FC2ブログ
2012/10/19
2012/10/16
2012/10/16
2012/10/16
2012/10/11

2012年10月

        

充実のいちにち

category - 日記
2012/ 10/ 19
                 
今日は予約してあった星野サーシャさんの占いへ。
占いが好きなのね~と思われたあなた、
そうなんです。私、占ってもらうのは趣味なの。(笑)

最初に何も聞かないで、見てくださるのが星野さん流。

家族のプライバシーに関する占いを含むので、
占いの詳細はカット~。
でも、星野さん、私が相談したいことまで、話してないのに
当てちゃいましたよ。びっくり。





この図は、最初にすらすらっと話しながら書いてくださったもの。

奉仕の人生、修行の人生を送っていると言われました。やっぱり?(涙)
前世でシスターだったことがあり、孤児達のお世話を、
真心を込めてしていたとか。

今は修行の人生を歩んでいるけれども、
けっこうその道のりを歩んできているので、
祝福・創造・喜びを持った奉仕という
私が今生の人生で果たそうとした目標はそう遠くないとか。

更に魂を浄化したいという気持ちが強いと言われてドキリ。
実は先月伊勢神宮に行ってから、その思いが強まっていました。


伊勢神宮の式年遷宮について、20年ごとにお建て直しするのは、
神様のお住まいの清浄さを保つのが20年が限界だからという
説を読んで、いたく感動したんです。

遷宮行事は、山口祭、木本祭に始まり遷御、奉幣、御神楽に至るまで
30に及ぶ祭典・行事が行われます。


建物に使う木を切る前に祈り、運ぶ前に祈り、建てる時に祈り・・・
きこりさんも大工さんも一緒に式典に参加して。
無事を祈る意味も大きいでしょうが、
清浄さを大事に、穢れを払う意味も大きいのではと感じました。
人間の魂も、住みかも、俗なるゆえ、穢れをつけやすいため、
清浄であるように心がけることが大事なのではと
思い始めていたところに指摘されたので、本当にびっくり。

伊勢神宮にまで、少し話が広がっちゃいましたね。
占いに戻ります。
自己表現の箇所に詰まりがあり、
自分の伝えたいことを我慢してきたけれど、
それは表現していいです、少しずつできてきていますが、とのこと。

これ、たいていの占い師さんに言われるんです。
「言いたいことをずいぶん耐えていらっしゃいましたね。」
「のどのチャクラが解放されていません」というような言い方で。
顔に「我慢してます」って出てる??
そんな顔、いやだなぁ。(苦笑)

占いが終わったので、ランチして、美術館に行ってから
帰ろうかなと思いつつ、携帯を見たら、友人からのメール。
電車の中でメールしたんですけど、
なんと友人は、私の占いの場所近くに用事があって、
ランチでもということになりました。

めったにない偶然ですよね。

沖縄料理屋さんでランチしておしゃべり。
その後、友人の用事の間、私は美術館へ。
占いの場所のあった名古屋市の金山駅近くには、
名古屋ボストン美術館があるんです。

今、「日本美術の至宝」展を開催中です。
とってもよかったので、また明日にでも
ゆっくり書きたいと思います。
アーネスト・F・フェノロサについて書かれたこの文
興味ある方、ちょっとお読みになってね。




お土産に気に入った絵のポストカードを3枚。
3枚のうち、2枚が竜。
なんだか最近、竜にご縁があって素敵。(笑)

友人と合流して、美術館の横にあったホテルのラウンジで、
お茶しながらおしゃべりすることにしました。
私の受けた占いを、友人も受けたくなって、
行ってみたところ、今から30分なら大丈夫とのこと。
30分後には他の方の予約が入っていました。
あら、占ってもらえる運命だったみたいですよ、友人は。

近くのショップで時間つぶししようかと思ったら、
星野さんが奥の部屋でどうぞとタロットカードを貸してくださいました。
でも私、タロットカードの占い方、わかんないし・・と思ったら、
「メッセージをください」って祈って、好きなカードを選べばいいとのこと。
カードの半分は絵で、半分は解説でした。やってみました。

最初に「今の私にメッセージください!」と
祈って引いたカードは「自己愛」。内容は↓

私は自分を愛し、ありのままの自分を受け入れる。
といってもエゴの部分ではなく、内側の神聖な部分を、
私という存在の本質的な純粋さを愛するのだ。
自分を大切にし、人生を楽しむための時間を取ろう。
そうすれば、もう空虚な心を満たそうと外界の事物を追い求めなくてすむ。
それらは幻想に過ぎないから。


自分を大切にし、人生を楽しむための時間を取ろう?!
う~ん。ピッタリのメッセージですよ。

次に「私の未来は?」と念じて引いたカードは「克服する」

私は怖れと怒りとエゴを、そして、自分から内なる神聖さを
隔てようとするものを、すべて克服していく。
日々、自己発見と霊的探求の努力を続けるなかで、
内面にも周囲にも輝く光を育てていこう。
私は人生という偉大な学びしゃにあり、
生きていくうえでの試練はみな
心の王国に君臨するために必要な体験であることを知る。


すごいね。未来の私、こんな風に悟ってる?(笑)

占ってもらった友人は、とても満足したそう。
すっきりした顔をして、キラキラしてました。
今日の私は、この友人を星野さんの所に連れて行って、
占ってもらう手助けをする運命だったかな~。

帰宅して、家族のためにご飯を作る喜びを感じながら作り、
しかし、食べ終わった今は、後片付けは疲れるなと思っている、
↑このへんが全然清浄でないワタクシでありました。
                         
                                  
        

