FC2ブログ
2012/07/29
2012/07/26
2012/07/25
2012/07/21

2012年07月

        

義姉たち

category - 日記
2012/ 07/ 31
                 
呆け始め?と心配し、その後気をつけて見てきましたが、
大丈夫そうなシュウトメちゃんです。
元々怒りっぽいシュウトメちゃんが、暑いし膝が痛いし、
きっと何かが探せなくて、イライラが募ったんでしょう。

昨夜は上の義姉から電話がありました。
お盆はお墓参りには行くけれど、
実家には寄らないからという電話でした。
お墓とkoala家は、道を挟んで左右にあり徒歩1分。
会う気はないという意思表示です。

聞き耳を立てていたんじゃないですよ。
いつになく大きな声のシュウトメちゃん(普段は声が小さい)の
声が大きくて、キッチンに聞こえてきて、
話の内容がわかっちゃっただけ。

シュウトメちゃんは、何度も、お墓まで来たなら、
すぐ向いに家があるんだから、来て欲しいと言っていました。
多分、言うたびにやんわり断られたのでしょうが、
めげないで、何度も、会いたいと言っていました。

実の母娘で、お盆に少し会うだけでも嫌なほど、
実家は来たくない場所になってしまったんですね。

長い間会っていない、たまには顔を見せて欲しい、
特に下の義姉には何年も会っていない、
お墓参りするなら、仏壇にもお参りして欲しい、
(義父が亡くなっているので)
そんな風に、素直に心情を吐露していました。

シュウトメちゃんの願いは叶ったかな?と思ったら、
お返事は保留されたそうです。
下の義姉と相談の上、また電話するそうです。

なぜここまでこじれてしまったのか、
詳しく知りませんし、介入する気もないのですが、
シュウトメちゃんが、私への不満を
義姉たちに電話しまくったことも大きいのでした。
私の不在時に、2人の義姉が怒鳴り込んできたのは聞いています。
2人の義姉は、その頃から、シュウトメちゃんに愚痴を言わせる、
元凶となっている私が大嫌いです。

私の実家の母が末期がんで死にかけていた頃、
ちょうど叔母が、足の付け根を骨折して入院、
シュウトメちゃんは白内障の手術で入院しまして、
3人を面倒見ていた私はとてもどたばたとしていました。
シュウトメちゃんのお世話が最低限になっていました。
オットと子供が協力してくれて、
なんとか生活が成り立っていました。

それは理解してもらえると思っていた私は甘くて、
シュウトメちゃんは、義姉たちに連日、愚痴電話をかけまくり、
2人が怒鳴り込むほど、うんざりさせてしまったのでした。
電話の内容も、家に怒鳴り込んできた時の内容も、
私は教えてもらえませんでした。

怒鳴り込まれた時はオットもいて、大激怒して、
話の内容も私には一切教えてくれません。
koalaは何も悪くない、滅茶苦茶ないいがかりだから、
そんな話は一切知らない方がいいって言うんです。
シュウトメちゃんまで教えてくれません。
koalaさんが可哀想だ、申し訳ないって言うんです。

怒鳴り込んできた日から何年も経ち、
いろんなことがありました。
まだ義姉たちの怒りは癒えないようです。
上の義姉は、長男さんの離婚問題が起こった時、
ちょくちょくkoala家に寄っていて、
シュウトメちゃんに会っていますし、
電話もしているみたいですけど、まだこじれてるのかな。

以前は、義姉たちのこのかたくなさに腹が立ち、
少しお茶を付き合うだけくらい、してあげなさいよ、
私はずっと一緒に暮らして面倒見てるのよ~?と思いましたが、
今は下の義姉が心配です。

怒鳴り込み事件の後で、持病の糖尿病が悪化し、
長女さんを病気で失い、心臓発作を起こして入院しています。
下宿して自活していた長男さんが家に戻ったし、
次男さん、次女さんは、変わりなければ自宅から通勤で、
お母さんである下の義姉を支えてくれていると思います。

でも、シュウトメちゃんに会うことで、下の義姉が
精神的にダメージを負う事になってしまうなら、
上の義姉が下の義姉を守ろうとして、
実家には寄らないと言ってきたのかもしれないですね。
それなら電話してこなくてもとも思いましたが、
シュウトメちゃんからかかってきて聞かれるよりは、
自分から電話した方がいいと思ったのかもしれないです。

