FC2ブログ

2012年11月18日

        

福島の事故は終わっていません

category - 日記
2012/ 11/ 18
                 
放射能の話は、人を傷つけずに書くことはできません。
今回も、放射線量が高めだと言われる地区にお住まいの方の
心を痛めてしまう記事になってしまいました。
申し訳ないと思います。

私は単純に、今回甲状腺がんの疑いを持たれたお子さんと
そのご両親のお気持ちとこれからを思って、
お気の毒で仕方ありませんでした。

大人の1人として、責任を感じてなりませんでした。
経済の発展が第一、お金儲けが何よりも優先、
そういう社会を作ってきたのは、一人一人の大人たちです。

社会の豊かさって何だろうと、考えずにいらせませんでした。
子供たちの健康が重大な危険にさらされたら、
とにかく子供を守ろうという動きの出来るのが、
日本のあるべき姿だと思います。
理想論で、現実とかけ離れていますが、
みんなで理想論を、大きな声で言おうよって思います。

ここから先は、今日の河北新報のニュースの引用と、
その関連の山下俊一氏の医師会向けの講演会の文字おこしの引用、
カルディコット博士講演会の内容の引用が続きます。


-------------------------------------------


甲状腺がんの疑い 福島県直ちに2次検査、初めて1人判定
河北新報 11月18日(日)6時10分配信

 東京電力福島第1原発事故による放射線の影響を調べるため、
福島県が18歳以下の約36万人を対象に行っている甲状腺検査の1次検査で、
がんの疑いがあり「直ちに2次検査が必要」と初めて判定された
子どもが1人いることが17日、関係者への取材で分かった。

18日に開かれる「県民健康管理調査」検討委員会で報告される。
調査を進めている福島県立医大は「チェルノブイリ原発事故でも
甲状腺がんの発見に最短で4年かかった」として、
放射線との因果関係は低いとみているが、

血液や細胞を調べ、がんかどうか判断する。

1次検査による判定は、しこりの大きさなどを基に、
軽い方から「A」「B」「C」があり、今回の1人は「C判定」。

9月の検討委では、緊急性は低いが念のため2次検査が必要という「B判定」だった1人が、甲状腺がんと判明したと報告された。

だが、がんの状態から「震災以前に発症していた疑いがある」として、
原発事故の放射線との因果関係を否定している。
 県立医大は「県内全ての子どもの検査という前例のない調査なので、
早期発見の子は少なからず出る。放射線との関係を丁寧に調べていく」としている。

最終更新:11月18日(日)6時10分



-------------------------------------------


福島の原発事故のせいではないとする根拠は、
「チェルノブイリ原発事故でも
甲状腺がんの発見に最短で4年かかった」
これだけです。

しかし、福島の事故がチェルノブイリ原発事故よりはるかにひどい事故で、
おまけに当時のソ連の対応より、現在の日本の対応の方がひどかったら、
これは根拠になるのでしょうか?



-------------------------------------------



福島医大といえば、山下俊一氏です。
山下氏の医師会向けの講演会の文字おこしが
「石原信一郎です」というブログに載っています。

あれほど一般向けに100mSVまでは大丈夫、心配ない、
そう言い切ってきた山下氏は、医師向けには発言をトーンダウンし、
自分を守る発言を繰り返しているのが印象的です。
こんなことも言っています。

10から100mSVのグレーゾーンでは発ガンのリスクを証明できません。
決して安全だとは言っていません。
線引きをするのは国がすることで、トータルに政策を決定されることであり
科学者が踏み込むことは出来ない。
しかしパニックを抑えることは出来る。


自分はパニックを抑えるために大丈夫と繰り返した、
責任は国にある、という発言ですが、この際それは置いておいて、
グレーゾーン、安全だとは言っていない、という言葉をかみ締めてください。


-------------------------------------------




カルディコット博士の講演
木下黄太のブログより引用しました


☆メルトダウンが三回起きたことは歴史上今までなかったこと。
なにがおきているのか、本当のことはまだ誰もわからない。

☆日本政府や東電の言っていることは、
うそばかりで信用してはならない。

☆福島の事故では、チェルノブイリの時よりも4.5倍から5倍の量が大気に放出された(ガンダーセンの推測を引用している)と思う。
当初は、太平洋上に、次に市街地側へ流れた。
今も、続いている。
キセノンなどの核種は大量に放出されていることは間違いない。


☆福島第一原発からおよそ200種類の放射性物質が排出されたが、
これらの物質については確認さえ、なされていない。
セシウムばかり取りざたされるが、これはあくまで指標の一つ。

☆チェルノブイリでは立ち入り禁止区域は30km圏だけではないのがわかる。
日本政府より、よほどソ連の方が対策を取っている。


☆汚染が高かったスウェーデンはダウン症と知的障害が増加している。

☆私なら土壌とハウスダストの汚染を調べます。本来はこれら測定費用を国が出すべきお金で国に要求すべきです。放射性物質は、非常に難しい。目に見えない臭わない。見えるようになると皆さんはわかるようになると思います。

☆少なくとも、去年ボストンでは、アメリシウムが検出されている。
アメリシウムは、プルトニウムよりも毒性が高いもの。
日本でも、他の核種を調査しないとならない。


☆悲しいことだけど一度体内に入った放射性物質を除去する方法はない。蓄積する。

☆放射性物質は濃縮する。そして何世代も続き、どんどん酷くなる。

☆福一4号機はM7クラスでいつ崩壊してもおかしくない!
もし、そうなった場合はチェルノブイリの10倍もの放射能が放出される可能性。

何かあったらすぐにボストンに住んでいる孫をオーストラリアに連れてくる。
南半球と北半球では大気の周り方が違い交わることはない。

☆こどもの甲状腺ののう胞は極めてまれなものだと、私は認識している。

子どもの甲状腺の問題は2種類。液状ののう胞と結節。
結節は癌になる可能性がある。
転移すると脳に問題が出てくることもあって、
チェルノブイリでも知的障害と形成不全が出ました。

☆(僕が血液検査やエコーの検査の必要性を話した直後)                                           
検査するぐらいなら、逃げてください!高い汚染のある場所から、汚染がない場所へ。

☆(東京23区土壌が平均でセシウム合算800Bq/kgや世田谷区のハウスダストで50gのほこりで75Bq、つまり1500Bq/kg、セシウムが出たことを話すと)                                             
ごめんなさいね。私が東京の人間だったら、私は東京に今居ません。

妊婦、お子さんやそのお母さん、特に小さな子供がいる方、
妊娠可能な女性は、今からでも首都圏から離れて下さい。
皆さんにこんな事を言わなくてはならなくて、本当に、ごめんなさい。

☆事故がまだ終わってない事を常に念頭に置いて下さい。
何が起こってもおかしくないのです。


-------------------------------------------



iPS細胞の研究が進んで、放射能被害を最小限に出来る日が
いつかきっと来ると思います。
気の重くなる引用を続けてしまいましたが、
チェルノブイリの頃よりも、医学が進んでいることが
福音になりますようにと祈っています。
            
スポンサーサイト