目を閉じて、自分の魂に語りかけてみました

category - 日記
2012/ 10/ 18
                 
タイトルには関係ない話からで恐縮ですが、
予約してあった、22日1泊の岐阜県の 匠の宿 深山桜庵 というお宿、
オットの仕事の都合でキャンセルすることになりました。
上高地の紅葉が見たいということで、
「平日上高地シャトルバス付・星見半露天風呂付き」で
予約できてたのに、残念です。
直前のキャンセル、お宿に申し訳ないですね。

私の遊び心は京都で満足したばかりなので、いいんです。
オットの仕事が忙しそうなので、覚悟はしてました。
でも、今年の紅葉の旅の計画は振り出しに戻っちゃったので、
来月見頃の場所の計画を立て直さなくては。

----------------------------------------


ここからが本題です。

昨日は、出勤前にシュウトメちゃんの眼科送迎、
仕事の後には、叔母の老人ホーム行きで、
朝から夜までずーっと忙しくてクタクタでした。

シュウトメちゃんは最初、雨が降っていたので、
医者は明日にするって言ったんです。
自宅玄関から、眼科入り口まで車ですけど、
乗り降りする際に、時間がかかるので、
雨だとやっぱり嫌なんですね。
私も乗り降りの介助して濡れるから、雨は嫌。(笑)
でも、雨が一時止んだので、やっぱり行くと言い出しました。

私の方は、行かないといわれた時点で、
では叔母の所へ、と準備して車に詰め込んだので、
それでは仕事の後に寄ろうかということにしたんです。

最近思いついたのですが、私がこんなに人のお世話を
する環境に恵まれて(苦笑)いるというのは、
私自身の中に理由があると思うようになったんですよ。



----------------------------------------


少し前の日記に、宮沢賢治の「永訣の朝」という詩を
学生時代に読んで、宮沢賢治の妹さんのとしこさんの
今度はこんなに自分のことばかりで苦しまないように
生まれてくる、という意味の言葉に、
とても胸を打たれたと書きました。

そして、思い出したんです。先月の大阪行きの時に、
新幹線の中で読んだ言葉と、講演会で同じ言葉を聞いたことを。
心を強く動かす事柄には、その人の執着しているものがあるという話。


怒りも悲しみも喜びも感動も、心を強く動かす事柄です。
人のために苦しむことに、私の魂がこだわっているから、
そういうことが、私の人生に次々起こってくるのでは?


これはきっと、今生のこだわりではないと感じました。

前世、自分勝手に生きたのを、死ぬ前か死んだ後に後悔して、
生まれ変わったら、人にために・・・と願ったのか。


その場合の執着は、自分の生き方は間違いだったという、
自分を責める思いですよね。これは解釈その1。

あるいは、役立たずと呼ばれ、情けない気持ちで生きて、
自分が役に立つということを証明したいと願ったのか。


その場合の執着は、役立たずと呼ばれて辛かったという
心の痛みですよね。これは解釈その2。

----------------------------------------


目を閉じて、前世の自分について苦しんでいるかもしれない
魂に話しかけてみました。
しかし、次から次に言葉が出てきて自分でもびっくり。

自分の生き方が間違っていると自分を責めていますか?
でも、自分勝手に生きたのは間違いだったという思いを
抱くためには、それは必要な経験でした。
あなたは必要な経験をしただけです。

自分を責める必要はありません。もう充分です。
人は生きたいように生きていいんです。
そこから学ぶことがあるからです。
そして結果を全て自己責任で取ることが決まっているからです。
みんなそうして生きています。

だから人を責める事も、自分を責める事も、必要ではありません。
聖書で「裁くな」と書かれているのはそのことです。
(私の口から出た言葉であって、キリスト教徒の解釈は違うと思います。)
人は誰も裁く必要などありません。
もう自分を許してあげましょう。誰も悪くありません。


こんな言葉がすらすらっと出てきて、実際に口に出して、
実に怪しい光景ですみません。


----------------------------------------


では、これは解釈その1が正しかったのか?
それはわかりません。
だって、解釈2のつもりで話し始めたら、
またまた言葉がぼろぼろ出てきたんですよ。

役立たずと呼ばれて、悲しかったですね。
どんなに悲しかったか、私にはわかります。
あなたはただ不器用だっただけで、一生懸命だったのに。

役立たずと罵った人たちは、不器用な人間の、
真心と悲しみを理解できない、未熟な人たちでした。
その人たちの魂も、きっと今はもっと成熟して、
あなたを悲しませたことを理解しています。
理解するための経験が起こりました。

魂は成熟を目指しています。
そのことを忘れないで。
あなたの悲しみは、あなただけの悲しみではありません。
地球上のたくさんの魂が、今までの歴史の中で、
同じような悲しみを経験しました。

あなたは1人ではありません。
あなたの悲しみも、あなただけの悲しみではありません。
魂は深い所で一つに繋がっています。
全ての魂が癒されることを祈りましょう。

あなたが取るべき道は、悲しみ続けることでなく、
愛を持って祈ることです。
悲しみの中でなく、愛の中で祈りなさい。

あなたの悲しみは癒されました。
世界中の人たちの悲しみも癒しへ向かっていることを
心から信じて祈りましょう。


こうして文字にしていくと、改めてびっくりします。
あなたの悲しみは癒されましたって言ってるけど、
癒されたのか・・・?
実はあんまり癒されていない感覚があるの。
誰だよ、前世で私を役立たずって罵ったヤツは。(苦笑)


----------------------------------------


でも、よろしかったら、お試しください。
あなたが心を揺さぶられることって何ですか?
そこに何か執着があるとしたら、どんな執着だと思いますか?
その仮定の上で自分の魂に語りかけるとしたら、
どんな言葉が湧いてくるでしょうか。

何でもいいし、芝居臭いって感じてもかまいません。
自分の魂に影響を与える言葉が出てくるかもしれないですよ。
                         
                                  
        

ひつじさんと京都 ランチからディナーまで その2

category - 日記
2012/ 10/ 16
                 
高台寺方面と祇園方面、そぞろ歩きしたいのどっち?
八坂神社前のローソンで(笑)お買物後にひつじさんに質問。
祇園方面♪とのことでしたので、そちらに向いました。

こういう路地、いいですよね~!


