FC2ブログ
2012/06/29
2012/06/26

2012年06月

        

お通夜に行きました

category - 日記
2012/ 06/ 30
                 
職場の元社員さんであるKさんのお通夜に行ってきました。
Kさんは、59歳の男性でした。

お通夜の場所が、私の両親と同じでびっくりしましたが、
実家と同じ市にお住まいなので、
実は驚くことはないのですよね。

両親の、それぞれのお通夜の夜を思い出しました。
あの日、私がいた場所に、奥さんと娘さん、
お婿さん、お孫ちゃんが立っていました。

お棺の中のKさんは眠っているようで、
本当に安らかなお顔でした。

Kさんは、とても感じのいい方だったので、
同僚たちも、奥様にいろいろお話していました。

私も「職場でお世話になっておりました」と挨拶しました。
「お孫さんのお話をよく聞かせていただきました。
一緒に旅行に行った時、お孫さんが膝の上で寝てしまって、
それが本当に可愛かったとおっしゃっていました。」と
続けて話をして、奥様を泣かせてしまいました。

お孫さんはまだ幼くて、おじいちゃんが死んだということが
よくわからなくて、はしゃいでいました。
その様子が、本当に可愛らしくて、
Kさんの魂も、今、この可愛い男の子を見て、
目を細めているんじゃないかと思いました。

つい、その子に話しかけちゃいました。
「おじいちゃんはね、ボクがとってもとっても好きだったんだよ」
お孫さんはにこっと笑ってくれました。


人はどこから来るのか、
何のために生まれて、死んだらどこへ行くのか。

知らなくてもいいのだ、と思います。
私は生まれたくて生まれてきたのであり、
多分自分が決めた一定期間、この世に生かされている魂で、
その期間が終わったら、あの世に帰るのでしょう。
そう思っても涙が出ましたが、
Kさんもそういうことだったのでしょう。

Kさんのお孫さん、本当に可愛い子ですね。
愛されてのびのび育ったお子さんだってすぐわかります。
            
スポンサーサイト



            
                                  
        

訃報

category - 日記
2012/ 06/ 29
                 

 
今日のプチ旅行はとても素敵でした。
でも、帰り道で携帯が鳴りました。
職場の同僚からで、共通の知り合いの訃報でした。

一緒に働いていた元正社員の男性で、
胃の調子が悪く、受診したところ、胃がんが見つかりました。
末期だったのです。
私の母の時と同じです。
この方は、まだ59歳でした。

明るくてとてもいい方でした。
一人娘さんが産んだ、1人息子のお孫ちゃんが
可愛くて、可愛くて、仕方ない感じでした。

私は魂の永遠を信じているので、
この方が消えてしまったとは思っていませんが、
お孫ちゃんの成長を、肉体を持つ存在として、
もっと抱っこしたり、一緒に遊んだり、
誕生日や入学などを祝ったりして、ゃんの成長を、そばで見守りたかっただろうと思うと、
やるせない気持ちになりました。

最近、訃報が多いです。
先日、ご近所の、長年我が家にヤクルトを配っていた方が、
急死されたばかりです。
息子さんが電話しても出なかったこの方は、
家で1人で亡くなっていたそうです。

その前は、今日一緒に紫陽花を見に出かけた友人の
町内の同年の女性が亡くなりました。
前日まで元気で、朝起きてこないのを
不審に思った家族が見に行くと、亡くなっていたそうです。

旅行記は後日まとめようと思います。
今日はただご冥福をお祈りしたいと思います。
                         
                                  
        

今日はお出かけ

category - 日記
2012/ 06/ 29
                 
今日は快晴!
友人と岐阜の板取川に紫陽花を見に行きます。
もちろんランチと温泉つきで。(笑)

玄関の工事は、おばあちゃんがとても困っていると言ったら、
優先的にやってくれるようになりました。
足がつったり、パンツがはけないこともなくなり、
私もパンツ履かせ係脱却を果たしました。
↑すごく嬉しい。(爆)

紫陽花のレポ、お待ちくださいね~。
                         
                                  
        

