FC2ブログ
2012/02/15

2012年02月15日

        

福島「TEAM二本松」さんの声

category - 日記
2012/ 02/ 15
                 
福島の「TEAM二本松」さんは、明治ステップの放射性セシウムを調査して検出したことで有名になりました。
 
この件に関しての「TEAM二本松」さんの説明はこちら↓
 
佐々木さんは、仙台仏青会会長さんでもあります。
 
「koalaの部屋」でも過去に「TEAM二本松」さんの記事を書いています。
 
 
NPO法人TEAM二本松さんは、『正会員』と『賛助会員』の募集をしていらっしゃいます。
koalaは賛助会員になっています。
入会金は、『子どもたちの定期的一時疎開』の資金となります。
 
ここから先、TEAM二本松理事長 佐々木道範のブログからの引用です。
 
----------------------------------
 
忘れてしまいなさいと誰かが言う これからこの子に降る雨のことを
 
忘れてしまいなさいと誰かが言う これからこの子が吸う風のことを
 
忘れてしまいなさいと誰かが言う これからこの子が口にする食べ物のことを
 
そして忘れてしまいなさいと誰かが言う
 
この国はこんなにもあっさりと人を見捨ててしまえるという事実を。
 
でも、福島
 
私たちは忘れない
 
母乳から放射能が出たとむせび泣くあのお母さんを
 
私たちは忘れない
 
わが子を被曝させてしまったと、自分を責めるあのお父さんを
 
私たちは忘れない
 
外で遊びたいとせがむあの女の子を
 
私たちは忘れない
 
どうか福島を見捨てないでください、たすけてくださいと叫んだあの男の子を
 
そして私たちは忘れない
 
この全ては、間違いなく私たち一人一人が原発に加担し、見過ごし、
 
自分たちだけの豊かさに耽ってきた結果であるという事実を。
 
私たちを信じきって笑いかけてくる子供たちに、あやまっても、あやまっても
 
つぐなえない未来を押し付けてしまうこの情けない現実の中で
 
でも、それでも、
 
今、ごめんなさいから始めよう。
 
ナムアミダブツの風を受けて、原発はあかんと声を上げよう。
 
ナムアミダブツの光を受けてひとりひとりが輝こう。
 
忘れなさい 忘れなさいと誰かが囁くこの社会の中で
 
デモ、忘れない 福島!
 
ナムナム大集会実行委員会
 

僧侶も「原発反対」 真宗大谷派住職らデモhttp://www.kyoto-minpo.net/images/design/new_mark.gif

http://www.kyoto-minpo.net/archives/assets_c/2012/02/20120210-01-thumb-200x150-19137.jpg 真宗大谷派(本山、東本願寺)住職の有志らは9日、「原発反対」を訴えて京都市下京区の東本願寺から東山区の大谷祖廟までデモ行進しました。親鸞聖人の教えを通して社会問題を考える「ナムナム大集会実行委員会」の主催で、関係者150人が集まりました。
 同寺御影堂でお勤めし、「福島 私たちは忘れない」と表白を読み上げた後、福島県の住職やその家族、避難者の3人がリレートークしました。
 現在も同県で原発から北西50キロ地点にある二本松市在住の佐々木るりさんは、「家族一緒にいたいと住み続けているが、子どもの健康や今後の差別があると思うと心配です」と語りました。
 原発から西に50キロ地点にある郡山市から大阪に自主避難した曾我礼子さんは、「原発はいらないと離れて初めてわかった。全世界の1人ひとりが何をすべきか、考えてほしい」とのべ、原発から北に50キロ地点の相馬市の住職、八幡祥子さんは、「再び原発事故が起こるかもしれないと思うとつらく、むなしい。福島だけの問題じゃなく、繰り返さないためにもすぐに原発を止めてほしい」と訴えました。
 デモ行進では街頭に、「原発いらない 南無阿弥陀仏」「子どもを守れ 南無阿弥陀仏」とシュプレヒコールし、アピールしました。
 
----------------------------------

このブログにある情報は自由に拡散させていただいてかまいません。

また、情報拡散のため、下をポチいただけると嬉しいです。
情報におかしいところがありましたら、ご指摘いただけるとありがたいです。



にほんブログ村
            
スポンサーサイト