  •  






     



  •  








舞妓さんを目指して修行中の少女や、
指導するベテランの女将さんや先輩の舞妓さんたち、
そんな花街で遊ぶ、粋な殿方たち。
私たちには非日常の世界を想像してわくわくします。

知らない世界がたくさんあって、
その世界が知らない人たちの日常だという思いは、
いつも私をわくわくさせるのですが、なぜでしょう。

祇園四条駅まで歩く途中で、お買物を楽しみました。
哲学の道でも、お買物を楽しんだのですが、
やはり、お店をのぞくって楽しいですねぇ。

京都駅に戻って夕食。
この後、ひつじさんはお泊りで、私は帰宅です。

夕食場所は6時に予約してありました。
京都劇場のならびにあるダインングバー、接方来

 
 




 
 



 







ドリンクは梅ジュースにしました。
新幹線を降りたら車で帰るから。

京野菜と車海老の白和え 
かきと蕗のとう味噌田楽
鳴門金時のスープ仕立て
鯛の菊花造り
清流椎茸と但馬牛ステーキ
ホタテもちのあんかけ(この画像撮り忘れたみたい)
ずわいがにの九条葱包み揚げ
柚子かぶらの釜飯
京漬物3種
梨のカシスコンポートアイス添え

人の食べた物なんか、どうでもいいでしょうけど、一応。(笑)
食事は美味しく、店内も店員さんも感じよく、
ひつじさんは気持ちいい、お人柄のきれいな方で、
私よりうんとお若いのに、ほどよい気遣いがあって、
何しろ、お話が弾んで楽しい。
京都の日帰り旅行、やっぱり楽しかったです。
                         
                                  
        

ひつじさんと京都  ランチからディナーまで  その1

category - 日記
2012/ 10/ 16
                 
さて、美味しいランチの後、散策の続きを。
画像が多いので、2つに分けてアップします。


  •  


  • 哲学の道沿いに、ネコちゃんたちがいっぱい。




新島襄 八重の墓の看板を見つけ、行きましたが、
山道で、イノシシが出る道らしかったので退却。(笑)




永観堂に行きました。
紅葉の頃行った時はすごい人だったのを思い出しました。
ここを見てね。





ちょっとそそられた注意書き。
永観堂は広く、庭園は少し紅葉が始まりかけていました。

 

 
 


次は南禅寺に向いました。
以前、桜の時期に、南禅寺に行った日記はこちら


  •  



ちょうど三門に上がることが出来る期間だったので、
よかったね~と言いながらひつじさんと急な階段を登りました。
絶景でしたよ。




奥に水路閣があります。


 



青蓮院門跡までタクシーで行きました。
入り口の木がすごい!





  •  



庭園でまったりしておしゃべりし、
足を休めておりました。




しかし、のんびりしすぎちゃったみみたい。
お隣の知恩院に行ったら、警備の方(?)が
入り口を閉めるところでした。
閉められた入り口は写さず、三門だけを撮影。(笑)




以前行った時の知恩院の中はこんな感じ⇒ここクリック

円山公園を通って、八坂神社へ。



  •  



続きはその2で。
今夜アップできるかしら~?
                         
                                  
        

ひつじさんと京都  朝からランチまで

category - 日記
2012/ 10/ 16
                 
ひつじさんが、知恩寺の手作り市を午前中楽しまれている間、
私はネット友Eikoさんにお会いしている予定でしたが、
彼女の都合が悪くなって、どうしようかな~と思っていたら、
ネット友ステップマザーさんが
平安神宮近くの素敵なお店「オウンハンド」を教えてくださったので、
最初にそちらへ向いました。

ステップマザーさんはもう一軒、三十三間堂の向かい側にある
「和楽」というアンティーク和雑貨の店も教えてくださって、
そちらも魅力的だったのですが、時間的に無理でした。

「オウンハンド」さんのHPに
「お好きな作家に制作してほしい商品のオーダーが可能」って
素敵な言葉が書いてあったんですよ。

そんなことしたら、どんなにお高いことかと思いますよね?
でも、このお店、素敵なお品が比較的安いんです。
私が気になったのが、竜の切り絵でした。

ここを見てくださいな~。
一番上の竜は普通の色紙サイズで額付きで6300円。
(額は不要で切り絵だけを購入希望の場合は、4,200円)
でも、私が欲しいのは机に置ける小さなサイズで、
額付きで3500円。
(額は不要で切り絵だけを購入希望の場合は、1,575円)

私が欲しいのは、デザインは見本の6300円の方の竜で、
色が金色でなく銀色、色紙が夕焼けの模様入りで、
サイズは3500円の方のサイズ。

これは先月、大阪で個人セッションした際に、
最初に脳裏に浮かんだ、夕焼けの中を悠然と飛んでいく竜なんです。

もしも作品として身近に置けるなら、高くても・・・と
ダメ元で聞いてみようかと思って出かけました。
来月の27日は、私の誕生日なので、自分への誕生祝い。(笑)




平安神宮に近い場所にあるお店です。
切り絵のほかにも、水彩画、和布の素敵なバッグや額、
お箸や絵葉書など、たくさんの商品がありました。




魅力的な切り絵がたくさん。




作者は岩間貞治さん。
この切り絵の似顔絵、そっくりだそうです。

京都市登録無形民俗 文化財「赦免地踊」で使われる
切子灯籠の制作を代々手掛けていらっしゃるとか。
いくつもの灯篭に、切り絵が貼ってあるのですが、
お祭りのために、毎年、新しい切り絵を作ってこられたとか。

