FC2ブログ
2012/02/20
2012/02/20

2012年02月20日

        

南相馬市の3つのブログより 緊急!

category - 日記
2012/ 02/ 20
                 
先ほどの記事の追記分です。
 
南相馬市で「そこかしこ」にある黒い粉が
極めて高く放射性同位元素として扱われるレベルの汚染土壌であるのがわかりました。
しかし、何ら対策も注意喚起も行われていません。
フクシマの命と未来を放射能から守る会のブログの中に貼られた動画も削除されていて見られません。
 
 
 
 
 
国会議員各位

はじめまして 福島県南相馬市の市会議員 大山弘一と申します。

急なご連絡で恐縮です。
是非 以下の 神戸大学 山内教授の「報告書」を
ご覧いただきたいのです。

「放射性同位元素」そのものが
発災以来、11ヶ月経った南相馬市ほか 放射能被災地に現れ始めました。


 市街地で ここかしこで目にすることができます。


恐らく 希釈拡散し落下した原発事故由来の「黒煙」等物質などが 時間とともに
風雨で 凝集し始まってるのかとも思われます。

今、雪の降らない当地方は 強い 季節風の西風で 高濃度汚染地の阿武隈山地から
ふかふかの農地の表面をその風がたたきつけ 土埃を舞いあげ マスクをしなくなった
子供たちが少なからず 吸引してしまっています。


しかし、行政は慣れ切ってしまい この報告書を見せても土日の休みを取っています。

どうか いち早く住民を助けてください。
「一度落下した放射線核種は舞い上がらないなどと 副教材に用いる文科省は,大変な罪を犯しています。」

いつでも連絡ください。

 南相馬市議 大山弘一
 
____________報告書______________

「フクシマの命と未来を放射能から守る会」「福島県南相馬市 大山弘一 様」
放射能汚染レベル調査結果報告書
極めて高いレベルの汚染土壌について
*2012年2月16日
山 内 知 也**
神戸大学大学院海事科学研究科

概要:南相馬市にある商業施設から2011年12月21日に採取された土壌から、キログラム当り100万ベクレルを超える放射性セシウムが検出された。
通常、キログラム当り1万ベクレルを超える放射能密度の放射性セシウムが1万ベクレル以上あれば(1 kg以上あれば)、それは放射性同位元素として扱われる。
キログラム当り100万ベクレルというレベルは、ゴミ焼却炉や下水のスラッジプラントの焼却灰であったとすれば、コンクリートに固めても埋設が認められないような高いレベルである。
近隣には同様の汚染土壌があたり前のように存在しているが、何ら対策も注意喚起も行われていないとされている。
早急な調査と除染が求められる。
計測機器:高純度ゲルマニウム半導体検出器/Canberra GC3019
測定結果:詳細は添付のとおり(M120120117092715)。
Cs-134485,252 ± 965 Bq/kg
Cs-137604,360 ± 574 Bq/kg
TOTAL1,089,612 ± 1,123 Bq/kg


採取時の試料(U8容器に入っている)
 試料は黒っぽい褐色を呈しており、植物起源と思われる断片も混入している。コケ類等か枯れることで濃縮が進んだとも考えられる。100 ml足らずの容器表面でも表面線量は3 µSv/hを超えている。人が居住する地域に決して存在してはならない高いレベルの汚染物質である。このような土地に無防備な住民を住まわせてよいとはとうてい考えられない。
山内知也**
*この放射能汚染調査は、「フクシマの命と未来を放射能から守る会」の要請をうけて実施した。計測には神戸大学大学院海事科学研究科「加速器・粒子線実験施設」の放射線計測機器を使用した。
*658-0022神戸市東灘区深江南町5-1-1 神戸大学大学院海事科学研究科 教授
 
 
 
 
 
 
私は以前からあの物質の存在は知っていた。
車、3台で照らされていた場所にサーべイメーターを置くと瞬時に反応した。

今回の市役所の対応はお粗末であり、市民軽視も甚だしい。
 
あれを子どもが間違って口にでも入れたらどんなことになるやら・・・。
 
なぜマスコミは報道しないのか?民報、民友地元紙が報道しないでどうなのだ?
TVも腐れきっている。
 
単位をμsv/hだけではなく、Bq/cm2を使用したのには意味がある。
γ腺だけではない。αもβもあるんだ。
μsv/hだといちゃもんつけるセンセイ方がいるからだ。

今回現場保存し採取しなかったことをよく考えて欲しい。
なかなか動かない行政を動かしたいから現場保存したのだ。

最近の画像つき記事 画像一覧へ ]
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
このブログにある情報は自由に拡散させていただいてかまいません。
情報拡散のため、下をポチいただけると嬉しいです。
情報におかしいところがありましたら、ご指摘いただけるとありがたいです。




にほんブログ村

 
            
スポンサーサイト



            
                                  
        

