FC2ブログ

2012年10月12日

        

叔母の通院・洗濯物の件が落着

category - 日記
2012/ 10/ 12
                 
叔母の通院付き添いですが、思ったより時間がかかり、
投薬待ちも長くて、疲れちゃいました。

実は、車椅子に乗せたり降ろしたりで、転んだりしたらと
怖かったんですよ。
疲れましたけど、補助して案外安定していました。
トイレも怖かったんですが、結局間に合わなくて、
紙おむつとパッドを取替えましたが、
何とかなりましたので、安心しました。
今の状態を維持してくれれば大丈夫かなと思いました。

叔母の場合、この病院は初めてだし、
ここに来ることになった経過もあんまり普通じゃないし、
たくさん聞かれて、待ち時間が更に伸び、
2時間半待った挙句「今まで飲んでいるのと
同じ薬を出しますね。今日は遅いので検査はしません」
検査も診察もなくって、その一言でした。

えっ?採血しないの?と不思議だったんですが、
当然、お医者様の指示でするんですよね、採血って。
だから、こちらが受付で「糖尿病で・・・」と言っても、
受付嬢が「では血液検査をしますので」な~んて
カルテを回すなんてことはなくて、
2時間半経過して名前を呼ばれて診察室に入ってから、
では検査を、なんて言ってたら、更に1時間必要なわけ。

来月は11月9日に診察で、その時は検査しますと言われたので、
今度は既にお医者様の指示が出ているということで、
診察前に採血していただけると思います。

なるほど・・・次回は絶対に診察券を出してから
老人ホームにお迎えに行こう。
そうすればかなり待ち時間の短縮になりますよね。
早く終わったら、少し景色のいい場所にドライブしてもいいし。

しかし、今回長くかかったのが幸いしたんです。
薬をもらって帰る途中、私は叔母に言いました。
「叔母さん、今からホームに戻ったら、タンスが届いてるよ。
その中に、今まで入らなかったものを入れておくね。
でもその後、おばあちゃんの用事で市役所に行くの。
予定より病院に時間がかかっちゃったから、
洗濯物をコインランドリーにしかけておくまでは私がやるけど、
取り出して干すのはヘルパーさんに頼んでいいよね?」

うなづく叔母。よしよし。

老人ホームに帰ったら、お帰りなさい~、お疲れ様~と
歓待を受けた叔母。
「おなか空いたでしょ?今、あっためますからね。」
さっそくトイレに行く叔母に、洗濯のことを言うと、
スタッフさんは叔母にこんな風に言うじゃありませんか。
「途中からっていうのは本当はダメなんですよ。
お洗濯するところから、私たちにやらせてもらえないですか?」

乾燥機だけとか、そういう介護プランはないみたいで、
お洗濯をする、という形でないと困るとか。

「洗濯のお仕事させて~」と可愛いスタッフさんに頼まれた叔母は、
う~んとちょっと迷った顔。
「さ、食堂に行きましょうね。おなか空きましたね。
お洗濯、させていただけますか?」というスタッフさんの言葉に
こくりとうなづきました。
スタッフさん、グッジョブ!!(笑)

というわけで、お洗濯はこれから、スタッフさんにしていただけます。
私は10日に1回くらいは顔を出そうかな。

昨日アップした塗り絵などは置いてきました。
スタッフさんが誘ってみて、やりたがったらやるということに。

退屈してしまうのがよくないということで、
デイサービスのお試しなどにも、参加するという風に
とてもいい流れで話がまとまりました。
ありがたいです~。

月に1度の通院と、やはり月に1度くらい、ドライブに連れて行き、
あとはたまに行くくらいの距離感にしていきたいと思いました。
まあ、昨日は帰りたいと言って泣けちゃったそうですし、
しばらく慣れるまではもう少し通おうかと思うんですが。

とにかく、叔母を転ばせることなく通院が完了し、
洗濯物の件が落着して、私の心は穏やかであります。
            
スポンサーサイト