そういうお仕事が代々引き継がれてきた、というのが
とても京都らしいお話で、びっくりしました。

私の注文ですが、色紙に絵を書くというのは出来ないけれど、
イメージに近い色紙に銀色の竜を切っていただいたものを
貼っていただく、という形で話がまとまりました。

お店のご主人がとてもご親切で、イメージ見本をパソコンで決め、
近くにあるという色紙を打っているお店で、
近い感じのを3枚選んできてくださいました。
額なしならメール便でOKだとのことでしたが、
普通の色紙の1/4サイズなので、額を探すのも大変そうで、
額付きのものを宅急便で送っていただくことに。

とっても嬉しいです。
他の注文があるので、1ヶ月過ぎるかもということですが、
何かに使うわけではないので、遅くても全然問題ないです。

お店を出てから、すぐ近くの平安神宮に。
行く途中にある美術館、素敵な建物です。
でも今日は月曜の休館日でした。


  •  

 
タクシーで法然院の近くまで行きました。




法然院です。
いつも空いていて、静寂度がまた素敵です。
 

 
 

 
 

 
 

 
 



約束の時間が来たので、ランチの場所に向いました。


ランチは鹿ケ谷通りに面した「爽草庵」で。




お豆腐屋さんの経営するお食事処です。
私たちが頼んだのは、あんかけゆば丼。

  
 

 
デザートはとうもろこしのジェラートでした。
とうもろこしの素朴な甘みが美味しい珍しい1品。
小鉢や丼のお味も、とっても美味しくて大満足。
哲学の道沿いにある彗星倶楽部の建物を
右に曲がった所にあるんですよ。お勧めです。

前半の旅行記はこれで終わります~。
                         
                                  
        

実家と叔母の家の空気の入れ替えに

category - 日記
2012/ 10/ 14
                 
昨日は実家と叔母の家の空気の入れ替えに行きました。
最近忙しくてなかなか行けず、久し振りでした。
家でお昼ご飯を食べてから、オットを誘って行きました。
作業が疲れるから運転してもらうの。

その代わり、オットの作業は、実家の窓を開け、
留守番として寝転んでるだけよ~。
仏壇の前で寝転ぶ婿を、私の両親は
あの世で温かい目で見てくれると思います。
娘を手伝え!って怒ったりしないと思う・・・(笑)

叔母の家の中から、今着られる衣類を選んで運び、
もう着ないものを選んでゴミ袋に入れます。
叔母は捨てられない人、片付けられない人だったので、
捨てるものが大量で、不用品を何度か捨ててますが
まだまだ終わりは遠そうです。

冬物もありましたが、1度に大量に運んでも
老人ホームの部屋で邪魔になるので、
冬物はまた次回にします。
なんだかんだでけっこう時間がかかりました。
電気を止めてあるので、暗くなる前に戻らないとね。

垣根の木の枝が伸びていたので、
これは次回、オットに刈ってもらいます。
私にはまだまだ片付けが待ってるし。
実家の物も少しずつ捨ててます。

ホントはね、業者に「全部捨てて」と頼むのが
一番楽なんだってわかってます。
最後は業者に頼めばいいという切り札があるだけでも、
精神的に楽ですよ。

でも、今のところはそれはしていません。
叔母は全部捨ててもいい?と聞いたら、
想像通り嫌がったし、それも当然かなとも思うし、
実家に至っては、業者任せにするのも私が嫌なんです。
古い人間なんだろうなって思います。

夕食の準備を出かける前に済ませ、
シュウトメちゃんの分は、部屋の中にセットしてきました。
電動車椅子の左に食事を乗せる机、右にミニ戸棚、その上にレンジ。
自分で温めて食べることが出来ます。

夕方、デイサービスから帰宅しているシュウトメちゃんに
帰りは遅くなるけどごめんね~と電話。
もう、こんな電話で怒り出すシュウトメちゃんではなく、
ご飯さえ部屋に運んであれば、文句は出ません。

オットとそのまま日帰り温泉に行きました。
土曜の夜なので混んでます。
でも、施設が広いので、中が人ごみってことはありません。
人工温泉と岩盤浴とレストランと休憩場所で寛いで、
帰宅したのは午前1時。
リラックスタイムはいいものですね。

来月1日、劇団四季のアイーダを見に行けるなら、
いい席がゲットできるとのメールがあり、
わぁい♪とオッケーの返信をしました。

明日15日は踊るひつじさんと京都、
19日は実はある個人セッションの予約を入れてあります。
22日~23日はオットと岐阜旅行。
休みには全部、リラックスのためのスケジュール詰めちゃった。

25日にステップマザーさんが京都にいらっしゃるとのこと、
とっても残念ですが、その日は仕事。
22日、23日と連休をとっているので、
加えて25日を急きょ休みにするのはちょっと無理。
残念だなぁ。でもきっとそのうちまた会えると思うの。

今日は仕事。お天気のいい日曜日。
忙しいでしょうねぇ。
明日、ゆっくり京都をお散歩できる♪と思いつつ、
お客様に喜んでいただけるように、仕事、頑張ります。
                         
                                  
        

叔母の通院・洗濯物の件が落着

category - 日記
2012/ 10/ 12
                 
叔母の通院付き添いですが、思ったより時間がかかり、
投薬待ちも長くて、疲れちゃいました。

実は、車椅子に乗せたり降ろしたりで、転んだりしたらと
怖かったんですよ。
疲れましたけど、補助して案外安定していました。
トイレも怖かったんですが、結局間に合わなくて、
紙おむつとパッドを取替えましたが、
何とかなりましたので、安心しました。
今の状態を維持してくれれば大丈夫かなと思いました。

