FC2ブログ
2012/01/30
2012/01/30
2012/01/30

2012年01月30日

        

明るく楽しい放射能リスク学習会@小山 3(前回の続き・完了)

category - 日記
2012/ 01/ 30
                 
(文章内に小山という地名がたびたび出てきますが、
この勉強会が栃木県小山市で行われたためです。)
 
これはですね、ささきたつやさんが作った東葛地域の詳細マップでありまして、
赤いところが濃いところで、緑色のところ黄色いところが薄いところであります。

http://blog-imgs-36-origin.fc2.com/k/i/i/kiikochan/201201271156455b1.jpg

これ位のサイズのマップ
さらにもっと大縮尺の細かいマップを作って、皆さんの生活の場を求めなければいけない。

赤いところには行かない。

これを見ると分かるんですが、
この地図でも有名な公園があって、真っ赤です。

そういうところでボーイスカウトがキャンプなんかしていたりするんです。
僕が測っていると、
テント張ってキャンプしているんです。
どういう事だろうと思うんですが、
そういうのはやっぱり、見て、測って、やめた方がいいです。


ま、やめなくてテント張る自由はある・・・

という感じで、ちょっと難しくなりますが、
放射能が危ない危ないって言っていますが、
放射能だけで死ぬんじゃないです。
 
人間はですね、一歩家を出ると危ない。死ぬかもしれん。
 
絶対に安全って言うのは世の中にはないんだ。
家の中でも危ないし、外に出ると車がいたりして危なくて、死ぬかもしれない。

これは、どれくらい死ぬかっていうのを書いたんで、

http://blog-imgs-36-origin.fc2.com/k/i/i/kiikochan/2012012712051699f.jpg

どういうことかって言うと、
1年間に500人に1人ががんで死ぬ。
1年当たり2万人に1人が自動車事故で死ぬ。
確率と言います。

一番危ない職業は、ヘリコプターパイロット。170分の1。

170人のヘリコプターパイロットがいると、1年で1人死にます。
すごく危ないです。
すごく危ないけれども、ヘリコプターを操縦して、空から見て楽しいから、
危ないけれども、ヘリコプターパイロットになる人がいます。
 
それからタバコ。200人に1人です。
がんは500人に1人ですからね。

そうやって比べていくとがんよりも危ないです。
あと、もちろん年齢。
若い人はなかなか死なない。
20歳の人は1000人に1人しか死なない。
90歳の人って、5人に1人死ぬ。

その普通の順番が決まっているのに、
今放射能が来ちゃって、いろいろと難儀で、
順番が逆転するしてしまったりする可能性があるから気をつけましょう。
 
結局どうすればいいか、
「なるべく当たりの確率が高い行動を取る」
これしかない。

一生懸命考えて熟慮して考えた、二つのうちどっち取る?っていって選んだ対策は、
それはですね、結果的に悪くても、それは納得できる。正しいと思う。
でも、考えもせずに勉強もせずに周りに流されて、
こっちがこうだからうちもこうって、決めた事が外れたら、それは後悔してもしきれない。
 
必ず生き物は死ぬんであって、
死ぬ時に納得して死ぬっていうのが大事であって、
納得していなかったら死にようにも死ねない、無念だ。
無念の死を避けるために納得して死ぬために私たちは勉強する。
というふうに、僕は思うんです。
 
放射能のセシウムが今あるところはですね、
都会では側溝、雨どい、吹き溜まり、水たまり、そのへんにあります。

山にある物を除染して無くそうというバカなことをやっている人がいますが、
あれは、本当にダメです。
あれをやると、その下の都会が全部台無しになります。


日本の山っていうのは緑が付いてる、森がついてるっていうことで、素晴らしいんですよ。
大雨が降っても保水の役があって、土石流が発生しないで、ほどほどにバンカーしてそこに暫く持っていて、
で、平野のところに少しずつ出していって、そして美味しい水として出してきて、
お酒が出来たり、湧水で。そういう効果を持っている。
それがですね、大陸なんかに行くと森が無くて、
砂漠なんかに行くと10年に一度ぐらいすごい雨があって、
すごい山がグチャグチャになって、荒れ放題なんですよ。

日本だとそういう事が起きないように、森が守っている。
その森の木を切って除染してしまったら、その下の境界は全部、脆弱になり、次に台風がきたら終わりです。
そんな事をしたらいけません。
これは福島に言いたい。
 
