FC2ブログ
2012/11/30
2012/11/24
2012/11/23
2012/11/20

2012年11月

        

紅葉狩りと温泉のいちにち 前半

category - 日記
2012/ 11/ 30
                 



友達と香嵐渓に行ってきました。
今回、2人して「落ち葉の美しさ」に開眼!

香嵐渓は愛知県豊田市にある紅葉の名所で、
巴川の周囲と、待月橋と呼ばれる吊橋が有名です。
確かに、このあたりの紅葉はかなり散ってしまっていて、
見頃を過ぎていたのですが、飯盛山の紅葉は
絶景の最盛期を迎えていたのでありました。




お地蔵さまと紅葉のじゅうたんです。きれいでしょう?




こちらが香嵐渓の見所とされている巴川と待月橋。




赤い待月橋が川面に映えますね。




待月橋から見える景色はこんな感じです。

川の周囲の紅葉がかなり散っていて、奥の山の方は日陰のためか
まだ色鮮やかでしたので、山道を登っていきました。




香積寺(こうじゃくじ)の門。
地元で何度か訪れている香嵐渓ですが、
ここに来たのは初めてです。




門の中に入ると、石垣と紅葉のじゅうたんが。




香積寺の手水舎も風情があっていい感じです。

このお寺に「頂上まで15分」という立て札があったので、
行ってみる気になって、こんな道↓を登っていきました。





途中でお稲荷さんがあるらしく、赤い門が続きます。
赤い門の終点はこちらでした。




お稲荷さんは頂上ではないので、道を進んでいきました。







紅葉の葉の散った階段に思わず歓声。
きれいだけど滑りやすい道でもありますが。




紅葉の向こうに山が見えますか?




頂上に着きました。




目の高さに山が見えます。







降りる道の景色も素敵です。
とにかく紅葉のじゅうたんがきれいなのです。





幻想的な美しい景色に、出るのは感嘆の声ばかり。


画像が多いので、後半に続きます。
また後半をアップしたら読んで下さいね。
            
スポンサーサイト



            
                                  
        

脳みそつるつる化のためメモしないといけない主婦の日記(爆)

category - 日記
2012/ 11/ 29
                 
脳みそつるつる化の進むワタクシの最近の日課は、
前日の夜か当日の朝、出勤前にすることのリストを
ざっと書き出すことです。
そう、忘れてた~ってことを防止するためと、
出来る範囲で効率よく作業をするために始めました。

この「出来る範囲で効率よく」っていうのは、
脳みそつるつる化が進んでない人には理解できないでしょう。
私も若い頃だったら、全く理解できなかったと思います。

例えば今日の場合、

洗濯機は3回
ドッグフードを買ってくる
ペットボトルと空き缶
買い置き球根の残りを植える
球根を植えた印に植える苗を買ってくる
精米に行く 100円玉4個
おばあちゃんのお昼とおやつ
できれば夜のシチューを煮る

と書きました。
朝ご飯と長女のお弁当を作るとか、
ポータブルトイレの片付けとか、
(いい加減な)掃除をする、なんてのは書きません。

洗濯機を回すのは当たり前なんですが、回数は書きます。
別洗いすると、けっこう時間が必要なので、
出勤前に全部干せない可能性が出てくるからです。
今日のメモのように3回、などと書いておくと、
頭へのインプットが強化されて、そろそろ次を回さないと!と
つるつる化が進む脳みそでも、指令を出してくれます。
逆に言えば、インプット強化がないと怪しい。(涙)

