FC2ブログ

2012年12月28日

        

シュウトメちゃんの足が弱ってきました

category - 日記
2012/ 12/ 28
                 
先日、シュウトメちゃんのケアマネさんとお話しました。
ケアマネさんは、月1度の家庭訪問で計画書を渡すのが
お仕事になっているので、毎月いらっしゃいます。

シュウトメちゃんの足は、夏と冬に弱るんです。
暑すぎたり、寒すぎたりすると、動かないですからね。
冬の場合、下手に動いて、転んで、
その時誰も家にいなかったら、怖いことになります。
夏も、熱中症になる可能性もあって怖くないわけじゃないですが、
寒い方が私は怖いです。

最近、転びやすいんです。
玄関で靴を履いた後、立てなくなることも。
とりあえず、私のいるときだったので、
寒い所で長時間動けなくて体調を崩すのは避けられています。
でも、起こす時、私の腰も激痛が走ってそれも怖いです。

この冬は、脚の弱り方がひどい気がして、
短期入所して、リハビリ出来ませんか?と伺いました。
なんと、3月まで予約がいっぱいなんだそうです。
みんな考えることは一緒なのね。
私が動くのが遅すぎたわけです。

ただ、リハビリは入所しても週に2回してもらえればいい方で、
そんなに効果は期待できないそう。

リハビリ専門の半日くらいのデイサービスが出来たそうで、
そこに体験で1度行かれては?という話になりました。
シュウトメちゃんのコメントは・・・。
「わしは押しが強いタイプじゃなくて、人見知りするし、
遠慮しちゃうから、新しいところはちょっと」
「半日くらいリハビリのために行く所だから、
人見知りと言っても、話す相手はリハビリの先生じゃない?
大丈夫だと思うけど。」と言っておきました。
本人が決めることですし、嫌なら行くことないです。

シュウトメちゃんはあと1ヵ月半で82歳。
48歳で左半身不随になっています。
家の中では杖で過ごし、自分のことはかなり自分で出来ます。

ケアマネさんによると、これ自体がすごいことなので、
リハビリに過度な期待は持たない方がいいそうです。
はっきりとはおっしゃらないけれど、
いつ車椅子の身になっても不思議ではないのかも。

シュウトメちゃんは、転びやすい理由をあれこれと
ケアマネさんに愚痴っていました。
まあ一言で言えば、古い家の構造がその理由なんですけどね。

昔、耐震が不安だし、古いので家を立て直したい、
ついでにバリアフリーにと言ったけど、
今の家はシュウトメちゃんが亡き舅と建てた思い出の家でした。

不便だろうが何だろうが、壊すことは許さん!
わしは死んだらこの家から出る!とヒステリーになったので、
何度もオットはシュウトメちゃんと話したのですが、
どうしても立て直したかったらわしを殺せ!とまで言うので、
諦めてシュウトメちゃんのためのリフォームを繰り返してきました。

昔の家って、段差だらけなので、直す場所だらけでした。
シュウトメちゃんは、愚痴は言うけど、直すお金は払ってくれないので、
ずいぶん貯金を切り崩して来たけれど、
車椅子仕様にしたら、いくらかかるのかとそれが気になりました。

シュウトメちゃんの心配もあるけれど、
お金の心配の方が大きいなんて、冷たい人間だなぁと思います。
でもそれも、私の真実の姿なんだから仕方ないです。
自分の冷たい面もしっかり知っていた方がいいと思っています。

義姉がお歳暮を持ってきましたが、
家に上がることもなく、さっと帰ったそうです。
私は会っていません。
そういう話を聞くと、シュウトメちゃんが不憫にはなるのですが、
義姉がそういう態度をとる理由はシュウトメちゃんにもあるのでしょう。

運を天に任せて行くしかないっていう気がします。
            
スポンサーサイト