FC2ブログ

2012年08月12日

        

ブーメランの法則

category - 日記
2012/ 08/ 12
                 
先日の日記は内容がとても偏っていて、
スピリチュアルおたくにしかわからない文章だったので、
お読みくださった方の99パーセントは、
半分くらいはわけわかんない内容だね~なんて
思われたことでありましょう。

ワタクシ自身も、いつのまにスピオタになったの?と
首をひねるような状況でありますが、
そうなって幸せを感じているのでありました。

この先、もっと怪しい(笑)日記になりますが、
せっかくのご縁なので、読んでいってくださいな~。


喜怒哀楽、全ての経験をするために生まれてきたのだと、
結果ではなく、経験のためなのだという実感が湧くと、
それは誰しも同じなのだという実感も湧いてきます。

自分の価値観と、全然波長の合わないシュウトメちゃんや
義姉たちも、経験のために一生懸命生きていて、
それは敬意を払うことだったという実感も湧きました。
素晴らしく解放された気持ちになりました。

聖書に「裁くな。裁かれないためである」という言葉があり
それが中学生頃から心にずっと引っかかっておりました。
(中学生で、文語体で聖書を読む時点で年齢を感じますでしょ?)

何故?と思っていましたが、その疑問も氷解しました。
自分と価値感の相容れない、この世的に尊敬できない、
そういう人の人生の経験も、輝くような価値があり、
敬意を払って当然だと感じられれば、裁くなんて出来ないんです。

その人の人生で、例えば自己中な言動をするということが
どういう意味を持つかなんて、私にはわかりません。
見下して裁くなんてとんでもないことです。

また、自分でまいた種は自分で刈り取る、と言われるのは、
出したエネルギーが、返ってくるという意味ですが、
心の中で、シュウトメちゃんを罵倒したエネルギーは、
シュウトメちゃんから返ってくると決まっているわけでなく、
義姉に罵倒されるとか、ヘンなお客様に罵倒されるとか、
形を変えて返ってくることも多いのだという
確信も感じました。

最近、1人のお客様に怒られたんですよ。
この時、確信したんです。ちょっと長いけど説明を。

2点の果物をお買い上げで、小さなタオル袋をお持ちでした。
温泉を併設しているので、タオル袋を持ったお客様も多いのです。
レジ袋は市内は1枚5円と有料なので、
このお客様は「袋は金を取るんだろ?ここに入れてくから袋はいらん」
お支払いの時、そうおっしゃったんです。

果物がつぶれるといけないので、タオル袋に詰め込むより、
そのまま持っていったほうがいいと判断したkoalaは、
「テープをお貼りしますので、このままどうぞ」と
出すぎたことをしました。
勝手にお買い上げテープを貼りました。

「なんでそんなもんを貼るんだ!」と怒鳴られて、
もしかして、人にあげるものだった?と思ったkoalaは、
「失礼致しました」と1つテープをはがしましたが、
パックに値段がついてますから、
「パックのやりなおしを致しましょうか?」と聞いたんです。
「ここに入れると言っただろうが!聞こえんかったのか!」
人にあげるんじゃないんだ。テープが気に入らないんだと納得。

次のお客様がいらっしゃるので、なるべく早く切り上げたいkoalaは、
丁重にお詫びしながら、お釣りを渡そうとしました。
「まず9000円のお返しでございます。」
でも、こういう方って絶対に無視するんですよ。
後で足りないと言われると困るので、確認していただくんですが、
ゆっくりゆっくりと小さな袋に果物2点をねじ込むまで、
「ご確認いただけませんか」と申し上げても完全無視なんです。
レジに列が出来たって、わざとゆっくりするの。

お札と小銭、ようやくお釣りを受け取っていただき、
次のお客様の計算をしている途中で、
例のお客様、やっと動こうとしましたが、
その時、小銭を落しちゃいました。
その途端、「客につり銭を投げるな!」と言うじゃないですが。
とっさに「いえ、投げておりません」と反論しちゃいました。
「投げたから落ちたんだろうが!」とそのお客様。
絶対に違うよ~。でも、そんなのはもういい。
とにかく無難にお帰りいただかなくては。
「申し訳ありませんした」と言うと、帰ってくださいました。

ここで「責任者を呼べ!」って怒鳴るような方も、
私は経験ないですが、同僚には出くわした人もいます。

次のお客様に「お待たせして申し訳ありませんでした」って
これはマニュアルでなく、心から申し上げましたよ~。

ところで、この時、もちろん言いがかりだわ~と
いい気はしませんでしたが、怒りは不思議に湧かないで、
自分が出した怒りのエネルギーが返ってきたんだ、と
納得する気持ちが湧いてきました。

一応断っておきますが、私はさすがに、このお客様が
私とったような態度を誰かにとった記憶はありません。(苦笑)
でも、心の中では、シュウトメちゃんや義姉に、
かなりの怒りを向けた経験があります。

ブーメランのように、自分の出した思いが返って来たと
感じられた時は、それが過ぎ去ったことを喜ぶべきですね。
そこでまた怒りを放射しても、また戻ってくるんですよ?(笑)
「まいた種を刈り取ったみたい」とただ眺めていれば、
過ぎ去っていくのに、新しい怒りの種をまたまいたら、
その怒りは、ブーメランのようにまた戻ってきてしまう・・・。

怒りと言えば、福島の事故での東電とか政府とか、
いじめ自殺などで、被害者と加害者があるときに、
どうしても、加害者側に怒りを感じますよね。
そういう怒りだってブーメランで返ってくるってことですよね。
シュウトメちゃんや義姉に対してだって、
今後全く怒りを覚えないとは限りません。
そういう時は、怒りに意識をフォーカスしないで、
愛情にフォーカスすることが大事かなと感じました。

これがクリスチャンでもないkoalaの
「裁くな。裁かれないためである」という聖句の、
スピリチュアルおたく系、独断解釈でありました。

さあ、今からお墓とお仏壇の花を買って、
お供えしてから仕事に出かけます。
スピリチュアルおたくになるのなら、
あまりにぶっとんだ人にならないためにも、
人一倍、地面に足をつけて行動するのが大事です。(笑)
            
スポンサーサイト