都会でも山でも葉っぱは注意。
落ち葉はちゃんと綺麗にしてゴミに出して下さい。
出してしまえば自分のところから無くなるんだから、あとは知りません。

そんなことまで心配していたら大変です。
その先、その落ち葉をどうするんだか、誰かが考えるんです。

全ての事を責任もって何かをやるというのはムリです。
自分と家族が放射能で壊れてしまわないように、
自分のところから徹底的に排除するという対応をしない限り、今は生き延びられません。

 
食べ物は、山は川魚はダメ。
一番ダメなのは赤木小沼のワカサギ。ああいうのはダメ。
川の魚はやめて下さい。
もう、全然ダメです。
すごいセシウムが高いです。
それからイノシシもダメ。
1番セシウムが溜まっているところを食っちゃって、イノシシはセシウム全開。
 
それからキノコもダメ。
キノコはセシウムだけ集めて出来ている、そういう感じ。

それから、クリとかギンナン、これもダメなの。
これも果実だから。
 
海だとですね、
貝殻、海草、海底に住んでいる魚、ヒラメやカレイ。
海底あたりがダメ。
太平洋の魚は、だから、福島からそのまま来ちゃっているから危ない。
 
やっぱり自分の生活の近くに、相談できるような、
そういった人を見つけておくことが、多分一番重要なんだと思う。

1人ではまいっちゃうと思う。
多分家庭の中でも意見対立があると思うので、
それで離婚したとかいうのもよく聞こえてきますが、
同じ価値観を持つ人同士でグループを組んで話し合いをする。

価値観はいろいろだから、自分と違う人が、違う事をやっていても、それは放っておけばいいと思う。
そういう人たちとは、距離を取っておいて、
同じ価値観を持つ人と友達になって、
情報を共有して、っていう対応が一番よろしいと思います。

結局どうするかはですね、
個人の人生観、家族構成、財産で決まります。
 
皆さんは自分の人生と自分の価値観の放射能を照らし合わせてどうするかを考える。
しっかりと考えて、勉強しろというのが僕の、アドバイス。
 
僕には大学生の息子が二人いて、アメリカに逃がしました。
で、300万ぐらいかかりました。
本人が住んでみて、「やっぱり日本がいい」って言って帰ってきた。
子どもっていっても、もう18歳と23歳でもう大人です。
親としての責任はそこまでだと。
完全に自己責任で、こういった危機にどうすればいいか、
自分で勉強して決めるしかないと思っています。
 
あと、風向きに気を配るというのはですね、
福島からの風に含まれているという意味だったんですが、
最近はむしろ、小山の中にある埃が風によって舞って、子どもの口の中に入る、鼻の中に入るという危険の方が大きいので、
風向きよりも風の強さとか乾燥が重要になっています。


雨にあたらないというのは、これはもうそろそろいらないと思っています。
乾燥しているとダメ。
乾燥していると埃がすごく舞う。
埃の量は、2月3月ぼちぼちで、4月5月がひどい。
で、6月になると低くなる。
雨が降って地面が湿って、草が生えて地面が固まる。
地面から埃が立たなくなる。
風は何時も吹いている、風は何時も吹いているんだけど、問題は地表の状態。

埃が飛ばないですから、10月は。
5月の一番埃が飛ぶ時に運動会やるのは、どう考えても、おかしい。
運動会は5月はやめて10月にした方がいい、と僕は思う。

 
 
運動会をですね5月から10月に変更してもらって下さい。
5月の運動会の被爆リスクに比べて、10月にする事によって被爆リスクが10分の1になります。

それから修学旅行とか、研修、遠足の行き先を、
近くに赤いところがある場所はやめてもらえるように言ったらいいと思います。
 
給食の食材は、とにかく産地を選んでもらう。
ようするに、問題は利権です。
すでに契約をしていると、利権がからんで、これを御破算にする事ですから、
彼らは嫌がりますから、
そんな、嫌がったって、子どもの命の方が大事だから、
そこはお母さんが頑張るところだと思う。

 
それから大丈夫だと思うのはスキーとプール。
放射能が私を何をやっても貫通してくるって言ったけど、
水って、かなり、それを防ぐ。
雪は1m位あって雪は水ですから、スキーは多分放射線量は低い。
だけど心配なのは、その民宿だとか宿屋で出てくる食べ物。
日帰りスキーが一番いい。
プールも大丈夫だと思う。
 