叔母の場合、この病院は初めてだし、
ここに来ることになった経過もあんまり普通じゃないし、
たくさん聞かれて、待ち時間が更に伸び、
2時間半待った挙句「今まで飲んでいるのと
同じ薬を出しますね。今日は遅いので検査はしません」
検査も診察もなくって、その一言でした。

えっ?採血しないの?と不思議だったんですが、
当然、お医者様の指示でするんですよね、採血って。
だから、こちらが受付で「糖尿病で・・・」と言っても、
受付嬢が「では血液検査をしますので」な~んて
カルテを回すなんてことはなくて、
2時間半経過して名前を呼ばれて診察室に入ってから、
では検査を、なんて言ってたら、更に1時間必要なわけ。

来月は11月9日に診察で、その時は検査しますと言われたので、
今度は既にお医者様の指示が出ているということで、
診察前に採血していただけると思います。

なるほど・・・次回は絶対に診察券を出してから
老人ホームにお迎えに行こう。
そうすればかなり待ち時間の短縮になりますよね。
早く終わったら、少し景色のいい場所にドライブしてもいいし。

しかし、今回長くかかったのが幸いしたんです。
薬をもらって帰る途中、私は叔母に言いました。
「叔母さん、今からホームに戻ったら、タンスが届いてるよ。
その中に、今まで入らなかったものを入れておくね。
でもその後、おばあちゃんの用事で市役所に行くの。
予定より病院に時間がかかっちゃったから、
洗濯物をコインランドリーにしかけておくまでは私がやるけど、
取り出して干すのはヘルパーさんに頼んでいいよね?」

うなづく叔母。よしよし。

老人ホームに帰ったら、お帰りなさい~、お疲れ様~と
歓待を受けた叔母。
「おなか空いたでしょ?今、あっためますからね。」
さっそくトイレに行く叔母に、洗濯のことを言うと、
スタッフさんは叔母にこんな風に言うじゃありませんか。
「途中からっていうのは本当はダメなんですよ。
お洗濯するところから、私たちにやらせてもらえないですか?」

乾燥機だけとか、そういう介護プランはないみたいで、
お洗濯をする、という形でないと困るとか。

「洗濯のお仕事させて~」と可愛いスタッフさんに頼まれた叔母は、
う~んとちょっと迷った顔。
「さ、食堂に行きましょうね。おなか空きましたね。
お洗濯、させていただけますか?」というスタッフさんの言葉に
こくりとうなづきました。
スタッフさん、グッジョブ!!(笑)

というわけで、お洗濯はこれから、スタッフさんにしていただけます。
私は10日に1回くらいは顔を出そうかな。

昨日アップした塗り絵などは置いてきました。
スタッフさんが誘ってみて、やりたがったらやるということに。

退屈してしまうのがよくないということで、
デイサービスのお試しなどにも、参加するという風に
とてもいい流れで話がまとまりました。
ありがたいです~。

月に1度の通院と、やはり月に1度くらい、ドライブに連れて行き、
あとはたまに行くくらいの距離感にしていきたいと思いました。
まあ、昨日は帰りたいと言って泣けちゃったそうですし、
しばらく慣れるまではもう少し通おうかと思うんですが。

とにかく、叔母を転ばせることなく通院が完了し、
洗濯物の件が落着して、私の心は穏やかであります。
                         
                                  
        

明日は叔母を病院に連れて行く日

category - 日記
2012/ 10/ 11
                 
明日は叔母を病院に連れて行く日です。

前の施設(老健)は、総合病院が経営していたので、
ドクターの診察付き、投薬付きでありがたかったのですが、
入所先の老人ホームは、そういう恩典はなく、
私が連れて行くことで同意しています。

叔母の障害は、シュウトメちゃんより重度なので、
大丈夫かなぁと不安なのですが、仕方ありません。
叔母が以前行っていた診療所は、小さくて、
車椅子に不適当だし遠いので、
私の家の近くの、シュウトメちゃんかかりつけの病院に行きます。
車椅子で移動できるのは、必須条件ですね。

最初に気を強く持って、老人ホームの方から、
病院通いはkoalaさんにお願いしますと言われた際に、
できません!そちらでお願いします!と
言い切ってしまえば逃げ出せたのかもしれませんが、
その時は、新しい環境で不安定な叔母が
可哀想に思えて、わかりましたと答えた私。
自業自得でしたね~。

私に洗濯をしてもらいたい、とケアマネさんに訴えた叔母は、
今、慣れない老人ホームですることもなく、
気がまぎれることがないのがいけないのでは?と思いました。

まあ、元々が自己中なんですが、脳出血で脳のダメージを負って、
それがエスカレートしていることに加えて、
他に面白いと思えることもないので1日が長くて、
私に会う時間に執着するのもあると思うんです。

塗り絵やしゅうじ、簡単なゲームを印刷しました。
いいサイトを見つけたんですよ~。

介護レク広場(←クリックすると行けます)というサイトです。
いろいろダウンロードして印刷しました。
 

 

 
 

 
最初の赤とんぼの塗り絵はお手本付き。
昔の歌詞つきのもありました。
昔の生活の塗り絵シリーズから洗濯編を印刷。
塗り絵はもっと細かいものもたくさんあります。
叔母は利き手である右手が麻痺して使えないので、
複雑なものは塗れないかなと思い、簡単なものにしました。
 

 

なぞる習字のシリーズもありました。
かわのながれのように げっこうかめん うさぎ
おうごんバット えがお
以上、5種類を印刷。
これは筆ペンがあったほうがいいのかな?
筆ペンの方が気分は出るけれど、
指や服が汚れる可能性もありますよね。

