FC2ブログ
2012/08/10

2012年08月10日

        

シュウトメちゃんは可哀想なんかじゃなかったのね

category - 日記
2012/ 08/ 10
                 
「koalaさんは、シュウトメちゃんが無理難題を言っても、
断わっちゃ可哀想だからと思うみたいだけど、
私から見たら、全然可哀想じゃないよ。」

先日、おしゃべりした友人の言葉が、
じわじわと私の脳みそ(注:つるつる)に沁みこんできました。

______________________


シュウトメちゃんは可哀想じゃないんだ。

ずっと私は可哀想だと思ってきたんですよ。


まず第一に、親の言うことに従うのが当然という風に
洗脳されて育てられた世代なんです。
親からたくさん、躾という名の洗脳を受けています。
嫁は義両親と夫に仕えなければいけない、とか、
母親になったら、自分の愉しみはないと思え、とか、
もう、がんじがらめになってます。
それを守らないと責められる時代と場所に生きていました。

自分のしたいことではなく、嫁ぐ前は両親の、
結婚後は義両親と夫の要求に従って生きてきて、
40代後半に夫を看取りました。

舅は死亡保険に入ってなかったんです。
専業農家でしたから、会社からお金が出ることもなく、
上の義姉は既に嫁いでいましたが、
2人の子供と農地と大姑がシュウトメちゃんに残されました。
働きに出ての無理がたたったのか、脳卒中で倒れ、
50歳そこそこで、左半身が不自由になってしまいました。


この間、ブログに載せたこの画像。




赤茶色のオーラは怒りと情熱の抑圧だそうですが、
シュウトメちゃんはこの怒りのオーラがきっと
私よりもずっと強いんじゃないかという気がしました。

しかし、それは「可哀想」なことなのか?
ちょっと待てよ、と私は思いました。
スピリチュアルな話の苦手な方も、
タワゴト~と思いつつ、読み流していただけると嬉しいです。

地球は大きなテーマパークだと思っています。
いろんなアトラクションがあるわけですよ。
生まれる前、今度の人生でこのアトラクションに乗りたい、って
ある程度、予約して生まれてくると思っています。

様々なパターンの、喜怒哀楽を味わうためのアトラクションが、
地球には揃っていて、多分、喜怒哀楽の全てが、
人気があるんです。喜びと楽だけじゃなくて。
私の妄想だと思って下ってけっこうなんですが。(笑)
怒りだって、悲しみだって、非常に刺激的な体験で、
体験しなくちゃわからないから体験したい!と
願う魂がいっぱいいたって、至極当然だと思ったんです。


「親の言うことを聞け、という頑固な親の子供がいいな~。
結婚した後も、義両親に従え!って言われて苦労して、
苦労した挙句に夫を病死で失い、自分も半身不随になるってどう?
並のジェットコースターじゃつまらないからね。
そして、最後は感謝に包まれてこの世を去るってのがいいわね。」
生まれる前にシュウトメちゃんが神様にオーダーしたのがこれかも?

そう思うと、すごいチャレンジャーですよね。
そんなチャレンジ魂に尊敬の念をおくりたいです。
私の犠牲なんか必要なさそうですから、
こちらはこちらで、自分のアトラクションを楽しもうと思います。

このアトラクションはもう充分、と思って降りるのは自由。
嫁・シュウトメの確執アトラクションはもういいかな~。
時々うっかりして乗っちゃうかもしれないけど。


と、そんなことを昨日、考えておりましたところ、
夜勤のオットから、今月23日、24日に連休が取れたから、
どこかに1泊計画をよろしくというメールが入りました。
鮎三昧したかったので、ネットで探し、
鵜飼プラン付き、夕食は鮎会席というのを見つけて申し込み。
ややマイナーな、岐阜県関市の鵜飼です。

