FC2ブログ

2012年03月18日

        

しばらく更新をお休みします

category - 日記
2012/ 03/ 18
                 
いつも読んでいただき、ありがとうございます。
最近、介護生活が少し大変になってきました。
しばらく更新をお休みします。
 
姑と同居しているのに加えて、1人暮らししていた叔母がおります。
叔母は2度の脳出血で、右半身の麻痺と言語障害がありましたが、
一人暮らししたい気持ちが強く、ディケアとヘルパーさんの協力で、
何とか1人暮らししており、私も時々協力してきました。
ところが2月10日に自宅で転倒、左足の付け根を骨折し、
救急車で病院に運ばれて手術しました。
1ヶ月以上入院してリハビリしておりますが、
ベッドから車椅子に自分で移ることも一人ではできません。
1人暮らしには戻れそうもないので、施設の申し込みに奔走しています。
大きな病院に救急車で運ばれ、手術、入院、リハビリというようになったのですが、
大きな病院は、いつも満床で、転院先を探さなくてはいけません。
叔母が、転院先を退院後、自宅に戻れそうもなく、
施設への入所も確定しないと言うことで、なかなか転院もできませんでしたが、
入所手続きを進めているということで、受け入れていただくことが出来る病院に、
1週間ほど前に転院できたばかりです。
お洗濯物だけでなく、いろんな担当者と面接して、協力していただいて、
叔母にとってなるべく生きやすい環境を整えていかなくてはいけません。
 
姑も81歳ですが、脳梗塞の後遺症があり、叔母とは逆に左半身の麻痺があります。
杖と手すり、屋外ではシルバーカー、長い時間は車椅子で乗り切ってきましたが、
最近、シルバーカーが難しくなってきて、自宅に車椅子を用意する話になりました。
家の中はまだ杖で歩いています。
電動ベッド、電動座椅子(高さが自動で変えられる優れものです)、
ポータブルトイレなどを使って乗り切っていますが、
色々手のかかることが増えました。
加えて、入れ歯の具合が悪く、普通の食事が食べられないので、
小さなミキサーでクリーミーにした食事を用意しなくてはいけません。
脳外科と循環器内科と眼科に定期的に通っていますが、
入れ歯の不具合で歯科、過活動膀胱を発症して泌尿器科の通院が増えています。
 
年を取るって大変なんですよ~。
お世話するkoalaも大変ですが、お世話される方も大変です。
元気なうちに「人の役に立つ人間が価値があるという価値観を
捨てておいた方がいい」と最近は感じています。
人生は結果じゃなくて、プロセスに意味があるんじゃないか、
経験すること、それ自体に価値があるんじゃないか、
そう考えると、老後が少し生きやすいかもしれません。
 
長々と近況を書きましたが、私はまだ仕事に出て行けるし、
自分のしたいことをする時間がぜんぜんないわけではないので、
追いつめられる心配はしていません。
ただ、この2人の介護と、主婦業と、仕事のかけもちは正直少しきついです。
何しろ51歳、生まれてから半世紀過ぎてますから。(笑)
 
このブログは、途中で原発を考えるブログに変えました。
情報収集する時間が自分にたくさんあったので、
マスコミは都合の悪い情報を流しませんから、
これは大事では、と思う情報を載せてきました。
今は、その情報収集の時間が取れません。
 
このようなブログはたくさん存在し、それぞれの管理人さんは、
危機意識を持って行動していらっしゃると思います。
政府とマスコミの出したがる情報だけ得ていたら、
操られてしまう、犠牲が出てしまう、という意識は、
これからも時間がなくてもしっかり持っていたいと思います。
 
今まで読んでいただいて、本当にありがとうございました。
            
スポンサーサイト