下の画像は「ペアにならないものはどれでしょう」シリーズから3枚。
浮世絵が書いてあって、同じものを探して丸で囲むと、
最後に1つ、ペアにならないものが残るんです。

塗り絵、習字、絵のゲーム。
気にいったものがあったら、本屋さんで、
いろいろな大人のドリルも売っているので、
買ってあげるといいかなと思っています。
 

 
とりあえず買ったのはクレヨンえんぴつ。
 

 
髪が食事のとき、下向きになると垂れるとケアマネさんがおっしゃったので、
ヘアピン、選んで買ってきました。
気に入るといいけど。

今はシュウトメちゃんと同じ介護度2の叔母。
今月末に介護度の再審査を受けて、
介護度が上がると思うんですが、上がったら、
デイサービスに行けることになるとのこと。
介護度2だと、この老人ホーム内で受けるサービスでいっぱいで、
デイサービスに行く余裕はないそうです。

叔母は、利き手の機能は失いましたが、
元々はとても手先の器用な人で、細かい作業が好きだったので、
今出来る範囲で手を使う工作などしてくれるデイサービスが
あったら楽しめるんじゃないかなと思ってます。

明日はきっと、初めて行く病院での診察に疲れると思いますから、
塗り絵などを楽しむ余力がないかもしれませんね。
                         
                                  
        

食品の放射能汚染はこんな風に進んでいるようです

category - 日記
2012/ 10/ 10
                 
収穫の秋。
こちらでも少しずつ、稲刈りが始まりました。

日々雑感というブログの
「放射能汚染(食品)」カテゴリの最新記事、ぜひお読みください。

日本の食環境は、こんなことになっています。

記事タイトルをクリックすると、日々雑感の該当ブログに飛べます。


中禅寺湖、地元の漁協関係者「ヒメマス大量、大量!」「魚体はたったの140ベクレル/kg!ヨカッタ~たいした事なくて」

魚体140ベクレル
卵は51ベクレル
精子は37ベクレル

この分については胸をなでおろすというか
ホッとしている 


福島産葉タバコ、一部でセシウム基準値100ベクレル/kg超え ←実は100ベクレル/kg近似値が出まくってる!もちろんJTは、そのまま使用

>田村市瀬川村・・・96.6ベクレル/kg 

ギリギリ⊂(・∀・)つセーフ!!

一関市 舞川村 93.3ベクレル
奥州市 前沢町 87.6ベクレル
白河市 白坂村 83.2ベクレル
田村市 瀬川村 96.6ベクレル
岩瀬郡鏡石町 鏡石村 90.6ベクレル
河沼郡会津坂下町 八幡村 90.3ベクレル
こういうレベルが商品になり吸えます。

福島・南相馬市で試験的に作付けされていたコメ 刈り取り作業後、稲はそのまま田んぼに廃棄 【セシウムリサイクル循環】

せっかく吸い上げたのに、また田んぼにリバース!
戻しちゃダメ―(>□<*)!!!

この調査結果、気になりますね。
まだ結果は発表されてないので、追ってみます。
(ボクより早く見つけた方、教えてね。)

「今年度米で全袋検査をしたのは、8月に収穫した早場米の一部だけ。農家が業者に直接販売する米は全体の5割以上、それらは検査もされずに流通するものが多い。」吾妻博勝氏

「福島県産米は、主に首都圏の外食店やせんべいなどの
加工食品メーカーで使用されているんです」 と話すのは、
ジャーナリストの吾妻博勝氏。
『コメほど汚い世界はない』(宝島社)を執筆したコメ流通のエキスパートだ。


今年度米で全袋検査をしたのは、8月に収穫した早場米の一部だけ。
さらに、9月下旬から収穫が始まる米で全袋検査されるのは、
主としてJA経由の流通米のみです。

農家が業者に直接販売する米は全体の5割以上にも上り、
それらは検査もされずに流通するものが多い。

業者が農家にトラックを横付けして直接買い取り、
そのまま激安居酒屋や、加工食品業界へ出荷されるんです」(吾妻氏)と、
非正規のルートでコメや農作物が流通しているというのだ。
中間マージンを削るため、農家と直接契約を謳っている企業も多い。

福島産コメ、「長野産」と偽った疑いで逮捕

今回のニュースはどこも
偽装販売した量を『200キロ』と報道してるけど、
この件、5月の家宅捜査の時に21トンの福島県産米を偽装販売したって出てた。

「長野県産として発売した26トンの米が、
実は21トンの福島県産米と5トンの青森県産米をまぜたものだった。
偽装米の大半は福島県産のものだったのです」
   女性自身 6月4日(月)7時32分配信

橋本容疑者は逮捕前の取材に対し「大きな注文が入り
(長野産で)対応できる範囲を超えてしまった。
申し訳ない」と釈明していた。

橋本容疑者は「「大きな注文」と言ってるでしょ。
200キロの注文を大きいとはいわないよね。米の卸業者が。
やはり、本当は21トンなんじゃ?

>米は新聞社の販売促進の景品として無償で配布された。

景品として取り扱われた200キロだけ表立って公表し、
残りの21トン弱は、どうなったのかしら?


米や肉はまだ、経過措置として500ベクレル/kgまでなら出荷してもいいんだよ!知ってた?


実は、今年の9/30までは500ベクレル/kgまで、
経過措置期間として出荷してよかったんです。米も肉も。

肉・米は9/30までに加工してあれば、
更にその後も出荷してもイイんです!

