FC2ブログ
2012/06/26

2012年06月26日

        

リフォームにまつわるエトセトラ

category - 日記
2012/ 06/ 26
                 



今日からお風呂に入れそうです。
明日で2週間、長かった~。

でも、今日来るはずだった電気屋さんが来なくて、
洗面所の電気工事が終わっていません。
午前中に、水道屋さんの仕事は終わりました。
電気屋さんが来るというので、自宅待機で待ってたんですが、
全然来ないので、水道屋さんに電話して聞いてもらうと
(その電気屋さんの連絡先、聞いてなかったんです)
別の仕事に出かけちゃってるそうです。
おじいちゃんだったので、忘れたのか確信犯か、
水道屋さんとの連絡行き違いか、わかりませんけど、
会社休んで家で待機してたのにね~。

とりあえず浴室の電気は使えるので、
洗濯機を延長コードで使えば問題はありません。
しかし、今の日本でこんな仕事っぷりで成り立つのかな~?



  • テラコッタ柄の床と木目の壁はこんな感じです。
    そして壁には電気工事を待つ箇所がちらほら・・・。(苦笑)
  •  




  • しかし、私はこの件でクレームをつける気はありません。
    日本以外のアジア体験だと思えばよろしい。
    ただ、こっちにはクレームをつけました。
    早くしていただかないととても困ります。
    もちろんコンクリート作業はお天気もあるのですが、
    他のお仕事と多分平行してやっていらっしゃるので、
    大人しい客は後回しになるかと思うんです。
    この段差が長いこと存在するのは、足の悪い姑にとって、
    とても大変なことなので、と力説しておきました。




車庫から車で玄関まで来るための工事なんですが、
コンクリート舗装のためのこの段差が問題なんです。




シュウトメちゃんは左半身が不随で、右足も力が弱っているので、
段差解消のスロープを買って来たんですが、
それでも、ここを上がるのがとても困難です。
手すりがあればいいのですが、何か手すり代わりになるもの、ないかしら。

足が痛くなってしまって、着替えも私が手伝っています。
服だけじゃなくて、パンツをはくのも、靴下を脱がすのも私。
その間、ずっと愚痴を吐きまくるので、同情が薄れますが、
可哀想なのは可哀想です。

シュウトメちゃんは「私って可哀想ゲーム」の主人公なので、
愚痴に明るさがありません。

辛いことがあって、愚痴を言っても、「いっときのことよね」とか
「ケセラセラよね」とか、「いつかいい日もくるわよね」と
明るく締めくくることの出来る友人を
何人も知っています。
好きです、こういう友人たちが。

この日記も、シュウトメちゃん登場の場合は、
もしかしたら全面愚痴日記なのかもしれませんが、
そんなに全面暗いトーンじゃないよね?
(自分でそう思ってるだけ??)

愚痴のボスみたいなシュウトメちゃんの愚痴は
心底やめてくれ~、聞きたくない!と思ってしまいます。

シュウトメちゃんは、愚痴が当然の権利だと思っているので、
徹底して「わしはこんなに可哀想なんだ」と訴え続けます。
パンツをはかせてくれる嫁がいてよかったと思えよって感じです。(笑)

この間は足が攣ったという呼び出しがあり、
駆けつけて、足を押さえておりました。
「痛いよねえ、攣っちゃったらしばらくは仕方ないよねぇ」と
横で声をかけたら、素直に「そうだな」と言いました。
こういう素直な反応があるときは、シュウトメちゃん、可愛いんですよ。

でも、その後は段差のせいだという文句になりました。
こうなるとやっぱり可愛くないわ~。

「でも、おばあちゃんを車に乗せる時、玄関横付けになったら
楽になるからね、工事中は大変だけど、もうちょっとだからね」と
なだめておりましたが、こんなことなら、工事終了まで、
施設に入ってもらった方がよかったのかもしれませんね。

大体、この玄関周りの工事は、私のサービス精神からの思いつき。
病院送迎の際、ふうふう息を切らしつつ文句言ってるので、
車を玄関横付けにしてあげたら楽だなって思って。
そうしようと思うけど、少しお金出して、と言ったら、
してもらえるのは有難いがお金はないという
すごい返事をされて、それでも出してあげようと
オットに相談して依頼した工事なのに、
こんなに文句まみれで、パンツまで履かせることにもなって、
koalaが馬鹿みたいじゃないですかぁ。(涙)

デイサービスへの往復のためには、
足が痛くても、この段差を乗り越えなくちゃいけません。
1日1往復だけとはいえ、すごいストレスみたいです。
私もパンツまではかせるのはストレスです。局部はね~。
まだおばあさんでよかったですが。
舅さんの下のお世話していらっしゃる方が読んでいたらごめんなさい。
下のお世話の現実は、パンツはかせるくらいじゃないですよね。

日記を書いている間に水道屋さんから電話があり、
明日、工事に来るそうです。
連絡がうまく行ってなかったらしいです。
きっと日本以外のアジアではよくあること。

オペラ座の怪人の中のカルロッタのセリフがふっと浮かびました。

よくある 異常なことなのよ!もうしょっちゅう!
3年間この オペラ座は異常続き!
あたくしはもうコリゴリ。
こんなことがまた起こるのなら、あたくし この役、降りますわ!

28年間、シュウトメちゃんの態度は異常続き!
あたくしはもうコリゴリ。
こんな愚痴がまた続くのなら、あたくし、嫁の役、降りますわ!と
ちょっと言ってみたくなったりしましたわ。
この話、オペラ座の怪人マニアにしか通じないですね、失礼。
でも、個人的にちょっとすっきりしたので、満足です。(笑)


とりあえず、今日から自宅のお風呂に入れます。
めでたし、めでたし??(笑)
            
スポンサーサイト