっていこうかな。

この庭が平気だった叔母の家の中もすごいんです。(大泣)
昔はそんなにひどくなかったんですけど、
脳卒中の後遺症で右半身が麻痺してからは、
手元に何でも置きたくなったらしく、ひどいものです。
うちのシュウトメちゃんの部屋と似てます。

さて、平成25年は、片付けの年にします。
                         
                                  
        

今度の土曜日は京都へ

category - 日記
2013/ 01/ 08
                 
12日(土)は京都へ行きます。
ネット友、Eikoさんの個展があるんです。
最初は東京であるんだよ~と聞いていたので、
じゃ、東京へ行くわね♪と言っていました。
東京に行ったら、ネット友ステップマザーさんともお会いしようと思ってました。

日程が決まってお知らせがきたのですが、
東京ではマトモにGWの開催でした。
う~ん・・・と思っていたら、
京都でも冬の連休に個展をするということでしたので、
迷った末に、では京都へ、ということになりました。

京都の個展会場はギャラリー花いろ。
哲学の道沿いの素敵なギャラリーです。
ここは以前、Eikoさんの七宝焼きの個展でお邪魔した場所です。

Eikoさんはその後病状が進み、七宝焼きを作るのを断念、
絵の具とたわしで書が書けるんじゃないかと楽しみだしたら、
個展を開かない?という声がかかったそうです。

東京の会場が赤坂のギャラリー小川とか。
5月3日から5日までの3日間、11時から17時半まで。
よろしければどうぞ。

5月は舅の三十三回忌があるんです。
舅のきょうだいで法事に出席できる人は、
末の弟さん1人だけ。
他の方は亡くなったり、年老いて参加できなかったりで、
従姉妹の代理出席になります。
33回忌だし、従姉妹にも、忙しい中、申し訳ないし、
でも、叔父は元気だから、兄の法事はお参りしたいかもと、
まだkoala家でも思案中なのですが、
普段どおりにみんなを呼んで普通に法事をするなら、
GWには出かけている余裕はありません。
迷っている間に京都の個展が終わっちゃうかも。
ステップマザーさんもGWでは困るだろうし。

ということで、昨日の出勤前にJRに行き、
1day京都というお値打ちチケットを買ってきました。

オットに「一緒に京都に行こうよ」って誘ったのですが、
「やだよ、真冬の京都なんて。寒すぎるよ。」と言うんです。

「あっさりふられた悲しい妻52歳は、泣きながら京都に旅立つのでした」
オットの前でそう言ったら「じゃあ、行かんでいい。
ところで涙はどこに?見えんぞ?喜んで京都を歩き回るんだろ?」と
全く同情のかけらもない対応でございましたよ。ふん。(笑)
でも確かに、私は喜んで、一人で京都を歩き回るでしょう。
寒かったらホカロンがあるさ~。

---------------------

ここまで書いて、携帯のメールチェックをしたら、
友人のお母様が元旦に亡くなったというメールがありました。

私、初夢にこの友人が出てきたんです。
お母様が元気になってきたって、嬉しそうにしていた夢。
持ち直したのかも?なんて思っていました。
その日に亡くなられていたなんて、真逆でした・・・。

お母様は急に悪くなられたのですが、体調を崩した初日は、
私が友人とランチの約束をしていた日でした。

デイサービスに行かれた先で、体調を崩したお母様。
たまたま友人が休みで、たまたまお母様の面倒を
普段見てくださっている義姉さんも都合が悪く、
友人がデイサービスまで駆けつけて面倒を見ました。

「たまたま」なんてないんだと、改めて思いました。
お母様の魂は、何時も面倒をみてくれるお嫁さんに感謝しつつ、
娘との時間を過ごせるように、娘にも過度の負担がかからないように、
一番いい亡くなり方をしたのだと思います。

日記の後ろにつけたしで書くような話ではないですが、
どうぞ私の友人のお母様のご冥福を祈ってください。