暫定基準値=以前の500Bq/kg
新基準値=四月から施行の100Bq/kg

いわき市 妊婦と18歳以下の子供の内部被ばく検査 最大値の子どもは放射性セシウム3300ベクレル

3300ベクレルだと、1秒間に3300発の放射線の弾丸を発射するということ
            1分で198000発
          1時間で11880000発
      1日で 285120000発 

「預託実効線量は0・34マイクロシーベルトだった。」
さも、国も県もこの預託実効線量って言うのを引っ張り出して、
“こんなの大したことないよ!感”を醸し出しますが、
ボク(管理人は)こんなものを鵜呑みにすべきじゃない。と思ってます。
千葉県我孫子市の放射性物質検査にて、“観賞用リンゴ”から1562ベクレル/kg検出されていたと話題

当該樹木のみが高い放射線量であることはわかったが、
その原因を特定することはできなかった。
なお、公表に当たっては、風評被害が出ないよう
「自家栽培であること」「流通している物ではないこと」等の
説明を加えることとした。

【岩手】除染済み牧草地、44カ所許容値超 除草・土壌かき混ぜ不足か・・・えっ!?かき混ぜ不足!?

県は除染作業を終えた682カ所のうち44カ所で
国の暫定許容値(1キロあたり100ベクレル)を超えたと発表した。
汚染された牧草の除草や重機を使った土壌のかき混ぜが
不十分だったことなどが原因とみられる。

>土壌のかき混ぜが不十分だったことなどが原因

それ薄めてるだけじゃん!!


印西市『“クリ”のからセシウムが98.9ベクレル/kg出たんで、もう一度、精密検査したら、85ベクレル/kgでした!安全性が確認されました!出荷自粛を解除します!!』


98.9Bq/kg⇒85Bq/kg⇒安全!!
ほとんど、変わらんやんけ!!
どこが安全が確認されたんだ?

日本海側海底から放射性セシウム1キロあたり約460ベクレル 新潟・信濃川河口 日本海側もだめかぁ・・

東京電力福島第一原発から200キロ離れた
日本海側の信濃川河口の海底土にも、
事故によるとみられる放射性セシウムが積もっていることが
近畿大などの調査でわかった。
濃度は東京湾の荒川河口と同程度。

福島県から新潟県へ流れ日本海に注ぐ阿賀野川でも
雪解けで大量の放射性物質が日本海へ。

川崎市阿部市長『(給食にセシウム食材を使うのは)危険の中で生活していることを子どもたちに知って貰うため』と教育的観点であえて使っていると強調

セシウム入り給食食材は、危険の中で生活していることを
子どもたちに知って貰うために、今後も使い続けるそうだ。
開いた口が塞がらない(-_-;)


東京都府中市が、学校給食に9/10から福島の牛乳を使用すると話題(放射能メモさんより)


牛乳は50ベクレルまで可です。

50Bqの牛乳・・牛乳瓶1本200CCだとして
(今はビンで出ないからもうちょい少ないのかな)
最大1本10Bq。それを平日の5日間毎日飲むとして・・・1週間で50Bq、
1ヵ月で200Bq・・・なんかもう考えたら震える。
酷い、なんだこれ。感受性の強い子どもになんてことを・・・


長野で野生キノコから630Bq/kgのセシウム  長野でも場所によっては、やはりダメかぁ・・・


県は三十一日、御代田町の山中で採取した野生キノコから、国の基準値(一キロ当たり一〇〇ベクレル)を超える一キロ当たり六三〇ベクレルの放射性セシウムを検出したと発表。

横浜市8月30日発表「流通食品の放射性物質の検査」でベビーフードから、セシウムが検出されており話題

メーカ・商品名の開示求む!!

ベビーフードもやっぱり海外産にしたほうがいいのかも・・・
安心・安全の国産は何処・・・
                         
                                  
        

ヘルパーさんのお洗濯はイヤという叔母

category - 日記
2012/ 10/ 09
                 
叔母のいる老人ホームに行きました。
少しご機嫌斜めの叔母は、洗濯物入れを指差しました。
中身は満タン。
4日の入所で今日は9日だから5日分。
「お洗濯はヘルパーさんに頼むんだよ」と言うと、
ヒステリー寸前の拒絶ぶり。
え?嘘でしょう??

叔母には入所前に言い聞かせたのに、忘れてるのか
忘れたフリなのか、洗濯はkoalaがやれとおっしゃる。
ちょうど私に話があったケアマネさんが近くにいて、
「ヘルパーさんがやってくれるよ?ダメなの?
koalaさんにやってもらうの?」

ちょっと冗談じゃありません。
前にいた所よりうんと遠いんですからね。
今までみたいに週2回通うなんて無理。
ケアマネさんと叔母の前でそう言いました。

ケアマネさん、味方してくれると思ったんだけど、
そうよね、叔母のためにいるんだものね・・・。
「週2回が大変なら、週1回、持って帰って、
自宅で洗っていただくのはどうですか?
ここにコインランドリーがありますから、
ここで洗っていただくか、どちらにしますか?」だって。

「叔母さん、私、困っちゃうの。
ヘルパーさんにお願いしてもらえない?」
姪の哀願に首振りの拒絶サインで応える叔母でありました。
この人は昔からこういう人だったわ。

-------------------------------------------

1週間分の洗濯物を持って帰り、1週間後に持ってくると、
2週間分の服やパジャマやタオルを用意せねばならず、
タンスの容量を考えると、特に冬は難しいですね。
コインランドリーを使うと、洗濯に1時間、乾燥に40分。

「洗濯機はしてあげるから、乾燥機だけヘルパーさんに頼んで」
この言葉も、叔母は首振り拒絶。
ケアマネさんが叔母に助け舟を出しました。
「姪ごさん以外の人に、着たものを触られたくないの?」
渡りに船と大きくうなづく叔母。え~ん・・・。