子宮頸がんワクチンは危険らしい 転載希望

category - 日記
2012/ 06/ 28
                 
気になるニュースを見ました。

子宮頸がんワクチン接種後に失神、567件報告
読売新聞 6月27日(水)20時35分配信

子宮頸がんの予防ワクチン接種後、失神した例が、
過去2年余りの間に国内で567件報告されていることが
27日、厚生労働省のまとめで分かった。

注射に伴う痛みや恐怖心が原因とみられる。
同省は失神によってけがする場合もあるとして、
接種後30分間はなるべく立ち上がらないなど注意を呼びかけている。

子宮頸がん予防ワクチンの接種は、中1から高1の女子を対象に
2009年12月から始まった。
今年3月までに、推定284万人(計約686万回分)が接種し、
「気が遠くなる」など症状がでたのが812件。
うち約7割が失神だった。
同省は、症状は注射の痛みや恐怖で、神経が防御反応を起こす
「迷走神経反射」で、ワクチンそのものとは無関係とみている。


ワクチン、という言葉でいいものに聞こえますが、
そもそも全てのワクチンは劇薬です。
子宮頸がん予防ワクチンについては、効かない、
特に日本人のかかりやすい子宮頸がんの型には効果がない、
(これは製薬会社も認めています)
不妊になる、死亡例や重い病気の後遺症も出ている、と
恐ろしい情報がたくさん出ているにもかかわらず、
政府が強引に勧めているワクチン接種です。


ネット情報を、いくつかまとめて青字にして載せます。

子宮頸がんの原因はHPVというウイルスですが、
発がん性HPVに感染しても90%以上は、免疫により体内から自然に消失するため、
子宮頸がんに進展するのは、約0、1~0、15%とごくわずかです。
子宮頸がんになるまでには通常、数年~十数年かかると推測されています。

この子宮頸がんワクチンが予防できるのは、HPV16型と18型です。
全ての発がん性HPVの感染を防げるものではありません。

「ワクチンを接種しても子宮頸がんにかかる可能性がある」と
製薬会社もはっきりと述べています。
日本人の子宮頸がんのHPV16型と18型は全体の約60%ということです。
そのためHPV16型と18型予防に製造された輸入ワクチンは、
日本人には予防効果がさらに限定的であるということです。

接種時にHPVに既に感染していたら、ワクチン接種は、
がん発症の危険性を増す可能性があります。

ワクチンの威力は、自然感染の11倍以上、6年間以上
抗体を維持するもので、長期的な副作用においては、未知数です。

2009年8月19日の米・ニューヨークタイムズの記事には、
接種後の死亡報告が20件以上あることを伝えています。

同年10月1日の英・ガーディアン紙の記事には、
子宮頸がんワクチン接種後、七日以内の死亡が、
アメリカで32件報告されていると伝えています。

2007年には、オーストリアで19歳の女性、
続くドイツで18歳の女性が、接種後に死亡しています。

2009年には、イギリスで接種直後に14歳の少女が死亡しています。

これらの死亡例は、製薬会社の調査やニュース報道では、
ワクチンと無関係であるとしていますが、接種後に起きたことでした。



「子宮頸がんワクチン 危険」で検索してみて下さい。
たくさんヒットします。

子宮頸がんワクチンの危険性

警告!子宮頸がんワクチンの接種は危険

ちょっと待った!子宮頸癌の予防接種は危険

ワクチンって、製薬会社にとってものすごいドル箱だと思います。
原発と同じで、お金を吸い上げるシステムは強固です。
日本でワクチン接種後の少女達が567人失神したくらいで、
揺らぐようなシステムでないことは確かです。

原発がこんなに危険だなんて知らなかった!
警鐘を鳴らす人はたくさんいたのですが。
私たち大人は福島の子ども達を守れませんでした。
(福島の子供たちを長期の休みに放射能の少ない地区で
過ごさせて害を減らす支援がいくつもありますので、
よろしければ、そういう団体へのご援助をお願いします)

原発推進と同じ構図に思えてなりません。
子宮頸がんワクチンの被害を受けるのは未来ある少女達です。
                         
                                  
        

リフォームにまつわるエトセトラ

category - 日記
2012/ 06/ 26
                 



今日からお風呂に入れそうです。
明日で2週間、長かった~。

でも、今日来るはずだった電気屋さんが来なくて、
洗面所の電気工事が終わっていません。
午前中に、水道屋さんの仕事は終わりました。
電気屋さんが来るというので、自宅待機で待ってたんですが、
全然来ないので、水道屋さんに電話して聞いてもらうと
(その電気屋さんの連絡先、聞いてなかったんです)
別の仕事に出かけちゃってるそうです。
おじいちゃんだったので、忘れたのか確信犯か、
水道屋さんとの連絡行き違いか、わかりませんけど、
会社休んで家で待機してたのにね~。

とりあえず浴室の電気は使えるので、
洗濯機を延長コードで使えば問題はありません。
しかし、今の日本でこんな仕事っぷりで成り立つのかな~?



