FC2ブログ

2012年10月10日

        

食品の放射能汚染はこんな風に進んでいるようです

category - 日記
2012/ 10/ 10
                 
収穫の秋。
こちらでも少しずつ、稲刈りが始まりました。

日々雑感というブログの
「放射能汚染(食品)」カテゴリの最新記事、ぜひお読みください。

日本の食環境は、こんなことになっています。

記事タイトルをクリックすると、日々雑感の該当ブログに飛べます。


中禅寺湖、地元の漁協関係者「ヒメマス大量、大量!」「魚体はたったの140ベクレル/kg!ヨカッタ~たいした事なくて」

魚体140ベクレル
卵は51ベクレル
精子は37ベクレル

この分については胸をなでおろすというか
ホッとしている 


福島産葉タバコ、一部でセシウム基準値100ベクレル/kg超え ←実は100ベクレル/kg近似値が出まくってる!もちろんJTは、そのまま使用

>田村市瀬川村・・・96.6ベクレル/kg 

ギリギリ⊂(・∀・)つセーフ!!

一関市 舞川村 93.3ベクレル
奥州市 前沢町 87.6ベクレル
白河市 白坂村 83.2ベクレル
田村市 瀬川村 96.6ベクレル
岩瀬郡鏡石町 鏡石村 90.6ベクレル
河沼郡会津坂下町 八幡村 90.3ベクレル
こういうレベルが商品になり吸えます。

福島・南相馬市で試験的に作付けされていたコメ 刈り取り作業後、稲はそのまま田んぼに廃棄 【セシウムリサイクル循環】

せっかく吸い上げたのに、また田んぼにリバース!
戻しちゃダメ―(>□<*)!!!

この調査結果、気になりますね。
まだ結果は発表されてないので、追ってみます。
(ボクより早く見つけた方、教えてね。)

「今年度米で全袋検査をしたのは、8月に収穫した早場米の一部だけ。農家が業者に直接販売する米は全体の5割以上、それらは検査もされずに流通するものが多い。」吾妻博勝氏

「福島県産米は、主に首都圏の外食店やせんべいなどの
加工食品メーカーで使用されているんです」 と話すのは、
ジャーナリストの吾妻博勝氏。
『コメほど汚い世界はない』(宝島社)を執筆したコメ流通のエキスパートだ。


今年度米で全袋検査をしたのは、8月に収穫した早場米の一部だけ。
さらに、9月下旬から収穫が始まる米で全袋検査されるのは、
主としてJA経由の流通米のみです。

農家が業者に直接販売する米は全体の5割以上にも上り、
それらは検査もされずに流通するものが多い。

業者が農家にトラックを横付けして直接買い取り、
そのまま激安居酒屋や、加工食品業界へ出荷されるんです」(吾妻氏)と、
非正規のルートでコメや農作物が流通しているというのだ。
中間マージンを削るため、農家と直接契約を謳っている企業も多い。

福島産コメ、「長野産」と偽った疑いで逮捕

今回のニュースはどこも
偽装販売した量を『200キロ』と報道してるけど、
この件、5月の家宅捜査の時に21トンの福島県産米を偽装販売したって出てた。

「長野県産として発売した26トンの米が、
実は21トンの福島県産米と5トンの青森県産米をまぜたものだった。
偽装米の大半は福島県産のものだったのです」
   女性自身 6月4日(月)7時32分配信

橋本容疑者は逮捕前の取材に対し「大きな注文が入り
(長野産で)対応できる範囲を超えてしまった。
申し訳ない」と釈明していた。

橋本容疑者は「「大きな注文」と言ってるでしょ。
200キロの注文を大きいとはいわないよね。米の卸業者が。
やはり、本当は21トンなんじゃ?

>米は新聞社の販売促進の景品として無償で配布された。

景品として取り扱われた200キロだけ表立って公表し、
残りの21トン弱は、どうなったのかしら?


米や肉はまだ、経過措置として500ベクレル/kgまでなら出荷してもいいんだよ!知ってた?


