FC2ブログ

2011年05月

        

役に立たない日々 佐野洋子 その1

category - 日記
2011/ 05/ 19
                 
佐野洋子さんのエッセイ。

「パンがなかったので、コーヒー屋に朝めしを食いに行く」なんて書いてあります。
壁を背にして6個くらいのテーブルがあり、
そこでタバコに火をつけて壁を背にしている客が
全部ババァだった、全部遅めの朝めしらしかった、そうです。

その「朝めしバアさん」たちを観察しながら、
人が見たら私も変だ、と断言しているのがおかしい。

「ジーパンにインド刺繍の上着を着て、
足は西友で500円で買ったつっかけをつっかけている。
昔はこんなバァさん居なかった。
きっと全部独り者のオーラが立ち上っているだろう。
明日同じ時間に来たら同じ顔ぶれかも知れない。
そして誰とも話をしない。意味もなく力がわいて来た。」

おばあさんの入り口にいた佐野さんの、
料理を作ったり、テレビを見たりといった、
淡々とした日常が描かれているんですが、これが面白いのです。

特に電話の会話は絶品。

ある日、友人にみかんしぼり器をもらう約束をして、
宅急便でとどいたそれを喜んで台所の出窓に置こうとしたら、
そこには既に新品のみかんしぼり器が置いてあり、
それを2ヶ月前に買ったことを思い出した佐野さんは呆然とします。
台所の出窓は毎日目に入る場所でした。
立ったまま泣き出して、大泣きのまま、友人に電話します。

「あのね、わたし本当に、もう呆けちゃったヒィ、
あんたにもらったみかんしぼりヒィ、自分でもう買ってあったのヒィ」
「えっ」
「毎日見てたのに気がつかなかったのワーッ」
「・・・・そういうことあるよ、大丈夫だよ、わたし、
家の中で包丁なくして、まだ出てこないよ。」


別の日には友人から電話が入る。前回の友人と同じかどうかは不明。
「どうしてる?」(友人)
「どうもしていない。あのさあ、私やっぱ本当に呆けたよ。
昨日カードの明細書送って来たんだけどね、
電器屋で12万使っているんだよ。
何買ったか全然思い出せない。やばいよねぇ。」(佐野さん)
「あんたね、それ冷蔵庫!」
「それより私、貯金通帳見たら65万下ろしているのよ。
何に使ったかぜーんぜんわかんないのよ。」
「あんた、それ不動産所得税」
「あっ、そうだった。」


別に呆けかけて嘆いているだけの本ではありません。
物を知らず、失礼な雑誌の編集者に憎まれ口を聞き、
凹んで友人に電話した時はこんな感じの会話でした。

「あのね、私、いいオバアさんになるか、
悪いオバアさんになるか迷ってるの」(佐野さん)
「今さらなによ」
「もう私どんどん悪いオバアさんになっていくの」
「そんなら前はいいオバアさんだったの?」
「・・・さらに悪いオバアさんになってるの。
もうスピード違反になってる暴走族みたいなの」


佐野さんはガンで亡くなったのですが、
「ガンになったので、髪の毛がメリメリと抜ける。
朝起きて、まずガムテープを手に巻いて
枕についた毛をペタペタとはりつける。
私、どうしてこういうことが好きなんだろう」
と書き、
「いくら好きでももうあきた、そうだ、
美容院に行ってバリカンで刈ってもらおう」
と思いつき、
丸刈りにして、帽子をかぶって、お母さんのいる施設に行きます。
(お母さんは前にブログに書いたシズコさんです。)

母の寝床にもぐりこんだ。
母は私の坊主頭をぐりぐりなでて、
「ここに男の子か女の子かわかんないのが居るわ」と言った。

「母さん、私しゃ疲れてしまったよ。
母さんも90年生きたら疲れたよね。天国に行きたいね。
一緒に行こうか。どこにあるんだろうね。天国は」
「あら、わりとそのへんにあるらしいわよ」

                         
                                  
        

職場の同僚の送別会

category - 日記
2011/ 05/ 17
                 
昨夜は、職場の同僚の送別会でした。
ご主人がずっと北海道に単身赴任していたのですが、
もうお子さんが社会人になったので、
ご主人の所に行って一緒に暮らすそうです。

