FC2ブログ

2011年10月19日

        

自然栽培・放射能についてのまとまりのない日記

category - 日記
2011/ 10/ 19
                 
田口ランディさんが書いたダイナミックな文字の
自然栽培米袋をネットで見ました。
New 人体政治学・人体経済学考
このお米はJAはくい(0767-26-3333)でのみの取扱とのことです。

私、ランディさん、好きだったんですよ~。http://image.space.rakuten.co.jp/emoji/h349.gif
そういえばこのところ読んでません。http://image.space.rakuten.co.jp/emoji/h451.gif
この米袋の字を見たのがきっかけで、ブログを探したら見つかりました。
「いま、伝えたいこと」

朝の家事の合間にざくっと読む時間しかありませんでしたが、
この文章だけ紹介したいと思います。
http://image.space.rakuten.co.jp/emoji/h420.gif
--------------------------------------------------------


原子力は存在します。いま現実に。
日本がもし脱原発へと舵をとったとしても、この技術は必要になります。
これから廃炉に向けて、膨大な税金が投入されていくとしたら、
それはまさに国家事業であり、その経験を極め、蓄積しつつ、
廃炉工学や廃炉事業を世界に輸出できるほどの水準まで高め、
全世界の脱原発を牽引していくような、
そんなビジョンが必要ではないでしょうか。
原発の解体処理や、放射性物質の除染、処理に関して
世界最高水準の国になることが、私たちの子どもたちにとって
最も安全な道であろうと考えます。



--------------------------------------------------------


話はぴょ~んと飛んで、最初の自然栽培米に戻ります。
農薬・肥料を一切使用しない農法で作った米が
「自然栽培米」といわれるものです。
ここでたびたびご紹介している「奇蹟のりんご」の
木村秋則さんの指導による農法です。http://image.space.rakuten.co.jp/emoji/h068.gif

日本の田んぼも畑も、長年の農薬・肥料・除草剤が蓄積していますし、
野菜や稲の苗にも、それらが残っていたり、
わざわざそれらに漬け込んで処理されていたりするので、
自然栽培を成功させるには、長い辛抱の年月がかかります。http://image.space.rakuten.co.jp/emoji/h444.gif

木村さん自身、10年近く農業収入が見込めない時期があり、
出稼ぎをしても借金がふくらむばかりで自殺http://image.space.rakuten.co.jp/emoji/h789.gifしようと山に行き、
そこで天啓http://image.space.rakuten.co.jp/emoji/h451.gifのように、自分の農法の盲点を知ったのでした。http://image.space.rakuten.co.jp/emoji/h420.gif

でも、やはり日本は素晴らしい国だと思うのは、
苦労が多くて、儲かりませんよと木村さんが念を押しても、
この農法が素晴らしいhttp://image.space.rakuten.co.jp/emoji/h002.gif、ぜひやりたいhttp://image.space.rakuten.co.jp/emoji/h002.gifという人たちが
全国にたくさんいて、木村さんも指導に飛び回って、
自然栽培の輪を広げています。


私の住む愛知県でも、豊田市に自然栽培をしているところがあります。
採算が合わないようですが、スーパーの会長さんのライフワークらしく、
安心、安全な野菜や米作りに、必死の努力をしています。

最初に挙げた自然栽培米は石川県のものですが、
世界重要農業遺産システムに認められたものです。


農業には縁のない私ですが、木村さんの講演会を聞いて以来、
何冊か、関連の本を読んだり、ネットで情報を得たりしており、
知れば知るほど、この農法はすごいと感じています。

まだまだ自然栽培の野菜もお米も、比率は少ないのですが、
もちろん近くになくても、お取り寄せは出来ます。http://image.space.rakuten.co.jp/emoji/h068.gif
売れ行きはいいようです。

ハーモニック・トラストで売っています。
買う気のない方でも、このサイトはいろいろな話が載っているので、
よかったら読んでみてください。
放射能について書かれているページはこちら

怖い情報を抜粋して載せますね。


--------------------------------------------------------


~農林水産省は24日、放射性物質を含む汚泥を原料とする汚泥肥料
取り扱い基準を発表した。公共下水道の汚泥の肥料は、
汚泥の放射性セシウム濃度が1キロ 当たり200ベクレル以下であれば使用を認めるとした。

地域内だけに流通する、集落排水からの汚泥肥料については、
使用する農地の土壌より汚泥のセシウム の濃度が低い
▽濃度が1キロ当たり1000ベクレル以下--の二条件を満たせば、
特例措置として13年3月まで認める。
全国にいっきに高濃度の放射性物質が拡散していく事態になってしまいます。



--------------------------------------------------------



自然栽培の野菜について、無料レポートもいただけるようです。
『食は芸術なり』(講演録)など。
他にもこのページの最後に無料レポートコーナーがあります。

ではそういうものを買って食べているのかと言われると、
残念ながら、そうではなくて、自分の勤務先で売っているものと
近くのスーパーで売っているものを中心に食べています。
私の職場はけっこう健康にこだわっている調味料などを
多く置いているのですけど、自然栽培とは無関係です。

自然栽培の野菜やお米は、特に重い病気の人には、
食べさせてあげたいと思うのですが、
それほど知名度もないので、知らない人が多いかもしれません。


私が両親の癌闘病の時に知っていたら、自然栽培の玄米を
お握りにして、とにかくよく噛ませて、
自然栽培の野菜を皮ごと煮て作ったスープを飲ませたのになぁ。
普通の玄米と野菜でも効果があったわけで、
自然栽培のものだったら・・・と思っても仕方ない思いが湧きました。

家族が癌になる前に、そういうものを食べさせるのがよさそうですが、
職場の野菜は新鮮だし、自分が売ってるものを買わないっていうのも・・・
主婦koalaの心はけっこう揺れているのであります。http://image.space.rakuten.co.jp/emoji/h444.gif

自然栽培農法とか、反原発というのは、根っこが深いので、
人生観を変えないと上っ面で終わってしまう問題ですね。
今の地球と人類、これからの地球と人類をどのように考え、
自分の生き方は、どう考えた上で、どんな行動をとっていくか、
そこまで関わるような問題だと思います。
私は詰めが甘いんですよね。

            
スポンサーサイト