介入する気はないと書きながら、
あれこれ勘ぐって、うっとおしい女ですね、私~。(笑)

私にとっては、今、義姉たちからの介入はなくなっていて、
とても楽な状態です。勘ぐる必要なんて全然ないです。
素直にありがたい!と言っていいと思います。

こういう時は、静かに相手の幸せを祈って、
そこでおしまい、というのが正しいんじゃないかな?
そうありたいです。
なかなか出来ないからこんなブログ書いてるんですね、きっと。
 
しかし、パートですが、仕事していてよかった。
同居嫁で義姉たちとのゴタゴタがあって、
専業主婦だったら、ちょっと辛いところですよね。
            
スポンサーサイト



            
                                  
        

小さな小さな耕運機

category - 日記
2012/ 07/ 29
                 
家庭用ミニ耕運機を見つけてポチしました。
草を根こそぎ取るのにピッタリで、安くて、
電動で充電式じゃないから、簡単。
ただ、心配なのが、壊れちゃわないかということ。
草の根っことか、石などが、刃に当たったら壊れそうな気も・・・。

壊れないでね~と祈りつつのポチでありました。
パワフル耕作君PRO っていう商品です。


我が家のジャングルを何とかするのに、
私の人力だけでは、けっこう辛いです。
何しろ、酷暑、ハンパじゃありません。




こんな感じだったのが・・・




こんな感じになって・・・・




今、こんな感じです。

さて、結果はまたご報告しますね。
                         
                                  
        

怒鳴られる前の日記・その後の日記

category - 日記
2012/ 07/ 27
                 


昨日近くのスーパーで買って来た叔母さんの服。
選ぶ基準は、カットソーは袖の長さ、
ズボンは丈の長さ。(直さないで済む長さ)

元気な頃は、名古屋の行きつけのデパートで
服を買っていた叔母ですが、
今は私がスーパーで買って来た服を着ています。

叔母が働いていた頃、私の中の叔母のイメージは、
スーツを着て、早足でツカツカっと歩いている姿。
カジュアルにセーターを着ている時も、
かなり手の込んだ刺繍や編みこみのあるセーターでした。

看護婦さんだったので、夜勤もあるし、
最後の方は看護婦長さんだったので責任も大きく、
気力・体力共に、なかなかハードだったと思います。

シュウトメちゃんは、若い頃、この家でお百姓をしていて、
舅・姑・大姑に仕えていました。
やはり、気力・体力共に、かなりハードだったと思います。

---------------------------

だから、お疲れ様、という気持ちで接してあげたい、
と心温まる(!)締めくくりの日記を書いておりましたら、
シュウトメちゃんからのお呼び出し。


シュウトメちゃんは呼び出しコールをするだけで、
用事は一言もしゃべらないんですよ。

「汗で服が張り付いて着替えが出来ないので手伝え」 という用件でした。
手伝いながら、「エアコン入れて着替えればいいですよ」と言ったんです。
そしたら急に切れて怒り出しました。

「いつもはもうひとつの、エアコンのない部屋で着替えとる!
服があっちにあるんだ!」


シュウトメちゃんの部屋は、頼んでもエアコン設置を拒否され、
暑くて眠れないと夏になるとわめくので、
エアコンのある居間を明け渡してベッドを入れています。
タンスが居間にお引越ししてないので文句言ってる?
そんな理屈は通しちゃいけないね~。反論しようかな。

「紙袋にでも服を入れて、持ってくればいいじゃないですか。
そんなことを言うなら、元々、エアコンを部屋に入れてくれれば
居間に引っ越したり、新しい居間を作ったりしなくて済んだのに。」


「わしは自分の部屋にエアコンが欲しかったけれど、
ブレーカーが飛んでしまうと思って我慢してきたんだ」

なんだとぉ~~!嘘つき。
あんなに部屋にエアコンを入れようって言ったのに、
断固拒否した時、そんな話は一言も聞いてない!