彼女は私と同じ年で、お子さん2人もうちと同じ年で、
ご主人が同年というのも、私と一緒で、話が合いました。
子供たちのことも気になるから、
当分は行ったり来たりになると言っていました。

夫婦水入らずで暮らすんですね~。
ちょくちょく子供のいる自宅へも戻って。
何だか理想的に思えて、うらやましい~♪って言ったら
えへへって笑っていました。

お幸せに~。
                         
                                  
        

家族でゆっくりご飯を食べさせてあげたいです

category - 日記
2011/ 05/ 15
                 
いつもは土曜日休みなのですが、
今回は休みを振り替えたので、土日とも出勤でした。
やはり土日はすごく忙しいです。
最近、よくテレビで産直のレポートをやっているので、
産直がちょっとしたブームなのかも。

私が帰る頃には、いろんなものが売切れでした。
夕食のメインはお魚にしようと思っていました。
残っていたのは、鯛とお刺身と貝類。
「鯛まつり」で大量の鯛があったので、少し残ってたのです。

3匹850円の鯛を買ってきて、ムニエルとあら煮とあら汁を作り、
肉野菜炒めを作り、林檎をむいて晩ご飯作り終了。

どうもあの大震災以来、自分が作った晩ご飯の画像を
撮影する気持ちになれません。
外で食べたご飯はためらいなく写せるんですけどね。
みんなが外食をやめちゃうと、お店がつぶれちゃうと思うし。

仕事から帰って晩ご飯を作り、家族が帰って来て、それを食べる。
それは私にとって、当たり前のことでした。
津波の被害に遭われた方たちにとっても、
あの日まで当たり前のことだったのですよね。

今なお、体育館などでの避難生活を送っていらっしゃる方々も、
どんなにか、家で作ったご飯を家族で食べたいだろうなと思います。
今日の皆さんのご飯はどんなだったでしょうか?
もちろん避難所でそれぞれ違うでしょうけれど。
家族でゆっくりご飯を食べさせてあげたいです。

海猫さん(←クリックしてみて)は福島のネット友です。
普通に炊き出しのボランティアもしていらっしゃいますが、
ご主人の発案で、たこ焼きボランティアも。
「たこ焼き隊」って素敵なアイデアですよね。

亡くなった方は戻ってこないけれど、
残った家族で、普通の生活が過ごせる日が
一日も早く来るように・・・
みんなで祈ればきっと叶いますよね。
政府も、もっともっと努力して欲しいです!
                         
                                  
        

安曇野・松本プチ旅行2日目 後半

category - 日記
2011/ 05/ 13
                 
http://image.space.rakuten.co.jp/lg01/77/0000146977/12/imgd4c22757zikbzj.jpeg

修学旅行生も見学が終わったようで、
のんびりと松本城見学をしました。

http://image.space.rakuten.co.jp/lg01/77/0000146977/13/imge9fb7372zik7zj.jpeg
 藤の花が見頃です。

http://image.space.rakuten.co.jp/lg01/77/0000146977/14/img9cc97fbfzik5zj.jpeg
 ぼたんとつつじも見頃できれいです。

http://image.space.rakuten.co.jp/lg01/77/0000146977/18/imgcca55892zikezj.jpeg

松本城から外を眺めました。

http://image.space.rakuten.co.jp/lg01/77/0000146977/16/img23913b93zik1zj.jpeg

松本城は鉄砲戦を想定して作られていて、
こういう鉄砲で攻撃するための小さな窓がたくさんありました。

http://image.space.rakuten.co.jp/lg01/77/0000146977/17/img168321b1zikfzj.jpeg

こんなお洒落な窓もありました。京都のお寺みたいですよね。

http://image.space.rakuten.co.jp/lg01/77/0000146977/19/img1496afb5zikbzj.jpeg

その後は、浅間温泉にある日帰りの「枇杷の湯」へ行きました。
元々は400年の歴史のある老舗旅館だった所で、休憩室からの眺めも見事です。

内湯と半露天のお風呂の他、敷地内の別棟に
「お殿様の野天風呂」という露天風呂があります。
内湯と半露天を堪能して休憩しましたが、
雨なのに、やっぱり行きたくなった私。
オットは休憩室で待っておりました。