  • テラコッタ柄の床と木目の壁はこんな感じです。
    そして壁には電気工事を待つ箇所がちらほら・・・。(苦笑)
  •  




  • しかし、私はこの件でクレームをつける気はありません。
    日本以外のアジア体験だと思えばよろしい。
    ただ、こっちにはクレームをつけました。
    早くしていただかないととても困ります。
    もちろんコンクリート作業はお天気もあるのですが、
    他のお仕事と多分平行してやっていらっしゃるので、
    大人しい客は後回しになるかと思うんです。
    この段差が長いこと存在するのは、足の悪い姑にとって、
    とても大変なことなので、と力説しておきました。




車庫から車で玄関まで来るための工事なんですが、
コンクリート舗装のためのこの段差が問題なんです。




シュウトメちゃんは左半身が不随で、右足も力が弱っているので、
段差解消のスロープを買って来たんですが、
それでも、ここを上がるのがとても困難です。
手すりがあればいいのですが、何か手すり代わりになるもの、ないかしら。

足が痛くなってしまって、着替えも私が手伝っています。
服だけじゃなくて、パンツをはくのも、靴下を脱がすのも私。
その間、ずっと愚痴を吐きまくるので、同情が薄れますが、
可哀想なのは可哀想です。

シュウトメちゃんは「私って可哀想ゲーム」の主人公なので、
愚痴に明るさがありません。

辛いことがあって、愚痴を言っても、「いっときのことよね」とか
「ケセラセラよね」とか、「いつかいい日もくるわよね」と
明るく締めくくることの出来る友人を
何人も知っています。
好きです、こういう友人たちが。

この日記も、シュウトメちゃん登場の場合は、
もしかしたら全面愚痴日記なのかもしれませんが、
そんなに全面暗いトーンじゃないよね?
(自分でそう思ってるだけ??)

愚痴のボスみたいなシュウトメちゃんの愚痴は
心底やめてくれ~、聞きたくない!と思ってしまいます。

シュウトメちゃんは、愚痴が当然の権利だと思っているので、
徹底して「わしはこんなに可哀想なんだ」と訴え続けます。
パンツをはかせてくれる嫁がいてよかったと思えよって感じです。(笑)

この間は足が攣ったという呼び出しがあり、
駆けつけて、足を押さえておりました。
「痛いよねえ、攣っちゃったらしばらくは仕方ないよねぇ」と
横で声をかけたら、素直に「そうだな」と言いました。
こういう素直な反応があるときは、シュウトメちゃん、可愛いんですよ。

でも、その後は段差のせいだという文句になりました。
こうなるとやっぱり可愛くないわ~。

「でも、おばあちゃんを車に乗せる時、玄関横付けになったら
楽になるからね、工事中は大変だけど、もうちょっとだからね」と
なだめておりましたが、こんなことなら、工事終了まで、
施設に入ってもらった方がよかったのかもしれませんね。

大体、この玄関周りの工事は、私のサービス精神からの思いつき。
病院送迎の際、ふうふう息を切らしつつ文句言ってるので、
車を玄関横付けにしてあげたら楽だなって思って。
そうしようと思うけど、少しお金出して、と言ったら、
してもらえるのは有難いがお金はないという
すごい返事をされて、それでも出してあげようと
オットに相談して依頼した工事なのに、
こんなに文句まみれで、パンツまで履かせることにもなって、
koalaが馬鹿みたいじゃないですかぁ。(涙)

デイサービスへの往復のためには、
足が痛くても、この段差を乗り越えなくちゃいけません。
1日1往復だけとはいえ、すごいストレスみたいです。
私もパンツまではかせるのはストレスです。局部はね~。
まだおばあさんでよかったですが。
舅さんの下のお世話していらっしゃる方が読んでいたらごめんなさい。
下のお世話の現実は、パンツはかせるくらいじゃないですよね。

日記を書いている間に水道屋さんから電話があり、
明日、工事に来るそうです。
連絡がうまく行ってなかったらしいです。
きっと日本以外のアジアではよくあること。

オペラ座の怪人の中のカルロッタのセリフがふっと浮かびました。

よくある 異常なことなのよ!もうしょっちゅう!
3年間この オペラ座は異常続き!
あたくしはもうコリゴリ。
こんなことがまた起こるのなら、あたくし この役、降りますわ!

