FC2ブログ
2012/01/03

2012年01月03日

        

放射能を怖がる福島県民は疎外されている・・・?

category - 日記
2012/ 01/ 03
                 
安全・安心 アクションin郡山が、「放射性物質の除染作業による被曝から守るため市民に除染作業をさせない事を求める署名」を集めておられました。

残念ながら、12/11までに早急に集め、郡山市に提出される署名とのことで、
今回お役に立つことは出来ませんでしたが、
専門分野の方々の指導を受けた除染専門従事者の養成育成と、
低線量による被曝の不安に怯える市民に除染作業をさせない事を求める署名です。

これは当然のことだと思います。

私も以前、市民による除染の様子をテレビで見たことがあり、
除染作業のそばに小さなお子さんがいるのを見て、
こんな指導すらないのか?!と唖然としたことがありました。

除染による被曝の危険を避ける指導は徹底してない気がします。
山からどんどん放射能が来るような地区では、
いくら危険を冒して除染しても、きりがないと聞いています。
原発は実際は収束しておらず、新しい放射能も毎日出ていますし。
しかし、除染による子供の被曝を避けたい住民がいても、
避けることは許されない空気がある所もあるようです。


以下は「桜井政成研究室」からの転載です。
青い線の後に転載させていただきます。  

最初にお断りしておきますが、上のブログのコメント欄に、
郡山市の方たちから、そんな話は聞いたことがないという
コメントがありましたので、この話は郡山市の中のひとつの町で、
このようなことがあり、苦しんでいる方々がいるという話です。
私もそのコメントを読んで少し安心しました。

ただ、このような地区もあるということは、福島全体で、
やはり似たような地区もあるのだろうという予測は出来ます。
ヒステリックに嘘だ!と責める雰囲気の書き込みもあり、
その反応にはちょっと引っかかるものを感じました。

「書かれていることは事実無根」という書き込みが多いですが、
「郡山から他県に母子避難中ですが、逃げた私達は村八分状態」
という書きこみもありました。
本当かどうかの確認は、私には出来ません。
転載文を読まれた方がご判断ください。


ただ、福島の方のブログには時折、避難者を責める意見がありますし、
避難した方が、残っている方を責める意見もあります。

両方、苦しみの元凶は放射能なのですが、
自分のした選択が正しいという気持ちの強い方が、
違う選択をした方を責める傾向があるように感じています。
この話が事実であっても、不思議ではないと思います。


部外者が軽々しく口を挟むことではないと承知していますが、
被害者同士が責めあい、傷つけあうのは、あまりに切ないです。
--------------------------------
ここから先、転載文です
 
署名を集めている団体は、怪しい団体ではありません。
一般の市民の方々が集まっているだけです。
でも、この問題は大変センシティブで、個人名、連絡先など、出せないのです。
家族に内緒で隠れるようにして会の集まりに来られている母親もいらっしゃるそうです。
なぜ、市民に除染させないことを求めているのか。
私が会の方と電話してお聞きしたところ、
郡山の人は、もう多くの人は、「除染など意味が無い」
思っているそうです。→2011/12/7修正。会の方の意見です。

だって、線量なんて、下がらないのですから。
一部を除染しても、放射能は周囲から飛んでくるのですから、

道路、公園、学校…やっても仕方ないのです。
除染に何兆円も使うぐらいなら、避難させてほしい。
健康を守ってほしいとおっしゃっていました。


除染した汚泥や落ち葉は、業者が黙って公園の隅に埋めていきます。

どれだけの濃度の汚染物が、どこにどのように埋まっているのか、
もう分からなくなってしまっています。
だから子どもは知らずに、その周りで遊んでいます。
会の方が線量を測ってみたら、1.5~1.7マイクロSv/毎時 あったそうです。
 
でも、除染は市から町内会に「分担された仕事」として降りてきているそうです。
年配の町内会長は放射能のことがよくわかりません。
でも、「孫のためにがんばるか!」と張り切って作業しています。
 
市からの安全対策の指示は、ゴーグルを付けるのと、
マスク(粉じん用ではなく普通の)を付けた方がいいという話ぐらい。
だから、ちょっとした清掃作業と同じだと思っているようです。
 
地域のために皆がんばることなので、
手伝わない人は非国民扱いで村八分だそうです。
冷たい目で見られるそうです。
→2011/12/7修正。会の関係者の言葉をそのまま借りましたが、
文章にすると誤解が多いようなので。

若いお母さんなどは、乳幼児の我が子から目が離せないのですが、
でも参加しなくてはならず、幼い子どもを連れて除染作業に参加するそうです。
一番、被ばくを避けたいのが子どもなのですが…。


除染ボランティアについても、来てほしくないと言っておられました
特に若い人達は、勘違いしがちで、除染ボランティアが「かっこいい!」
と思っている節もあるそうです。
「いいことして被ばくしてるぜ俺!!」みたいに、
タバコを吸うのか何かと同列で考えているのかな、と。
でも、若い人達だからこそ、被ばくしてほしくない。と、
自分たちは毎日被ばくしているのに、
外から来る人のことを大変気遣っておられました。
 
郡山の子ども達は、給食で福島の米を食べさせられています。
このことも何とかしたいって会の方は言っておられました。
学校に何かを言うのは、親は、ただでさえためらいます。
でも、それでも思い切って、子どもに食べさせたくない、
部活も屋外は控えてほしい、と声を上げると、大変な目に遭うそうです。


お話しした方の子どもさんは、部活動を最近やめたそうです。
学校に申し入れをしたところ、先生が、その方やその方の
子どもさんに直接ではなく、その周りの生徒(友人)達に、
「おまえらあいつとのつきあいを考え直せ」
と、プレッシャーをかけたんだそうです。
 
だから、子どもさんは、楽しかった部活動に出られなくなりました。

理解を示してくれた先生もいました。
その先生は、教育委員会に、子ども達の現状を変えてくれと訴えました。
すると、校長先生から呼び出しがありました。

「おまえ、自分の立場考えろよ。仕事、無くしたくないだろう。」


学校だけじゃありません。
福島では今、離婚も増えているそうです。
子どもの健康が気になり、避難も含めた安全対策をとりたい母親に対して、
大丈夫だというだけの父親。
そして祖父母も「嫁が何を言っているんだ」と言って、家族内は、ガタガタに。

追い詰められたお母さん達は、子ども達を連れて家を出る人もいる、というわけです。
 
幸い、お電話した方のおうちでは、夫や両親に理解があって、
子どもだけ別にお米を買って、別の自家用精米機で精米して
(農協の精米機は高濃度汚染米も精米しているので使えません)、
別の炊飯器で炊いて、食べているそうです。
これが今の、福島の食卓だよ~と笑っておられました。

この方の家も農家をなさっているそうです。
正直に、お話ししてくださいました。

「うちも生活かかっているから、お米は出荷したよ。
でも自分のところでは絶対食べない。JAが測っているのは900袋に1袋だけ。
うちのお米は検出限界以下だったよ。
でも、検出限界は20ベクレルだから、19ベクレルかも知れないよね。
19ベクレルが低いと言えるのかな。
だって原発事故の前は何も出てなかったのにね…。」
 
これが私が今日聞いた、郡山の日常です。 
郡山の一人の方のご経験です。
(2011/12/6修正)修正分は横線がひいてあります。
  転載終了
----------------------------------

このブログにある情報は自由に拡散させていただいてかまいません。

また、情報拡散のため、下をポチいただけると嬉しいです。
情報におかしいところがありましたら、ご指摘いただけるとありがたいです。



にほんブログ村
            
スポンサーサイト