実は、今年の9/30までは500ベクレル/kgまで、
経過措置期間として出荷してよかったんです。米も肉も。

肉・米は9/30までに加工してあれば、
更にその後も出荷してもイイんです!

暫定基準値=以前の500Bq/kg
新基準値=四月から施行の100Bq/kg

いわき市 妊婦と18歳以下の子供の内部被ばく検査 最大値の子どもは放射性セシウム3300ベクレル

3300ベクレルだと、1秒間に3300発の放射線の弾丸を発射するということ
            1分で198000発
          1時間で11880000発
      1日で 285120000発 

「預託実効線量は0・34マイクロシーベルトだった。」
さも、国も県もこの預託実効線量って言うのを引っ張り出して、
“こんなの大したことないよ!感”を醸し出しますが、
ボク(管理人は)こんなものを鵜呑みにすべきじゃない。と思ってます。
千葉県我孫子市の放射性物質検査にて、“観賞用リンゴ”から1562ベクレル/kg検出されていたと話題

当該樹木のみが高い放射線量であることはわかったが、
その原因を特定することはできなかった。
なお、公表に当たっては、風評被害が出ないよう
「自家栽培であること」「流通している物ではないこと」等の
説明を加えることとした。

【岩手】除染済み牧草地、44カ所許容値超 除草・土壌かき混ぜ不足か・・・えっ!?かき混ぜ不足!?

県は除染作業を終えた682カ所のうち44カ所で
国の暫定許容値(1キロあたり100ベクレル)を超えたと発表した。
汚染された牧草の除草や重機を使った土壌のかき混ぜが
不十分だったことなどが原因とみられる。

>土壌のかき混ぜが不十分だったことなどが原因

それ薄めてるだけじゃん!!


印西市『“クリ”のからセシウムが98.9ベクレル/kg出たんで、もう一度、精密検査したら、85ベクレル/kgでした!安全性が確認されました!出荷自粛を解除します!!』


98.9Bq/kg⇒85Bq/kg⇒安全!!
ほとんど、変わらんやんけ!!
どこが安全が確認されたんだ?

日本海側海底から放射性セシウム1キロあたり約460ベクレル 新潟・信濃川河口 日本海側もだめかぁ・・

東京電力福島第一原発から200キロ離れた
日本海側の信濃川河口の海底土にも、
事故によるとみられる放射性セシウムが積もっていることが
近畿大などの調査でわかった。
濃度は東京湾の荒川河口と同程度。

福島県から新潟県へ流れ日本海に注ぐ阿賀野川でも
雪解けで大量の放射性物質が日本海へ。

川崎市阿部市長『(給食にセシウム食材を使うのは)危険の中で生活していることを子どもたちに知って貰うため』と教育的観点であえて使っていると強調

セシウム入り給食食材は、危険の中で生活していることを
子どもたちに知って貰うために、今後も使い続けるそうだ。
開いた口が塞がらない(-_-;)


東京都府中市が、学校給食に9/10から福島の牛乳を使用すると話題(放射能メモさんより)


牛乳は50ベクレルまで可です。

50Bqの牛乳・・牛乳瓶1本200CCだとして
(今はビンで出ないからもうちょい少ないのかな)
最大1本10Bq。それを平日の5日間毎日飲むとして・・・1週間で50Bq、
1ヵ月で200Bq・・・なんかもう考えたら震える。
酷い、なんだこれ。感受性の強い子どもになんてことを・・・


長野で野生キノコから630Bq/kgのセシウム  長野でも場所によっては、やはりダメかぁ・・・


県は三十一日、御代田町の山中で採取した野生キノコから、国の基準値(一キロ当たり一〇〇ベクレル)を超える一キロ当たり六三〇ベクレルの放射性セシウムを検出したと発表。

横浜市8月30日発表「流通食品の放射性物質の検査」でベビーフードから、セシウムが検出されており話題

メーカ・商品名の開示求む!!

ベビーフードもやっぱり海外産にしたほうがいいのかも・・・
安心・安全の国産は何処・・・
            
スポンサーサイト