ドッグフードを買ってくる、と書けば、店は10時からなので、
それまでに他のを片付けておかないと。
そういうインプットが脳みそにしっかり刻まれます。

買物に行く際は、精米するための玄米と、
ペットボトルと空き缶を車に積むのを忘れないこと。

ペットボトルと空き缶を店の資源ゴミ回収箱に投入し、
先ずは花屋に寄って、球根を植えた印に植える苗を購入。
印のための苗がないと、どこに植えたか忘れます。

ドックフードとシュウトメちゃんのおやつを買い、
買物の際に、精米に必要な100円玉4つを調達し、
精米機で精米を済ませて帰宅しました。

帰宅してから球根と苗を植え、シチューを煮てから、
3回目の洗濯物も干し終えて、出勤できました。


今のところ、メモを見ないでも、書いただけで忘れませんが、
そのうち、書いただけでは無理、って日が来るのでしょう。

その日が来ても、嘆かないようにと今から思っています。
どうしてそういう日が来るのか。
人生に無駄なことは起きないなら、そこには意味があります。



効率よく働ける人にはわからない世界を経験するためかも。

ドンくさい人が一生懸命やっても、効率が悪いという場合、
今の日本では、役立たずと罵られることでしょう。
工業系の会社では、部品を作る作業一つあたり、
この作業は何秒かかるというデーターが出され、
それを短縮させるのが管理職の仕事の一つです。
外食チェーン店で、主力商品の単価を落とすためには、
従業員のコスト削減が大事で、社員の扱いもひどいですが、
雇われ店長さんなどは、過労死までしていますね。

50歳を過ぎて、私生活にまで効率よく働こうと思わないほうが、
体にも心にもいい姿勢だと思います。


出来ていたことが出来なくなった自分も、
きちんと愛することが出来るようになるためかも。


最近特に、自分をきちんと受け入れ、認めることが大事だと
しみじみ感じるようになりました。

効率よく働ける、価値のある自分は受け入れられるけど、
いろんなことをすぐ忘れて、役に立たない自分はダメ。
そういう価値観をぐるんとひっくり返す必要を感じます。

『私がもし、が日本で一番ダメな主婦だったとしても、
私は自分をちゃんと愛しますよ』って、宣言しちゃう。(笑)
一生懸命生きてるんだもん、それで充分じゃないの。

まあ、そんなことをぐだぐだと考えて日記を書きましたが、
1年後、私、馬鹿になっちゃったよ~と
泣いてるかもしれませんけどね。(笑)
                         
                                  
        

ささやかなお買物ですが

category - 日記
2012/ 11/ 28
                 
自分への誕生プレゼントに、こんなの買いました。

http://hbb.afl.rakuten.co.jp/hgb/?pc=http%3A%2F%2Fthumbnail.image.rakuten.co.jp%2F%400_mall%2Fair-rhizome%2Fcabinet%2Fd%2Fknc0113.jpg%3F_ex%3D128x128&m=http%3A%2F%2Fthumbnail.image.rakuten.co.jp%2F%400_mall%2Fair-rhizome%2Fcabinet%2Fd%2Fknc0113.jpg%3F_ex%3D64x64

家事は立ち仕事が多く、パートも立ち仕事の私は、
終業後、家に帰って、キッチンで立っているのが、
けっこう辛かったりします。

じゃがいもや人参の皮を、座って剥いたりできる
少し高めのキッチン用の椅子が欲しくて探しました。

これは、高さ62.5~83cmと高めで、
自分の作業するのにちょうどいい高さに調整できるし、
場所を取らないデザインで、シンプルで可愛いし、
4,980円とプチプライスで送料無料。

今年の夏、キッチン戸棚を白い物に変えたので、
色はお揃いで白をポチしました。

到着が楽しみです。
小さな幸せですけど。
                         
                                  
        

誕生日

category - 日記
2012/ 11/ 27
                 
今日は実は52歳の誕生日なんですよ。

記念(?)に朝、花壇に色々植えました。
つりがね草を15球、チューリップを60球、
チューリップの上にフィオリーナを10株。
フィオリーナはスミレ科のお花です。

年を取るのは嬉しくないという人もいますが、
シワやしみが増えても、多少脳みそつるつる化が進んでも、
とりあえず、元気で暮らせるというのは、
なんとありがたいことか。

昨年の誕生日に、私は何をしていたんだろうと思って、
ブログを遡って読んでみました。
誕生日の2日前に友人と京都で紅葉を堪能して、
当日には旅行ブログを書いていました。(笑)

一昨年の誕生日には、オットとランチに行っていました。
そして誕生日の前日に、やはり友人と京都に紅葉狩りに行って、
当日は旅行ブログを書いていました。(大笑)

