FC2ブログ
2012/08/25
2012/08/25

2012年08月25日

        

岐阜旅行1日目 後半

category - 日記
2012/ 08/ 25
                 
旅レポの続きを書く前に、。ご報告
シュウトメちゃんは私の留守中、ポータブルトイレを
1度も使いませんでした。
やればできるじゃん。(上から目線?!)

-------------------------

さて、旅レポの続きです。
巌立峡の温泉を後にして、車で1時間半。

「関観光ホテル」に到着して、さっそく夕食。
小瀬鵜飼というのに興味があったので、
じゃらんで検索したら、このホテルがヒットしました。

鵜飼パックの宿泊客は、5時に夕食。
早いです。晩ご飯食べる時間じゃないです。
お昼は軽くざる蕎麦にしたんですが。
予約してあったのは、鮎づくしコースです。

このホテルも親切でお値打ちで、
船が出るのも目の前の場所でよかったですが、
鵜匠さんの経営する宿もあったみたいです。ここクリック。
帰ってから、私の泊まったホテル客だけじゃないわと思って、
ネットで調べてわかりました。

関観光ホテルの一番安い鵜飼パックと比べ、
1人1万円程プラスにはなりますが、レアな経験なので、
こっちの方が面白かったかも。
行こうかと思われたら、ご検討ください。
まわしものではありません。(笑)
  •  
  • 私が今回感じたのは、鮎大好きというけれど、
    私が好きなのは、ヤナ鮎みたいな場所で、
    三角巾をあたまにつけたおばちゃんが、
    焼きたての塩焼きを持ってきてくれるような、
    そんなのが大好きなのだなぁってこと。
    ホテルでいただく鮎のコースじゃなくてね。
    貧乏性?(笑)

    さて、お待ちかねの鵜飼に出かけました。




ホテルから徒歩で目の前の長良川の川岸に行き、
船に乗り込みました。
私たちの乗った船は、お友達らしい2夫婦のグループと、
若いお嬢さんの2人組と私たちの計8人の乗客。




鵜匠の足立さんの説明がありました。
小瀬鵜飼は、宮内庁式部職の鵜匠さんがやっているそうです。
鵜飼で、本当に鵜を使って天然鮎を取るのが目的で、
年に8回、お納めする鮎を取る日が決まっているそうです。

ちょうどこの日が、その鮎を取る日になっていて、
普段は、見学後の片付けも説明つきで見学できるのが、
今回は、献上する鮎を取るのに忙しいので、
そのサービスがない旨が再び説明されました。
(じゃらんで宿を予約したら、宿から電話がありまして、
その説明をされて、それでもよろしいでしょうかと、
丁寧なお伺いがあったので、知っていました。)

鵜匠さんの乗る船が3つあって、
それについていく、というか、横から見る形で、
乗客を載せた屋形船が一緒に川を下ります。

川の片側は山で、一切の灯りはありません。
闇の中、屋形船の提灯の灯りと、
鵜匠の乗った船の松明の灯りがあるという
なかなか素敵な舞台での催しです。




本当に、すぐ近くでこの風景が見られます。
小さな屋形船で、手を伸ばせば、川の水にも触れられます。

鵜匠さんはかがり火の火の粉をけっこうまともに受けてます。
火の粉から頭を守る帽子、服の胸当てなどは、
必需品なのだとよくわかります。
帽子も服も色が濃いのは、闇に溶け込む色だから。

かがり火で、鵜がよく鮎を見られるようにするため、
時々、木を足していました。
鵜の数は8~10羽くらいかな?と思ってみていました。
鵜が鮎を飲み込んだ!と思われたらすぐに
鵜を船に引っ張り出して、吐き出させていました。
小さな鮎は鵜が飲み込めるようになっていて、
必死で鵜が鮎を取るように、おなかが空いた状態になっています。



  •  



あっという間に船の時間が終わってしまいました。
鵜匠さんたちは、多分必死で、献上する鮎を取り続けていました。
いい鮎がたくさん取れたかな。

-----------------------------

今日も仕事は休みなのですが、キッチンの掃除してます。
28日に床のクッションフロアをはりかえるので。
追いつめられる前に、もっと早く掃除を極めればいいのに、
目前に迫ってから焦っている私。
休憩時間に椅子に座って旅レポ書いてます~。(笑)
            
スポンサーサイト



            
                                  
        

岐阜旅行1日目 前半

category - 日記
2012/ 08/ 25
                 



最初に向ったのは、下呂市の巌立峡というところです。
巌立峡の駐車場から、遊歩道を歩いてすぐの場所に
「三ッ滝」という滝があるとのことなので、
先ずそこに行ってみました。





遊歩道はこんな感じで、きれいに整備されています。




途中から階段が続くようになりますが、
景色がきれいなのでわくわくします。




  • 三ッ滝です。三段階になった滝なのですが、
    長くて三つが一緒に写りませんでした。(笑)



上のほうはこんな感じです。




階段を上れば、滝を見下ろすことも出来るんですよ。




滝壺が素敵なんです。
神秘的で美しいです。

三ッ滝を後にして、車に乗り込み、
細い山道を車で登って、別の滝の駐車場に。
2キロくらい??歩いても行けますが、
鵜飼参加のため、歩いて向う時間が取れませんでした。

しかし、この山道が途中から、ガードレールも舗装もなくなり、
ガードレールの代わりのポールだけになります。
時々、車ですれ違うための場所が作ってありますが、
それがない所で車に出くわしたらと思うと、
すご~く怖い道でした。
駐車場まで車で5分くらいです。




これが「あかがねとよ」という滝です。
この滝は、岩壁に寄り添うように、ひっそりと存在していました。
私の目には、この滝が一番魅力的でした。
大きなオーブが右に写っています。




滝の上のほうはこんな感じです。
上に登って景色を眺めてみたいなぁ。(←無理です)




あかがねとよの向かい側にある滝が「からたに滝」です。
今は見えませんが、この奥にあるのが音でわかりました。
こちらは水量が多いようで、大きな音がしています。




滝壺がやはりとても美しいです。
すごい数のオーブが写っています。
空気も爽やかで、清清しい場所でした。

この後、「巌立峡 ひめしゃがの湯」という温泉に行きました。
旅先で温泉に入ると、短時間ではあっても、
貸しきり状態になることが結構多いです。
これ、不思議なんですよ。
地元の温泉ではめったにそんなことは起こらないのに。
私の地元の住民が特別温泉好きってことなんでしょうか?
貸しきり状態だった時は、さっと撮影しちゃうようになって
もう何年にもなっています。
よい子は真似しないでね。


  •  



ひめしゃがの湯の源泉は24度前後と低いそうです。
もともとは無色透明なのですが、段々画像のような
オレンジ色のお湯になります。鉄分があるのでしょう。

外の源泉露天風呂では、ごぼごぼと音を立てて、
炭酸ガスが出ていました。
泡がたくさん身体につく、人工炭酸泉を想像していた私は、
ごぼごぼという大きな音に驚きました。(笑)
危険なので、顔を近づけないようにと注意書きがありました。
アブがいっぱいいて怖かったです。
内湯には源泉の湯と、それを適温に沸かした湯がありました。
いいお湯でしたよ。沸かした方と源泉と、交互に入りました。