28年間、シュウトメちゃんの態度は異常続き!
あたくしはもうコリゴリ。
こんな愚痴がまた続くのなら、あたくし、嫁の役、降りますわ!と
ちょっと言ってみたくなったりしましたわ。
この話、オペラ座の怪人マニアにしか通じないですね、失礼。
でも、個人的にちょっとすっきりしたので、満足です。(笑)


とりあえず、今日から自宅のお風呂に入れます。
めでたし、めでたし??(笑)
                         
                                  
        

今日中に壁紙関係は終わるとか

category - 日記
2012/ 06/ 25
                 
年には勝てないっていう感じで疲れが出ています。

リフォーム工事にまつわるあれこれと、
シュウトメちゃんのお世話と叔母の施設通い。
休みを増やしたけど、仕事の日もあるし、
家事は工事の関係でやりにくく、
好きな温泉通いだけど、オットの帰宅にあわせるので、
温泉からの帰宅が23時~朝1時。起きるのは6時。
業者さんは8時前に来ることもあるという状態で
もう2週間になるんですね~。

今日は小雨が降っているせいか、水道屋さんが来ません。
聞きたいことがあったんだけどな~。
クロス屋さんが来ています。
今日中に壁紙関係は終わるとか。
ありがとうございます~。

さて、今から叔母の施設に行って出勤です。

もう少しだ、頑張ろうワタシ~。(笑)
                         
                                  
        

いわきワールド田んぼプロジェクト

category - 日記
2012/ 06/ 23
                 
オットが時々1人で行っている温泉は、
朝6時から翌朝3時まで営業しているところです。
朝9時から夜11時の、至近距離の温泉に
仕事で間に合わない場合に重宝しています。

昨夜は私も一人でそこへ行こうかな~と思いました。
帰りはオット待ち合わせて。
と言っても車2台なので、じゃあね~と言うだけですが。
馬鹿みたい?(笑)
岩盤浴を出てから、温泉のみのオットと連絡し、
12時半にお風呂を出ることに。

露天風呂のテレビでは、福島の農家のニュースをやっていました。
コシヒカリを4期作で作ろうという企画があるそうです。
「いわきワールド田んぼプロジェクト」という団体の代表が
オーストラリアでの米作りの研究中だそうです。
この男性、私と同じ年齢で、51歳でした。

ここから先、出来たら拡散希望の情報です。


福島から来る農家たちは、3カ月交代で行き来すればいい、
福島の農家で力を合わせて、福島の土地には
菜の花などを植えて、将来に備え、
オーストラリアの農地で、日本人の作り方で、
美味しい米つくりをしようというのです。


4期作ですから、3ヶ月で収穫できちゃうわけですね。
おまけに、無農薬・無肥料。

その上、無農薬・無肥料なんてすごいことです!
「奇蹟のリンゴ」の木村さんが長年推し進めているので、
国内でも、少しずつ賛同農家さんが増えていると思いますが、
ネックはやはり、労力にあった収入がないことだと思います。
この問題点も、HPに対策があげられています。
(後半の青字の記事まとめにあります)

オーストラリアでは、米は畑で作るのだそうです。
しかし、いわき市出身の男性は、水を張った田んぼで
日本の作り方で育てることにこだわりました。
手植えで稲を植えていたので、大変そうでしたが、
後述する理由で、畑でなく田の耕作は、
オーストラリアの大地を守ることにもなります。

収穫された米を持ち帰って、いわき市で試食会が開かれました。
NPOメンバーはもちろん、福島での農業を諦めた元農家、
農業を目指す若者たちも試食会に参加していました。

オーストラリアの穀物を扱う会社でも、
このプロジェクトは評価されていて、
世界中が取り引き相手だと語っていました。
州政府担当者も「福島の人々を支援できるかもしれない。
私たちにとっても、米産業拡大のチャンスだ」と話していました。


「いわきワールド田んぼプロジェクト」のトップページには、
「元気なうつくしまふくしまを取り戻そう!」と書いてあります。
自宅に帰ってから検索してこれを見て、涙が出ました。

『福島』は英語で“Happy Island”。
『いわき』は日本人の美徳である「和を以て貴しと為す」(以和貴)が語源。
 この福島のいわきの地から、日本人の美徳である、みんなの『和』を以て、ふくしまの未来を再構築して行きましょう ! ゆうき、げんき、いわき !!