ブログを続けていると、こんなことがさっと調べられて面白いですね。

今年も元気で誕生日を迎えられて感謝です。
                         
                                  
        

レジをしながら感じること

category - 日記
2012/ 11/ 26
                 
仕事でレジをやっています。
いろんなお客様がいらっしゃいますが、
私はけっこうラッキーで、感じのいいお客様が多いです。

半数ほどのお客様は、お釣りを渡すと、ちゃんと
「ありがとう」と言ってくださいます。

たま~に、そうですね、2~3ヶ月に1回くらい、
賑やかなおばちゃん限定(笑)なんですけど、
「あなたって何て感じがいいの!」とか、
「私、あなたみたいにニコニコしてる店員さん、大好き」とか
言ってくださるお客様がいまして、ありがたいですが、
これは神様がこの方を通じて応援してくれてる♪と感じています。

私は実は、出来るだけお客様に対して、
いいことがいっぱいありますように!と祈りの念を飛ばしています。
すごく混んだ時は、それどころじゃないんですけど。

ありがとうと言ってくださった方だけにじゃないです。
嫌な感じの方には、逆に強く念じますよ。

嫌な感じのお客様って、不満が溜まっている感じだったり、
威張った感じだったりして、トゲトゲのエネルギーを感じます。
私のオーラに、その人の出したトゲが刺さってるかも?って雰囲気。(笑)
そういう方は、他の人にも同様のエネルギーを飛ばしているし、
多分、自分自身にも、同じようなトゲトゲを飛ばしている気がするんです。
だから、そんなトゲが吹き飛びますように!って念じるんですよ。

え?怪しいですか?
祈りを飛ばすこと自体が怪しいでしょうね~。(笑)

レジでお金を払う時、いい感じの人っていうのは、
かなりの確率で、普段もいい人だろうと思います。
レジの店員によく思ってもらう必要はありませんから、
けっこう、素のその人が出るような気がします。
レジのおばちゃんに、普通にありがとうと言える人が多いと、
その国は、暮らしやすい国だという気がします。

トゲトゲのエネルギーを飛ばすんじゃなくて、
まあるくて温かいエネルギーを飛ばす人が多い国ね。

日本って、今、そういう国かな・・・?
ストレスが多いから、トゲトゲのエネルギーを出す人が、
増えてるかもしれませんね。
トゲトゲにトゲトゲをやり返すんじゃなくて、
いつも、まあるくて温かいエネルギーを出す人になれますように。

でも、トゲトゲのエネルギーを出す人は、
どんな社会でも一定数はいるんだろうなって思います。
社会ってそういうものだから。

トゲトゲのエネルギーを出さずにいられないような
経験をすることを選択した、チャレンジャーなのかもしれないです。
でも、一定数は存在するにしても、あまりにも増えていたら、
その社会は、健全とはいいがたいですよね。

私は非力なレジのおばちゃんだけれど、
日本からトゲトゲのエネルギーが減りますようにと、
一生懸命に祈ることにします。

怪しい日記を最後まで読んでいただいてありがとう。
                         
                                  
        

オットと映画に行きました

category - 日記
2012/ 11/ 24
                 



高齢の愛犬メリーちゃんは、よぼよぼになっちゃって、
ドライフードは食べなくなってきたので、ウエットタイプを食べています。
猫の大福にも、ちゃんと猫用のウエットタイプとドライタイプ、
両方あげているのに、犬用のもおこぼれを食べたがります。

メリーちゃ~ん、ご飯ですよ~♪と私が呼ぶと、
さっと走ってくるちゃっかりもの。
でも、もちろんメリーが先ですよ、大福。
大福にもメリーの分を少しだけ分けると、
喜んで食べているんですよね。