2部屋自分のものになって、別室を居間にする準備も進んで、
その部屋に明後日、エアコンの設置に来ることになってから
そんなことを急に言い始めるなんて。
どういうつもり?むかつくじゃないの~。

おまけに、部屋をオットにいじらせるなと苦情。
呆けたら仕方ないけど、呆けてないのにあのひどい部屋。
いらないものを捨てないから。
私にも言えるけど。(爆)

この間オットに、シュウトメちゃんの洗濯物を渡し、
部屋の今使ってない方のベッドの上に置いてねって頼んだんです。
その時、散らかっていたので、少し片付けたらしいのです。
私は、手や口を出すと怒るのを知ってたので、
どんなにひどくても見ない振りしてきたのですけど、
オットは何かを片付けたんだろうか・・・。
そんなことしたって、怒るだけなのに。

すっごくいやな言い方するんですよ。
「馬鹿になった頭で、一生懸命、どこになにがあるのか
覚えているのに、めちゃくちゃにされた」って。
オットが、エアコンもなく、ポータブルトイレで臭いあの部屋で、
そんなに大整理するわけないのですけど。


ああ、そうか。
元居間のエアコンの部屋に、早くタンスを運べってことだ。
お願いするんじゃなくて、命令してるんだ。
きっとこの部屋もぐちゃぐちゃになっちゃうんだ。
それは避けたい。気持ち悪いんだもん。

タンスは小さいのを1つだけ運ぶことにしよう。
真夏の衣料だけ入れる。
タンスの引き出しに、シャツとか、靴下とか書いた紙を貼ろう。
付箋がいいかも。

同居って本当にすごいストレス。
特にこういうシュウトメ相手では、本当に疲れます。
これがもっと大変になっていくってどうよ?

呼び出しコールの鳴る前の、穏やかな心は飛んじゃいました。(涙)

しかし、シュウトメちゃんよりはまだ器の広いワタクシは、
笑顔でデイサービスに送り出しましたとさ。
                         
                                  
        

疲れたいちにち

category - 日記
2012/ 07/ 26
                 
いつものように出勤前の草取りをしていると、
シュウトメちゃんからお呼びがかかりました。
また目まいがするので、病院に行きたいそうです。
慌ててシャワーを浴びて着替えをして病院へ。

原因はわかっているので安心ですが、
めまいは嫌ですよね。

昨日行ったのと同じかかりつけの病院ですが、
今日は私、出勤になっています。
昨日は出勤でしたけど、金曜日に代わりに出るということで、
病院のお迎えのために休んであったのでした

送るのはいいけれど、帰りはタクシーで大丈夫かな・・?
本人が、時々くらくらっとするけど、大しためまいではないから
タクシーで全く問題はないと言うので、そうしてもらいました。
朝ご飯も普通に食べ、テレビを見ているし、
服の着替えの様子も、普段と変わらないので、
送るだけということにしました。

帰宅して、家事の続きをして、自分とシュウトメちゃんの
お昼ごはんを作って、食べて、出勤。
叔母の施設に出勤前に寄る予定でしたが、
シュウトメちゃんの病院に行ったので、これは無理。
仕事が終わってから、叔母の施設に行きました。

叔母にLLサイズのズボンを頼まれました。
いつの間にLLサイズに?!
でも、車椅子だと運動不足になるので、仕方ないか・・・。

ズボンがきついのは気の毒なので、さっそく買いに行きました。
七分袖のカットソーも欲しいとのことでした。
前回、夏になったからと半袖を買って行ったんですが、
七分袖の方がしっくりくるらしいです。

ズボンとカットソーを5枚ずつ購入。
急いで帰宅して晩ご飯を作り終わったのは8時半過ぎ。
遅くなってごめんね、シュウトメちゃん。
長男が帰ってきたので、洗濯物を取り入れてもらいました。
お風呂も頼みました。助かりますよね~。
オットも長女もまだ仕事先から帰っていません。

疲れた・・・と思いつつ、ほっと一休みしていると、
シュウトメちゃんからお呼び出し。
両膝と右足ふくらはぎの湿布の交換。
「ズボンの丈を直してね。長すぎるから全部。」
私がこの間買って来たズボン、股下55センチのを買ったけど、
それが全部長いの。ミシン出さなくちゃ・・・。

何かが私の中でぷちっと切れました。
嫌だ。クタクタだ。
(と言いつつ、ブログ書いてるのは何?)