武田邦彦氏 被曝防止情報

category - 日記
2012/ 02/ 20
                 
被曝防止情報


被曝を少しでも減らすために最近の重要なニュースを読者の方のご協力も得て、ピックアップしました。全体としてはそれほど危険な状態ではありませんが、食材の種類を多様にしたり、西日本、日本海側、外国のものをできるだけいれることが大切。キノコ、外食のコメ、東日本太平洋側のサカナ、乳製品は避けよう。
 
1) 埼玉県の上田知事は2月13日の記者会見で東電に逮捕者や自首する人が出ないことに怒りを示した。中小企業ならすぐ警察が逮捕することと比較しての発言だが、マスコミも相手が東電であれば敬語を使ったり、報道を弱めたりしている。日本人を差別せず「法の下の平等」の精神をあらゆるところで実現して欲しい。
 
2) 東京の公園から高い放射性物質を含む植物が見つかり密かに処分したことが伝えられているが、ネットによると国分寺の落ち葉が750ベクレル(1キロ、以下同じ)、町田市の牛フン120ベクレル、練馬区の剪定枝200ベクレル、多摩市の落ち葉400ベクレルなどが測定値として出ている。
 
3) (すでによく知られていますが)南相馬で放射線量の高い粉(黒い)が見つかりました。セシウムで110万ベクレル(1キロ)という途方もない数字で、普通ならすぐ警察が駆けつけ、マスコミが大騒ぎするのが普通ですが、「国民が被曝する方向」の時には政府の目が怖く、責任のあるところはなにもしないという状態が続いています。政府はないも同然なので、自衛する必要がある。
 
今は時間が取れませんが、後ほどこの件について追加アップします
 
とりあえず、この2つのサイトを見てください!
拡散希望です!
 
 
 
4) 2月16日茨城県生活環境部原子力安全対策課は土壌中のストロンチウム、プルトニウムの分析結果を発表し、いずれも検出限界内であること、その多くが福島原発由来ではないことを強調した。しかし、原子炉の中ではセシウムとストロンチウムが同じ量発生し、3号機はプルトニウム9%の燃料を使っていた。それとの関係は国の責任者はなにも発言していない。私たちは「散っているかも知れない」という警戒を続けなければならない。
 
5) 1月31日、農林水産消費安全技術センターに堆肥の分析によると、福島市1300ベクレル(1キロあたり、以下同じ)、伊達市1900ベクレル、桑折町3700ベクレル、郡山市8700ベクレル、いわき市600ベクレルである。高いものは出荷を自主規制しているが、堆肥は危険。
 
6) 2月19日の報道によると、福島の医師は71人が他県に移り、医師の減少に歯止めがかからない状態が続いている。
 
7) 原発に近いところの野菜を使うと表明している企業:イオン、セブンイレブン、イトーヨーカドー、華屋与兵衛、ビッグボーイ、モスバーガー、サイゼリア、リンガーハット、マックなど(注)モスバーガーは自主検査しているとしているが検査結果は公表していない。原子力予算4500億円の10分の1ぐらいを補償に使えば、汚染された野菜をすべて買い取ることができる。そのことを報道せず、ベクレル表示をしていないで販売する流通が多い。「セシウムを含む野菜を出荷する農家は誠意ある国日本の「農家」ではなく、消費者の被曝を増やす商品を売る流通は誠意ある国日本の「流通」ではない。」
 
8) 1キロ1500ベクレルを超えるシイタケが静岡で加工。
http://takedanet.com/images/2012/02/19/bandicam_20120219_080833251.jpg

(注)セシウムが入っていてもカリウム(放射性)もあるということを言う人がいるが、セシウムは筋肉に入る。もともと法律の規制を決めるときに臓器ごとに検討して決めている(日本は法治国家だ)。
 
9) 汚染された食材が沖縄に流れているという噂が絶えないが、沖縄で未使用の薪で1キロ500ベクレル、焼却灰で4万ベクレルを検出。この放射性物質は30年消えずに沖縄に蓄積する。
  放射性物質が入った農作物、瓦礫、薪などを持ち込むが危険なのは「煮ても焼いてもなくならず、繰り返し人体が被曝する」からで、1つ1つを計算して「基準値以下」であるというのでは安全ではない。
 
10) 横浜市瀬谷区の二ツ橋小学校の校庭に隣接する水路の跡地で、1時間あたり7マイクロという高い放射線量を想定。土砂を取り除く。ヤブ、水路、くぼみ、枯れ草には子供を近づけないように。
 
子供を被曝から守るためには、大人が子供を1年1ミリ以下にするように注意するしか方法がありません。すでに日本には政府や市民を守ろうとする自治体はないので、アメリカ人が銃を持つように、日本人は「自分と家族を守るための知識」を持たなければならない時代です。
 
次の選挙では「汚染されたものを国民に提供しない」、「放射線を持ち込まない」という人に投票しなければなりません。国を取り戻すために。
 
(平成24219日)
 
                            武田邦彦
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
このブログにある情報は自由に拡散させていただいてかまいません。
情報拡散のため、下をポチいただけると嬉しいです。
情報におかしいところがありましたら、ご指摘いただけるとありがたいです。




にほんブログ村