さて、今日は仕事休みです。
ヤマザキマザック美術館のブロガーデーの予習に
オットと行こうと、思っていたのですが、
午前中に用事が出来ました。

年ですねぇ・・・用事の後に行くのもおっくうになり、
午後から近くに映画を見に行くことにしました。
ネットで中央の座席が取れたので。のぼうの城です。

だらだらしたい休日もありますね。
今日はだらだらの日。
目標はこのだらだらぶり?↓




映画に出かける前に、庭の作業をしました。
花壇のシランを別の場所に植え替える続きと、、
20球買ってあった百合の球根を植える作業。

だらだらどころか頑張っちゃって、腰も膝もがくがく。(苦笑)
疲れてから、ランチを食べて、映画館で寝そうで心配でした。

しかし、のぼうの城、面白かったです。
知識ゼロで、思いつきで出かけたので、
「のぼうって何?」と思っていましたが、
「でくのぼう」の略だったんですね。

あまりネタバレしない方がいい気がするので、
あらすじをなるべくはしょって感想を。

天下統一目前の豊臣秀吉は、北条勢を攻めようとしていました。
秀吉は、2万人の兵を石田光成に任せて、
「のぼう様」のいる忍城を攻めさせます。
忍城の兵は500人。勝ち目のないように見える戦いです。

水攻めのシーンは震災の津波を連想してしまいました。
黒い水が津波のように押し寄せるんです。
ある意味、このシーンを震災前に撮影したってすごいです。

水攻めをするのは石田三成ですが、
作戦のため、大金をばら撒いて、多くの人を使います。
500人に対して、2万人の兵士と大金を使った計画。

これは史実なのですが、今の日本の問題を
象徴しているように感じました。

2万人の兵を差し向けられる権力と、
水攻めするための高い防波堤を速攻で作らせる経済力。

大事なのは権力だ、経済力だと、
突っ走ってきた経済大国日本の波動にに合っていました。
対する500人の兵と、のぼう様、彼を慕うお百姓達。
石田三成軍は、のぼう軍を敗れませんでした。

結果的には、北条が秀吉に降伏したために、
のぼう軍は降伏することになりましたが。

彼らを見ていて、日本人って、本当はこうなんだ!と
心の中に、日本人としての誇りの感情が、
高まってくるのを感じました。

原作、読んでないので、読んでみようかな。

家事をして、花壇の作業して、映画に行って、
買物をして、また家事をして、ブログ書いて・・・
う~ん。だらだらできませんでした。(苦笑)
                         
                                  
        

職場のイルミネーションが始まりました

category - 日記
2012/ 11/ 23
                 



昨日の仕事帰りに撮影してきました。

これが始まると、冬の気分。
夕方6時まで仕事なので、もうダウンジャケット着てるし。(笑)
でも、まだ木枯らしは吹いていないし、
マフラーも帽子も必要ありません。
これからだんだん必要になってくるんですね。
寒いの、苦手だなぁ。

出勤の時は、街路樹の紅葉を見ながら、
秋の気分で通勤してますよ。





この画像、ぼけちゃいました。
まるで私の脳みそのようだわ~。(涙)
ベンチがイルミネーションで飾られていて、
記念撮影するスポットでございます。




観覧車からイルミネーションを見るときれいらしいです。







クリスマスケーキもありますよ。
入場無料なので、夜のお散歩にいかが?(笑)

さて、今日は祝日だから混むかな。
でも雨だからそんなに混まないかも。

午後のパートさんは休みの人が多かったので、
金曜日だけど出勤することにしました。

さあ、家事をもうひとがんばりしてから、仕事に行ってきます~。
                         
                                  
        

ヘレン・カルディコット医学大阪での会見 大阪の方、読んでください

category - 日記
2012/ 11/ 22
                 
ヘレン・カルディコット医学博士来日会見(大阪)大阪の母&モジモジ先生質疑応答11/21
「みんな楽しくhappyがいい」より


また放射能の話か?今日はがれき?とおっしゃらずに、
どうぞこれをお読みになってから考えてください。
がれきの焼却が東北のためになると、本気で思えますか?
頭の変な女扱いを受けるのは覚悟でずっと書いていますが、
広域処理は、がれきの輸送費や焼却代という名目なら、
お金は出てくる、ばら撒けると考えた守銭奴さんたちの考えた、
国民全体の健康を度外視した罠だと感じています。