http://image.space.rakuten.co.jp/lg01/77/0000146977/21/imgbb077303zik5zj.jpeg

雨の中、傘をさして露天に行く人は他にいなくて、
私1人の貸切でありました。当然ですが。(爆)
多分、ここは晴れてても平日は地元のお客さんばかりで、
わざわざ着替えてから外に出て露天にいくお客さんは
少ないと感じましたよ。オススメです。

http://image.space.rakuten.co.jp/lg01/77/0000146977/22/imgdd73699fzikfzj.jpeg

夕食は松本に戻って馬料理の「三河屋」に行きました。
浅間温泉にもあったと思うのですが、
夕食をこちらで食べてから帰る予定ではなかったので、
車の中で携帯をネットにつなぎ、調べたお店が松本駅近くだったんです。

馬鍋とか馬丼とか、牛をそのまま馬に替えたメニューがありました
私たちが頼んだのは、シンプルな馬さし定食。
この時期、生肉を食べるなんて・・・と思われそうですが、
せっかく長野に来たのですから、美味しい馬さしを食べたかったんです。

http://image.space.rakuten.co.jp/lg01/77/0000146977/23/img2c9dcddezikfzj.jpeg

すごくシンプルですが・・・(笑)美味しかったです。

雨の中、自宅に戻りました。
                         
                                  
        

安曇野・松本プチ旅行 2日目前半

category - 日記
2011/ 05/ 13
                 
http://image.space.rakuten.co.jp/lg01/77/0000146977/17/imgc3d30459zik0zj.jpeg

窓からホテルの建物を入れて写してみました。
ここは4階ですが高台にあるので見晴らしがいいです。

http://image.space.rakuten.co.jp/lg01/77/0000146977/18/img91c973cdzik8zj.jpeg

晴天だったらもっときれいな景色が見えるはず・・・

http://image.space.rakuten.co.jp/lg01/77/0000146977/19/img2f864291zik7zj.jpeg

文句を言うものではありません。こんなにガスってきちゃいました。

http://image.space.rakuten.co.jp/lg01/77/0000146977/20/img3a1a6f51zik5zj.jpeg

チェックアウトして最初に向ったジャンセン美術館。
このあたりの美術館は建物自体が美術品ですね~。

http://image.space.rakuten.co.jp/lg01/77/0000146977/21/img3f6c7cb5zikdzj.jpeg

次に向ったのは、松本城のすぐ近くにある旧開智学校です。
明治6年に開校しました。

http://image.space.rakuten.co.jp/lg01/77/0000146977/29/img65ea97e8zik9zj.jpeg

http://image.space.rakuten.co.jp/lg01/77/0000146977/27/img511dcb38zikazj.jpeg
  教室や廊下はこんな感じです


この学校が出来る以前の時代には、士農工商の身分制度が固く守られ、
身分の高い武士の子供は藩校で、身分の低い武士の子供は
個人の経営する私塾で、庶民の子供は寺小屋で勉強していました。

その後、明治5年には欧米の学校制度を模範とした学制が公布され、
「武士も町民も皆区別無く同じ教育を受ける」ことを奨励しました。

しかし、当時は、教育に関わる費用に、国や県の補助は全くなく、
全額が民間負担だったそうです!
窓ガラス1枚にしても、当時は国産品がなく、全て舶来品。
建物はどっしりとしつつも、手が込んでいて美しく、
とんでもなく高額だったのは間違いありません。

http://image.space.rakuten.co.jp/lg01/77/0000146977/28/imgda910653zikbzj.jpeg
  ドアもこんなにお洒落です

http://image.space.rakuten.co.jp/lg01/77/0000146977/30/img39e1cb87zik2zj.jpeg
講堂の窓の上にカラフルな半円のガラス窓があり

http://image.space.rakuten.co.jp/lg01/77/0000146977/31/img4438019bzik4zj.jpeg
上のガラス窓の上には、美しいシャンデリアがありました