「今日は無理。今から洗濯物を畳むし、叔母さんの施設も
最近行けなかったから、洗う物がいっぱいあるし、
明日は昨日休んだ代わりに仕事だし。また今度直すね。」

気分転換にこんな画像をアップ。




昨日はシュウトメちゃんの病院送迎の後、
友人と会って、服を買いに行きました。
実は友人の目的はZARAの服だったんです。
雑誌にいい感じの服が載っていたと言っていました。

しかし、残念!雑誌で友人が見た服はなかったんです。
そして、たくさんの服を見たんですが、
ちょっと私たち、年齢的にアウト。(笑)

で、お財布にもおばさんにも優しいユニクロへ。
戦利品が今日の画像です。
黒い帽子だけ、ユニクロのお品ではありません。
私が草取りやスコップ使いを帽子なしでしていると言ったら、
その事実に驚愕の声をあげた友人、すみれさんが、
絶対に必要!と付き合ってくださって買ったものです。

あんな驚愕の声をあげるようなことをしてたのね、私。
しみ、しわが現れてから愕然としても遅いですね。
                         
                                  
        

庭の片隅のジャングル対策

category - 日記
2012/ 07/ 25
                 
ポーチェラカが咲き始めました。




さて、ジャングルの伐採も、剪定機の作業は終了。
これは剪定前。
下の画像は横で撮っちゃったのですが、
一応、後ろの木と、前の百合が入るように撮りました。

  • 下が剪定後の画像。
    剪定後に、スコップで掘って、雑草を根こそぎ取っています。
    根本的な雑草対策をしようと思っています。
    全部業者さんに頼む経済的余裕がありませんので、
    この周辺はこつこつと・・・。




これ↓も剪定前の、キンカンの木周辺の画像です。




剪定後の画像。まだ作業中ですけど、
もっと雑草の根っこを取りまくる予定。
暑いので少しずつしか作業できませんが、
根気で勝負の世界ですね~。




あんまり変わってない?(涙)
先が長そうですよね。
でも、アップすると、変わってるのよ。




シュウトメちゃんが出来なくなったことは、
次々と、全部私に回ってきました。
草取り面積を減らすことには徹底的に反対されました。
しかし、今のシュウトメちゃんは、その頃と変わっています。

私が草取り出来なくなった後はどうなる?
まあ、子供がお金を溜めて業者に頼めばいい話とも言えますが、
私としては、出来る範囲で作業しようという気持ちです。

ここを固まる土で埋めようか、人工芝という手もあるし、
木材そっくりのコンクリートをお洒落に配置しても・・・?と
思案しながら、雑草の根っこと戦っています。

-----------------------------

シュウトメちゃんにエアコン問題で居間を貸しています。
自室にエアコンを入れるのが嫌だというのです。
仕方ないので、居間とシュウトメちゃんの部屋、
2部屋をシュウトメちゃんに明け渡そうということになりました。

母屋の居間がなくなるので、普段使っていない和室に
エアコンとテレビを入れて、居間にする予定です。
ソファとテーブルは、今まであったものを使います。
和室には合わないんだけど、とりあえず和室のままで使います。
それでもちょこちょことお金は必要なので、
庭の片隅にあまり使えないのですよ。

固まる土や人工芝、木材そっくりのコンクリートなどを使えば、
5万~10万で何とかなると思います。
これだって実は痛い出費ですけど、
猫を飼ってから、除草剤を撒くのは怖くてできません。
                         
                                  
        

仕事帰りの立ち話

category - 日記
2012/ 07/ 23
                 
同じ職場の人ではないけれど、職場が近い知り合いに
仕事帰りにばったり会ったので、道で雑談。

彼女は勤めて2年目だそうだけれど、
慣れるまでは、とにかく怒鳴られ、人格否定され、
辛かったみたいで、そんな話を聞いていました。
彼女の職場では、先輩に逆らったらクビだそうです。
びっくり。めちゃくちゃ言われても従うのがルール?!

怒られるような失敗をしたのならまだしも、
普通に報告したり、お客様に聞かれたことを聞いたり、
それで怒鳴られたり人格否定されたりって変でしょうに。
でも、先輩に逆らったらクビ。
60歳過ぎた彼女は他に職を探す自信もないと言いました。

それは古狸(失礼~♪)さんたちは居丈高になるわね。
彼女は年齢がけっこういっているので、
クビになったら困るのでした。

めげるたびに、知り合いの人が、話を聞いてくれ、
「仕事は、やっているうちに慣れるから大丈夫」と、
何度も励ましてくれたと言っていました。

私もよくジャイアンに人格否定されるけど、
自分がいつも正しいと思って人を否定する人に
何を言われても、動揺しすぎちゃいけない、
いつかは役に立つと言われるようになる、
ジャイアンに言われなくても全然かまわない、
私もそう思って、頑張っています。