ここから先、会見の一部を転載しました。
掲載した以外にも、モジモジ先生との質疑応答などもありますので、
ここをクリックして全文をお読みくだされば嬉しいです。

----------------------------------

3万6000トンあると言われて、これは大阪にすでに搬入されているんでしょうか?
本来であれば今日が試験焼却の日と伺っていたんですが、まだ?
福島だけでも十分、非常に悪い状況です。
東京にまで汚染が広がっている状況になっています。

その状況の中でこの汚染を、
東京にまで広がっているそれ以外の地域にまで汚染を共有しようとしている。
放射性廃棄物を共有するという事で、汚染を広げようとしていることは、
これは小児科医としての私の立場から言うと、
もうほとんど犯罪的な行為と言えると思います。

放射能が出たこの大きな事故を、
その結果を、結局全国で分け合おうとしているという状況になると思います。


それで放射性物質がこの3万6000トンと言われているがれきの中には入っています。
木質のものとかいろいろとありますが、特にセシウム137の汚染が心配されています。

セシウム137というのは300年間そこに残りますので、
もし大阪にこのセシウム137を持ちこんでしまえば、
大阪は300年間にわたってこのセシウム137を持ち続けなければいいけない事になります。  
それを人が呼吸から吸ったり、食品から摂りこむという事が発生します。



それで政府はこの放射能のレベルなら許容な範囲だと言っていますが
実際、許容可能な放射能というものは存在しません。
全ての放射能、これは癌を引き起こす可能性を持っています。

あとセシウム134もありますが、これは約20年ですが、
これも非常に危険度の高い物質です。
そしてセシウムは、たとえば脳腫瘍、そして筋肉腫といったものの原因になりますし、
精巣や卵巣に蓄積をします。
そうしますと、遺伝的な疾患、遺伝的な異常形成とかを起こす可能性が出てきます。

その結果、胎児に影響が出ますので、
そのために先天性の異常を持った子どもが出産され、
形成異常の子どもが生まれる可能性が出てきます。

そしてその他にも放射性元素が、いろいろなものが廃棄物に入っています。
コバルト60とか、ウラン235とか、ウラン238などがあります。
そうしますとこれは腎臓とか の癌とかそれから先天性の形成異常、
いわゆる奇形が出る場合がありますし、
それから骨癌、白血病の原因になります。

そして今ここに、小さなお子さんをお持ちの女性の方が立ちあがってここにいらっしゃいますのは、
これほど今のこの状態の中で適切な事はないと思います。
と言いますのは、
成人と比較しますと子どもは放射能に関する感受性が20倍高いと言われていますし、
それから、小さな男の子と女の子を比較した場合、女児の方が2倍リスクが高いです。
それから胎児に至っては、成人と比較した場合には、
感受性の点で、リスクの点で数1000倍と言われています。


ですから、妊娠中の女性の腹部にエックス線を照射するだけで、
生まれてくる子どもが白血病になる可能性が2倍になるということなのです。

女性というものにはいつも革命的な変化をもたらす力があります。
そういう意味で今、女性が日本で革命的な力を起こす必要があるのだと思います。
特にそれは母親とか、これから母親になる方々がやらなければいけないと思っています。

非常に興味深い事なんですが、この市の市長は橋下さんですが、
ハシモトという名前はですね、甲状腺疾患の名前で、橋本病というのがございます。
全くですね、今回の放射能によって、放射線被ばくによって同種の甲状腺の疾患が出るということですから、
そういう意味ではこの橋本病というのを、
特に言葉としてですね、メディアの方にしっかりと注目して頂きたいと思います。

おそらく橋下さんは放射線医療の面を理解されていないのではないかと思います。
セシウムというのは食品の中に何千倍何百倍という濃縮をします。
土の汚染が、それがレタスの形になった時、他の野菜になった時、
牛乳になった時、食肉になった時には、
濃縮度がどんどん上がっていきます。

だから、牛、牛肉、牛乳そしてそれを食べる人間と、
どんどん濃縮度が上がるわけです。


そしてこのセシウムというのは食品に入っていても
全く味もしないにおいもしない、目にも全く見えません。
いわば見えないキラー殺人物質という事がいえます。

セシウムは脳とか筋肉に蓄積して、そこに長期間、
本当に本当に長い期間そこにとどまります。
そしてそのとどまった場所の周辺にある少量の細胞に、
非常に高い線量、極めて高い線量を与えます。  