いわき市には、ネット友karakuraさんが住んでいます。

「いわきワールド田んぼプロジェクト」

いわきワールド田んぼプロジェクト(IWTP)創設への経緯
素晴らしい文章ですので、ぜひ全文を読んでいただきたいです。
時間のない方のためにざくっと要約します。青字にします。

世界の人口の2%が住み、世界の食料の10%を輸入し、
4分の1の食べ物-地球上で1日8万人餓死している人々を
まかなえるだけの量-を捨てている、食料廃棄率世界一の国、日本。
食料自給率40%の国が食べ物を使い捨てにして、
そのことに危機感を抱いていない日本人。

エジプトやメソポタミア(今のイラク)など、
かつての肥沃な畑作地帯だったところが、
今や砂漠化して見る影も無いのとは対照的に、
三千年ぐらい前から水田稲作が始まった日本では、
砂漠化することなく何百年、何千年と、
同じ『田んぼ』にコメを作り続けてこられたのはなぜか。

オーストラリアでは何万年とかけて氷河期に溜められた
化石帯水層にある水を、地下300mぐらい掘って、
その水を汲み上げて、畑に撒いて農作物を作っている。

その水は、二度と補給されることがない水なので、
その水が無くなればどんどん沙漠化が進む。

「田んぼ」は、自然の水のサイクルをうまく利用して、
化石帯水層にある水を使わずに、山の雪解け水や雨水を溜め、
その水は蒸発して雲になり、雨になるという循環により、
天からの水だけで主食であるコメを作っている。
また、田んぼの水が蒸発すると、放射冷却が起こり、
それが気温の上昇を押さえ沙漠化を防いでいる。

三世一身法や墾田永年私財法など、歴代の日本政府が、
自然の水のサイクルをうまく利用した『田んぼ』を守り続け、
コメを作り続けてきたおかげで日本は水資源の豊富な国であり続ける。

しかし、今の日本の農業では、労力の割に収入が少なく、
農村の過疎化が進んでいる。
今から『田んぼ』を再生させて行かなければ、
日本も沙漠化して、国土の3分の2が森林である日本も、
山火事が頻発し、オーストラリアのように悪循環に陥って行くだろう。

そうならないように、今のうちに私にできることはないものか。
1kg 5000円でコメが売れれば5反歩の田んぼでも十分食べていける。
しかし、1kg 5000円のコメを誰が買うだろうか?
コメをコメ粉にし、65gのコメ粉でシフォンケーキを1ホール作り、
4つにカットして250円で売れば、1kgのコメは 5000円になる。

農業を原料生産から加工・商品化・販売までを一貫させた
『第1次産業×第2次産業×第3次産業=第6次産業』という
新たな産業の形に変えて、コメを主食としない欧米人たちにも
受け入れられる商品開発を進めることで、
採算の合う、将来性のある農業のビジネスモデルを構築できれば。

・有機農法による『田んぼアート』で収穫した数種類の古代米を
ミックスした『タンボアートライス』ほか、
その土地ならではのブランド米の生産。

・独自のブランド米を玄米のままコメ粉に加工して、
ケーキやパスタやピザやヌードルなど、
コメを主食としない欧米人たちにも受け入れられ、
欧米化した日本人の食にも対応でき、なおかつ、
健康促進にも役立つような形に変えた商品を開発。

・その商品を、自宅を改築し、商品研究施設も兼ねた
『OZ ON? CAFE』や連携業者にて調理加工し、お客様に提供する。

子供たちに現在の私たちは何を残すことができるのでしょうか?

荒れ果てた田畑を残し、食料難で飢餓にあえいでも、
もはや耕作できる土地も無く、食料争奪が絶えない
殺伐とした社会への階段を残すのでしょうか?
 
それとも、豊富な水資源と耕作地に恵まれた、
最低でも食べ物に困らない世の中への道筋を残すのでしょうか?

