FC2ブログ

2011年04月07日

        

叔母は歯茎にできたタコ(?)を切除しました

category - 日記
2011/ 04/ 07
                 
昨日は叔母を歯科口腔外科に連れていき、
ケアマネさんとの約束どおり、問題の部分を切除しました。

3日前にケアマネさんから電話があり、
説得しましたから、切ってきてくださいと言われて、
あの叔母が切除にOKしたのだと少し驚きました。

前回の診察後、叔母はデイケアを拒否したのでした。
ケアマネさんは叔母に、ではしっかり切除して、
新しい入れ歯を作ってもらって、落ち着いたらデイサービスに行こうねと
段階を踏んで前に進むことを勧めてくださったのでした。
ケアマネさんの力は大きいわ。
ありがとうございました。

叔母の歯茎の上にできたタコは、切った後に見せられましたが、
やはりかなり大きくて、さぞ痛いだろうと思いました。

叔母を連れて帰り、食べられそうなものを買ってきて、
翌日の診察はケアマネさんにお願いしてあったので、
時間や用意する物を少ししつこく言って聞かせました。

買って来た茶碗蒸しを大人しく食べる叔母が
何だか不憫でもありましたが、仕方ありません。
茶碗蒸しなんて、作った方が美味しいに決まっていますが、
そこまで叔母にかかわってあげられない自分を感じました。

今はデイサービスやヘルパーさん、ケアマネさんなど、
介護福祉の皆さんがいて、ありがたい世の中だと思います。

脳出血と脳梗塞の後遺症を負って、
独身で通してきたので夫も子供もいないし、
親は既になく、きょうだいもほとんど亡くなり、
たった一人残った兄は、高齢で呆けちゃってる。
本人は我儘で、施設なんて絶対に嫌だと思ってる。
それならとデイサービスとヘルパーさんのダブルで、
面倒を見て頂けるのも、介護保険のおかげ。

昔だったら、叔母はどうなっていたでしょう。
始終1人で出かけて警察に保護され、私に連絡が来てるかも。
ああ、現代でよかった・・・。

            
スポンサーサイト