お昼近くになってから、ネット友からメールが入り、
こちらは大阪に9月1日2日で1泊とのこと。
私がブログで書いた氷室奈美さんの講座が1日にあるんだって。
午前の部は友人の予約で完売御礼。
午後のはまだ大丈夫というので、私、速攻で申し込みました。
申し込みが出勤に間に合うタイミングでありました。

大阪、私も泊まっちゃおう。
このネット友と話し出すと止まらないんです。(笑)
会いたいなぁと思っていたので、すごいタイミング。
速攻申し込みとはいえ、実は躊躇して考えたんですが、
やっぱり誰も困らないのですよ。
土日ですから、日曜日、デイサービスのないシュウトメちゃんに
お昼ご飯を出してあげてねと、頼んでおくだけで困らない。

ポータブルトイレの件は、オットに頼もうと思います。
今まで、誰にも頼んだことはなくて、
1泊すると、臭いまま放置されていたけれど、
流石に9月初めでは、暑くて臭すぎますよね、きっと。
シュウトメちゃんに、オットに頼むからと言って出かければ、
もしかしたらトイレで用を足してくれるかもしれない・・・。
普通のトイレとポータブルは、5メートルくらいしか離れていません。
ポータブルを使ったとしても多分、
大の方はポータブルでしないんじゃないかな。(謎)

そして実はどうなってもそれは私の問題ではないんですよね。
私が何とかしなくちゃなんて思うことは、
不必要で不自然なことだったんだ・・・発見しちゃったなぁ。(笑)
オットに頼んだら可哀想と思って、今まで頼まなかったんですよ。
でも、母親の排泄物を片付けるっていう経験も、
大事な経験かもしれないよね。


ボヤボヤしてると、今年の誕生日で52歳の私など、
「シュウトメちゃんに振り回されるアトラクション」で
時間を使いすぎて、したいことをしないうちに
「タイムオーバーです。さあ死後の世界にお帰りなさい」なんて
情けないことになりかねませんよね。
それはシュウトメちゃんのせいじゃなくて、私がそれを選択したせい。
NOと言えることにNOと言わずに自分を犠牲にしてきたせい。


オットと鵜飼のプチ旅行をするのも楽しみ。
ネット友と一緒に氷室奈美さんのお話を聞いて、
夜、熱く語り合っちゃうというのも楽しみ。
すみれさんと大エルミタージュ美術館展(名古屋市美術館)と
マリーアントワネット展(名古屋市博物館)に行きたいねという話もしたばかり。
開催期間はどうなっていたっけ・・・・?

調べたら、マリー・アントワネット展は急がないと終わっちゃう!
予定表を見たら、私、31日しか空いてない!
すみれさんが都合悪かったら、別々になっちゃうかも。

______________________

すみれさんも我が家も、お盆は忙しいのです。
私は今朝、お寺に行って、お塔婆をいただいてきました。

5千円、1万円、1万五千円、3つのサイズのお塔婆があり、
(これはお寺によって違うと思います)
私たちは先祖代々、シュウトメちゃんは舅の戒名、
舅側の親戚に頼まれた分もありますが、
それを書いたお塔婆を戴く際に、
和尚様が祈りの言葉を言いながら、線香の煙の上に
1枚ずつ、お塔婆をかざして下さる、
施餓鬼塔婆回向という行事があったんです。

朝早く、お墓のお掃除の仕上げをして、
お花も替えてきました。
13日の朝に、今度はほおずきの入った花に
替えるのですが、炎天下、13日まで花がもつかな・・・?

お寺の中の雰囲気は好きなので、
施餓鬼塔婆回向に出るのは、苦ではありません。


  お寺でお土産にいただいた蓮の花のロウソクです

今日は仕事は最初休みだったのですが、
人手不足なので2時からの出勤にしました。
あと1時間半で、仕事のために家を出ます。

お盆のお供えを買う人が多いので、
包装がまた忙しいんですよね。
でも、お客様に喜んでいただくのが
店側の喜びです~♪
            
スポンサーサイト