放射性物質が体に入りますと、その物質は身体の中で放射線放出物として、
そこから放射線が体内で放出される形が発生するわけです。


ところがこの事を日本の国の政府はまた政府、企業のいろいろな機関は
しっかりと考えていません。
外部被ばくの事ばかりに着目しています。

土が汚染される事でガンマ線が出る。
エックス線と似たような性質ですけれども、
ガンマ線が出ることばかりを言っていますけれども、
この外部被ばくだけに注目していて身体の中に取り込まれた時の問題についてきちんと考えていません。

日本の政府や東京電力は日本のみなさんに嘘をついています。
これだけの福島のような、いわば医療大惨事が発生している状態の中で、
嘘は絶対についてはいけないのです。
嘘をついて解決はしません、それは天然痘とか過去にあった時と同じです。

放射性物質はいくら廃棄物を焼いたからといって、
そこにあった放射性物質が消えてなくなることはありませんので、
放射性物質は変わりません。
ただ煙突のところから出ていくようになるだけで、
それがまた土壌についてそこから人々の被ばくにつながるという事です。


で、煙突にはフィルターが付けてあるという事を言っているのですが、
フィルターで放射性物質が消えるわけではないですから、
放射性物質になったフィルターが出来上がるだけで、それをどこに捨てるのか?
いま資料に目を向けましたけど、

夢島という名前のところにそういう放射性物質を捨てようとしている。
雨が降ればそれは水に溶けて運ばれて、土の中に、
最終的には人が口にするような食べ物にまで到達すると、
で、これが300年間消えずに残るわけです。
                         
                                  
        

30年間の草取りはシュウトメちゃんの現状受け入れためののクッションになったかも

category - 日記
2012/ 11/ 21
                 
シュウトメちゃんは今朝も庭の埋め立て場所を
じっと見ていましたが、怒りのパワーが弱まった気がします。

まあ、今日は病院の予約がある日だったので、
時間がなかったこともありますが、
怒りより、自分が畑で野菜や花を育ててきた日々への
お別れの気持ちが湧いてきたのかもと、
自分にいい方へ解釈してみたりして・・・・。

結婚した頃、koala家には、雑草がひどい場所がたくさんで、
実家はそうじゃなかったものですから、
びっくりしたり、これ全部私が取るの?とぎょっとしたり。

シュウトメちゃんもその頃は、草取りできたので、
出来ない分は、嫁koalaがやってね、という状態になりました。
ところが、koala家の雑草の量って半端じゃありませんでした。

燃えるゴミの袋10袋以上なんて普通のこと。
腱鞘炎と腰痛で、眠れなくなることも珍しくなく、
医者で腱鞘炎の場所に包帯をされて帰ると、
シュウトメちゃんに大げさだと嫌味を言われました。
しばらくの間、草取り出来なくなりましたから、
草取りを再開した後、また大変なんですよね。

真夏は日中に出来る時間が少ないので、
夜中に外灯を頼りに草取りしました。
草は取っても取っても生えてきます。

とても耐えられないので、あれこれ雑草対策をして、
シュウトメちゃんに怒鳴られたあの日々。

オットは草取りなど手伝ってくれず、
シュウトメちゃんには言わせておけばいいと言い、
草取りも耐えらないけれど、シュウトメちゃんから、
罵られ続けるのにも耐えられないと言うと、
シュウトメちゃんに直談判に行き、自分も罵られる始末。

自分が罵られて初めて、私の気持ちが少し理解できたオットは、
それから自分の母親を見る目が少し変わったのでした。

あの頃、取っても取っても生えてくる雑草と
格闘することを命じられている自分のことを、
賽の河原で小石を積み上げても、絶えず鬼にくずされる
死んだ子供のようだと感じていました。
ずいぶん僻みっぽいですね、今振り返ると。(苦笑)