この旧開智学校の建設費の7割は町民の寄付で
まかなわれたという事実に感動しました。
子供の教育に対しての期待と理解がなければ、
これほどの寄付は集まらなかったでしょう。

http://image.space.rakuten.co.jp/lg01/77/0000146977/32/img588100f3zikfzj.jpeg
妹や弟を背負って通学する子供たちもいました。

http://image.space.rakuten.co.jp/lg01/77/0000146977/33/imga7a5db13zik6zj.jpeg

子守の心得というのがありました。
子供が子守するのですから、注意しないと危ないですよね。
おんぶしている子供をおろすときは、周囲にあぶないもの、
汚いものがないか調べてからおろしなさいとか、
地面でなくきれいな敷物におろして遊ばせなさいなどの
注意事項が書かれています。

実は、松本城近くにある旧開智学校に寄ったのは偶然です。
あるのは知っていたのですが、寄る予定はなかったのです。
しかし、松本城に行く途中、たくさんの修学旅行生が
松本城に入っていくのを見たので、時間つぶしのつもりで入りました。
期待していなかったのですが、とても興味深い所で
楽しい時間を過ごせました。松本城に行かれる方、オススメです。
                         
                                  
        

安曇野・松本プチ旅行 1日目 後半

category - 日記
2011/ 05/ 12
                 
http://image.space.rakuten.co.jp/lg01/77/0000146977/65/img7f885ac7zikazj.jpeg

大王わさび農場へ行きました。
これは黒澤明の映画「夢」に使われたセットだそうです。

http://image.space.rakuten.co.jp/lg01/77/0000146977/62/img76e0d86ezik4zj.jpeg

とにかく広大なわさび農場です。

http://image.space.rakuten.co.jp/lg01/77/0000146977/63/img8c7ae8d5zikbzj.jpeg

水は澄み切っています。
わさびの植えてあるところはちゃんと畝になっているんですよ。

http://image.space.rakuten.co.jp/lg01/77/0000146977/64/img93dd1eaczik5zj.jpeg

ずいぶん肌寒かったし、お昼を食べてきたばかりだったので、
名物のわさびソフトクリームは食べませんでした。
わさびコロッケにわさびジュース、わさびビール、
わさびカレー、わさび丼など面白いメーニューがたくさんあったんですよ。
一番インパクトのあったサンプルはわさびカレーでした。
撮影してこなくて残念!だって、色がグリーンだったんですよ~。
 
http://image.space.rakuten.co.jp/lg01/77/0000146977/04/img0460bf67zikfzj.jpeg

いわさきちひろ美術館にも行きました。
大好きなので幸せでした。

http://image.space.rakuten.co.jp/lg01/77/0000146977/02/img0b6ebc41zikdzj.jpeg

美術館の周囲はちひろ公園になっています。
お天気が悪くて残念!

http://image.space.rakuten.co.jp/lg01/77/0000146977/74/imgf96f5617zikczj.jpeg

ホテルアンビエント安曇野に到着しました。
お部屋がアップグレードされててラッキーでした。
少し広めのツインを頼んであったのですが、
広めのリビングとキッチンつき、ベッドルームが別にあるお部屋でした。

http://image.space.rakuten.co.jp/lg01/77/0000146977/66/img48aa369azikazj.jpeg http://image.space.rakuten.co.jp/lg01/77/0000146977/67/img7d105ae5zik9zj.jpeg

右の料理はアワビなのですが、なんと大豆と煮てありました。
koala家で普段大豆と一緒に煮るのは、人参とかごぼう、こんにゃくなので、
美味しかったですが、ちょっとびっくりしました。

http://image.space.rakuten.co.jp/lg01/77/0000146977/68/img0ac24941zik4zj.jpeg http://image.space.rakuten.co.jp/lg01/77/0000146977/69/img569a36a6zik6zj.jpeg

http://image.space.rakuten.co.jp/lg01/77/0000146977/71/img5c46e66dzikczj.jpeg

岩魚の塩焼き、大好きです。
でも、こういうのはお皿に盛られたのではなくて、
炭焼きして出来上がりを待ち、あちあちと言いながら
串にかぶりついて食べるのがやっぱりいいなぁ。(笑)

http://image.space.rakuten.co.jp/lg01/77/0000146977/72/imgde14dd46zik7zj.jpeg http://image.space.rakuten.co.jp/lg01/77/0000146977/73/imgf47e6243zik6zj.jpeg

美味しかったです。

                         
                                  
        