1キロ5000円のコメというのは、今の日本で、手塩にかけてコメを作った場合、
そのくらいの収入がないと割に合わないので農業の後継者が育たないというお値段だそうです。
オーストラリアでの耕作の場合は4期作を目指すと言うことなので、その場合のお値段ではありません。

いわきワールド田んぼプロジェクトはとてもまっとうな趣旨で、
ぜひ頑張って欲しいと思います。

田んぼと言うのは、水の循環が素晴らしくうまくいっている
自然に沿った、立派な農法なのでありました。
福島の米作りにプライドを持って働いてきたのに、
原発事故のため、田んぼを捨てるしかなくなった農家の方々、
また、農業の大切さに着目し、農業を志す若い人たちが
力をあわせて進めていって欲しいです。
                         
                                  
        

ほぼ専業主婦状態

category - 日記
2012/ 06/ 22
                 
今週はほとんど仕事に行っていません。

月 休
火 出勤
水 休
木 出勤
金 休
土 休
日 出勤

あはは。3日出勤で、4日休み。
工事のためですけれど、次回のお給料、少ないわ~。

でも、時間をかけておかずを作ったり、整理整頓したり、
部屋の模様替えを考えたり、断捨離したり、
こういう生活も、なかなか楽しいですよ。

短期間なのでそう思えるだけかもしれませんが、
仲のいい同居友人が言ってました。
「私たち、同居でなかったら、家にいるのが好きなんじゃない?
少なくても家を出たいという気持ちはうんと減るよね。」

その通りかもしれません。
シュウトメちゃんをデイサービスに送り出したあと、
部屋の模様替えを考えている時間って、楽しいです。

私とオットは主に離れの居間と寝室の2部屋で暮らしています。
オットは睡眠以外の時間はその居間で過ごすので、
居間はほぼ「オットの部屋」になっていて、
服も小物もオットの物はほぼ居間にお引越し。
元々は寝室のタンスや押入れに入っていたのですけど、
大量の物のお引越しのため、居間がぐちゃぐちゃで落ち着きません。

押入れにジャストサイズの、奥行きのあるタンスをゲット。

  タンス大 サイズ約W750*D750*H625
     タンス小 サイズ約W423*D750*H625

この2つを並べると、押入れの下の段にピッタリのサイズなんです。
奥行きが深いので、奥に長袖、手前に半袖を畳んで入れれば、
寝室の衣装ケースも減らせそうです。
明日か明後日の午前中に到着する予定です。
押入れの戸は、使いにくかったらはずしちゃいます。

ネットでタンスなんて??と思いますか?
私、今までに3つのタンスをネットで買いましたが、
全く問題なかったですよ。
(もちろん、口コミは必ずチェックします。)


押入れの上の段には、押入れ用のクローゼットハンガーと
横にほぼジャストサイズで置ける収納ケースを置いてあります。

全ての工事が終わるのは、木曜日だそうです。
私の注文した洗面台が普通のタイプなら、
火曜か水曜に終わるそうなのですが、
シュウトメちゃんのために、背の低い洗面台を頼みました。
割に特殊なオーダーだそうで、少し時間がかかるそうです。

まあ、1日2日洗面台が遅くなっても、
体が不自由で、背の低いシュウトメちゃんが、
使いにくいと困るでしょうからね。
長男は使いにくいかもしれないけれど、
お洒落でない男子なので、洗面所を使う時間は短いので、
我慢してもらうことにしたんですよ。

お風呂には、月曜日の夜から入れるだろうとのこと。
オットは今、仕事の帰りがとても遅いので、
朝6時から翌朝3時まで営業している温泉に通っています。
夜中に入ったり、出勤が遅くていい日は朝風呂してから出勤したり。
その温泉自体も少し遠いので、大変です。
仲良く温泉に行きたい妻koalaはちょっとつまんない。
深夜や朝風呂じゃ、付き合えないですよね。(笑)

温泉代、4人で約3000円はまだしばらく続きます。(涙)
こういう時は、非常時を楽しむ方向にシフトすると
(涙)なんて書きながらも、面白かったりするのよね。
お茶を出したりもややストレスだし、お金は出て行くし、
そんなデメリットと引き換えに、わか専業主婦状態が長引いて、
専業主婦ってこんな感じね♪とワクワクして、
普段できないことを積極的にやればいいよね~。
あれ、これはタンスやら他の物(まだあるの)を
ポチして更にお金を使った自分への言い訳~?
言い訳なんかしなくていいのよ、人のお金を使い込んでるわけじゃなし、
家がきれいになることを思えば安いもの、と自分に言ってみる。(笑)
                         
                                  
        