お客様に楽しくお買物していただくために、
私たち、頑張ろうねぇと言って帰途に着きました。

この間、あまりに不条理ないちゃもんをつけられたので、
ジャイアンの言っていることはおかしいし、
私は頭にきたと本人の前で言ってやりました。
今日お話した知人の職場だとこれでクビなのでしょうか?
それ以来、ジャイアンは私に少し遠慮しています。
そのうちまた私の悪口を言いまくるでしょうが。

何しろ、入社直後に、ジャイアンに言われた言葉が、
「背の低い女は今まで得してきているから大嫌い」だったよ~。

誰かにきついことを言われると、逆切れするか、
しばらくの間、その人にはいちゃもんをつけなくなるのですが、
今回は私、後者になったみたい。
その代わり、いちゃもんをつけられている同僚がいます。
ジャイアンにとってはいちゃもんでなく完全な正論なのでしょう。
悪い人じゃないけど、とても面倒です。

日本中の職場で、似たようなことがあるのでしょうね。
こんなの、全然かわいい方だとは思います。
                         
                                  
        

シュウトメちゃん、夜中の点滴

category - 日記
2012/ 07/ 22
                 
昨日は久し振りにヨガに行ったんです。
なにしろ、ふとチケットの期限は?!と思ったら、
7月25日までだったので、焦って。(笑)
携帯はレッスン中はマナーモードに。
その後、温泉に入ったので、携帯チェックなし。
ヨガ教室は温泉施設の中にあるのですよ。

温泉を出て、携帯を見たら、不在着信2件。
1件はシュウトメちゃんのデイサービスからで、
シュウトメちゃんが体調不良なので、お迎えに来て欲しい、
伝言を聞いたらお電話くださいと、留守電が入っていました!
きゃ~!!3時間前の留守電!

もう1件はオットから。
この日休日出勤していたオットは、シュウトメちゃんの施設から、
奥さんに連絡が取れないからという電話を受けて、
私に電話したけれど、やはり出ないので、
早退してシュウトメちゃんをお迎えに行ったのでありました。
オットは用事があったので、私とバトンタッチ。

シュウトメちゃんは、家で休んでいました。
めまいと吐き気と寒気。熱はありません。
三半規管に先天的な奇形があることが、10年くらい前?に
病院の検査の結果、わかりましたので、
それが原因のめまいの可能性が大きいのですが、
ここ3~4年は、めまいの発作はありませんでした。
寒気を伴うのはたまたま風邪っぽいため?

確か、目まいのときには、手足のしびれや
ろれつがまわらない、激しい頭痛などがあったら、
すぐに受診するようにと言われていましたが、
そういう症状はありません。
気持ち悪いけれど、げえげえ吐いているわけではありません。

心配性のシュウトメちゃんが、脳から来ているかもと
心配しているので、説明して多分大丈夫と言いましたが、
医者に行くといって、仕度を始めました。
土曜の夕方なので、受診したほうが安心です。
普通に着替えしているシュウトメちゃんを見て、
普通に着替えしているシュウトメちゃんを見て、
安心しましたが、それは言わないでおくのがいいですね。


かかりつけの病院で、めまいに効く点滴をしていただいて
落ち着けばと思ったのですが、この病院は現在、
休日診療お断りになっています。
でも、点滴くらいならしてくれるかも?と電話しましたが、
やはりお断りされちゃいました。

大学病院が車で20分の所にあるので、連れて行きました。
採血、CT、胃のレントゲンまでしていただき、
目まい止めの点滴をしていただきました。
検査に異常はなかったので、シュウトメちゃんも安心。
めまい止めと吐き気止めをいただいて帰宅しました。

この大学病院の時間外診療、シュウトメちゃんは何度も行っています。
今回はかなり空いていてラッキーでした。
6時に家を出て、10時に帰宅しました。
家を出る時は、帰宅は夜中になっちゃうかもと思ったんですよ。

ヨガに行く前に、カレーが煮てあったし、ご飯も炊飯予約してあり、
シュウトメちゃんはプリンが食べたいと言ったので、
コンビニでプリンを買って帰りました。

今朝はずいぶん具合は回復しているようでした。
しかし、このめまいの発作って、前回までの経過を見ると
1度出ると、何回も近いうちに繰り返してきました。

その「前回」は3~4年前のことなので、
同様になるとも限らないと思いたいですが、
しばらくは要注意には間違いありません。
                         
                                  
        