でも、あの頃の私の馬鹿みたいな草取りの努力は、
シュウトメちゃんの精神安定に役に立っていたんですね。

今埋め立てしている場所は、30年前に既に
自分では管理できないジャングルでした。
でもシュウトメちゃんは そこを埋め立てられることに、
耐えられないと感じ、強い怒りの目で見つめていました。
30年経っていても、です。

埋め立てしないまでも、シロウトの雑草対策を私が講じると、
ヒステリーを起こしてわめいていたシュウトメちゃん。

雑草対策や今回の埋め立ての前に、
腱鞘炎や腰痛で愚痴をこぼしながらだったけれど、
嫁koalaが、シュウトメちゃんにそれなりに従った時代が、
埋め立てをされた現状を受け入れるために
クッションの役目をしてくれたかもって思えました。

ショック療法というものがあるから、
あんなに雑草で苦しまなくてもよかったかもしれないけれど、
シュウトメちゃんの現状受け入れのクッションのために、
苦しんだと思えば、まあ、いいか、と思えます。
これは自分を納得させるための屁理屈かしら??
まあ、自分が納得できて気が楽なら屁理屈でもいいけど。

シュウトメちゃん、私はあそこを埋め立てた後でも、
私には草取り場所はまだ多すぎると思ってます。
「それは嫁の仕事だ」と言われることを果たしつつ、
家事と介護と仕事を果たしていると、
私は人生を充分に楽しめません。
30年間頑張ってきましたが、疲れやすくなりました。
今までの30年のクッション役に免じて、
何とか、現状を乗り越えてくださいね。
                         
                                  
        

敷地の東端に道を作る工事が始まりました

category - 日記
2012/ 11/ 20
                 

次はここにコンクリートを入れるのね、きっと。↑

草取りの負担を減らすため、コンクリートで
道を作る工事を、前から計画していました。
ここは敷地の左の端っこで、道路からは見えないし、
隣の敷地とは少し距離があるので、
つい、一番草取りがおざなりになる場所なんです。

予算が少なかったようで、9月に見積もりを頼んだのですが、
最初の見積もりは予算プラス10万!

これは困るので、費用を減らす打ち合わせに時間がかかり、
その上、工事会社の予定が混んでいて、延び延びになり、
昨日からやっと工事が始まりました。

以前はこんな感じの場所になっていました。




撮影者koalaの立っている場所が違ったようですが、
車庫の横で、柿の木の近くの、ほぼ同じ場所の撮影です。

大雑把な数字で書きますと、当初の見積もりは約30万。
私の予算は20万だったのです。
オットは最初、20万でも高いな~と言いましたので、
私の生涯の草取り労働と引き換えでも高い?と聞きました。
怖かったのか(?)「それはそうだ」との返事でした。(笑)

面積を削り、脇のレンガを廉価なものにして、
何とか見積もりのお値段を、下げられました。
工事会社の担当さんは、お安くするために、
レンガをやめて、ブロック塀のブロックにとまでおっしゃいましたが、
それは私の方で抵抗があったので、廉価なレンガで、
ブロック使用より3万円くらいアップで済むものがないか、
ご相談したところ、大丈夫だというので、そうしていただきました。

オットの了解済みではありましたが、シュウトメちゃんに言うと、
心臓が痛くて眠れない、工事はやめてくれなどと言われそうなので、
ギリギリまで黙っておりまして、つい最近言いました。

とても不機嫌で、毎朝外に出て、工事方向をにらんでいますが、
私に今さら怒っても、工事が止まらないことはわかるし、
ここの草取りまで、私の手が回らないのは事実なので、
一切、コメントなしで、ただむっとした顔で
毎朝、シルバーカーで庭に出て、シルバーカーを椅子にして、
至近距離でないからありがたいですが、工事場所を睨んでます。

こんな荒地になる前はシュウトメちゃんの畑でしたが、
もう20年以上、荒地になり、koalaが草を取り、
また荒地になり、koalaが草を取る・・・を繰り返していました。

シュウトメちゃんにとっては愛着のある土地であり、
残念な気持ちは当然湧いてくるものなので、
何とかその気持ちに折り合いをつけてねと、
心の中で祈っています。
きっと大丈夫なんですけどね、時間はかかるかも。