今度はケアマネさん、私に助け舟。
「ハンガーラックを買ってくだされば、
乾燥機にかけないで、部屋に干して乾かせますよ」

・・・ハンガーラック、買ってこよう。
自宅から老人ホームまで往復2時間、洗濯機に1時間。
その上乾燥機だとプラス40分。毎週・・・。
「バスタオルは充分ですが、フェイスタオルが足りないですね」
そうね、1週間分のタオルだものね。

------------------------------------------

ハンガーラックに洗濯物を入れるカゴをもうひとつ、
フェイスタオルをたくさん。尿とりパッドもたくさん。
さっそく買いに行かなくちゃ、と思っていると
「テーブルなんですけど・・・」とケアマネさん。
「ベッドサイドのテーブルは注文してあるんですが、
まだ来ていないので、到着次第持ってきます」
「え?ベッドサイドにはいらないですよ。リモコン用?
それなら、ベッドにかけるフックつきのカゴをお願いします。」

私もそう思ったんだけど、テーブルは絶対に必要、
みんな持っているとヘルパーさんが主張したので、
慌ててネットで探して注文したのに。

でも、それじゃ、必要なテーブルってもしかして?
冷蔵庫がローチェストの上でなく、コタツくらいの高さの
低いテーブルの上に載せてありました。

「このチェストの上に冷蔵庫を載せると、
Tさん(叔母)が開けにくいんですよ。
冷蔵庫を載せるための、低いテーブルが欲しいです。
でも、もうひとつチェストが届くんでしたよね?
これよりも低いチェストですか?」
「はい。でも今お借りしているテーブルよりうんと高いです。」
「ではそれに載せてみせて、無理そうだったら買ってください」

---------------------------------------

コインランドリーに洗濯物を突っ込んで、
買出しに向かい、帰って来てから、
ハンガーに洗濯物をかけて、とりあえず部屋中に干しました。

ケアマネさんはもう帰宅されてて、
話を引き継いだ施設のスタッフさんが、
それでいいとおっしゃったので。

実は、買出しを終えて、洗濯機から洗濯物を出したのが、
夕方6時半くらいだったのです。
「一旦帰宅して、姑さんの食事を用意してから、
もう1度来てもいいですか?」と聞くと、
夜遅くはちょっと困るので、とりあえず干せる場所に干して、
ハンガーラックの組み立ても、スタッフさんでやってくださるとか。

そうだよね、そうだったわ。
要介護認定者の叔母のための仕事は、
介護保険でお願いできるんだったわ。
保険をオーバーしそうなら自費でお願いできるって説明されてた・・・。
お洗濯だって、叔母が嫌だと言い張ったから
していただけないだけで、何でも頼めるのでありました。

叔母は私に洗濯して欲しいというよりも、
私が行かなくなるのが怖いんだと思います。
淋しいから。

私は心を強く持って、自分は自分の人生を充実させるため、
生まれてきてよかったという感動を味わうために、
生きているのだというのを芯にしていこうと思いました。

-----------------------------------------

人の役に立つために生まれてきたのだから、
そのようでありたい!と思ってた時期がありました。
宮沢賢治の「永訣の朝」の詩の中の、
としこさんの言葉に感動した中学生の私。

(うまれでくるたて
    こんどはこたにわりやのごとばかりで
    くるしまなあよにうまれてくる)

高熱にあえぎ死を目前にしながら、
今度はこんなに自分のことばかりで
苦しまないように生まれてくる、と言ったとしこさん。
今度は人の力になるために、苦しめるようにと願ったとしこさん。
なんと素晴らしい人だろうか、
こんな人のような思いで生きていきたい、と思いました。
けっこう長いこと、そういう気持ちでおりました。

その時期の思いが、今、現実となって、
思いが叶ってるような気がするの。

としこさんの願った1/100しか役に立っていなさそうですが、
でも、神様、私、ヘタレなので撤回します。
願いが叶ったことには感謝しています。
人の役に立つ喜びをたくさん経験できました。
この経験はもう充分です。
今度は我儘に生きる経験がしたいです♪
周囲の人には、出来る範囲で、自己責任で頑張っていただきたいです!

------------------------------------------

帰宅して大急ぎで夕食を作ってシュウトメちゃんに出すと、
シュウトメちゃんのご機嫌がよかったです。
今日は3時にデイサービスにお迎えに行き、
皮膚科の診察を受けるために病院に連れて行ったのです。
これから叔母さんの老人ホームに行くから、
帰りはタクシーでとお願いしてありました。
私の帰宅がうんと遅くても機嫌がいいのはなぜ?

いつもの先生はもう来ないことになっていて、
別の先生の診察を受けたら、湿疹が見つかったとか。
水虫の足を診察していただいていたのですが、
いつもの水虫と違う気がすると、前から言ってました。
別の先生は、水虫の足に湿疹が出来ているのを見つけてくださり、
痒かったでしょう?と同感してくださったそうです。

いつもの水虫とは違うとシュウトメちゃんが言ってたのに、
先生が水虫だおっしゃったんでしょう?と答え、
面倒くさいな~と思っていた私。
そうか、湿疹ができてたんだ。
私のマイナスがシュウトメちゃんのプラスに変わったか?(爆)

-----------------------------------------

ああ、長い日記。
ネットでなければ毎日日記を書くなんてきっと出来なかった。
自分の心の中のことを吐き出すのをネットでするなんて、
恥ずべきことなのかもしれないけれど、
心のもやもやを文字化しないと出来ない作業もあるんですよね。

日記を書かないで、もやもやと対処したら、
叔母さん、自分勝手すぎる!という怒りだけで終わってたかも。
ここまで読んでくださった方には、
気分が凹んじゃったかな~?とお詫び申し上げます。
私の場合、読んでいただくためじゃなく
書くために書いてるという日記もよくあるので、
読みたくない~と思った時点でどうぞスルーしてくださいね。