シュウトメちゃんの散歩道周辺の花壇

category - 日記
2012/ 07/ 21
                 
上の画像は先日アップしたもので、
下の画像が今日撮影したものです。


  •  



草の山のあった場所 その後のご報告です。(笑)
もう少し前で写さなくちゃいけなかったですね。
草の山、何とかしました!
実この草の山の下に、土の山もあったんですが、
それも半分は何とかしました!
全く、灼熱の季節にする作業ではないですね~。
毎年、この作業で大汗かいていますが、
今年はまた暑い!
でも、今やっておかないと、秋にとんでもないことになるので、
尋常でないほどの汗をかきながら、少しずつ作業をしています。

今日は涼しくて作業向きでした。


  •  



この場所も、日光の当たりすぎに弱い白のノリウツギを
他の場所に植え替えて、代わりにアブチロンを植えました。
周囲にメランポジュームを、手前にポーチェラカを植え、
つる性のアブチロンも植えました。


  •  



白の千日紅を植え足して、横に白のノリウツギをお引越しさせました。

先日のブログに載せた画像とプラスして、
シュウトメちゃんの散歩道周辺の花壇はこのくらいで完了。
その奥のジャングルの伐採と、別の花壇がこれからの課題です。




以前写したジャングルですが・・・
ボルネオ島並み(?)のジャングルですからね~、
前途多難であります。
                         
                                  
        

叔母に話しました

category - 日記
2012/ 07/ 20
                 
施設入所中の叔母の部屋は4階です。
4階でエレベーターを降りると、最近入所したらしい
おばあさんに話しかけられていました。
声をかけると、そのおばあさんは、私の方を見てから
また叔母をまた見て、「娘さん?」と聞きました。

「姪です」と答えると、「まあ、良く似てる。
親子に見えるわ~。娘さん、いないの?
じゃあ、息子さんはいる?」
叔母が首を振ると、「まあ、可哀想!姪ごさん、
可愛がってあげてね」とおっしゃる。(笑)

人によっては怒っちゃいそうなセリフですけど、
叔母は、無理するわけでもなく、にこにこ笑っていました。
その前に、このおばあさんに、色白でべっぴんだとか、
肌がきれいで若いとか、持ち上げてもらってたしね。

割にご機嫌のいい叔母に老人ホームの話をしました。
「個室で広めの部屋なら、好きなものが飾れるよ、
家に置いて来た飾り物で、お気に入りのものを持ってくればいい。
涼しくなったら、家に帰って、欲しいものを選ぼうね。
いらないものを思い切って処分して、少しリフォームして、
きれいにして貸したら、家賃が入るから、
もしも介護度が上がって、費用が高くなっても、
家賃で払えると思うと安心じゃない?」

絶対に借り手がいるとは限らないけど、
そう言ったら、叔母は明るい顔になりました。

施設の見学に誘ったけれど、私に見てきて欲しいとか。
パンフレットは欲しいというので、今度持っていきます。

「叔母さんは、けっこう自由なんだよ。
確かに車椅子になっちゃたし、話もしにくいけど、
私と家に行って、欲しいものを選ぶことも出来るし、
福祉タクシーを使って、出かけることだって出来るんだよ。
もちろん届けがいるし、付き添いもいるから、
私に話してくれなくちゃいけないけど、
出来ることはたくさんあるんだよ。」

話しながら、私は、住宅型の老人ホームがいいかもしれないと
心の中で思いました。
住宅型の老人ホームは、介護保険も使えると聞いた気がします。
確認しないと断言できませんけど、介護保険が使えるなら、
介護タクシーとヘルパーさんをお願いすれば、
たまのお出かけも楽しめるのでは??

もちろん、介護保険が使えなくても、
私がやってあげれば楽しめるんですけど、
安請け合いは、自分の首をしめちゃうので口にチャック~。

さらっと老人ホームの話が出来てよかったです。
                         
                                  
        

叔母の施設・シュウトメちゃんのお世話

category - 日記
2012/ 07/ 19
                 
叔母の施設の相談員さんと面談してきました。
やはり老人ホームのお話でした。
今入っている施設は、自宅に帰るために入る
リハビリのある施設で、ず~っと置いてくれる場所ではありません。

私が申し込みを済ませている老人ホームは、
有料老人ホームと呼ばれる施設より安いので、
申し込みした時点で定員100人に対して400人待ち。
かけもち予約の人が多いので、この数字そのままの待ちではないですが、
それでも入所可能になるまでには何年もかかります。

