FC2ブログ

2012年12月30日

        

下の義姉が来てくれました

category - 日記
2012/ 12/ 30
                 
今朝は下の義姉が、姪と甥と共に来てくれました。
1時間ほどシュウトメちゃんを交えておしゃべりしてくれて、
シュウトメちゃんもとても嬉しそうでした。
感謝でいっぱいです。
やっぱり娘に冷たくされると、こたえるのですよね。

先日、上の義姉も来てくれたのですが、
お歳暮をシュウトメちゃんに手渡しただけで帰ってしまい、
シュウトメちゃんががっかりしていたので、
今日、下の義姉たちがゆっくりしてくれた優しさが
とてもありがたいと思いました。

上の義姉にも、事情があったのだと思います。
年老いて身も心も弱ってきた母親に、
優しく出来ない娘というのは、それ相応の事情があるでしょう。
私の実母が末期がんで私が忙しかった時期、
シュウトメちゃんは愚痴の塊になって、毎日のように、
義姉たちの家に愚痴の電話をかけたそうです。
いい加減にして欲しいと怒鳴り込まれて、初めて知りましたが。

怒鳴り込まれてから、もう5年経ちますから、
今、上の義姉がシュウトメちゃんに優しく出来ない理由は、
そのこととは別のことだと思います。
上の義姉は幸せじゃないんだろうなと
勘ぐりすぎかもしれませんがそう思いました。

そうではなくて、ちょっと忙しいだけだったらいいのだけど。
シュウトメちゃんがずっと元気でいられるわけではないし、
母と娘、生きている間は、できれば仲良くできたほうがいいですね。
そうできない母と娘も世の中にいっぱいいるのは知っていますけど。

下の義姉は持病はあるのですが、けっこう元気そうでした。
姪も甥も、本当に久し振りに会えてよかったです。

うちの長男は仕事、長女はお友達と東京に行っていて、
従姉妹に会わせられなかったのが少し残念。

子供の頃は、喜んで1年に何回もお泊りに来てくれた
姪や甥たちですが、高校生くらいになると、
もうおばあちゃんの家に泊りには来ないですよね。
でも、お年玉が出る間は来てくれたっけ。(笑)

みんな大きくなりました。
思い出の中の幼い姪や甥の姿が、今の姿に重なります。
そうだわ、姪や甥が幼かった頃は、私も若かったのね。
姪も甥も大人になり、私はババアになりましたわ。(笑)
            
スポンサーサイト