FC2ブログ
2011/10/21

2011年10月21日

        

20年後、何の罪もない子供たちは・・・

category - 日記
2011/ 10/ 21
                 
ドイツのTV局ZDF「フロンタール21」シリーズが 8 26 放送した番組

---------------------------------------------

昨日の日記に載せた魚のセシウムは、微量でしたが、
この8月26日に放送した番組の中で、こう語られていました。

「魚は相変わらず高濃度のセシウムに汚染されています。
原発から55キロ離れたところまで調査した魚の半分が、
基準の500ベクレル/kgを大きく上回っていました。

汚染が広範囲であることを物語っています」


原発からは80キロ離れている所に住む大沢さん。
彼は農家なので、作物の放射能測定を依頼しましたが、
国には80キロ離れているので必要ないと断られました。
そこで自費で別の機関に依頼したところ、セシウムが検出さました。
市民放射能測定所の意見は「汚染の無い作物はない」であり、
「こんな汚染数値の場所は本当は絶対避難するべきです」でした。


原発から60キロ離れた伊達市のシイタケからは、
1K当たり7000ベクレルの汚染が測定されています。
「もはや食べ物ではなくて放射性廃棄物です」

大沢さんは米つくりを諦めました。
田んぼの土の国の1度目の検査は合格でしたが、
2度目の検査の結果は返ってこなかったので、
自費で検査した所、基準値の7倍が検出されたのです。
それだけではありません。
自宅で毎時90μシーベルトを測定したのです。
9日間でドイツ原発作業員の年間許容量に達する数値です。
原発から80キロも離れた場所なのに。
以下はyoutubeの中のコメントです。

「日本政府の無責任ぶりは犯罪的だと思う。

子どもに平気で高い被ばくをさせている。

都合が良いと言うだけで短期間でこれほど基準を変えてしまうとは
この判断は間違いなく多くの子どもを死に至らせるだろう。
文明国のやる事とは思えない」 

だがここはまさに原子力ムラの国なのだ。
権力を握る電力会社、政治家、官僚が、原発のあらゆるスキャンダルを隠蔽し
大したことがないように見せてきた。

何兆円ものビジネスを守るために今回も同じ手段を使おうとしている。

「これは人間の想像力を超える惨事です。
制御不能の状況である事は当初から明らかだった。
どうしたらいいのか誰にも分からないし、簡単な答えも出ない
これは人類史上最悪の惨事だと思う」


---------------------------------------------

大沢さんの作物は、自費で検査機関に持ち込んだから、
たくさんのセシウムが検出されたのです。
国は、検査自体必要ないと突っぱねました。
それを受け入れた農家は、そのままその野菜を出荷しているわけです。

国がやってくれないから、地区で検査をして、
結果を公表して販売している農作物もたくさん出ていますが、
そうでないところも多いことでしょう。
「こんな汚染数値の場所は本当は絶対避難するべきです」と
言われるような場所であっても、出荷しているでしょう。
国にはそれを止める気がないのです。

--------------------------------------------


国がしていることは「国民を被曝させること」で一貫しています。


食べてもすぐには問題ないと繰り返して、国民を被曝させること

セシウムが大量に検出される可能性のある農作物にも、
原発から離れているから検査は不要と言い切り、
その農作物が市場に出回ることで、国民を被曝させること

放射能の入った汚泥を加工して肥料にし、全国にばら撒き、
国内の農産物に放射性物質を拡散させて、国民を被曝させること

瓦礫を引き受けさせることによって、放射能を拡散させ、
国民を被曝させること

危険な放射線量が出ても、なるべく隠蔽して、
その土地の人たちを被曝させること

原発作業従事者を、使い捨てにできるように、
暴力団の介入を黙認してまで、何重にも下請けの立場にしておいて、
平気で大量に被曝させること

--------------------------------------------

偉い人たちのお金にためにこんなことを?

20年後、何の罪もない子供たちは、
生きていればみんな大人になっています。
どんな運命の大人に?
大人には子供を守る義務があるのでは?
 
--------------------------------------------
 
このブログにある情報は自由に拡散させていただいてかまいません。
また、情報拡散のため、下をポチいただけると嬉しいです。
情報におかしいところがありましたら、ご指摘いただけるとありがたいです。



にほんブログ村
            
スポンサーサイト