FC2ブログ
2011/12/17

2011年12月17日

        

収束宣言?!

category - 日記
2011/ 12/ 17
                 
放射性物質の外部への放出、まだ続いていますよね?

3基の原子炉がメルトダウンを起こし、溶けた核燃料の状況が
全く確認できない状態。

メルトスルーしている可能性もゼロじゃない状況で、
収束宣言しちゃうってすごいですね。
さすが野田首相です。

ニューヨークタイムズはこの宣言について「現実を無視した宣言であり、
原子炉の安全性への脅威から目をそらせることがねらいだ」と
報道したそうですが、外国にばれることなど気にしないでしょう。
国民が黙ってくれれば思い通りに事を運べますから。

ネットと無縁のお年寄りの中には、騙される人もいるのでは。
安全な日は近づいていると信じたい福島のお年寄りを
騙すのは簡単だなんて思うなよ。(←頭にきてるのでガラが悪いです)

-----------------------

こんなニュースもありました。

保安院 海への汚染水 ゼロ扱い 

福島第一原発事故で、何度も放射性物質を含む汚染水が
海に漏出したが、経済産業省原子力安全・保安院は
「緊急事態」を理由に、法的には流出量は「ゼロ」と扱ってきたことが
本紙の取材で分かった。

今後、漏出や意図的な放出があってもゼロ扱いするという。


政府は十六日に「冷温停止状態」を宣言する予定だが、
重要な条件である放射性物質の放出抑制を
ないがしろにするような姿勢は疑念を持たれる。

原子炉等規制法により、電力事業者は、原発ごとに海に出る
放射性物質の上限量を定めるよう決められている(総量規制)。
福島第一の場合、セシウムなどは年間二二〇〇億ベクレルで、
年度が変わるとゼロから計算される。


しかし、四月二日に2号機取水口近くで高濃度汚染水が
漏出しているのが見つかり、同四日には汚染水の保管場所を
確保するため、東京電力は建屋内のタンクに入っていた
低濃度汚染水を意図的に海洋に放出した。

これら二件の漏出と放出だけで、原発外に出た放射性物質の総量は
四七〇〇兆ベクレル(東電の試算)に達し、既に上限値の二万倍を超える。
試算に対しては、国内外の研究機関から「過小評価」との異論も出ている。
今月四日には、処理済みの汚染水を蒸発濃縮させる装置から、
二六〇億ベクレルの放射性ストロンチウムを含む水が海に漏れ出した。


さらには、敷地内に設置した処理水タンクが来年前半にも満杯になる見込み。
この水にもストロンチウムが含まれている。
東電はできるだけ浄化して海洋放出することを検討している。


漁業団体の抗議を受け、当面は放出を見送る方針だ。

保安院は本紙の取材に対し、事故への対応が最優先で、
福島第一は損傷で漏出を止められる状態にない
「緊急事態」だった点を強調し、総量規制を適用せず、
四七〇〇兆ベクレルの漏出をゼロ扱いする理由を説明した。


「緊急事態」に伴う特例扱いは「事故収束まで」続くとも説明したが、
具体的な期間は「これからの議論」とあいまい。

今後、仮に放射性物質を含んだ処理水を放出したとしても、
ゼロ扱いを続けるという。

(東京新聞)


-----------------------


四七〇〇兆ベクレルの漏出をゼロ扱いする保安院は、
溶けた核燃料の状況が全く確認できない状態で、
「冷温停止状態」達成宣言する政府と感覚が似ていますね。

とにかく、福島の原発事故は大したことがないと、
できる限り過小評価させないと、都合が悪いから、
国民がどうなろうと、日本がどうなろうと、
利権がいっぱいの原子力村を守りたいみたいです。
負けないで頑張りましょう。

-----------------------

朗報もあります。
浜岡原発廃炉を決議 静岡・吉田町議会、30キロ圏で初

中部電力浜岡原発から半径20キロ圏の吉田町議会は16日、
「浜岡原発は再稼働せず、速やかに廃炉にすべきだ」
する決議案を全会一致で可決した。

中部電に対して廃炉を求めるよう国などに要請する意見書案も可決した。

この輪を広げていきましょう!


-----------------------
私事ですが、昨日は友人とラグーナの湯という温泉と
隣接したレストランでのランチに行ってきました。
レストランや温泉から見える海は三河湾。
東電が汚染水を大量に流した太平洋側の海です。

http://image.space.rakuten.co.jp/lg01/77/0000146977/00/img143286e2zikbzj.jpeg http://image.space.rakuten.co.jp/lg01/77/0000146977/99/img75c41a69zik5zj.jpeg

http://image.space.rakuten.co.jp/lg01/77/0000146977/97/imgabd52b7ezikfzj.jpeg http://image.space.rakuten.co.jp/lg01/77/0000146977/98/imgb7716cdezikdzj.jpeg

この海を北上した海に、四七〇〇兆ベクレルの汚染水を流した東電に、
緊急時だからゼロ扱いします、今後も同様ですと宣言する保安院。
処理水タンクの汚水を海に流すのは、当面は見送るというけど、
反対する漁師の痛みを理解しているわけでもないので、
ほとぼりが過ぎたら流すつもりかもしれません。
せっかくきれいな海を見ても、そんな事考えちゃう。

http://image.space.rakuten.co.jp/lg01/77/0000146977/06/img40b23c65zik6zj.jpeg http://image.space.rakuten.co.jp/lg01/77/0000146977/07/imgd57f98a5zik0zj.jpeg

レストランはお洒落で、パスタも美味しかったです。
ラグーナの湯の入り口はこちら。
いつも空いてます。(笑)半貸しきり状態が嬉しいですが、
経営者には嬉しくないですよね~。

蒲郡市に来たら帰りはスーパーサンヨネに。
品揃えがすごく楽しい!機会がありましたらぜひ。
でも、面白い食材を見つけても、必ず産地はチェックするので・・・
放射能検査未検出ってシールでも貼ってあったら買うんだけど、
ため息ついていくつかの商品を棚に戻しました。ごめんね。


----------------------------------

このブログにある情報は自由に拡散させていただいてかまいません。
また、情報拡散のため、下をポチいただけると嬉しいです。
情報におかしいところがありましたら、ご指摘いただけるとありがたいです。



にほんブログ村



            
スポンサーサイト