FC2ブログ

2012年06月20日

        

4年前の日記が「些細な事でムッとしないオトナになりたい」でした

category - 日記
2012/ 06/ 20
                 
とても古い日記にいたずらコメントがあり、
削除するついでに読んだら、シュウトメちゃんの話でした。
2008年の日記なのに、まるで最近書いたみたいな内容!
タイトルは「些細な事でムッとしないオトナになりたい」だって!

私とシュウトメちゃんの関係って、ここまで進歩なし?!
いやいや、進歩ゼロってこともないような・・・。
最近のシュウトメちゃんは、ここまで我儘じゃないよね?
(↑誰に聞いてんの??笑)

以下、全文を転載します。青字にします。
しかし、4年前の日記では、シュウトメちゃん、
畑の草取りをしてますね。
それだけ元気だったのですね。

実家から戻ると、シュウトメちゃんは畑にいました。
今朝は、シュウトメちゃんに対して、少しムッとしていたのが、
草取りしている姿を見て、何だかかわいそうになりました。
シュウトメちゃんの「老い」を切実に感じました。

ムッとするのは大抵、シュウトメちゃんの不機嫌な応対で、
それは悪意と言うよりも、悪習慣じゃないかと、
最近思うようになりました。
今朝ムッとした事情は、話すと長い、些細な事でした。

シュウトメちゃんは今朝、デイサービスをお休みしました。
元気そうに見えるので聞くと、、昨日体調が悪かったからと
心外そうに、不愉快そうに言われました。


昨日、家の中で転んだのですよ。たまにあるのです。
私の目の前で転んだので、助け起こそうとしたら、
四十肩で痛い右手を触ってしまったようで、
「痛い!」と怒らせてしまいました。
横に転んだシュウトメちゃんの、背中を支えたつもりでしたが、
右を下に横向きに転んだので、右手にも響いたのでしょう。

慌てて「ごめんね。じゃ、もっと後ろを支えようか?」
そう聞くと、怒っちゃって返事しません。
起きようともがいているのに、手助けできないので、
「どうして欲しい?」と聞いても、やっぱり返事なしでした。
よくある反応ですけど、怒ってるんです。
昔ならここで私を責める言葉が出てきたところですが、
少し円くなったので、無視で済んでいるわけです。

無事起きて、移動して椅子に座るまでを確認しました。
普段ならそこで「痛む所に湿布しようか?」とか
聞いてあげるのですが、あまりに不機嫌な顔だったので、
何も言ってあげませんでした。大量洗濯もあったし。

シュウトメちゃんは、昨日の件を「体調が悪くて転んだ」と
私が認識していなかったことを心外に感じたようです。
バランスを崩して転んだと思っていたのですが、
ふらふらして転んだと言いたかったのでしょう。
なのに気遣いの言葉もなかった私が腹立たしいのね。

昨日のシュウトメちゃんは、お洗濯もしていました。
(数年前急に、自分のものは自分で洗うと言い出しました。)
畑で花を切ったりもして、お墓参りも行ったし、
体調が悪そうに見えなかったのですが、
転んだときに「体調が悪かったの?」って聞かれたかった?
バランスを崩したのではなく、ふらふらしたから転んだと?

私とオットが実家の母と京都に1泊したので、
ご機嫌斜めなのは仕方ないのですけどね、
やっぱりうんざりしちゃいますね。

デイサービスをお休みするなら、お昼ご飯を用意しないと。
シュウトメちゃんのお昼の仕度をしていると、
ずいぶん不機嫌な顔なので、体調不良のせいかもしれず、
「病院に行きますか?」と聞いてみました。
シュウトメちゃんは毎週月・金の2回診察を受けています。

「いや、明日行くから今日はいい。」
「え?明日行くんですか?金曜日じゃなくて?」
「薬がないから、明日行かないと。」
薬がないってことは月曜日の診察をサボったのね。
京都から帰る日だからお迎えに行けないって、
タクシーで帰るよう頼んだから、止めたんだね、きっと。
明日は木曜だけど、いつもの金曜も行くのかな??
でもそんな質問をする空気ではありませんでした。

「明日は私、母の温灸の日なので、悪いけれど、
早い時間しか送れないけど、8時半でいい?」
「9時からしか診てもらえん。」
「わかってるけど・・・。今日じゃダメなの?」
「今日じゃなくて明日行く。じゃあタクシーでいくからいい」

シュウトメちゃんは優しく心配されたいのですけど、
そういう不機嫌な対応が逆効果で、私はムッとしてしまい、
あまり機嫌をとると癖になるとさえ感じました。
不機嫌さは自分で解消してくださいね!という気持ちでした。

実家から帰って、草取りをしているシュウトメちゃんを見ると、
悪い人じゃないんだよね、という思いが湧きました。

心配したり、役に立てればと思っている相手に対して、
自分の不機嫌をぶつけるというこの習慣がとにかく悪い。
悪いのだけれど、こういうことは本人が希望しないと、
嫁koalaや実の息子koalaオットがどんなに言っても、
余計意地になって、変わらないものなのですよね。

相手を変えようというムナシイタタカイは、
お互いにもう卒業しています。
(シュウトメちゃん側も、マトモな嫁に教育しようと、
かなり「指導」して、諦めの境地に至ったようです。)

シュウトメちゃんの不機嫌などでムッとしなければいいの。
そんな些細ことで動揺しない、広い心を持てばいいの。
狭い心のkoalaには、ハードル高いんですけどね。(笑)
神様がkoalaの応援のため、シュウトメちゃんの草取り姿を、
見せてくれたのかもしれないです。
びっくりするほど年を取って見えました。

些細な事でムッとしないオトナになれますように。


シュウトメちゃんの不機嫌の1つは、koalaの旅行でした。
母が末期がん宣告されてから、死ぬまでに蛍を見に
旅行に連れて行ってあげたいと思い、京都に1泊したんです。
実母とkoalaとオットの3人でした。


京都・観光タクシーの旅 6月

シュウトメちゃんは淋しかったのでありました。
自分への気遣い、いたわりが足りない!と悲しかったのでした。
実母がちやほやされているようにさえ感じたかもしれません。

しかし、実母は大腸がんの父を看取り、
心身ともにボロボロになった所を立ち直りかけ、
少し元気になってきたら、自分が末期がん宣告を受けるという
大変な状況にあったので、シュウトメちゃんの面倒は
普通にみるだけで精一杯だったのです。

今も、週2回叔母の所に通う私が、面白くないというのも
不機嫌の一端なのかもしれません。
            
スポンサーサイト