工事期間は延長中~

category - 日記
2012/ 06/ 21
                 
本当は昨日が工事の終了予定日だったのですが、
無理だったようで、今日お聞きしたら、
目標は今週中、ということでした。
今週中に終わりますように。

オットは昨日、仕事がとても遅くなって、
お風呂をパスしてしまったので、
今朝は朝5時からやっている温泉に行き、
その後出勤するというありさまです。
やはり家にお風呂があるって大事なんですよね。

簡易シャワー室をつけることも出来たのですが、
1週間くらいなら、温泉通いもいいかなという私の判断で、
お願いするのをやめちゃったんですね。
車で5分の温泉は1人750円なので4人で1日3000円ですが、
簡易シャワーをよりそっちにお金を使おうかなって。

でも、車で5分の温泉は11時終了と終わるのが早いんです。
11時終了だけど、10時半には、丁寧だけれど、
早く帰ってねと言うニュアンスの放送が入ります。
帰宅が10時過ぎにならなければ、問題ないけれど、
ニッポンのサラリーマンはそんなに恵まれてない日も多いのよね。

さて、工事ですが、今日は人数が多いです。
今日は電気工事の方と大工さんが入ったので、
配線や床貼りをしていただけると思います。

今までは、水道店さんの若いスタッフの方が、
毎日3~4人で頑張ってきました。
蒸し暑い中の力仕事、若くてもきついでしょうね。
今日はいつもよりは涼しいのですが、小雨に濡れての作業あり。

私は明日、友人と岐阜で紫陽花&ランチ&温泉の予定でしたが、
工事が続いているので、予定を来週に延期してもらいました。
シュウトメちゃんはデイサービスの日なので。
工事の音がうるさいと不満が募っているので、
悪いけどデイサービス休んで~とは言いませんでした。
友人は金曜日が休みなのですが、来週も空いてて助かりました。

昨日の夕方、電気工事の配線担当の方がいらっしゃいました。
中2階に上がって配線作業すると言われたので、
中2階は20年以上誰も上がっていないので、
埃だらけですから、天井の横に配線を這わせて結構ですよと
やんわりお断りしたんですが、律儀な方で、
そういうわけには、とおっしゃる。

マスクをして中2階と階段の大掃除をしました。
マスクしていても、喉をやられました。
こんなことでもないと、掃除できないので、
有難いことなんですよね。

さて、来週の金曜日には全てすっきりと片付いて、
ルンルン気分で友人とお出かけしたいものです~。
                         
                                  
        

4年前の日記が「些細な事でムッとしないオトナになりたい」でした

category - 日記
2012/ 06/ 20
                 
とても古い日記にいたずらコメントがあり、
削除するついでに読んだら、シュウトメちゃんの話でした。
2008年の日記なのに、まるで最近書いたみたいな内容!
タイトルは「些細な事でムッとしないオトナになりたい」だって!

私とシュウトメちゃんの関係って、ここまで進歩なし?!
いやいや、進歩ゼロってこともないような・・・。
最近のシュウトメちゃんは、ここまで我儘じゃないよね?
(↑誰に聞いてんの??笑)

以下、全文を転載します。青字にします。
しかし、4年前の日記では、シュウトメちゃん、
畑の草取りをしてますね。
それだけ元気だったのですね。

実家から戻ると、シュウトメちゃんは畑にいました。
今朝は、シュウトメちゃんに対して、少しムッとしていたのが、
草取りしている姿を見て、何だかかわいそうになりました。
シュウトメちゃんの「老い」を切実に感じました。

ムッとするのは大抵、シュウトメちゃんの不機嫌な応対で、
それは悪意と言うよりも、悪習慣じゃないかと、
最近思うようになりました。
今朝ムッとした事情は、話すと長い、些細な事でした。

シュウトメちゃんは今朝、デイサービスをお休みしました。
元気そうに見えるので聞くと、、昨日体調が悪かったからと
心外そうに、不愉快そうに言われました。


昨日、家の中で転んだのですよ。たまにあるのです。
私の目の前で転んだので、助け起こそうとしたら、
四十肩で痛い右手を触ってしまったようで、
「痛い!」と怒らせてしまいました。
横に転んだシュウトメちゃんの、背中を支えたつもりでしたが、
右を下に横向きに転んだので、右手にも響いたのでしょう。

慌てて「ごめんね。じゃ、もっと後ろを支えようか?」
そう聞くと、怒っちゃって返事しません。
起きようともがいているのに、手助けできないので、
「どうして欲しい?」と聞いても、やっぱり返事なしでした。
よくある反応ですけど、怒ってるんです。
昔ならここで私を責める言葉が出てきたところですが、
少し円くなったので、無視で済んでいるわけです。

