FC2ブログ
2012/12/24
2012/12/24

2012年12月24日

        

マザック美術館 ブロガーデー報告 その5

category - 日記
2012/ 12/ 24
                 
今まで、エミール・ガレの作品の中でも、
死を意識したものをご紹介しましたが、
もちろんそういう作品ばかりではありません。

こんなコミカルな作品がありました。
ガレ作品の中では、異色なものでしょうけれど、
根底に自然への愛情があるので、コミカルを越えた美がありますね。




ペン皿「緑色の善良な小市民」
葉っぱを食べている赤い虫を、カエルが狙っています。
赤い虫はカエルに食べられる危機的状況にあるのですが、
カエルに気がついていないので、無心に葉っぱを食べているのでした。

北斎漫画の影響があるとのこと。

日本は鎖国を解いてから、磁器を輸出するようになったのですが、
その包装紙に、北斎漫画が載っていたのだそうです。


--------------------------------


ガレが好きなのと、晩年の作品に圧倒されたので、
そういうものばかり先に紹介してしまいましたが、
同時期に活躍したティファニーやドーム兄弟の作品も素敵でした。



 



ティファニーのランプです。
都会的で垢抜けていますね。



--------------------------------





 ドーム   
      右 草花文花器    左 葡萄文花器

ちょっと撮影に失敗しまして、失礼しました。
左の花器の上に後ろの展示品が映ってしまいました。

ドーム兄弟も、ガレと同様、父親の跡を継いだ実業家でした。

ガレの晩年のすごい作品を見た後、こちらを見たので、
正直な所、心惹かれたりしなかったのですが、
商売的にはこちらの方が儲かりそう、なんていう思いも湧きました。
高品質の割に低価格で手に入りそうだし、大量生産向きで、
どんな部屋にも似合いそうです。





  ドーム 花形ランプ

画像ではランプの明るさで見えないですが、
花の葉脈が透けて見える、きれいなランプです。

それにしても、エミール・ガレ、ティファニー、ドーム兄弟、
みんな100年以上前の作品なのに、今見ても実に素晴らしいです。
本物というのは、そうやって時を越えて人の心を打つのですね。
ガラスという材質の、無限の可能性も見せていただいた気分です。



--------------------------------


鑑賞した時間も、ブログを書く時間も、
私にとってとても素敵な時間でした。

ヤマザキマザック美術館は、間違いなく素敵な美術館ですので、
お近くの方はぜひどうぞ。お勧めします。

長いレポを読んでくださった、もしかしたら数少ない(笑)皆様に、
心からのお礼を言いたいと思います。

実のところ、数少ないというのは全く問題ではありません。
私はただ感動して長いブロガーデー報告が書きたくなっただけです。

その私の感動とマッチした波長の感性の方は、
長くても、面白く読んでいただけたでしょうし、
そうでない方には長々としたつまらない報告に思える、
ただ、そういうことだと思うのです。

こういうレポートのブログに限らず、ブログというものは、
波長が、たとえ一部でも、一致する人同士が、
引き合うものなのかもしれませんね。

以上でブロガーデー報告を終わります。
            
スポンサーサイト



            
                                  
        

ヤマザキマザック美術館 ブロガーデー報告その4 海藻文花器

category - 日記
2012/ 12/ 24
                 



海藻文花器 エミール・ガレ


光の量が少ない場所で見ると、
陰鬱な、と表現してもいいような世界が広がっていました。

描かれているのは海の底。
この暗さは、ガレが見つめた死の世界の持つ暗さであったかと
見ていて息苦しくなるほどの迫力があります。




光の当たり方で、こんなにも作品の表情が変わります。

暗く冷たい海の底は絶望の支配する世界ではありませんでした。
命のない静寂でなく、命が息づく神秘の世界でした。
母なる海、と言いますが、海は生命の根源です。

一見グロテスクとさえ言える海の底の景色、
そこに生命が続いていくことを、感じさせます。
前回ご紹介した蜻蛉文脚付杯 (↓画像は下の部分のアップ)にも
それは充分感じますが、作品の雰囲気はずいぶん違いますね。




死を前にしたガレは、どんな思いでこれらの作品を作ったのか。

晩年のガレの作品から私が一番感じるのは、
苦しみぬいた末にたどり着いた、気高い境地です。

ガレは58歳の若さで亡くなっています。

------------------------------

エミール・ガレは父親の会社を継いだ、実業家でもありました。
高級なガラスや陶器を販売する会社です。

ガレの場合は、普通の芸術家が1つずつ作品を作り上げるのと違い、
会社の商品として、スタッフ達を使って、作品を作りました。

芸術家が1から10まで自分で作品を作り、その作品は世界に1つ。
ガレの作品はそういうものではありません。
こういうものを作りたい、とガレが企画し、
会社の職人たちが、それぞれ自分の得意な分野の仕事をして、
分業でガレの意図した品を作りだしていました。

ガレ社の製品は素晴らしい!と世間で言われ、
商売上の利益をきちんと上げていくこともガレの腕にかかっていました。
新しい作品を作るのには、時間もお金もかかります。
かかった費用を回収し、職人達を養うだけの利益をあげ、
新たな作品を作るための予算を稼がなければ、
どんなに素晴らしい作品を作っても、実業家としては失格です。

ガレは、ナンシー派のリーダーとしても活躍していました。
たくさんの重責を背負っている中での白血病の宣告は、
どんなに辛いものであったかと思います。


その5に続きます。
多分、その5で終わると思います。(笑)