FC2ブログ
2012/06/15

2012年06月15日

        

浴室・洗面所 リフォーム1日目

category - 日記
2012/ 06/ 15
                 



廃墟って言葉が浮かびました。(笑)
木曜の朝まで使っていた場所とは思えません~。




お風呂はこんな感じになる予定なのですが、
この廃墟が?って気持ちになりますね。
画像よりkoala家は窓が狭く、鏡は普通にたての鏡です。

ここに置く洗面台は、昨日書いたように
当初の予定より大きな物が置けることになったので
検討中なのですが、何しろ、私はここ、使わないんです。
母屋と離れがありまして、koala夫婦は離れに住んでます。
だから、離れの洗面所を使うのですね。

シュウトメちゃんと長男・長女の必要な収納が
どのくらいあるのか、わかりませんので、
カタログを長女に見せて聞きました。
鏡の裏の収納は、シュウトメちゃんが使いにくいのでパス。
鏡を狭くして、その分全面に収納できるタイプもありますが、
そこまでは必要ないみたいです。
横に収納棚のついたタイプを選択しました。


画像の下部の収納は扉タイプですが、
引き出しの方が使いやすそうなので引き出しタイプにしました。

本当は、洗面ボウルの下に収納のない、
車椅子でもOKのタイプがシュウトメちゃんに最適ですが、
その部分には、洗濯用品を収納したいので、
そこは我慢してもらって、高さをシュウトメちゃんに合わせます。
標準サイズの他に、高めと低め、3つから選べるんです。

オットは全く興味ないので、話に乗ってこなくてつまんないの。
でも「これはおばあちゃん、使いにくいよね」なんて
シュウトメちゃんの話を振ると、「そうだな。
こっちの方が使いやすいだろうな」と反応します。

オットは本当は親孝行したいけど、シュウトメちゃんが、
もっと親孝行しろという態度を見せるので、
反発して、かえって優しい態度を見せないんですよね。


育てた見返りだという考えを示されるのが嫌なんです。
本当はシュウトメちゃんだって、見返りが欲しくて
育てたわけじゃないと思うんですよ。

相手をしばっちゃいけないですね。
特殊な性癖の人を除いて(笑)、母親に拘束されたい人はいないです。
何の見返りも求めないで、ただ、子供を愛しただけ。
それが自然だから、自然な親子関係を求めるものなんじゃないかな。

オットに「ねえ、『高いと使いにくいから、おばあさんのために
低い洗面台にしたよ』って言ってあげなさいよ。
息子にそう言われたら、絶対に嬉しいんだよ」と
やはり母親であるkoalaが勧めたんですが、
オットは「お前が言えばいいじゃん。オレは言わない」って。
もうちょっと大人になりなさいな、我がオットよ~。
            
スポンサーサイト