FC2ブログ

2011年01月12日

        

嫁・姑の経験

category - 日記
2011/ 01/ 12
                 
シュウトメちゃんは嫁姑の苦労をした人でした。
大姑さんは、養子娘さんでした。
つまり、嫁になった経験がない人でした。

経験しないとわからないとまでは言いませんが、
嫁の経験もなく、想像力もない(使わない?)大姑さんは、
悪気はなくても、思ったことをそのまま言う人でした。

おまけに「嫁は家のもの」という昔の常識を疑いませんでした。
嫁が家のために苦労するのは当たり前のことであり、
そのために辛いというのはたわごとだったのだと思います。

私が嫁いでから、嫁姑時代の愚痴をよく聞きましたが、
例えば、農繁期に歯が痛くなり、歯医者に行きたいと言った時、
大姑さんは「こんな忙しい時に、何を言っとるね」と
一言で却下したそうです。
いくら痛くても、逆らって歯医者になど行けない時代だったそうです。

大姑さんは、歯が痛くても歯医者に行けなかったことなどないでしょう。
それがどんなことか、想像してあげる人だったらよかったのに、
忙しい時に嫁が働かないなんてありえないとしか思わなかったのね。
一時が万事で、そう言われたら相手がどう思うか、どうなるか、
そういう感性を姑が嫁に対して持つ必要など感じなかったでしょう。

夫も舅も大姑のいいなりだったのか、逆らうと余計荒れるので
諦めたのか、それは定かではないのですが、
そういう時代だったとシュウトメちゃんが言うのだから、
他の家のお嫁さんも似たり寄ったりの愚痴をこぼしあったのかも。
日本にはそういう時代があったのです。

私の母とそんなに年は変わらないのですが、
母は職場で出会った父と恋愛結婚して、核家族だったので、
そういうことは一切ありませんでした。
シュウトメちゃんの味わったような日本の農家の嫁の悲哀は、
私にとっては小説の中にしか存在しないような世界でした。

もっといいお家なら問題なかったかと言えば、そうではありません。
ある人の話を聞いたのですが、おじいさまが女性がお好きで、
おめかけさんが何人もいたそうなんですね。
そのおめかけさんたちに、お手当てを持っていくのは、
なんと正妻のお仕事だったそうです。
自分の夫の愛人達の別宅に足を運び、「おつとめご苦労様でした」と
お手当てを運ぶ正妻の気持ちを考えるとぞっとします。
でも、日本にはそういう時代があったのです。

そういう時代に、「嫁」は1人の女性なんかじゃありませんでした。
たくさんの「嫁」が、心を踏みにじられて泣いてきた時代があり、
それはおかしいということになった現代があります。
時代の波が押し寄せるのが遅かった片田舎に嫁いだ私は、
嫁の人権なんて当たり前、という時代への過渡期に嫁いだのでしょう。

「嫁は家のもので、嫁がシュウトメに尽くすのは当然の嫁の仕事」
その感覚が根っこをはやしているシュウトメちゃんの頭の中では、
全然尽くしていないと思える私が、悪者になってしまうみたい。
シュウトメちゃんの頭は時代についていけないのです。
来月80歳のシュウトメちゃんの頭が、今から現代化するとも思えません。

私とシュウトメちゃんの仲が悪いわけではないのですよ。
シュウトメちゃんも、私に山ほど文句があるのだけれど、
自分で自分のことが出来なくなってきたので、
私を怒らせると困るという認識はあって、遠慮しています。
それにデイサービスやショートステイでいろんな人の話を聞き、
私よりさらに姑に対する態度の悪い嫁の話も聞いているようです。
シュウトメちゃんなりの諦めも出てきたのです。

私は私で、いろんな大波を経験してきたので、打たれ強いです。
少し遠慮を知ったシュウトメちゃんなど何でもありません。
たまにはムッとしますが、こういう人だと諦めもついています。
もう若くないので、あまり要求が高いと、できませんと断ります。
若い頃は無理してそれをこなしたけれど、もう無理がきかない年代です。
シュウトメちゃんは不機嫌を隠しませんが、黙ります。
怒鳴り騒ぐ気力がもうないだけですけど、私にとってはすごい進化です。

日本の悪しき「嫁は家のもの・姑に尽くすもの」という「常識」が、
消えていくためには、長い過渡期が必要なのだと思います。
過渡期の嫁は、それ以前の嫁より10倍は楽してます♪
自由なお嫁さんと比べると10倍苦しいけど。(苦笑)

私の過去の嫁体験、悪いことばかりじゃなかったですよ。

実は私、幼い頃甘やかされて育った方なので、根っこは我儘でした。
弟が生まれるまで母が働いていたので、
母の仕事中の時間、祖母と叔母に預けられていたのです。
祖母はお嬢様育ちの人で、叔母は子供に恵まれませんでした。
他に、働いていた独身の叔母も私を可愛がってくれたので、
弟が生まれて仕事を辞めた母は、甘やかされた私と赤ちゃんの
2人の母親に急になった感じで、大変だったそうです。
思い通りに行かないとびっくりしちゃうし、
何でもマイペースで、急いでと言って通じない幼児だったそうです。

実母にそれなりには鍛えなおされたし、自分も世間に揉まれて変わったけれど、
シュウトメちゃんに打たれ続けた日々は、ショック療法でした。
今の私は、我儘どころか、非常に我慢強いです!(爆)
同居のお嫁さんと話すと、話が合うことといったら!(笑)
人を憎む経験だって、嫌な経験ではありますが、不要かと言われたら謎。
だって、他の人の憎しみの気持ちを理解するためには必要ですよ。
そして、時間の波と共に、その憎しみを克服できました。
どうして?って聞かれると困るのですが、許せている自分がいます。
憎しみを知らないと、憎しみからの開放の素晴らしさを経験できないですよね。

とにかく、人生は経験と感動だと思います。
どこかで聞いた言葉・・と思ったら、以前テレビでやっていた
「オーラの泉」で繰り返し聞いた言葉でありました。(笑)

「人間にはね、喜怒哀楽、全てがいるんですよ」
これはエジプト旅行で一緒になった女性と話が弾んでいた時、
彼女が言った言葉です。胸に沁みました。

無駄な経験はありませんよね。
経験を成長に生かしましょう。
            
スポンサーサイト