安曇野・松本1日目 前半

category - 日記
2011/ 05/ 12
                 
天気予報では2日とも雨。それも大雨の可能性大でしたが、
急に決まった安曇野旅行に出かけました。
最初に穂高神社へ。

http://image.space.rakuten.co.jp/lg01/77/0000146977/65/imgfc803d05zik7zj.jpeg

http://image.space.rakuten.co.jp/lg01/77/0000146977/66/imgcb34eddczik4zj.jpeg

海のない信州で、御神体が木舟?!と驚きますが、
昔、北九州や朝鮮半島を拠点とする海族の「安曇族」が
信州安曇野地方に移住したのだそうです。

http://image.space.rakuten.co.jp/lg01/77/0000146977/68/img3cab91a5zik0zj.jpeg

神社の近くには、御船会館があり、御船まつりの山車である御船や
このあたりの道端に点在する道祖神の説明がありました。

http://image.space.rakuten.co.jp/lg01/77/0000146977/67/imgf514f987zik0zj.jpeg

高さ6mにもなる大きな船の山車です。
これをまともにぶつけ合う映像が見られました。
映像でもびっくりしましたよ。
近くで見るとすごい迫力だろうなと思いました。

http://image.space.rakuten.co.jp/lg01/77/0000146977/70/img8382e88fzik9zj.jpeg

碌山美術館。美しい建物です。
美術館をいくつか回りましたが、安曇野の美術館は
建物もそこに行く小道も全て美しくて気持ちのいい場所です。

碌山というのは彫刻で有名な荻原守衛です。
留学した際に見たロダンの考える人を見て衝撃を受け、
画家から彫刻家を目指すようになったそうです。
遺作となった「女」は美術の教科書で見た記憶があります。
私の知識はその程度でした。
美術館で、碌山の切ない恋のあらましを知りました。

この後の画像までの文章は、碌山の恋の話ですので、
全然興味のない方はスルーして下さいね。


碌山が油絵を知るきっかけとなった女性、黒光は、
相馬愛蔵という碌山の故郷の先輩の奥さんとなってしまいました。
黒光というのはペンネームで、才気溢れる彼女に、
「溢れる才気を少し黒で隠しなさい」と恩師が与えた名だそうです。
相当目立つ女性だったのでしょうね。

黒光は夫の故郷の安曇野に農家の嫁として嫁いだのですが、
心身ともにその生活になじめずに体調を崩したので、
子供を置いていくという条件で、夫と上京しました。

夫婦であの有名な中村屋を開業し、繁盛させていき、
クリームパンの発明者でもあるそうです。
商売の傍ら、芸術家たちの交流の場、「中村屋サロン」を作りました。
夫は養蚕業の手伝いに帰省して留守がちだったので、
1人で中村屋を切り盛りしていることが多かったようです。

しかし、黒光は夫の愛人問題に苦しんでいました。
1年のうち半分は、安曇野に帰り養蚕業にいそしむ夫には、
愛人がいたのでした。

子供もたくさんいる中で、中村屋の忙しい仕事を切り盛りし、
必死で働いている黒光が夫の浮気に苦しむのを見て、
碌山は黒光への恋心に苦しみます。

碌山は名作「女」を完成させた後、中村屋サロンで雑談中に喀血し、
医者を呼んで診察してもらっています。
診断の結果では、そのまま亡くなるような状態ではなかったのです。
その後持ち直す様子だったものの、結局はまた喀血し、
その血は肺の方に行ってしまい、そのまま亡くなりました。

黒光という女性に興味が湧きませんか?

さて、ランチは「そば処上條」さんで食べました。

http://image.space.rakuten.co.jp/lg01/77/0000146977/69/img9fef3bbfzik5zj.jpeg

美味しかったです~。


旅行記は1日目後半に続きます。(まだアップできてません)
                         
                                  
        

明日は安曇野

category - 日記
2011/ 05/ 09
                 
朝、テレビをつけたら、職場の事務所のTさんが映っていました。
職場はそこそこ観光地なので、時々映るんですが、
今回は時間が長かった・・・。

週末はきっと混むわね、と覚悟して出勤すると、
平日にどうしてこんなに?というほど混んでいました。
疲れました~。

でも、明日、明後日は連休。
遊んでばかりみたいですが、オットと長野県に行きます。
安曇野に1泊してきます。
2日間とも雨が降るみたいですが、仕方ないですね。

今月中はオット、時間があるんです。
来月忙しくなるかどうかもわからないですが、
とりあえず、リフレッシュできる時にしておきます。
                         
                                  
        