今入っている施設としては、出来れば、それより前に
空室待ちの人を叔母の代わりに入れてあげたいわけです。
ショートステイの人や、病院から自宅に帰るため
リハビリの必要な人に。当然ですね。

私の家からさほど遠くない場所にある、
有料老人ホームのいくつかをご紹介いただきました。

叔母にここは合いそうだ、という施設もありました。
まだ7年目できれいだし、個室で、隣にデイサービスがあります。
デイサービスを利用すると、合計で年金ギリギリの額。
月に15000円くらいは余るという感じ。

ということは、服などを買ったり、医者にかかる必要が出来たり、
介護保険料とか、健康保険料、生命保険料などの
他の支払い分はこの1万5000円の中から出すことになりますが、
それで足りるのかな??

少し足りないくらいは、今までの貯えから出せばいいですが、
介護度が上がると払えなくなるかな・・・。
叔母は、右足を骨折してから車椅子の身になりましたが、
病院を変わる時も、病院から施設に変わる時も、
心が乱れて泣いちゃった人です。
できれば施設のお引越しはなくしてあげたいんだけど。

叔母は貯金に励むタイプじゃなかったし、
退職金は、家を建てたことで消えたみたい。
売ればいいと思うかもしれませんが、
土地は両親の実家の土地に建ってるのでややこしそう。
両親は既に他界し、土地は私が相続しました。
両親と一緒に過ごした場所なので、
将来できれば娘に住んでもらいたい・・・。
売りたくないんです。

叔母の家は独身の人なら充分住めるので、
きれいにして貸してはどうかと思案中。
賃貸料が叔母に入れば、気に入った老人ホームに
ずっといられますから。
叔母がいいと言えば、というのが前提ですからどうかな・・・。

とりあえず、電話で見学と説明の予約をしなくては。
費用の件も、実際にどのくらいかかるか、
基本料金にプラスアルファの部分をはっきり知っておかないと。

-------------------


介護をしているとはいえないような私の立場でも、
自分の時間をどんどん吸い取られていってストレスです。

昨日はシュウトメちゃんのシャワー浴で
30分つきっきりでお世話したのに、
シュウトメちゃん、自己中だから、愚痴まみれで疲れました。
デイサービスのない日は毎日こうなるのか~。(ため息)

夏だから、汗をかきますよね。
今までは、デイサービスのない日は、濡れタオルで身体拭きでしたが、
お風呂がリフォームできれいになったので、
使いたいんですよ。気持ちはわかります。
だったら、慣れないでスムースに行かなくても、
新しい浴室は気持ちがいいなっていう方に、
自分の意識を向ければいいのにねぇ。

脱衣所の椅子とお風呂椅子の距離は1・5メートル。
脱衣所の椅子で服を脱ぎ、お風呂椅子に座って身体を洗う。
それだけなんですが、勝手がわからず、イライラするらしい。
それは介助の思いやりに欠ける私のせいらしい。

今日もデイサービスはないので、出勤前にシュウトメちゃんの
お昼ごはんを目の前に並べて家を出ます。
シュウトメちゃんの洗濯物は今、洗濯機の中で回っています。
帰宅して、シュウトメちゃんの目の前に晩ご飯を並べ、
食後1時間したら、またシャワー浴介助です。
慣れれば愚痴はなくなるかしら。
期待したら負けって気がしますね。(笑)


-------------------


嫁には威張っていいんだという気持ちがあるのに、
自分の世話をしてくれるのは嫁しかいないから、
怒らせたら不利になるので下手に出ないとという意識が
どうも屈辱感を生んでしまうみたいで、
嫌な具合に(苦笑)結果が出ちゃうシュウトメちゃんでありました。
もっともっと優しくされたいだけなんですけどね。
それを言うなら、私だって、もっと優しくされたいですよ?(笑)

自分で自分に優しくするのが一番大事な気がします。
「どうせワシなんか」という言葉を
シュウトメちゃんが乗り越えられたらいいのだけど、
封印できないのは嫁のせい、なんでしょうね、きっと。
シュウトメちゃんの意識の中で、それは真実なのだから、
他の人がその意識を変えたいと思っても難しいです。

せめて私は「どうせ私なんかどうでもいいんでしょ?」と
頑張って疲れているのに否定されると湧いてくる思いを
ちぎって投げて、乗り越えたいと思います。

本日も長い日記になりました。
その分、出かける前に出来ることをサボってる~。(笑)