----------------------------------

このブログにある情報は自由に拡散させていただいてかまいません。

また、情報拡散のため、下をポチいただけると嬉しいです。
情報におかしいところがありましたら、ご指摘いただけるとありがたいです。



にほんブログ村

            
スポンサーサイト



            
                                  
        

明るく楽しい放射能リスク学習会@小山  2(前回の続き )

category - 日記
2012/ 01/ 30
                 
 
放射能はね、福島から3月に風に乗って
(栃木県小山市の勉強会なので)小山の空まで来て、下に落ちて、その辺のホコリと一緒にある。

風で運ばれて雨でたたき落とされて、今、ホコリになっている。
つまり、ホコリから放射線っていうのがビュル~って来て、
早川さんの足を撃ってる。鉄砲で、撃ってるんですね、目に見えないけど撃っている。


で、撃ってて、撃たれて、
時々1万発か1億発かなんかくらうと、そのうち一回ぐらい死ぬ。
だいたい、OK!
だいたい死なないんだけど、時々沢山のうちに1回ぐらい死ぬ。
一回も撃たれたくないっていうのはムリ。

沢山撃たれれば撃たれるほど死ぬ可能性が高まりますから、
イヤです。避けた方がいいです。


http://blog-imgs-36-origin.fc2.com/k/i/i/kiikochan/20120125171308afa.jpg

空にはね1個、2個、3個、ぐらいしかない。
大体どこにあるかっていうと、みんなこう、地面にある。
木なんかにもくっついている。
落ち葉についてる。落ち葉触っちゃダメ。
落ち葉で焼き芋はもうダメ。
落ち葉で焼き芋すると死ぬぞ。
 
で、側溝、溝ね
君たちがもぐって行きたがるところ。
それから、雨どいね、
こういうへっ込んだところとか、まずい。
世の中にはどんなに頑張っても勝てない事がある。
放射能には絶対に勝てない
で、そうしたらどうしたらいいかというと、
戦ったら負けるんだから、
放射能が「ここ使いたい」って言ったら、
自分がどいて違うところに行って、
綺麗なところに、放射能の無いところに行くしかない。
こういう会場何かを綺麗にぞうきん掛けしてピカピカにして、
放射能を出して、そこで遊ぶ。
放射能優先です。


ハイ!これが原発です。

http://blog-imgs-36-origin.fc2.com/k/i/i/kiikochan/20120125181617297.jpg
 
1,2,3,4とありますが、4つあります。福島に。
2番はなんかまだ四角い建物がありますが、1と3と4はぐちゃぐちゃです。
 
ここから先、少しの間はお父さん向け。
チェルノブイリと福島はこんな感じです。
色々と考えて、測り方を同じようにしてあります。
大雑把に言って福島はチェルノブイリの、面積が半分です。
ただし、日本の方が人口密度が高いから、
同じ色合いの汚染を受けたところの人口で考えれば、
多分チェルノブイリより大きい。
 
 
これはですね3月12日(左)です。
一番最初、3月12日に福島第一原子力発電所からですね、仙台を超えて一関が汚染された。
一関が一番最初だった。
皆さん知らなかったし、これ(一関)が汚染されたのが分かったのは、6月です。

次がですね、3月15日(真ん中)
15日に福島第一原発から出て、こういうふうに、南に回って、こういったんです。(ぐるっと時計回り)
ぐるーっと東京まで来て、帰った。

それからその日(15日)の夕方(右側)
その日の夕方は飯館に向かって直接的に行った。
これひどいよ、だってこれ濃いよ、これ。

で、次にあと、22日以降がありますが、
ここで説明しておくのは、ここが12日ね(左下グラフ爆発写真まで)
ここが15日ですが(下の爆発写真より右のグラフ)
1号機3号機の爆発がありました。
1号機の爆発はここでありました。12日の夕方。
それから3号機の爆発は14日の午前中にありました。
爆発の恐ろしい映像で、日本テレビのスクープで、
「これで日本は終わった」と正直思いましたが、その時は出てない。
ま、これは結果論ですが、結果的に分かったんですが、
私は一人で頭抱えて泣きそうになったんですね、この日。
だけども、この時(3号機爆発直後)は出ていない。
14日の11時ですね(3号機爆発)。
14日の11時に爆発したんだけど、出始めたのは15日の午前3時ぐらい。
で、この日はずーっと出てた。

とにかく音もせずに、見えずに、こっそりと出ていた。
 
それで、小山の上通って、東京の上通って、全部ここを壊滅しようと思ったんだけど、
どういう訳か、ふんばって、ここには放射能は落ちないで、山の方まで行ってから落ちた。