母の日でしたね

category - 日記
2011/ 05/ 08
                 
今日の職場は大混雑でした。
GWが終わったばかりなのにね~。

贅沢な場所でなく、産直なので、
自粛の対象にならないのでしょう。

友人に、うどん屋さんのおかみさんがいますが、
3月の売り上げは過去最低だったそうです。
まだまだ例年通りとは行かないようですが、
少しずつ復活してきたのでありがたいと言っていました。

あんまり自粛してしまうと、友人のような外食産業が
やっていけなくなってしまうので、
そこそこ消費して日本を元気にしていきたいですね。

http://image.space.rakuten.co.jp/lg01/77/0000146977/57/img7e08b42ezik5zj.jpeg
こんなの消費してみました。coedoビール。
黒ビール系のお味で美味しかったです。
ブルーの缶もありました。
多分そちらがクリアで軽い飲み口のビールですね。
次回はそれを買ってみようと思います。


さて、今日は母の日。
シュウトメちゃんへのプレゼントは、下着と靴下をたくさん。
プレゼントは、最近シュウトメちゃん自身に欲しい物を聞いています。
今回のリクエストは「長袖と半袖のシャツたくさんと靴下たくさん」でした。
「たくさん」の意味は「高級なのを1枚ではなくて、安くても量が欲しい」でしょう。

長袖はもうほとんど売ってなくて、2枚しか買えませんでしたが、
半袖と靴下は6つずつになりました。
シュウトメちゃんは寒がりなので、まだ寒い日には長袖を着るんですよ。
私もあと20年したら、同じかもしれませんが。(爆)

天国のお母さん、母の日ですね。
私を産んでくれてありがとう。
                         
                                  
        

愛知県民の森でプチ登山?

category - 日記
2011/ 05/ 05
                 
昨日の日帰りお出かけ記の続きです。
「はづ合掌」を出た私たちは、近くの愛知県民の森に向いました。
出かける前にここのしゃくなげが見頃だという情報を読んだのです。
しかし、もっと詳しい情報を得てから行くべきでした。(笑)

http://image.space.rakuten.co.jp/lg01/77/0000146977/86/imgdda88306zik3zj.jpeg

到着したらいきなり水遊びしている子を発見。
水着だ!寒くないのかな・・・。

http://image.space.rakuten.co.jp/lg01/77/0000146977/88/img134785f3zik7zj.jpeg

遊歩道を歩きながらこんな小さな滝を見たり

http://image.space.rakuten.co.jp/lg01/77/0000146977/87/img4120944ezik8zj.jpeg

川沿いに生えているしゃくなげを見ながら行きました。

しかし、道は段々けわしくなっていきました。

http://image.space.rakuten.co.jp/lg01/77/0000146977/71/img105537a4zik1zj.jpeg

そんなつもりじゃなかったので、ちょっとびっくり。

http://image.space.rakuten.co.jp/lg01/77/0000146977/68/img76daa407zik4zj.jpeg

でも、せっかくここまで登ってきたのだから、
しゃくなげのところまで行きたいですよね。

http://image.space.rakuten.co.jp/lg01/77/0000146977/70/imgb77bca26zik0zj.jpeg

横を眺めるとこんな風だったりしました。

http://image.space.rakuten.co.jp/lg01/77/0000146977/69/imgace2b034zikczj.jpeg

登ってきた道を上から見ると・・これはもう登山では?

http://image.space.rakuten.co.jp/lg01/77/0000146977/72/imgd3b6cf3dzik7zj.jpeg

私、スカートとブラウスでハンドバッグ持って出かけたんですよ。
道で行き交う人に驚かれたり呆れられたり励まされたり。
皆さん、登山ルックでした。杖も持って、ナップサック背負って。

http://image.space.rakuten.co.jp/lg01/77/0000146977/80/img0f84346bzik7zj.jpeg

http://image.space.rakuten.co.jp/lg01/77/0000146977/79/img09ee62a0zik1zj.jpeg

http://image.space.rakuten.co.jp/lg01/77/0000146977/78/imgbd1af93ezik8zj.jpeg

大変だったけど、しゃくなげはきれいでした。