無事起きて、移動して椅子に座るまでを確認しました。
普段ならそこで「痛む所に湿布しようか?」とか
聞いてあげるのですが、あまりに不機嫌な顔だったので、
何も言ってあげませんでした。大量洗濯もあったし。

シュウトメちゃんは、昨日の件を「体調が悪くて転んだ」と
私が認識していなかったことを心外に感じたようです。
バランスを崩して転んだと思っていたのですが、
ふらふらして転んだと言いたかったのでしょう。
なのに気遣いの言葉もなかった私が腹立たしいのね。

昨日のシュウトメちゃんは、お洗濯もしていました。
(数年前急に、自分のものは自分で洗うと言い出しました。)
畑で花を切ったりもして、お墓参りも行ったし、
体調が悪そうに見えなかったのですが、
転んだときに「体調が悪かったの?」って聞かれたかった?
バランスを崩したのではなく、ふらふらしたから転んだと?

私とオットが実家の母と京都に1泊したので、
ご機嫌斜めなのは仕方ないのですけどね、
やっぱりうんざりしちゃいますね。

デイサービスをお休みするなら、お昼ご飯を用意しないと。
シュウトメちゃんのお昼の仕度をしていると、
ずいぶん不機嫌な顔なので、体調不良のせいかもしれず、
「病院に行きますか?」と聞いてみました。
シュウトメちゃんは毎週月・金の2回診察を受けています。

「いや、明日行くから今日はいい。」
「え?明日行くんですか?金曜日じゃなくて?」
「薬がないから、明日行かないと。」
薬がないってことは月曜日の診察をサボったのね。
京都から帰る日だからお迎えに行けないって、
タクシーで帰るよう頼んだから、止めたんだね、きっと。
明日は木曜だけど、いつもの金曜も行くのかな??
でもそんな質問をする空気ではありませんでした。

「明日は私、母の温灸の日なので、悪いけれど、
早い時間しか送れないけど、8時半でいい?」
「9時からしか診てもらえん。」
「わかってるけど・・・。今日じゃダメなの?」
「今日じゃなくて明日行く。じゃあタクシーでいくからいい」

シュウトメちゃんは優しく心配されたいのですけど、
そういう不機嫌な対応が逆効果で、私はムッとしてしまい、
あまり機嫌をとると癖になるとさえ感じました。
不機嫌さは自分で解消してくださいね!という気持ちでした。

実家から帰って、草取りをしているシュウトメちゃんを見ると、
悪い人じゃないんだよね、という思いが湧きました。

心配したり、役に立てればと思っている相手に対して、
自分の不機嫌をぶつけるというこの習慣がとにかく悪い。
悪いのだけれど、こういうことは本人が希望しないと、
嫁koalaや実の息子koalaオットがどんなに言っても、
余計意地になって、変わらないものなのですよね。

相手を変えようというムナシイタタカイは、
お互いにもう卒業しています。
(シュウトメちゃん側も、マトモな嫁に教育しようと、
かなり「指導」して、諦めの境地に至ったようです。)

シュウトメちゃんの不機嫌などでムッとしなければいいの。
そんな些細ことで動揺しない、広い心を持てばいいの。
狭い心のkoalaには、ハードル高いんですけどね。(笑)
神様がkoalaの応援のため、シュウトメちゃんの草取り姿を、
見せてくれたのかもしれないです。
びっくりするほど年を取って見えました。

些細な事でムッとしないオトナになれますように。


シュウトメちゃんの不機嫌の1つは、koalaの旅行でした。
母が末期がん宣告されてから、死ぬまでに蛍を見に
旅行に連れて行ってあげたいと思い、京都に1泊したんです。
実母とkoalaとオットの3人でした。


京都・観光タクシーの旅 6月

シュウトメちゃんは淋しかったのでありました。
自分への気遣い、いたわりが足りない!と悲しかったのでした。
実母がちやほやされているようにさえ感じたかもしれません。

しかし、実母は大腸がんの父を看取り、
心身ともにボロボロになった所を立ち直りかけ、
少し元気になってきたら、自分が末期がん宣告を受けるという
大変な状況にあったので、シュウトメちゃんの面倒は
普通にみるだけで精一杯だったのです。

今も、週2回叔母の所に通う私が、面白くないというのも
不機嫌の一端なのかもしれません。