要するに分かりやすく言うと、ここで泣き出しそうな雨
まっ黒な雲で、泣き出しそうな、今すぐにでも、まさに雨が降って来そうだったけど、
こらえて降らなかった。
だから、関東平野は助かった。
で、山まで行って、山際で雨が降ったから、全部。
中通りから福島まで全部やられちゃった。


そんなのがシナリオです。
 
そういうふうにして時間とともに、我が関東地方と東北地方が汚染されたわけですが、
その結果として一番分かりやすいのは焼却灰を見る事です。

http://blog-imgs-36-origin.fc2.com/k/i/i/kiikochan/20120127111311150.jpg

小山市も栃木市も宇都宮市もみんな焼却炉を持っていて、そこで燃やすわけですね。
燃やすと灰になります。

放射能は燃しても無くなりません。
煙になって飛んでいくだけであって、
放射能のセシウムは灰の中に残ります。
灰を調べるとその地域がどれだけ汚れているかがよく分かります。


関東から東北まで汚れている。
長野や新潟まで行くとキレイ。

都市は今瀕死の状態。
焼却して灰が出てその灰の持っていき場がない。
全部倉庫に溜めている。倉庫は、もうすぐ満杯。

満杯になったらどうするのよ。
もう焼却できなくなりますから、ゴミが出せなくなります。

お家の中がゴミでいっぱい。つまり、住んでいられなくなります。

その灰を何処かに持っていく算段をつけなければいけないわけです。

あったところに戻せばいいと思うんですが。
「戻さない」と言っている人がいるので、灰の持っていき場がないです。
 
それからもう一つ残念なことは。
僕は火山を研究していますので、山登りが好きなんです。
この放射能は、都会よりもむしろ山を全部つぶした。
山がすごく汚れているのは知っていたんで、
これは私が自分で測りにいった
http://blog-imgs-36-origin.fc2.com/k/i/i/kiikochan/20120127113438c7f.jpg

6月7月一生けん命測りました。
栃木の山、北側の山、群馬の山、北側の山
どこも真っ赤です。
 
これは丹波ね、群馬県0.3
その下に降りてきて、コシヒカリが美味しいところ0.407
0.407のコシヒカリ。
そこの側溝。よく見えないけれど、6とか7マイクロ。
 
それからこれが1番悲しいの
栃木県の、霧降滝。尋ねて行ったら、0,613.
そしたら小学生を乗せたバスがきて、
小学生が降りて霧降滝に見学に行く訳よ。


こういう非常識状態が少なくても昨年6月7月は実施されていて、
こういう事が問題であるという認識が全然ないものですから、
今年も、来年度も君たちはこういうところに連れていかれて、
0.613の空気を吸わされて、被ばくするんだ。


ねー、危ないんだよ、これ。
君たちに言ってもダメか、どうすればいいのかな。

霧降高原は放射能がいっぱいある
先生が「霧降高原に行きたい」って言ったら
「変えましょう、そこは放射能がいっぱいあるからって早川先生が言っていました」って言って下さい。
 
----------------------------------

このブログにある情報は自由に拡散させていただいてかまいません。

また、情報拡散のため、下をポチいただけると嬉しいです。
情報におかしいところがありましたら、ご指摘いただけるとありがたいです。



にほんブログ村
                         
                                  
        

明るく楽しい放射能リスク学習会@小山  1

category - 日記
2012/ 01/ 30
                 
みんな楽しくHappyがいい 
  ↑クリックしてください
 
早川由紀夫氏については、非常に過激な発言で、福島の、特に農家の方たちには特別に嫌われている方とは思います。
名前を見ただけで不愉快と言う方はどうぞスルーしてください。
早川氏が、栃木県小山市で、子供向けにとてもわかりやすい学習会を開いた際の内容をまとめて書き出します。
ここまでです。
この内容は、勉強会の内容を、うんと要約したものです。
お時間のある方はぜひリンク先の全文をお読みください。
お時間のない方のため、この後、次のリンクの内容をさくっとまとめて載せました。(このページの要約を少し詳しくしたものです。)
 
 ↓は全文が載っているページ(みんな楽しくHappyがいい )にリンクしています。
クリックしてみてください。
 
 
 
 
----------------------------------

このブログにある情報は自由に拡散させていただいてかまいません。

また、情報拡散のため、下をポチいただけると嬉しいです。
情報におかしいところがありましたら、ご指摘いただけるとありがたいです。



にほんブログ村